« 最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。 | トップページ | 来年のメインの仕事は、モヒカンポシェットのMDになる予定。 »

2013年10月 8日 (火)

熊本城下町大遊戯2014草案。

 年末に向けて、熊本城下町大遊戯2014の草案を作っていきたいと思います。

 おおまかなフレームは頭の中に出来上がっているのですが、これを実行可能な企画書形式に落とし込むのは、なかなか難しいものがあります。2012の時は最初、書式が難しすぎてうまく伝わりませんでした。
 
 規模的には、あまり変わりません。
 
 内容は今までの経験から、色々予想外の様々が出てくるかと思います。
 
 内容はともかくとして、企画書の形式を、助成金を受けられるように仕上げていくのは、毎回難儀します。
 
 数字に弱いのはもうどうしようもない弱点ですね。
 
 アートイベントの企画立ては、毎回同じことを繰り返さない、というのがアートスイッチの特徴のひとつなので予算の想定が難しいのです。
 
 架空のアートイベントに、架空の予算を見積もるので、実施段階で想定外の出費や、意外に掛からなかったな、という偶然を考えるなど余裕を持った経費を考えます。
 
 昨年は、くまもと21ファンドの助成金を受けました。アサヒ・アート・フェステイバル2013にも正式参加しています。組織としての基盤は固まってきていますので、企画書以外の諸々の書類の精度は上がっていると思います。
 
 NPOとして、組織の中を固めていかなければいけないのかも知れませんが、アートスイッチは毎回の企画毎に中心になって動くメンバーが変わるタスクフォース型になっています。
 
 これには理由があって、アート企画を実施していくメンバーがサポーターではなくてプレイヤーだという一面があることです。
 
 企画のフロントに立っているアーティスト自身が企画を進めていくこと。私自身が美術家なので、どうしてもそうなります。
 
 今後、完全サポートに徹するメンバーも参入すると思いますが、今のところはこんな感じです。書類に強い人が欲しい~。
 
 そういう訳で、脳内妄想のアート企画を社会的に通用する書類に当てはめる訓練をすることから、サポーターやオーガナイザーを目指す人は勉強するといいかもです。
 
 予算に関してはクラウドファウンディングという手法もありますが、これについてはもっと勉強します。
 
 予算うんぬんより、強い意志で最後までやり抜く気持ちがあるかどうかの方が、最終的には大事な資質なんですけどね。
 
 サリュ
 
I think towards the end of the year , I would like to make a draft of Kumamoto castle town large play 2014 .
Rough frame 'm finished in my head , but you dropped into a viable proposal form this , there is a difficult thing . First , it was not well transmitted format is too difficult at the time of 2012 .
The scale and do not change much .
I think from previous experience , a variety of various unexpected and or come out the contents .
Content aside , it's going to finish to ensure you receive the grant the format of the proposal , is , and every affliction .
Weak in numbers It is weakness helpless anymore .
Assumption of the budget is difficult because it is one of the characteristics of the art switch planning motion for art event , is that , not to repeat the same thing every time .
Consider the expenses with a margin to art events fictitious , since the budget estimate fictitious , and think about the accident and expense of unexpected , that , Na was not placed on the unexpected in the implementation phase .
Last year , I received a grant of 21 Kumamoto fund . I am officially participate in the Asahi Art festivals 2013 . I think foundation as an organization because I have hardened , the accuracy of the documents of various proposal other than the going up .
It may as NPO, I might not go unless we harden within the organization , but the art switch is turned to the task force type members moving to become the center in the planning for each each time change .
It is that there is one side that it is player members for a reason , we will take art project is not a supporter for this.
That the artists themselves standing in front of the planning is to proceed the project . I own because the artist , it is so absolutely .
I think future , members devoted to full support and to enter , but so far looks like this . ~ Want a strong man to documents .
For that reason , because it is a training that apply to documents that works socially art project in the brain delusion , it is be a good person , which aims to organizers and supporters and to study .
There is also a technique called cloud Founding regarding budget , but I will study more about this .
Budget from commenting , who whether there is feeling that make it to the end with a strong willed , I Though it is important qualities in the end.
Salut

|

« 最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。 | トップページ | 来年のメインの仕事は、モヒカンポシェットのMDになる予定。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城下町大遊戯2014草案。:

« 最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。 | トップページ | 来年のメインの仕事は、モヒカンポシェットのMDになる予定。 »