« 山鹿、天聴の蔵。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2014草案。 »

2013年10月 5日 (土)

最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。

 最近、熊本でもマルシェ文化が花盛りですよね。

 フリーマーケットが全盛の時代もありました。何故マルシェ的な動きに移行してきたのかというと、福島第一原発事故後に顕著になりましたが、自分たちの手の届く範囲の安全な食べものを手に入れたい、作りたいという気分だと思います。
 
その中で、食べものだけではなく、服やアクセサリーも手作りという文化が生まれ始めています。
 
そういった動きの中にアートとカテゴライズされた、クラフト系の一部が組み込まれているのが最近のマルシェのスタイルとして一般的になってきました。
 
クラフト・デザインはユネスコの創造都市の区分けに入っている、クリエイティブの根幹のひとつを成している分野なのでなぜ熊本ではクラフトをアートと呼ぶのか、その違和感からしばらく熊本の一連のムーブメントを静観しています。
 
ジャンル分けの細かさを気にしないおおらかさの現われなのかも知れませんが、普段NPOアートスイッチで企画しているのは明らかにクラフトではなく、アートの試みなので、混同して受け止められると色々間違うな~と思っています。
 
ではどう違うのかと言うと、クラフト・デザインはものに形という答えを出す行為なので、もの自体のクオリティーを問われます。年月が経てば「伝統」という冠が付きます。アートとは、既存の価値に疑問を持ち、独自の価値体系を生もうとする行為です。なので、作品はその新しい価値を現すものになります。新しい試み故に、一見意味不明なものも多く、失敗も多い、なにより経済活動が基本成り立たないのです。価値が決まっていないものに、お金を払うのには払う方にも途方も無い知識が必要。
 
「伝統」アートという言葉は成り立たないのです。
 
そういうことなので、マルシェとアート企画というのはそもそも相性が悪い。
 
どちらがどうではなく、水と油なので両立しにくいのですね。
 
熊本、マルシェ全盛時代、アートスイッチは都市圏における商業施設でのアート企画に挑戦しています。
 
ちょうど先日JR大阪三越伊勢丹での企画展を終えました。正直、アートとして成り立ったかは若干疑問符がつきます。しかし、次に繋がる企画になりました。
 
このように、熊本から大阪の商業施設、しかも往来の画廊とかではない場所で、アートの社会化に挑み始めています。
 
そういう訳で、もしかしたらしばらく熊本でのアート企画の、自主企画というのはないかも知れませんが、着々とNPOとしては前進しております。
 
アートの企画のご相談などは常時受け付けておりますので、メールなどよりお気軽にご連絡下さい。
 
サリュ
 
Recently , Marche culture but it is flowering in Kumamoto .
There was also the era of the prime flea market . The reason why she has shifted to movement Marche basis , it became noticeable to the Fukushima Daiichi nuclear power plant after the accident , but I think I feel I want to obtain a safe food within the reach of their own , you do want to create you .
Among them , is not only food , culture of handmade is beginning born clothes and accessories .
It has become common as a style of Marche recently it has been categorized and art in such a movement , part of the craft system 's built .
Why call it art craft in Kumamoto , and not wait and see the movement of a series of Kumamoto for a while from the strange craft design is a field that is in the division of Creative City of UNESCO , and forms one of the foundation of creative you .
It may be such manifestation of generosity do not care about the fineness of the genre division , but not the craft clearly , are you planning in the NPO Art switch usually is because it is an attempt of art and mistakes many things, be taken to be confused I hope to - Na .
In That means that the different? , Craft design so act that the answer to that form thing , will be interpreted to be a quality of the thing itself . Crown of " tradition " is added years if the Hittites . And art , is the act that has to question the value of existing , trying to Namamo the value system of their own . So , work will be something that represents the new value . Therefore attempt new , something seemingly meaningless Many , many fail , economic activity is not true above all basic . Requires knowledge tremendous for those who pay on what value is not determined , to pay the money .
The word " tradition " Art is not true .
Because such things like that , I mean art planning and Marche originally incompatible .
Which is not a what , It is hard to balance because it is oil and water .
Kumamoto , Marche golden age , art switch is challenging the art planning of commercial facilities in urban areas .
I finished the exhibition of the other day at JR Osaka Mitsukoshi Isetan just . Some question marks with it or consisted honest , as art . However , now in the planning that will lead next .
In this way , commercial facilities of Osaka from Kumamoto , yet in places it is not such as Gallery of traffic , and are beginning to challenge the socialization of art .
For this reason you may not art project in Kumamoto , I mean self- planning for a while maybe , but we are moving forward as NPO and steadily .
, Since I have always accepted , such as consultation of planning of art , please feel free to contact us from and mail .
Salut

|

« 山鹿、天聴の蔵。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2014草案。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近、熊本以外のアート企画が多くなっている理由。:

« 山鹿、天聴の蔵。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2014草案。 »