« モヒカンポシェット in JR大阪三越伊勢丹、残り4日です。 | トップページ | 最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。 »

2013年9月30日 (月)

山鹿、天聴の蔵。

 熊本県、山鹿市の豊前街道に八千代座 がありますが、その近くに天聴の蔵 というもと酒蔵を改装した多目的スペースがあります。

 そこで9月28、29の2日間、鶴田一郎展がありました。
 
 その展示ですが、森英顕キュレーションという、普通の作品展示とは一味違う構成になっていました。
 
 鶴田一郎さんと山鹿の縁は、山鹿灯篭祭りのポスターを25年に渡って描き続けている事です。
 
 その25作品をパネルにして、天聴の蔵に展示し、映像作品とご本人のインタビューが流されていました。
 
 他の部屋には原画が展示されていましたが、やはりメインは25年という関わりの時間と、天聴の蔵という、もと酒蔵が今たどり始めた新しい時間、そして山鹿灯篭祭りが行われていた時間を視覚的に見せていたパネル展示でしょう。
 
 山鹿という地域でしかできない、独特の空間でした。空調の関係上、原画を長期間展示できない状態のようでした。2日間とかではなく1週間位期間があればいいのにという贅沢な展示でした。
 
 山鹿は段々、アートが熱くなってきています。
 
 今後の動きも注目ですね。
 
 サリュ
 
 

|

« モヒカンポシェット in JR大阪三越伊勢丹、残り4日です。 | トップページ | 最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。 »

ギャラリー紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山鹿、天聴の蔵。:

« モヒカンポシェット in JR大阪三越伊勢丹、残り4日です。 | トップページ | 最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。 »