« 体の動き、遺伝子の記憶。 | トップページ | 年末だしミヒャエル・ハネケを勝手に語る。 »

2013年12月17日 (火)

【シロの風】ファッションとアートの企画展です。阪急うめだ本店、中央街区スークにて。

 2014年4月1日から15日まで、大阪阪急うめだ本店、中央街区スークにてモヒカンポシェットと岡松トモキさん、宮部竜二さん、NPOアートスイッチによるファッションとアートの企画展を開催予定です。

 阪急うめだ本店の10階に、ストリートを意識した「街区」という場所があります。家の形がディスプレイの基本となるこの場所は、全国からファッションのメゾンがピックアップされて1~2週間おきに新しい展示が始まるという、大変エキサイティングな場所です。
 
 この企画が始まって約1年です。
 
 今、この場所でインスタレーション作品を展開すべく、準備が始まっています。
 
 
 【シロの風】プロジェクト。
 そのシロは空を移動しながら旅をします。
 城も、家々も、木々も真っ白な空のシロ。
 この城を操縦するのは女性のパイロットです。
 春夏秋冬、様々な気候のなかで雨や風もものともせず、自由気ままに空の旅。
 今回は大阪、阪急うめだ本店の10階で一休みです。
 色々な旅の思い出の品や、自由に旅をする為の、シロの服を沢山運んで参りました。
 今度はどこへ行くのか分からない気ままなシロの展覧会。
 この機会にどうぞお越しになって下さいませ。
 
 
 高所恐怖症ですから、高い場所にはなるだけ行かないようにしているのです。それで、この地上10階にある街区を知ったとき、これは空中楼閣なんだと思いました。
 
 そこから空を旅する【シロの風】プロジェクトが生まれました。
 
 旅の記録を映像で現す為に、ストップモーションアニメーションを制作します。現在、基本になる背景を制作し、準備が整い次第撮影に入っていきます。
 
 街区の家を模したディスプレイは、シロい城として作品になり、きままな旅をする城として表現します。
 その他にも、モヒカンポシェット、岡松トモキさんの作品も、それぞれ新しい展開をしていきます。
 
 ファッションの最先端の売り場にて、熊本から発信するアートとファッションのインスタレーションです。
 
 普通なら絶対に出会わない組み合わせで、様々なヒト・コト・モノが出会い、ゆるやかな交流が生まれていきます。
 
 ファッション展示販売で、アートと組み合わせてここまで作り込んでいるのは通常大メゾンか百貨店の本企画位です。
 
 自主企画ですし。
 
 アーティスト目線で言えば、作品の発表場所の新しい解釈です。
 
 ファッションで言えば、服は消費の対象ではなくて作品ということ。メゾンと作品の世界観をアートのクリエーションで増幅して楽しんで頂く企画です。
 
 経済が動いている場所で、そういう試みが受け入れられて、継続していけるかという挑戦をしています。
 
 準備はこれからですが、この企画展、実は巡回展で、スタートは新町三畳美術館から!
 
 来年の3月を予定しております。
 
 お楽しみに!
 
 サリュ
 
 
 

|

« 体の動き、遺伝子の記憶。 | トップページ | 年末だしミヒャエル・ハネケを勝手に語る。 »

NPO法人アートスイッチ」カテゴリの記事

モヒカンポシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【シロの風】ファッションとアートの企画展です。阪急うめだ本店、中央街区スークにて。:

« 体の動き、遺伝子の記憶。 | トップページ | 年末だしミヒャエル・ハネケを勝手に語る。 »