« コンテンポラリーダンス公演を企画中です。 | トップページ | 【シロの風】ファッションとアートの企画展です。阪急うめだ本店、中央街区スークにて。 »

2013年12月15日 (日)

体の動き、遺伝子の記憶。

 ここから書くのは、全くの個人的な感想なのですが。

 コンテンポラリーダンスに関わり始めたのは最近で、最初は竹之下亮さんとの出会いからでした。
 
 新町三畳美術館が開設してすぐのころ、隣に和蝋燭を買いに来られたときに美術館に寄られて話したのが最初だったと思います。
 
 当時はコンテンポラリーと名がつく様々な表現に、10年背を向けていた姿勢から少しずつ目を当て始めた時期でした。
 
 ので、パフォーマンスやコンテダンス、ハプニング、色んな用語と歴史を自分なりに紐解き始めるきっかけになったと思います。
 
 来年アートスイッチの自主企画として熊本で行うのは、東京から二人のダンサーをお招きしてワークショップと作品のクリエーション、ダンス公演です。
 
 小池陽子さんは基本にバレーがあり、国際的に活躍されている方です。
 
 石井則仁さんは、基本がヒップホップで、現在は山海塾にて舞踏を踊られています。
 
 基本のダンスのメソッドがそれぞれあり、そのうえでいわゆる何でもアリのコンテンポラリーダンスの作品をクリエーションされて公演を重ねられています。
 
 自分のように、ダンスを習わない人間というのは、実に体の動きにうとい。
 
 なので、目の前で何が行われているのか、半分程にも分かっていない。
 
 そんな中で、意味不明に見える動きに、心が震える瞬間があるのは何故かと考えてしまいます。
 
 日本に昔からある踊りというのは、年月をかけて日常生活の動きの中から選択された動きだと思うのです。
 
 例えば田植えや収穫、薪割草取り、井戸水をくみ上げる、洗濯、火を熾す、脱穀する、わらじを編む、ありとあらゆる労働という体の動きの中から日本人の民間祭りの踊りのメソッドが伝わってきたのだろうと考えます。
 
 歌舞伎や舞踊はこの際置いておいて。市井の踊りのことの方が実感が湧くもので。
 
 ところが現代においては、日常生活で体を動かす機会はどんどんなくなっています。体を動かす範囲がどんどん狭まっている。
 
 自分の生活を振り返るに、起きる、歯を磨く、食事する、トイレ行く、バイク乗る、一日PCで作業、風呂、寝る、もうヤバイ(笑)
 
 こんな生活しててね、自分からダンスの事に積極的に取り組まない限り、一生分からないまま終わってしまう。
 
 熊本では特に。
 
 必要がないから、知らないでいいかというと、そんな事は絶対ありません。
 
 時間に限りがあるとはいえ、そういう「世界」があることを知らないで、本当にいいのですか?
 
 まぁ、ほとんどの人が別にいい、と答えるのでしょうが。それはね、見た事、触れた事がないからだけかも知れませんよ。
 
 表現の世界は奥が深く、知れば知るほど面白く、深い感動があります。その感動を知らずに死ぬのは人生において大きい損失です。人生とは、どれだけ感動したかだけが、ほとんどの価値だと思います。
 
 一度表現の世界に足を踏み入れ、そこで深い感動を知ってしまうと、後へは引き返せない。引き返す必要もないです。
 
 それで、コンテンポラリーダンスにおいて、よくわかんないけど、心が震える瞬間があってその時って、最初は遺伝子レベルで共鳴するのだと思っていて。
 
 心に響く動き、そのことについてはもっと自分の体のことと、そのダンサーが持つ動きや考え方のテキストを知った方がいいでしょう。
 
 ダンサー毎に体を動かす方法論が違いますし、クリエーションもそれぞれです。
 
 そういう機会が熊本にはあまりにも少ない為、コンテンポラリーダンスの面白さ、深さを出来るだけ色んな方に知って頂きたいと思い企画しました。
 
 出来るだけ参加しやすいものにしたいと思っています。
 
 ご期待下さい。
 
 サリュ
Writing from here , there 's a personal impression of all.
Began involved in contemporary dance in recent years , first was from an encounter with Takenoshita Ryo .
I think I was just , talked by being independent of the museum when it came to buy a candle next to sum ​​Shinmachi Triassic museum is opened it was first .
It was time I started relying on eye little by little from the attitude that the various representations that name and contemporary take , had for 10 years back in those days .
I think so , that it became an opportunity to start bursting in my own Conte and dance performance , happening , a lot of history and terminology .
Creation of work and workshops , carried out in Kumamoto as a voluntary plan of Art switch next year , dance performances and invited two dancers from Tokyo .
There is a basic Valley , Koike Yoko is who are active on the international stage .
Basic hip hop ,  Mr. Ishii Norihito has danced the dance by Sankai Juku now .
There are methods of each of the basic dance , has been repeated performances moreover is the creation of works of contemporary dance is also the so-called what .
As their own , and that people who do not  dancing , out of touch with the movement of the body indeed .
So , what's been done in front of the eye , it is not known to be about half .
You would think under such circumstances , the movement that looks cryptic , there is a moment when the heart is trembling To some reason .
I think of that dance in a long time in Japan , and a move that has been selected from among the movement of everyday life over the years .
For example, methods of dance private festival of Japanese was handed down from the movement of the body pumping and harvesting rice planting , firewood split weeding , well water , laundry , make a fire , and threshing , weaving straw sandals , and all kinds of labor I think it would .
Dance and Kabuki aside at this time . With the thing which things dance of street is feeling the springs .
But in modern times , the opportunity to move the body in everyday life has gone steadily . Range to move the body is narrowed steadily .
To look back on their lives , and get up polish , teeth , dine , go toilet , riding bikes , working with the 1st PC , bath , sleep , sick anymore ( laughs)
I have been living like this , as long as it does not address active in that of dance from their own , and will end without knowing life .
Especially in Kumamoto .
If you say it is not necessary , and if I do not know , you do not absolutely such a thing .
Do not know that said that there is a limit in time , there is a kind of "world" , do you really good ?
Well, but will answer most people , I do not really know . It may I , ever seen , be just because you have never touched it .
There 's deeper than the world of representation , interesting enough to know if you know , deep impression . Die without knowing the impression that it is a big loss in life . I think life and how much is just how I was impressed , it's worth most .
And stepped into the world of expression once , once you know where deep impression , you do not turn back to the post . You do not need to turn back .
So , in contemporary dance , I do not know well , but you are at that time I thought that if there is a moment when the heart is trembling , that he first to resonance at the genetic level .
Movement sounds in mind , and that of your body more , those who know the text and ideas of the movement that the dancers have will be good for that matter .
Methodology to move the body to every dancer is different , and each is also creation .
It was planned and I think for too little , and would like to know the person many as possible fun of contemporary dance , the depth in Kumamoto such opportunity .
I think I would like to be easy to participate as much as possible .
Please expect .
Saryu
 
 

|

« コンテンポラリーダンス公演を企画中です。 | トップページ | 【シロの風】ファッションとアートの企画展です。阪急うめだ本店、中央街区スークにて。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体の動き、遺伝子の記憶。:

« コンテンポラリーダンス公演を企画中です。 | トップページ | 【シロの風】ファッションとアートの企画展です。阪急うめだ本店、中央街区スークにて。 »