« 年末は、来年の様々な申請がありますね。 | トップページ | 派遣切りアーティスト »

2013年12月 6日 (金)

特定秘密保護法案、政治素人の考え。

 この間、風営法の急な厳正適用で、深夜12時以降に酒を提供して客にダンスをさせた罪でクラブが摘発されましたよね。

 その後も、大阪、福岡でガサ入れがありました。
 
 随分昔に成立した法を、厳正適用するだけで、酒飲ませて躍らせる場所を潰す位は容易にできる訳です。
 
 法は、一度通るとこのように、時代が変わって適用されると妙な違和感が発生します。
 
 現政権はもしかしたら、まともな法の運営をするかも知れませんが(しないかもしれないけど)、この事を考えているのかな。10年後、違う政権になったとき、この法案を恣意的に運用することを目的とした政権が生まれていないと何故断言できるのか?
 
 あと、この法案を監視する第三者機関発足が条件とか、後出しでできたようですが。
 
 第三者機関の話は後回しで。
 
 そもそも、選挙時にマニフェストになかった法案を真っ先に通そうとしている。
 
 それが可能なら、この法案を恣意的に利用する腹心をもった政党が、マニフェストに何も書かずに当選後、勝手に運用できますよというメッセージをこちらは受け取ってしまった。
 
 こんな事が可能なら、有権者は選挙のとき何を基準に議員を選べばいいのか全く分からなくなりました。
 
 後出しじゃんけんそのもの。
 
 何だ、コレ。
 
 第三者機関の話も、そもそも順序が逆だったね。野党から言われて慌てて三文芝居を見せられた気分です。
 
 本来、各省庁、機関には守秘義務を司る法があるはずでしょう。コンプライアンスなんて生ぬるいものではなくて、法が。
 
 その法が十分に機能しているか、そもそもどんな法があるのか、どう改善すれば機密は保たれるのか、そういうのを調べ上げて管理するのが第三者機関で、もし法整備が足りないのであれば各省庁毎に改革指示を出すべきでしょう。縦割りで無理というなら、はなから無理なんです。第三者機関の設置なんて。
 
 各省庁の各秘密を一元管理なんて、無理。
 
 何でも一元で管理できるという、甘い幻想はどこからくるのでしょう。普通に考えても、秘密の守り方や使い方は、現場毎に運用の仕方が違うはずですから。
 
 秘密漏洩者に対して厳罰なんて自浄作用があるというのなら、先に議員定数の削減くらいやってみせて欲しいですよね。
 
 第三者機関の設置後、秘密保護に対する機能チェック後、不備がどうしてもコレだけありますよという提示後、法案の成立を目指す。という流れなら納得できましたけど。
 
 法案成立後の、現政権が設置する第三者機関のチェック機構なんて、誰が信用するのでしょうか。
 
 後出しじゃんけん、二回目。
 
 法案成立後、解散総選挙でしょ、普通なら。
 
 成り行きを見守ります。
 
 とりあえず、反対署名だけはしました。
 
 サリュ
 
 
 

|

« 年末は、来年の様々な申請がありますね。 | トップページ | 派遣切りアーティスト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ありがちな勘違いしている人とは違って、特定秘密保護自体には反対ではなさそうですが、なぜ反対署名されたのですか?

投稿: exp | 2015年2月22日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408893/54166442

この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法案、政治素人の考え。:

« 年末は、来年の様々な申請がありますね。 | トップページ | 派遣切りアーティスト »