« 【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】ワークショップ開催場所詳細です。 | トップページ | 【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】2月23日、13:00~熊本市現代美術館ホームギャラリーにてダンス公演です。観覧無料、是非お越し下さい。 »

2014年2月20日 (木)

【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】ワークショップ2日目、いよいよクリエーションが始まりました。

 熊本市現代美術館にて開催中の、アール・ブリュット・ジャポネから石井則仁さんと、小池陽子さんがインンスパイアされて、WS参加者の皆さんとダンス作品を生むという企画のワークショップ2日目が終了しました。

 
 正直、企画を立て、参加者を募りながら、どういう内容になるのかさっぱり見えていなかった訳です。
 
 コンテンポラリーダンスのクリエーションの現場を観たことはありません。
 
 それでも、石井さんと小池さんにおまかせすれば、万事大丈夫だろうという、非常に大船に乗った気分で今回の企画を進めてきました。
 
 やはり、間違いありませんでした。
 
 昨日は、WS後半の、普段意識していないからだの部位(耳の裏など)を意識するダンスがとても印象に残りました。
 
 この先どうなっていくのか、傍で見学していてとてもわくわくしていたのですが。
 
 2日目。
 
 動きはもっと詳細になっています。
 
 体の様々部位が絵筆になっていきます。前後左右に展開するキャンバスに、耳や舌、鎖骨やお尻を絵筆にして思い描く絵を描いていく想像力と体のリンク。
 
 絵筆のイメージも、鉛筆か、筆か、マーカーか。
 
 絵具は油か水彩か、墨汁か、色鉛筆か。
 
 自分で決めて、自分で想像上の空間キャンバスに描いていく。
 
 さらにキャンバスは天にも地にも増え、全方向に展開していきます。
 
 そして、前後左右、天地に展開したキャンバスは融合し、箱としての空間は角が取れ丸味を帯び、球体の中にいるようなイメージ。
 
 もうお分かりでしょうが、イメージの引き出しを実際の体の動きとリンクさせていくという、言葉にするととても難しいのですが実際のWSに参加すると楽しく、面白く動けるというのが、本当に観ていて凄技でした。
 
 その後、架空の観客席と舞台を設定し、観客でもあり演者でもある、主観と客観を一人で演じ分けるというWSに入りましたが、観ていて何故か感動がジワリと湧いてきて何故かと自問しましたが分かりません。
 
 このことに関してはこうだ!
 
 という、例えばアルファベットを表現する動きはこうだ!と見せられると、あ~~!とうんうんとなる自分がいて、混乱してきます。
 
 思うに、人が自分の思うままに想像力を働かせている状態を観ると、なぜだか感動する性のようです。
 
 こう書いていると、難しい感じがするかも知れませんがそういうことは本当にありません。
 
 途中参加も、一回のみの参加も大歓迎です!
 
 もう本日ですが、参加者募集中です。
 
 サリュ
 
 
 

|

« 【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】ワークショップ開催場所詳細です。 | トップページ | 【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】2月23日、13:00~熊本市現代美術館ホームギャラリーにてダンス公演です。観覧無料、是非お越し下さい。 »

INSPIRED BY ART BRUT JAPONAIS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】ワークショップ2日目、いよいよクリエーションが始まりました。:

« 【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】ワークショップ開催場所詳細です。 | トップページ | 【インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネ】2月23日、13:00~熊本市現代美術館ホームギャラリーにてダンス公演です。観覧無料、是非お越し下さい。 »