« 立て続けにに来年の企画が決まり始めています。 | トップページ | 熊本に居ながらというのが、全ての大前提です。 »

2013年11月29日 (金)

【新企画】橋の記憶プロジェクト、企画立案中です。

 個人的には、新企画「シロの風」で結構、頭の中が一杯なのですが、更なる新企画の立案です。

 2月に開催予定の、コンテンポラリーダンスの企画もあります。
 この状態で、まっさらの新企画を立てることは、思考の飛躍を必要とします。
 【橋の記憶プロジェクト】
 
 今回は珍しいことに、この企画を認めて頂ければそこの場所で企画展示ができるという、トライ型の企画立案になります。
 
 モヒカンポシェットと、ファッションとアートの企画になります。
 
 シロの風に続き、かなり圧力がある展示になる予定です。
 
 福岡、大阪、東京、もしかしたら京都、と、この一年で企画展示の場所が急速拡大中です。今までは、時期を見合わせていた、という状況でした。
 
 企画の実力が伴わない営業で、仮に何か実現したとしても次に繋がらないだろうと考えていたからです。
 
 企画の失敗は、繋がらないどころかその場所での可能性を閉じてしまいます。
 
 おかげさまで、企画展示を繰り返すことで、どうにか次に繋がり始めています。
 
 そこで、予期しない誤算と言いますか、ありがたい誤算みたいなものが出てきました。
 
 「当社オリジナルの企画を立ててもらえませんか?」
 
 そうきたかー!
 
 そうだよなー!
 
 それは、絶対そうなってくるよねー。
 
 という訳で、次に繋がる度に新しい企画が必要になりつつある状況です。
 
 シロの風も、単なる思い付きではなくて、その場所が持つ特性を引き出してファッションとアートの企画を立てました。詳細は今後続々と公開していきますが、正直この企画もアートスイッチの経験や枠を大幅に超えるものになっています。
 
 その中での新企画【橋の記憶プロジェクト】も、場所の特性を引き出す企画になります。
 
 これ、アート的な見地から言えば、ファッションとアートの作家の新しいアーティスト・イン・レジデンスも含む、サイトスペシフィックな企画展と言えます。
 
 その場所でしかできない何か。
 
 その企画展が、経済活動の最前線の、百貨店の売り場等で展開されている状態をつくりつつあります。
 
 先ずはシロの風の巡回は、来年3月に新町三畳美術館からスタートします。この展示が何をやろうとしているのか、熊本の方々は真っ先にご覧いただけます。
 
 【橋の記憶プロジェクト】は、まだ文字にもなっていない企画ですが、頭の中はすでに沸騰しています。はやく企画にして表に出せと、企画自体が世に出たがっている感じ。
 
 しかしまぁ。こんなに沢山のアート企画を世に送り出すことになるとは思ってもいませんでした。今後、全国で様々に展開する企画の成果をどんどん熊本に持ち帰ります。そうやってヒト・コト・モノが実際に循環していくと、日本は面白くなっていくでしょう。
 
 一人立ち上げした「新九州派」(笑)は、九州派と違って都市部に対抗するのではなく階級が固定化した日本の、様々な層を流動させることで新しい価値を生み出していく派です。派ですて、一人ですが(笑)
 
 このように、本日もアートスイッチは勝手に自分でハードルを上げまくっております。
 
 サリュ
 Personally , fine , 's the full in the head with a "wind of white" new plan , but it is planning a new project further .
There are scheduled to be held in February , also planning of contemporary dance .
In this state , that to make a new plan of brand new , it requires a leap of thinking .
[ Storage project of bridge ]
Remarkably , special exhibition that can be in place of there if you can recognize this plan , you will be planning of the try- type this time .
Mohikanpochette , you will planning of fashion and art .
It is scheduled to be following the wind of white , made ​​the exhibition there is a considerable pressure .
Fukuoka , Osaka , Tokyo , Kyoto , the location of the special exhibition is the rapid expansion in the past year maybe . Until now , it was a situation that had postponed the time .
It is because we believe in the power of business planning is not accompanied , it would not lead then even if realized something .
The failure of the project , will close the possibility of in situ let alone does not lead .
By Thanks to repeat the special exhibition , we are beginning to lead to the next somehow .
So, do you say a miscalculation that is unexpected , something like miscalculation thank goodness came out .
" Could you make a plan of our original ? "
The over or came so!
I 'm right!
It , I'll become so absolute .
So, it is very new project is becoming necessary to time the lead next .
Wind of the castle , rather than a mere whim , I made ​​a plan of art and fashion to pull out the characteristics that place has . We will continue to publish the following people now in detail , this honest planning has become too that greatly exceeds the boundaries of art and experience switch .
New storage project planning [ of the bridge ] in it will also be planning to pull out the characteristics of the place .
This , speaking from the point of view artistic , it can be said also including new artist-in-residence of the writer of fashion and art , the exhibition site-specific .
Something that can not be only at that location .
The exhibition is , is becoming create a state that is deployed at the forefront of economic activity , in the department of the department store .
Tour of the wind of the castle , will start from the Triassic Shinmachi Museum in March next year first . What this exhibition is whether you are trying to do , people of Kumamoto You can see first and foremost .
[ Memory ] of the bridge project is a project that is not even in character yet, but in my head has already boiling . Feeling and put out in the table in the early planning , are wants to go into the world is planning itself .
Well , however . I did not not expect it and will be set afloat the art planning of so many . We will take away more and more in Kumamoto on the results of planning to deploy in various ways across the country . People, things , as things continue to circulate in fact doing so , Japan will go get interesting .
Was launched one person "New Kyushu School " (laughs ) , school going create new value by allowing the flow of Japanese class is immobilized , the various layers as opposed to against the urban areas unlike Kyushu school is . The school is , it is one (laughs )
In this way , art switch we are earnestly raise the bar on your own without permission even today .
Saryu
 
 
 
 
 
 

|

« 立て続けにに来年の企画が決まり始めています。 | トップページ | 熊本に居ながらというのが、全ての大前提です。 »

NPO法人アートスイッチ」カテゴリの記事

モヒカンポシェット」カテゴリの記事

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【新企画】橋の記憶プロジェクト、企画立案中です。:

« 立て続けにに来年の企画が決まり始めています。 | トップページ | 熊本に居ながらというのが、全ての大前提です。 »