« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

【新企画】橋の記憶プロジェクト、企画立案中です。

 個人的には、新企画「シロの風」で結構、頭の中が一杯なのですが、更なる新企画の立案です。

 2月に開催予定の、コンテンポラリーダンスの企画もあります。
 この状態で、まっさらの新企画を立てることは、思考の飛躍を必要とします。
 【橋の記憶プロジェクト】
 
 今回は珍しいことに、この企画を認めて頂ければそこの場所で企画展示ができるという、トライ型の企画立案になります。
 
 モヒカンポシェットと、ファッションとアートの企画になります。
 
 シロの風に続き、かなり圧力がある展示になる予定です。
 
 福岡、大阪、東京、もしかしたら京都、と、この一年で企画展示の場所が急速拡大中です。今までは、時期を見合わせていた、という状況でした。
 
 企画の実力が伴わない営業で、仮に何か実現したとしても次に繋がらないだろうと考えていたからです。
 
 企画の失敗は、繋がらないどころかその場所での可能性を閉じてしまいます。
 
 おかげさまで、企画展示を繰り返すことで、どうにか次に繋がり始めています。
 
 そこで、予期しない誤算と言いますか、ありがたい誤算みたいなものが出てきました。
 
 「当社オリジナルの企画を立ててもらえませんか?」
 
 そうきたかー!
 
 そうだよなー!
 
 それは、絶対そうなってくるよねー。
 
 という訳で、次に繋がる度に新しい企画が必要になりつつある状況です。
 
 シロの風も、単なる思い付きではなくて、その場所が持つ特性を引き出してファッションとアートの企画を立てました。詳細は今後続々と公開していきますが、正直この企画もアートスイッチの経験や枠を大幅に超えるものになっています。
 
 その中での新企画【橋の記憶プロジェクト】も、場所の特性を引き出す企画になります。
 
 これ、アート的な見地から言えば、ファッションとアートの作家の新しいアーティスト・イン・レジデンスも含む、サイトスペシフィックな企画展と言えます。
 
 その場所でしかできない何か。
 
 その企画展が、経済活動の最前線の、百貨店の売り場等で展開されている状態をつくりつつあります。
 
 先ずはシロの風の巡回は、来年3月に新町三畳美術館からスタートします。この展示が何をやろうとしているのか、熊本の方々は真っ先にご覧いただけます。
 
 【橋の記憶プロジェクト】は、まだ文字にもなっていない企画ですが、頭の中はすでに沸騰しています。はやく企画にして表に出せと、企画自体が世に出たがっている感じ。
 
 しかしまぁ。こんなに沢山のアート企画を世に送り出すことになるとは思ってもいませんでした。今後、全国で様々に展開する企画の成果をどんどん熊本に持ち帰ります。そうやってヒト・コト・モノが実際に循環していくと、日本は面白くなっていくでしょう。
 
 一人立ち上げした「新九州派」(笑)は、九州派と違って都市部に対抗するのではなく階級が固定化した日本の、様々な層を流動させることで新しい価値を生み出していく派です。派ですて、一人ですが(笑)
 
 このように、本日もアートスイッチは勝手に自分でハードルを上げまくっております。
 
 サリュ
 Personally , fine , 's the full in the head with a "wind of white" new plan , but it is planning a new project further .
There are scheduled to be held in February , also planning of contemporary dance .
In this state , that to make a new plan of brand new , it requires a leap of thinking .
[ Storage project of bridge ]
Remarkably , special exhibition that can be in place of there if you can recognize this plan , you will be planning of the try- type this time .
Mohikanpochette , you will planning of fashion and art .
It is scheduled to be following the wind of white , made ​​the exhibition there is a considerable pressure .
Fukuoka , Osaka , Tokyo , Kyoto , the location of the special exhibition is the rapid expansion in the past year maybe . Until now , it was a situation that had postponed the time .
It is because we believe in the power of business planning is not accompanied , it would not lead then even if realized something .
The failure of the project , will close the possibility of in situ let alone does not lead .
By Thanks to repeat the special exhibition , we are beginning to lead to the next somehow .
So, do you say a miscalculation that is unexpected , something like miscalculation thank goodness came out .
" Could you make a plan of our original ? "
The over or came so!
I 'm right!
It , I'll become so absolute .
So, it is very new project is becoming necessary to time the lead next .
Wind of the castle , rather than a mere whim , I made ​​a plan of art and fashion to pull out the characteristics that place has . We will continue to publish the following people now in detail , this honest planning has become too that greatly exceeds the boundaries of art and experience switch .
New storage project planning [ of the bridge ] in it will also be planning to pull out the characteristics of the place .
This , speaking from the point of view artistic , it can be said also including new artist-in-residence of the writer of fashion and art , the exhibition site-specific .
Something that can not be only at that location .
The exhibition is , is becoming create a state that is deployed at the forefront of economic activity , in the department of the department store .
Tour of the wind of the castle , will start from the Triassic Shinmachi Museum in March next year first . What this exhibition is whether you are trying to do , people of Kumamoto You can see first and foremost .
[ Memory ] of the bridge project is a project that is not even in character yet, but in my head has already boiling . Feeling and put out in the table in the early planning , are wants to go into the world is planning itself .
Well , however . I did not not expect it and will be set afloat the art planning of so many . We will take away more and more in Kumamoto on the results of planning to deploy in various ways across the country . People, things , as things continue to circulate in fact doing so , Japan will go get interesting .
Was launched one person "New Kyushu School " (laughs ) , school going create new value by allowing the flow of Japanese class is immobilized , the various layers as opposed to against the urban areas unlike Kyushu school is . The school is , it is one (laughs )
In this way , art switch we are earnestly raise the bar on your own without permission even today .
Saryu
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

立て続けにに来年の企画が決まり始めています。

 来年は、NPOアートスイッチもモヒカンポシェットとともに、全国への企画展の話が次々に決まり始めています。

 熊本を軸足に置き、様々な場所で企画展示ができるというのは素晴らしい事です。
 
 都市圏である程度足場を固める、というのではなく、熊本にずっといて熊本から全国、世界に発信するのだと決めてからは15年位経っています。
 
 どこに出しても恥ずかしくない(?)、生粋の熊本人としてのそういうモデルがずっと欲しかったのですが身近にはいなくて、どうすればいいのか分からない中、徒手空拳で闇雲に動いてきた訳です。
 
 やっと様々な方の御支援を受けまして、日本全国へアートとファッションの企画展を発信していくという手ごたえが、ここ半年で確かにあります。
 
 モヒカンポシェットは縫製、デザイン等、完全に独学です。
 
 NPOアートスイッチは、アートディレクターや企画、プレゼン、営業など素人に毛が生えたようなもので、どうにかこうにかやっています。
 
 それでもきちんと評価して頂ける方々と出会い、少しずつですが前進しています。展示会場をお貸しして頂いたり。
 
 いつの企画でも、満点ということはありません。
 
 何かしら不備はありますし、不勉強な事もあります。モヒカンポシェットのMDだ何だ言いながら、ファッション業界のMDの常識とかネットで調べられること位の知識しかありません。
 
 いつでも不完全で、穴も多いですが、とにかくいつも前例があまりないので、リサーチができません。
 
 ここにこれを投げたら、絶対うまくいく!というものはないのです。
 
 自分たちの信念と、想像力を信じて企画展を毎回やり遂げるしかありません。
 
 その舞台が、息つく暇もなく、どんどん高く広くなりつつあります。
 
 最近思うのは、やっぱりこれは、この15年の闇雲さがないと耐えきれない重圧というものがあるなと思います。
 
 才能というものに恵まれなかっただけに、根気だけを頼りに色々やってきて、自分だけの経験みたいなものがすこしばかり出来てきたなと。
 
 あと3年。
 
 その位のスパンで、いよいよ「最初」の大きい何かができそうな気がしています。
 
 言い換えてみれば、いまはまだファッションとアート企画の「デッサン」をしているような気がします。
 
 本作を描くつもりの習作、のような感覚。
 
 気持ちはもちろん本気です。
 
 これまで本作を描いていたつもりなのですが、どうやらまだ習作だったと。
 
 来年はその足がかりの年です。
 
 熊本から生まれ出る何か。
 
 それがNPOアートスイッチであり、モヒカンポシェットです。
 
 サリュ
 
Next year , NPO Art switches with Mohikanpochette , talk of exhibitions nationwide are beginning determined one after the other .
Place the pivot leg Kumamoto , planning exhibitions Being able in various places it is a great thing .
I am 15 years position After I decided that instead of that , to some extent solidify a foothold in the urban area , and he to send the whole country , to the world from Kumamoto in Kumamoto I always Te .
It's you've been wanting that kind model as Kumamoto people of genuine ( ?) , It is not ashamed to wherever you out but not have the familiar , in you do not know what to do , it is the reason that we have moved blindly in empty-handed .
A significant increase in resistance it has received the support of variety of people at last , and that continue to place a special exhibition of art and fashion to Japan , is certainly in the past six months .
Sewing , design, etc. , Mohikanpochette is completely self-taught .
The NPO Art switch , and the thing a little more than an amateur art director and planning , presentation , and sales , we do somehow .
I met people who still able to be evaluated properly , it is little by little , but we have to move forward . You can I have you lend the exhibition hall .
At any planning , there should never be a perfect score .
There is something incomplete , and there may be a lack of application . What It's MD of Mohikanpochette while saying , there is only knowledge of that position to be checked on the net such as common sense of the MD of the fashion industry .
The incomplete at any time , there are also many holes , but since there is not much precedent always anyway , it is not possible to research .
When you throw this in here , go well Absolutely! I There is no such thing .
It is not the belief of their own , can only accomplish every time the exhibition is to believe in imagination .
Its stage , no time to breathe , I is becoming widely higher and higher .
I think this, I think recently , the Na there is a thing called pressure that can not be born with no blind of this in '15 after all .
Just was not blessed with a thing called talent , variety came to rely on only patience with them, and have been able to just a little thing like experience of your own .
3 years .
I feel in the span of that position , something big "first" is likely to be finally has been .
If Mire paraphrase , I feel like now is the art planning and fashion a " drawing " still will .
Sense , such as the study , I'm going to draw this work .
Feeling is a serious course .
And I'd like to have painted this work so far , but it was still apparently study .
Next year is the year of the stepping stone .
Something exiting born from Kumamoto .
It is a NPO Art switch , it is Mohikanpochette .
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

夢の中にいるから、夢を見ないのでしょう。

 昔、高校、大学生のときに夢みていた表現の世界で生きていたいということ。

 その世界に、いつの間にかいます。
 
 夢の世界。
 
 自分自身は普通の人間と思っていますが、生活している状態が多分世間一般の生活の感じとはちょっと違うと思います。
 
 だからと言って、何かそれを主張したいとかそういう訳でもありません。
 
 ただ自分が夢見ていた、表現することを認めてもらえる状態にある、ことが夢のようだと思います。
 
 最近、夢がないな、夢のようなことを思わないなと不思議に感じていたのですがどうやらそのようなことで、別段不思議ではないことでした。
 
 壮大な目標、みたいなことはありますが、それを夢とは思わないです。
 
 実現可能な行程が見えている、そういうものを夢とは普通言わないと思います。
 
 それが確実に実現するかどうかは、別問題として。
 
 じゃあ夢って何だよ、という話になるのですがもう正直分かりません(笑)
 
 どんなに壮大なことでも、実現可能と想定して実行していくこと。を目標と思っていますから、夢と言えば今からロックスターになります、みたいなことなのかと。
 
 子供のときに夢見ていた世界に足を踏み入れた瞬間から、そこでやることは全て目標になるんですね。
 
 その目標に到達しなかったとき、他人からアレはアイツの夢だったんだと言われるのは、それはそうかなと思います。
 
 夢と目標の個人的な定義について書いています。
 
 人それぞれなので、どっちでもいいのですが、だから夢は何ですかと訊かれるととても困惑してしまうので、実現不可能そうな目標を言うことにしています。
 
 ではその目標は何かと言うと、熊本城下町大遊戯を熊本市の各商圏で同時多発的に行うことです。
 
 例えば子飼商店街や健軍商店街、新町、古町、熊本駅前、中央市街、その他の多くの商圏で、各地でその土地が持つ歴史と人のDNAを掘り起こし、具体化することで見えてくる未来を想定すること。
 
 道のりは果てしなく遠いと思いますが、夢とは思わない。
 
 あくまで目標。
 
 目的は、その先にある熊本の未来を、参加者が各々思い描くことです。
 
 夢と思うか、目標と思うかはこの記事を読んだ人次第。
 
 一歩ずつ、粛々と進むだけです。
 
 あぁ。またこんなコトを書いてしまったな…
 
 サリュ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

アサヒ・アート・フェスティバル2013報告会!

 NPOアートスイッチは、今年初めてアサヒ・アート・フェスティバルのネットワーク枠に参加しています。

 今回が初めての報告会でした。
 
 全国52団体が、今年の事業報告会を行ったわけですが、本当にプレゼンがうまくて凄いです。
 
 地域に入っていく中で、様々なプレゼンを日常的にしているのでしょう。最後の感想的なことでもおっしゃってましたが、何かわけ分かんないもの、という意味での予定調和的でない何か、はほとんどありませんでした。
 
 それは、本当にいいことだと思いました。
 
 何故かと言うと、10年前には全く一般に認知度がなかった、アートフェスティバルや、ビエンナーレ、トリエンナーレ形式、ワークショップなどの手法、アーティスト イン レジデンス、コラボレーションその他のアートの様々な事象が一般化してきたことに他ならないからです。
 10年前、新しかった手法が、今はAAFなどの活動によって、活動団体の認識が上がったと考えるのが正しいでしょう。
 
 それによって、アーティストではなくても表現できる場が、全国に広まり始めています。
 
 いよいよアーティスト不要論も、AAFの中で聞こえてくるようになっていました。
 
 今回、報告会を聞いていて考えたことがあります。
 
 多分、アーティスト不要というのは誤謬があって、これまでのアートを地域に根付かせる手法が一般化したことでアーティストではない方々が表現を始めたことで、アーティストの底上げが起こっているのだと思います。
 
 地域に根ざしたアートを介した手法が、一般化した。その中にアーティストが留まるなら、本当に不要になるでしょう。
 
 しかし、それはアーティストの仕事ではありません。アーティストとは常に新しい価値を、追い求めるのが本来の姿です。
 
 一般化した手法やそれぞれを越えて、自分が追い求める価値を具現化すること。
 
 これからは2極化してくるのではないかと、密かに思っています。
 
 一般化したアートの手法を、アーティストではない方々が(行政、教育者、アートに興味がある普段は創作活動をしない方など)、どんどん全国での活用例が増えていくでしょう。
 
 その先には飽きと倦怠感が待っています。
 
 すでに都市部では、その予兆が見えるところもあります。
 
 ではどうすればいいのかと言うと、新しいことをやり続け、考え続けなければいけません。もともとアーティストというのはそういうものですから。
 
 あと、もうひとつ大きい問題を感じたのですが、これだけアートの入り口の間口を広げたのはいいのですが、出口は?
 
 このままでは、美術系の学校を出たあと全くアートと関わらない人生を歩むしかない、アート難民を拡大生産するシステムへ収斂する可能性があるな~とぼんやり思いました。
 
 NPOアートスイッチは、相変わらずその問題に取り組み続けます。
 
 入り口はまかせました!
 
 出口を作ります!
 
 という、再確認になりました。
 
 地味に、長く、というスタンスです。
 
 サリュ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

アサヒ・アート・フェスティバル2013報告会に参加します。プレゼンでは、今取り組んでいることを紹介する予定です。

 今NPOアートスイッチとして新しく取り組んでいるのは、地方のアーティストと都市の商圏とヒト、コト、モノを結んでいくことです。

 通常、百貨店の婦人服売り場のお客様とは住み分けがはっきりしています。最近は大都市の百貨店はアートやパーソナルメゾンを積極的に扱い始めています。
 
 ここ数年の巨大なメゾンが、トップアーティストとコラボレーションを積極的に行っているのと呼応しているようです。
 
 そこで、NPOアートスイッチは普段は出会う機会がない様々なヒトやコトが出会う場所として、全国の百貨店の売り場の中にファッションとアートの企画展を開催する、という取り組みを始めています。
 
 売り場でコトが起こることで、百貨店のバイヤー、デザイナー、都市のアーティストと地方のアーティスト、都市のヒトと地方のヒト、などが出会いまた新しい動きに繋がって行きます。
 
 熊本に拠点を置くNPOやデザイナー、アーティストのもとへ、都市から観光がてら定期的に訪れてこられる方々も増えてきています。
 
 熊本で拠点を作り、観光地的にヒトを呼び込むというのもいいのですが、少し我田引水的になりすぎるのではないかと。
 
 積極的に他都市の商圏と関係性をつくることで、ヒトとコトとモノが結びついていくのを目の当たりにしています。そこから新しい動きも生まれたりして、できることの幅がどんどん広がっています。
 
 実際、売り場でアートの展示をしていると、アートピースが全くテキストを知らないお客様に売れることが普通に起こります。そこから始まるアーティストとの関係性が生まれることになります。
 
 普段アートにあまり興味がない方々にも、そういう方々が普段来られるような場所でアートの展開をすることで気軽に楽しんで頂くこと。
 
 NPOアートスイッチが生まれたときの理念そのままの活動です。
 
 全国展開をしていくことで、さらなる多様性が生まれてくると確信しています。
 
 ヒトが来ないと困っているのならば、ヒトがいるところで活動してみる。そして、自分の拠点のいいところをアピールする。困ったと言っているだけでは何も起きません。
 
 ヒトがいる場所で経験したコトや情報を、地方に持ち帰る。リテラシーする。
 
 それを繰り返して、ヒト、モノ、コトのバイパスをどんどん大きくする。
 
 書き出してみて、すっごく「普通」のことしているな~と確認できました。
 
 こんな、本当に当たり前のことなんですが、行動するとなると本当に様々なハードルがあるのであまり事例がないのだろうなと思います。
 
 一見地味で密やかな活動ですが、少しずつ実を結び始めています。
 
 地方の拠点で活動するのはアートNPOとしては通常運転として、さらに高みを目指します。
 
 熊本発、世界へ。
 
 5年前に掲げたこの目標ですが、理想的なスタンスで視野に入ってきています。
 
 誰も通ったことがない道を行きます。
 
 以上のようなことを、AAF報告会ではプレゼンする予定です。
 
 会期中はSNSが使えない(ガラケーしかない)為、ご連絡は携帯にてお願い致します。
 
 サリュ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

技術と意志、からだとこころ、ということになるのかな。

 自分にとっての美的な技術というのは、パステルを紙に定着させることです。あとは学校で学んだ絵画の古典技術(デッサンや遠近法、光学スペクトル、等)になると思われます。

 繰り返し、膨大な反復の中で体に刻み込まれていく技術です。
 
 芸術に関わる、あらゆる分野において、超高度な技術で展開する美的な行為は、その技術に対する知識の高さとともに同じ方向性の技術を持っている方が、深くそこに表現される美を理解できるでしょう。
 
 そのような表現は、高度であるがゆえに一般性をも獲得してしまいます。
 
 パリのルーブル美術館で、最高度の技術による古典絵画を山ほど見たときには、本当に疲れてぐったりしましたが、衝撃を受けたという類の経験はしませんでした。職人技だからです。アーティストではなく、マエストロの仕事で、感銘はありましたが感動はそれ程ありませんでした。
 
 この絵画作品群からまとめられた西欧絵画技術を、美術学校で学んだのだな、という確認作業のように思えたからです。
 
 少し前に福岡で観たダヴィンチ展において、ボッティチェルリだったかな?ラファエロ?の工房が、本人の死後も同じような絵柄の新作を作り続けている様が展示されていて、技術と絵柄の継承という興味深いが、新鮮味はあまりないお馴染みの感銘を受けたのも思い出しました。はっきり覚えていない位ですが。
 
 マエストロによって絵柄の個性はあるものの、ここでは最高度の「技術」を主に鑑賞しています。
 
 ところが。
 
 オルセー美術館に行ったときには、数々の作品に打ちのめされる経験をしました。
 
 印象派以後の作品は、最高度の技術がある絵画などではありません。
 
 むしろ、絵画技術を媒介として、己の存在を画布に刻みつけようとした生々しい傷の痕跡に見えたからです。ユトリロ、ヴラマンク、ロートレック、極めつけはゴッホと。
 
 彼らの絵を、技術的に分析したところで、作品から受ける衝撃の本質には到底たどり着けません。
 
 かと言って現代アートのように、絵画技術を捨て去っているわけでもなく、鑑賞する側としては技術と自分を表現しようとする「意志」の具合がちょうどいいと感じてしまいます。
 
 これ以後のアートは、絵画の絵画たるあらゆる成分を分解、解体していくという簡単にいうと絵画を科学分析して細胞切り取って培養し、顕微鏡で見るような行為を続けて、DNAのように全部解析完了、となります。
 
 DNAを解析して生命を完全に解析できたか?となると、そのようなことはないですね。
 
 優れた科学者が、素晴しい科学の基礎を築くように、現代でも優れたアーティストは独自のテキストで一分野を築くのですが、最近なんとなく違和感が自分の中で大きくなっています。
 
 結局、何を目指しているんだろうと。
 
 それすらも不明のまま、とあるジャンルのコンテキストの先端を目指して競争しているだけなのではないかと。
 
 もちろん、答えはありません。
 
 ただ違和感があるので、書いてみました。
 
 技術と意志のちょうどいい具合の何か。
 
 そのことを最近考えています。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

【シロの風】最新情報!

 まぁ~。

 冷静になると、ものすごい企画展です、これは。
 
 毎回、企画展を計画するときは、自分たちの限界と思っている枠を外すことを考えるのですが、今回はまた桁が変わります。
 
 計画中の今は、やれる!と思っていますが、果たしてやり遂げられるかどうかは正直、企画展がスタートしないと分かりません。
 
 それなりに、色々経験してきましたが、今回の企画はまたもや未体験ゾーンに突入です。
 
 ひとつ企画の内容を公開します。
 
 ストップモーションアニメーションを制作します。
 
 アニメ!
 
 スゲー!
 
 って、自分たちで制作するのですから、どうなるのか?!
 
 展示会場の制作物を考えるのだけでも、かなり大変な今回の展示。
 
 さらにアニメまで制作となると、もはや時間が足りないのは明白です。
 
 2月後半から3月の頭に、新町三畳美術館からスタート予定の【シロの風】です。
 来年は2月にNPOアートスイッチは、コンテンポラリーダンスの企画を予定していて、新年早々かなり慌ただしい動きになります。
 
 
 毎年この時期は、来年に向けての企画を仕込みで表立った動きは見えにくいのですが、モヒカンポシェットとアートスイッチは活発に活動中です。
 
 アニメによる【シロの風】の世界観の提示と、それと連動する会場のインスタレーションが今回の最大の見所になります。
 
 さらに、熊本、福岡、大阪、東京(熊本以外は調整中にて予定変更の場合があります)という巡回展の予定で、半年かけたサーキットも初体験です。
 
 熊本発、日本全国へ!
 
 いよいよです!!
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

ジムに行って、会話を聞いた。

 最近、体の衰えとまではいきませんが、体力勝負のとき(搬入など)翌日に疲れがでるので週イチで運動を始めました。

 去年も半年くらいやっていたのですが、大遊戯の仕込み諸々で一旦休止していたのを今頃再開したのです。
 
 そのとき、上半身の筋トレなどをしてしまい、さらに無意味に豆乳マイブームが重なり、5kg程体重が増えてからずっと戻っていないのですが。
 
 それはさて置き、そこに通っている常連の方の会話が聞こえてくることから考えたことがあります。大層な話ではありません。今回はヨタ話みたいなものです。あ、毎回そうか。
 
 そこに通って来る、多分若い何かのアスリートだと思うのですが、まぁ話の内容は女、女、筋肉な訳です。
 
 外見はアスリートですから、均整がとれた肉体だし申し分ない感じですが、話を盗み聞く(大声なので嫌でも耳に入る)限り、3~4人ですが全員彼女がいないようです。ちなみに20代半ばだと思います。
 
 話の流れで、早くも来年、海に行ってナンパしようぜという計画を熱心にしている。健全な男子だと思います。しかし、何故来年の海なのかね。
 
 「前の日の夜から、合宿しようぜ」
 「ええね~、飲むんだろ」
 「おぉ、でも次の日は早起きせなんぞ」
 「どうして」
 「朝から筋トレするんだよ」
 「あ、分かった、昼までに筋肉をパンパンに仕上げるんだろ!」
 「そうそう!」
 
 …ビーチにて、ナンパの戦術…筋肉のポンプアップ。
 
 正直、その戦術が有効なのかは分かりませんが、最善策ではないですよね。
 
 筋肉至上主義の人は、そのラインからしか発想しないのでしょうか。
 
 どんなジャンルでもこの傾向はあると思います。
 
 彼らの場合、目的が彼女が欲しいのなら、すでに持っている武器「筋肉」をもっと有効に使うべきです。
 
 では、筋肉がもっとも生きる戦術とは何か。
 
 多分、インテリジェンスだと思うんですよ。
 
 彼らにそれがないのではなくて、引き出せてない感じです。
 
 肉体美に、知性が宿った状態が男としても、人間としても、最適だと思うわけです。普通に。
 
 行き過ぎると三島由紀夫みたいになるんですが、路線は合ってると思います。
 
 こういうまっとうな組み合わせは、コラボとは言いませんよね。バランス感とでも言ったほうがいいでしょう。
 
 どのような女性を好むか、というのも重要ですね。戦略、戦術の前に登る山を決めないといけない。
 
 個人的な感想で言うと、そういう場所でのナンパで長期的な交際に至る確立は低いんじゃないのと思います。もちろん、沢山、そういうカップルもいるでしょうが。
 
 結論めいたことは何もない話です。
 
 バランスは大事とか、全然思いません。
 
 そんな美術家はいない。
 
 それでもあえて何か考えるなら、登るべき山をもっと検討すべき、といったところでしょうか。
 
 でも多分、彼らは正しく自分が望んだ山を選択したんだと思います。
 
 短期交際狙い。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

マーチャンダイジングとは何をするのか。

 ファッションに限らず、音楽の場合もマーチャンダイジングという仕事はあります。よく知りませんが、ほかの業界にもこの仕事はあるでしょう。

 アートの場合は似たような仕事で、キュレーションと言います。日本と海外ではキュレーションの厳密な定義が、若干異なりますがここではあまり突っ込みません。
 
 本来は商品の生産から販売までのフローを、適宜判断する仕事なのですが近年では意味が拡大されています。
 
 ざっと言うと、ブランドの方向性を決めることであったり、それに伴う様々な判断を行うということです。
 
 ブランドの方向性、これを舵取りする為には、色々見極めなければいけないことも多いです。デザインをクリエーションする本人が、兼務するのがパーソナルメゾンの一般的な姿だと思いますが。しかし理想はやはり、客観的な視線を入れて舵取りすることでしょう。
 
 さらに言えば、経営的な視線の導入も本来は必要。デザイン、MD、経営の3人いればほぼ完璧です。
 
 そうは言っても、パーソナルメゾンで最初からそれを望むのは困難。
 
 モヒカンポシェットのMDをやり始めたのも最近で、それはNPOアートスイッチにて様々に経験してきたことと密接に繋がっています。
 
 アート企画の場でも、ターゲット層やそこにアプローチする方向性を打ち出す為には、結構な判断材料が必要。
 
 そのそろえ方だったり、判断するタイミングを考えるときにはアーティスティックな何かはほとんど必要ないのも事実。
 
 MD、キュレーター、ディレクター、プロデューサー、色々言い方はありますが、こういう作り手と受けての中間の作業をする人材が今の日本には、大量に必要だと日々感じています。
 
 本来自分が作り手だけに、切実です、それは。
 
 結局、熊本発信を志すので、自分でその中間に入るしかなくなるのでした。
 
 ここの作業は、本当に難しいです。箇条書きでは書ききれない入り組んだ事柄の中から、本質を掴みとるのが主な仕事になります。
 
 ファッションだけ、アートだけを勉強すればどうにかなることでは全くありません。
 
 本来正しいMDとしては、こういう事を書かないほうがいいのですが、このようなテキストだけの動画も写真もないブログを見て頂いている人は、興味があるかも知れないなと思い、書いています。
 
 過疎ブログだから、何書いてもあまり目立たない(笑)ということはあります。
 
 中間の仕事は、多分新卒で募集とかないと思うので、目指す人は自分の得意分野から一歩すすめて、アプローチすることをお勧めします。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

体温。

 日本人の体温は、低下傾向にあるそうです。

 低体温で検索して頂ければいいのですが、体温が1度さがると体の抵抗力が、相当落ちるそうです。
 
 そこで、半身浴です。
 
 突然何の話かと言うと、健康話です。
 
 最近、ゴッホの手紙と、中原中也の詩集と知恵子抄を同時並行で読むという、合間に中島らもと、めちゃくちゃな選択をしている中で、浮かび上がったキーワードが「健康」でした。
 
 皆、それぞれ何がしかの健康を害している。
 
 ゴッホの手紙の中に、80歳まで生きる意志を確認できるのですが、長生きしたほうが芸術のチャンスは高まるでしょう。
 
 さらに、病気しない、というのが加われば最強です。
 
 個人的には、大病もなく日々過ごせているのですが、近代日本の芸術家の揶揄として「不幸なことに、不幸がない」というのがあります。
 
 不幸というのが大半、病気であり、自死です。戦争も。
 
 病気という条件は選べないし、自死は選んだ時点で終了です。戦争に至っては、時代背景なので個人では選べない。
 
 才能がない、自分みたいな美術家は健康で長生きして、自分の美を追求するのが一番確立が高い方法と思います。
 
 そこで、どうすれば簡単に健康を維持できるかなと考えた方法が半身浴です。
 
 まあ、本当に簡単。
 
 基礎体温を上げていこうと。
 
 不幸は天才の仕事を、強烈に輝かせます。
 
 そういう人生は凡才の自分には、手に入らない。
 
 だったら、長期スパンで挑むべきなんですね。
 
 太く短い人生に、憧れた時期も当然あったけれど、先ず「太く」につまずいてしまったよ。細く短い人生では、泣くに泣けないし。
 
 健康で過ごせている今、できるだけ病気知らずでいたいと最近思い始めたのは、歳を取ったからでしょう。
 
 若い人からすると、日和ったということになります。
 
 だから、20代の美術家志望の人は30歳過ぎた美術家の言葉になど、耳を貸さなくていいと思います。
 
 健康は大事。
 
 だから基礎体温を上げる!
 
 その為の半身浴!
 
 粛々と自分の仕事をする!
 
 歳取って日和った!
 
 そういう事です。
 
 前述の本を読んでいると、健康のことを色々考えざるを得ません。
 
 サリュ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »