« 技術と意志、からだとこころ、ということになるのかな。 | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013報告会! »

2013年11月13日 (水)

アサヒ・アート・フェスティバル2013報告会に参加します。プレゼンでは、今取り組んでいることを紹介する予定です。

 今NPOアートスイッチとして新しく取り組んでいるのは、地方のアーティストと都市の商圏とヒト、コト、モノを結んでいくことです。

 通常、百貨店の婦人服売り場のお客様とは住み分けがはっきりしています。最近は大都市の百貨店はアートやパーソナルメゾンを積極的に扱い始めています。
 
 ここ数年の巨大なメゾンが、トップアーティストとコラボレーションを積極的に行っているのと呼応しているようです。
 
 そこで、NPOアートスイッチは普段は出会う機会がない様々なヒトやコトが出会う場所として、全国の百貨店の売り場の中にファッションとアートの企画展を開催する、という取り組みを始めています。
 
 売り場でコトが起こることで、百貨店のバイヤー、デザイナー、都市のアーティストと地方のアーティスト、都市のヒトと地方のヒト、などが出会いまた新しい動きに繋がって行きます。
 
 熊本に拠点を置くNPOやデザイナー、アーティストのもとへ、都市から観光がてら定期的に訪れてこられる方々も増えてきています。
 
 熊本で拠点を作り、観光地的にヒトを呼び込むというのもいいのですが、少し我田引水的になりすぎるのではないかと。
 
 積極的に他都市の商圏と関係性をつくることで、ヒトとコトとモノが結びついていくのを目の当たりにしています。そこから新しい動きも生まれたりして、できることの幅がどんどん広がっています。
 
 実際、売り場でアートの展示をしていると、アートピースが全くテキストを知らないお客様に売れることが普通に起こります。そこから始まるアーティストとの関係性が生まれることになります。
 
 普段アートにあまり興味がない方々にも、そういう方々が普段来られるような場所でアートの展開をすることで気軽に楽しんで頂くこと。
 
 NPOアートスイッチが生まれたときの理念そのままの活動です。
 
 全国展開をしていくことで、さらなる多様性が生まれてくると確信しています。
 
 ヒトが来ないと困っているのならば、ヒトがいるところで活動してみる。そして、自分の拠点のいいところをアピールする。困ったと言っているだけでは何も起きません。
 
 ヒトがいる場所で経験したコトや情報を、地方に持ち帰る。リテラシーする。
 
 それを繰り返して、ヒト、モノ、コトのバイパスをどんどん大きくする。
 
 書き出してみて、すっごく「普通」のことしているな~と確認できました。
 
 こんな、本当に当たり前のことなんですが、行動するとなると本当に様々なハードルがあるのであまり事例がないのだろうなと思います。
 
 一見地味で密やかな活動ですが、少しずつ実を結び始めています。
 
 地方の拠点で活動するのはアートNPOとしては通常運転として、さらに高みを目指します。
 
 熊本発、世界へ。
 
 5年前に掲げたこの目標ですが、理想的なスタンスで視野に入ってきています。
 
 誰も通ったことがない道を行きます。
 
 以上のようなことを、AAF報告会ではプレゼンする予定です。
 
 会期中はSNSが使えない(ガラケーしかない)為、ご連絡は携帯にてお願い致します。
 
 サリュ

|

« 技術と意志、からだとこころ、ということになるのかな。 | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013報告会! »

NPO法人アートスイッチ」カテゴリの記事

コメント

I do not even know how I ended up here, but I thought this post was good. I do not know who you are but certainly you're going to a famous blogger if you aren't already ;) Cheers!

投稿: botas hunter | 2013年11月29日 (金) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサヒ・アート・フェスティバル2013報告会に参加します。プレゼンでは、今取り組んでいることを紹介する予定です。:

« 技術と意志、からだとこころ、ということになるのかな。 | トップページ | アサヒ・アート・フェスティバル2013報告会! »