« 熊本に居ながらというのが、全ての大前提です。 | トップページ | 特定秘密保護法案、政治素人の考え。 »

2013年12月 4日 (水)

年末は、来年の様々な申請がありますね。

 毎年この時期は、軽くパニックなのです。

 芸術関連の助成金ラッシュの時期で、結果がだいたい2~4月の間に分かり、企画、準備、実行、と進んでいくので大体9~10月がイベントラッシュ、ということになります。
 
 芸術の秋の、本当の事情。
 
 それはいいのですが、申請というのが、膨大な書類を書き上げないといけないわけです。
 
 申請とか得意な人がいれば、NPOの運営はもっと楽になるんですけど。
 
 申請書と企画書は大体セットになっていて、企画が頭の中に出来上がっていないと、中々申請書に落とし込めません。
 
 今までの企画書と申請書が、通ったものも通らなかったものも、大分書きたまっているので、申請までの流れみたいなものは、分かったつもりです。
 
 なので、やりたいアートイベントはすでにあるので、申請書類と向き合うのが12月のお勤めみたいなもので、これを書き上げると、新年を迎えられるというここ最近の年末の過ごし方です。
 
 AAF2014には、再びトライします。今年は様子見みたいな感じでしたが、来年参加できたらもう少し、何かできたらなぁと思っています。
 
 くまもと・わくわく基金には、KUMAMOTO城下町大遊戯2014という形でエントリーしようと、目論んでおります。
 
 予算の額次第で、企画の規模が大小しますが、そこはそれですね。出来るだけのことを、やるしかありません。アートイベントで収入を得るのは、まだ自分たちには至難の業なので仕方ありません。
 
 参加組織やアーティストには、小額ですが制作費を出すシステムですので毎回資金的には火の車です。
 
 言ってみれば、アーティスト集団がアーティストに制作費を出すということで、もともとお金を生む才能がないので正直いつも苦しいですね。
 
 アーティストから参加費を貰って何かやる、というシステムはNPOアートスイッチではやりません。
 
 アーティストが経済的に少しでもどうにかなるように始めたのですから、制作費はどうにか出したい。
 
 熊本でやる場合は、収入があまり見込めないので、どうしても助成金を申請することになります。
 
 アートスイッチは助成金を使わないアート企画を、モヒカンポシェットと共に来年、全国展開していきますが、それと同時に熊本でもどうにか企画をやっていきたいと思っています。
 
 大遊戯がもし来年開催されるとしたら…
 
 大変ですけど、面白そうです!
 
 サリュ
This time of year , It is a panic lightly .
It means at the time of grant rush of arts , to understand from February to April is generally a result , from September to October about that event rush , so proceed planning , preparation , and execution , .
Autumn art , a real situation .
It is good , but that application that would not have to write up an enormous amount of documents .
If anyone good at such as application , management of the NPO Why am I going to be easier .
It is it to roughly set , planning is not finished in my head , proposal and application form does not downdraft in the middle each application form .
Those that application of the proposal until now , was also attended also did not pass , because the accumulated write Oita , is something like a flow to application , I'm going to found .
So , since there already is art events that you want to do , and be such Employed like a December 's face the application form , is how to spend the end of the year of recent here and finish writing this, that is the new year .
The AAF2014, I will try again . I think I felt like such a wait-and-see this year , a little more if you can join next year , and I wish I could something .
The fund , when you try to entry in the form of a large castle town KUMAMOTO play exciting Kumamoto 2014 , the Company contemplates .
In amount depending on the budget , the size of the project will be large and small , but there I am it . You can only do , that you just can . You earn an income in the art event is not the way because it is extremely difficult in their still .
It is the extreme poverty in the financial every time and artists participating organizations , is small , but because it is a system to issue production costs .
It is always painful honesty By as it were , a group of artists that give the production costs to the artist , because there is no talent to produce the money originally .
System that , do something got a participation fee from the artist does not do the NPO Art switch .
Artists because I started to be somehow even a little economically , I want to put out somehow production costs .
If you do in Kumamoto , so do not expect too much income , you may have to apply for a grant by all means .
Next year , Art switch will continue to expand across the country along with the Mohawk pochette , the art project that does not use the grant , but I think with it and would like to do a project managed in Kumamoto at the same time .
After a big game is to be held next year if ...
It is hard , but it sounds fun!
Saryu

|

« 熊本に居ながらというのが、全ての大前提です。 | トップページ | 特定秘密保護法案、政治素人の考え。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末は、来年の様々な申請がありますね。:

« 熊本に居ながらというのが、全ての大前提です。 | トップページ | 特定秘密保護法案、政治素人の考え。 »