« 雲のメリーゴーランド、鋭意制作中です。そして今週末のセミナー。 | トップページ | 座右の銘、徒手空拳。 »

2013年9月 4日 (水)

【忘備録】ファッション関連、熊本イノベーションプロジェクト。

 熊本は農産物では全国有数の産出量です。

 そういう農産物の中で、衣服に転用できる作物があると思います。繊維や染料、その他諸々に。例えば竹は布になります。
 
 知らないだけで、そのような技術は沢山あるのだと思いますが、先ずはその研究から始めます。素材開発です。大学の研究機関が得意でしょう。
 
 この計画は、新素材開発でスマッシュヒットとか、そういうことを狙うものではありません。熊本=ファッションのイメージを根本から作りかえるものです。
 
 現在の熊本ファッションのイメージは、セレクトが高感度=わさもんのイメージです。この路線は保てるならば保つべきですが、日本がこれだけ情報に溢れた状況だと、以前のように未知のブランドのセレクトをいち早く紹介することで保てるイニシアチブはないでしょう。
 
 そこでこの提案が効いてくるかも知れません。
 
 開発し、生産した(少量でも)素材をアーカイブするのはもちろんですが、ここからが本番です。この素材と共に、店舗を格安で貸し出す用意をします。それはどこか?
 
 熊本市アーケード街の、2F以上のテナントです。
 
 ここを店舗兼アトリエ、そして住居できる状態にリノベーションします。熊本の「新しい町屋」の出現です。
 
 新しい素材と、新しい町屋に入って頂くのは、この両面の持ち味を最大限生かす為にクリエーターを全国公募します。
 
 素材は他には、害獣として捕獲される猪の皮など、種類が増えるだけクリエーターの選択支も増えるので大いに開発すべきです。
 
 この町屋でのトライには、売り上げノルマが課されます。シビアですが、営業努力をしないクリエーターはそれだけでは結局生き延びてはいけません。ここのノルマは大雑把にいって、年間の売り上げが100万以上とかで。
 
 当然毎月報告なので、上がらない場合は営業コンサルティングが入ることも必要です。
 
 契約は1年区切りで、ノルマ達成出来ない場合は再び公募します。
 
 家賃に関しては、ノルマ達成クリエーターの100万から上積み部分の何割か、という形とかで、その辺はもっと詰める必要がありますが。
 
 販売物は30%までは仕入れ商品で可、位で70%は手仕事という決まりで。
 
 農産物の6次産業と、市街の空きテナントをダイレクトに繋ぎ、さらにはクリエーターによる新しいファッションの創出という大胆な提案です。
 
 新しい町屋をどう根付かせるか、という長期的展望をマインドセットする必要はありますが、この企画は熊本としての売りがあり過ぎてなかなか面白いと思いますよ。
 
 この町屋で生み出された作品を売る、アンテナショップをどこかに開くのも面白いですね。ここで成功したクリエーターのショップを産文会館に集結すれば、恐ろしくクオリティーが高いファッションビルになるでしょう。
 
 こうやって、クリエーターを街の経済の中で育てるシステムが生まれたとき、熊本のイノベーションが完成します。
 
 ざっと青写真を書いてみましたが、実現可能に見えます。
 
 この場合も、様々なジャンルを横断してキュレーションする人が必要になってくるでしょう。
 
 代表的なクリエーターが生まれ始めれば、自然に世界中から人材は集まってきます。バイヤーも、お客さんも。
 
 時間は掛かりますけれどもね。
 
 真のファッションシーンが熊本に生まれるわけです。
 
 そんなに、何億円もかからないと思います。
 
 小さいですけど、こういう提案がイノベーションに繋がると思います。
 この企画、YCAMのメディアアート公募のとき、メディアアートとどうキュレーションするかで結局タイムアップで締め切り逃したものです。継続可能な地域社会との関わりというテーマから引き出しました。山口県の現状から組み立てたものを、熊本に転用しました。相変わらずメディアアートとはブリッジできず…
 
 誰か実現して下さい、お願いします。
 
 サリュ

|

« 雲のメリーゴーランド、鋭意制作中です。そして今週末のセミナー。 | トップページ | 座右の銘、徒手空拳。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【忘備録】ファッション関連、熊本イノベーションプロジェクト。:

« 雲のメリーゴーランド、鋭意制作中です。そして今週末のセミナー。 | トップページ | 座右の銘、徒手空拳。 »