« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

【シロの風】大阪、阪急うめだ店、まもなく搬入が始まります。 Osaka, Hankyu Umeda store, loading will start soon [wind of white].

 【シロの風】の展示搬入が、30日より始まります。

 
 熊本展とどこが違うのかというと、まず単純にダンボールで制作されたオブジェクト(宮部竜二作)の量が倍になります。
 
 それと、阪急うめだ本店SOUQ、中央街区という場所は、ショップとして区分けされた場所
に、屋根付きの店舗のような構造物があります。
 
 店舗の中に街区を見立ててあるのです。
 
 最初にその構造を知ったとき(ファーストインプレッションは重要視しています)、空に浮かんだ街かと思いました。
 
 地上10F。
 
 ビルという構造体を取り払った時に、空にうかぶ売り場のイメージが湧きました。
 
 それから参加アーティストと話をすすめた結果、シロの風という世界観が出来上がりました。
 
 新町三畳美術館での展示は、イメージの断片をお見せする展示でした。
 
 来週火曜日から始まる、大阪展ではいよいよ、展示の全貌が明らかになります。
 
 正直、現場でないと分からないことが多々あるので、搬入作業をしながらのディレクションになりますが、展示自体は凄いことになるのだろうと、イメージは出来上がっています。
 
 展示物のディレクションで拘った部分は、「手仕事感」です。今やディスプレイにしろ何にしろ、技術的には人の手仕事を感じさせない工業感に溢れています。
 
 キレイなもの、無機質なもの、百貨店の一流のメゾンなどを覘くと特にそう感じます。
 
 本当に、それでいいのだろうか。
 
 素朴な疑問もあります。
 
 自分が着ている服は、何万人もの人が工業製品として同じものを着ている。
 
 店のディスプレイにしてもそうで、世界展開しているメゾンのショーウインドーは季節に合わせてイメージを統一しています。
 
 本当にそれでいいんだろうか。
 
 画一的なものを与えられて、安心しているだけではないのかな?
 
 そういうことを考えるのも面倒なひとたちが、ファストファッションをここまで大きくしたのでしょうね。
 
 そういったことの全てに、アンチテーゼを発信するのが今回の展示です。
 
 アンチをそのままメッセージにするのではなく、作品世界をきちんと構築して、楽しんで頂くなかで自然に感じてもらえたら最高です。
 
 これはダメだというのではなく、これの方がいいですよという代案です。
 
 アーティストなら、作品で見せていくしかないという、ど真ん中のことをしていると思います。
 
 【シロの風】大阪、阪急うめだ本店、SOUQ中央街区展、まもなく幕が開きます。
 
 お楽しみに。
 
 サリュ
 
 Exhibition of the[ wind  of white ] will start from the 30th .
If you say where is the Kumamoto Exhibition and different? , Amount objects that have been produced in a simple cardboard first of ( Miyabe Ryuji work ) is doubled .
At the same , the location Hankyu Umeda head office SOUQ, that Chuo-gai District, where they are divided as shops , there is a structure, such as a store of Covered .
It's are likened to a city block in the store .
I thought ( first impression has been important ) , whether city floated in the sky when you know the structure first .
Ground 10F.
When I rid the structure of the building , the image of the sales floor in the sky was springing .
A result that was then recommended to talk with artists , view of the world that wind of white was completed .
Exhibition at Shinmachi Triassic Museum of Art , the exhibition was to show you a fragment of the image .
Starting from next Tuesday , finally , the whole picture of the exhibition will reveal in Osaka exhibition .
That you do not know honestly , not a scene are many because it is , it will be direction of the while the carry- work , but the exhibition itself would probably be would be great , the image is finished .
Portion that is involved in the direction of the exhibit is " a feeling of handwork ." What is white on white display now , we are full of a sense of industry which does not let you feel the handiwork of people in the art.
I feel especially with those覘Ku clean , inorganic ones , such as the Maison 's leading department store .
Really , so I wonder the good .
There is also a simple question .
Clothes he is wearing , wearing the same thing as an industrial product of tens of thousands of people .
And so even if the display of the shop , show window of the Maison that global expansion will provide a uniform image to fit the season .
Will you be good at it really .
Given the uniform thing , I wonder if not just in peace ?
To think such a thing , troublesome people is , I would have increased to here fast fashion .
It is the exhibition to all of that sort of thing , is to place a antithesis .
Instead of the message as it is anti , it is great if I get to feel naturally among you to build properly the work world , and enjoy .
It is this alternative instead of damn , this person that I is good .
I think if artists , and that there is only going to show in the works , to be doing something right in the middle .
Osaka , Hankyu Umeda head office , SOUQ Chuo-gai District Exhibition , curtain opens soon wind of [ white ] .
Stay tuned .
Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

【シロの風】熊本展終了し、4月1~15日大阪展開催です。Kumamoto and Exhibition end [wind of white], it is Osaka Exhibition April 1 to 15.

 シロの風熊本展は終了致しました。

 いよいよ来週は搬入準備、調整などがあり、週末には大阪入りして現場での搬入、設置となります。
 
  阪急うめだ本店 SOUQ、中央街区にて4月1日~15日までの展示です。
 
 ファッションとアートの企画展という、昨年から試み始めていることが、今年から本格始動しています。
 
 この先に何があるのか、綿密に予想をしつつ進めています。
 
 この大阪展が、三都市の中では一番密度がある展示になると予想していますし、そうなるように企画を立てています。
 
 福岡天神イムズでは、場所の制約上、今度はどこまで内容の密度を上げながら全体をコンパクトにするかという新しいトライになるでしょう。
 
 熊本展へお越し頂きました皆さま、ありがとうございました。
 
 私たちはこれから、大阪へとシロの風を展開していきながら、また次の新しい企画を同時に進めても行きます。
 
 熊本発日本全国へ、このステージまでどうにか来ることが出来ました。
 
 応援して頂いている皆さまや、関係各者、皆さまのおかげさまを持ちまして、NPOアートスイッチとモヒカンポシェットはさらに先へ進みます。
 
 サリュ
 
Today , wind Kumamoto exhibition of the castle will end .
There conveyance preparation next week , and finally adjusted , it will carry in the field and Osaka into the end , and installation .
It is a display of up to 1 to 15 April Hankyu Umeda head office SOUQ, at Chuo-gai District .
That of exhibitions of art and fashion , and is beginning to attempt from last year , are in full swing starting from this year .
What is in this earlier , we are working while the forecast closely .
Osaka this exhibition , we are expected to be in the exhibition there is a density most of the three cities , and you have made ​​a plan to make it so .
In Fukuoka Tenjin IMS , you will want to try new constraints on the location , and whether to compact the whole far while increasing the density of the contents of this time .
Everyone I had come to Kumamoto exhibition , thank you .
From now on , we 'll go even if at the same time promoting the new plan the next also , while continue to expand the wind and white to Osaka .
I was able to Kumamoto departure from Japan , this stage until somehow .
It has to have and everyone that I have to support , the relationship each person Thanks , everyone , Mohikanpochette NPO and Art switch to proceed further .
Salyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

【シロの風】映像制作話②。Video production story ② [wind of white.]

 現在モヒカンポシェット&新町三畳美術館にて開催中の【シロの風】で、常時流している映像作品(約2:40)の話です。

 ストップモーションアニメーションなのですが、当然作ったことない上に、100枚のシャツで季節や天候を表現しなから変化していくという、条件や世界観を先ず考えなければいけませんでした。
 
 モヒカンポシェットホームページで見ることが出来る予告では、時間的には3分の1位の長さです。
 
 シロの世界観はダンボールで表現することは、最初のミーティングから決まっていたので、その世界観を背景に色々と準備を進めました。
 
 たったこれだけの映像作品制作に、準備が半年とか掛かるんですね。やらなければ分からないこと。
 
 背景とモデルは別撮りの合成なんですが、同時に撮るとか、撮影にどれだけ掛ければできるんだという気持ちです。
 
 背景は撮影は丸1日でした。これは、すこしずつ動かすという本当に基本的なことだったので結構順撮りでいけました。
 
 問題はモデル撮影でした。問題というか、単に自分が不慣れな作業であった為(監督的な立場)で、頭の中が常時混乱の中、2日間で撮影終了。
 
 今回の企画では、学ぶべきことが山のようにあり、それもまた次に繋がることになります。
 
 映像作品は会場でご覧になれますので、お楽しみ下さい。
 
 しかし、本当に何でもやってしまうな~。
 
 節操がなくなっていくのが、自分で分かります。
 
 結果がよければいいと思っています。
 
 判断は皆様に。
 
 サリュ
In being held at the Mohikanpochette Shinmachi Triassic Museum [ Shiro no kaze ] , it is a story video work that is flowing at all times (about 2:40 ) .
It is a stop-motion animation , but did not go on I've never made ​​course, that will change from express Shinano the season or weather shirt of 100 sheets , I need to think first view of the world and conditions .
In the notice , which can be seen in the Mohikanpochette home page , is the length of 1 out of 3 minutes in time .
Be represented by cardboard world view of the castle , because it was determined from the first meeting , I was gearing up in various ways in the background view of the world .
The video production work of just this , preparation is I 'm such as take just six months . Do not know to be done .
Model and background 'm a synthesis of different takes , but it is feeling and at the same time such as take , and that I can do is multiplied how much shooting .
Background was a full day shooting . This was taken in order do well enough because it was basic things that really move little by little .
Problem was a model shoot. I mean problem , in ( a supervisory position ) because work was inexperienced myself simply , in the confusion at all times , in the head shooting completed in two days .
In the planning of this time , is in a mountain of things to learn , you will be lead then also it .
Video work , so a look at the venue and enjoy .
However , ~ Do not that to get anything really .
Constancy will remain the same while gone , I can see for yourself .
I'm thinking result is good if you like .
Judgment to everyone .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

【シロの風】開催中!23日(日)までです!

 現在開催中のシロの風は、3月23日(日)までです。

 毎日、少しずつ変化を遂げながら、どのかたちが一番届くのかを模索中です。
 
 三都市巡回展の最初とあって、やはり幕を上げてみなければ分からない箇所が多々あったりとツアーの強みを感じています。今後修正と改善を繰り返して、よりよい展示になっていけばと思っています。
 
 もちろん、今の展示が悪いという意味ではなく、どんな企画にも繰り返すことで改善点は見つかるという意味においての話です。
 
 大阪、福岡では百貨店の展示になるので、前提として今回ほど自由にはできないという意味でも、内容は場所によって毎回ガラッと違う印象になるでしょう。
 
 各場所の特性を生かしながら、シロの風の巡回は続いていきます。
 
 話はかわりますが、先日参加したAAF2014キックオフ会議の感想などは、右側で表示中のツイッターに書いてますので、興味があられる方は参考までに。
 
 またかわりますが、昨日、モヒカンポシェットとNPOアートスイッチと熊本の関連アーティストまで含めてアメリカへの企画展開催へ向けて、最初の会議を行いました。
 
 もちろん、ツテ・コネ、一切ありません。
 
 座右の銘「徒手空拳」
 
 今までも、これからも。
 
 アメリカ進出のための具体的な動きが5月あたりから始まります。
 
 表だってどうこうはありませんが、アートスイッチ内部的には新しいブレーンを向かえての動きになりますので今までとはまた違った感じになります。
 
 次々と新しい動きが、内部からどんどん湧いています。
 
 一歩一歩進んでいたのが、段々駆け足になりつつあります。
 
 サリュ
March 23 wind of white currently being held is up to ( day ) .
It is exploring every day , while undergoing change little by little , what form are to reach most .
 
Where you are not sure if there is the first of three city traveling exhibition , and if I raise the curtain still has feel the strength of the tour and A~tsutari are many . It is hoped that by repeating the future improvement and modification , and if I become a better exhibition .
 
Of course , it is a story in the sense of improvement that found in that it is not the meaning of the exhibition now is poor , is repeated in any planning .
 
Also in the sense that since the exhibition of Osaka department store , in Fukuoka , that it is not possible to free about this as a premise , what will be the impression that different from Garatsu each time depending on the location .
 
While taking advantage of the characteristics of each location , circulation of wind of the castle goes on .
 
Story changes , but the impressions of the kick-off meeting AAF2014 who attended the other day , so we wrote to Twitter being displayed on the right side , for reference Those who hail interest .
 
In addition, I change, but , yesterday , towards the planning of the exhibition to the United States , including to related artists of Kumamoto and NPO Art switch and Mohawk pochette , and conducted the first meeting .
 
Of course , go-between Kone , does not have any .
 
Motto " empty-handed "
 
Even now , even now .
 
Specific movements for the American advance will start from May per .
 
You will feel it different again and until now there is no trend even table , since it becomes the movement of new hosted luminaries of the brain in the art switch internally .
 
New moves one after another is , has sprung up rapidly from the inside.
 
It 's was going step by step , it is becoming gradually whirlwind .
 
Salyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

【シロの風】【AAF2014】

 今日、シロの風の搬入ということで、モヒカンポシェットと新町三畳美術館は、普段とは違い企画展モードに改装しております。

 なんやかやで、こんな時間になってしまいました。
 
 地震の影響が心配ですが、今は自分にできることを粛々とやるしかありません。
 
 明日は、シロの風初日、オープニングパーティーです。
 
 搬入日に、会場を最終的に監修できないという、ちょっと心残りな気もする展示初日ですが、長い時間を掛けてきた企画なので面白いものになっていると思います。
 
 明日はAAF2014のネットワーク会議の為に、東京へ移動します。
 
 夜にはインスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネでお世話になった石井さん、小池さん達とさらに様々な方々と上野で交流会(要は飲み)の予定です。
 
 15日は、ネットワーク会議でプレゼンをします。
 
 今週末は、色々重なってしまいましたが、是非シロの風を楽しんで頂きたいと思います。
 
 AAF参加期間中は、gmail、SNS、全く使えませんので、何か御用の向きは携帯でご連絡下さい。080-4288-8882です。
 
 それでは熊本で、東京で、それぞれの出会いに。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

マーチャンダイジングというものと向き合う。

 ファッションにおけるマーチャンダイジングとは。

 随分長いこと半導体の工場で働いていたので、ファッションにおけるMDは工場で言うジャスト・イン・タイムと同じことだと理解しています。
 
 業界が違うだけで、言っている意味はほとんど同じです。
 
 要するに、効率化です。
 
 ファッション業界では、それが行きついた先がファストファッションです。
 
 このシステムは、誰を幸せにするのかというと、経営者や役員、株主などです。
 
 それはこの資本主義の世界では、善です。それが、企業経営の根幹ですから。
 
 生産に関する労働力の確保という意味では、賃金が安い国に仕事を増やします。そういう観点でも、悪い事はなにひとつありません。
 
 基礎賃金が高い国での単純労働が、安い国へ移るだけ。
 
 何でこういう話を延々してるかというと、内幕を知ってしまってもファッションに夢を見ることを諦めないと言いたいからです。
 
 一生、衣服を着続ける、それは普通の事です。
 
 極端ですが、服は自分が何者であるかを表現する、最初の手段です。
 
 何を着るか、着ているか、いつもひとに見られ、判断されています。
 
 モヒカンポシェットが提供できるただひとつの価値は、この服はあなただけが着ることができる世界にひとつだけのもの。
 
 という価値です。
 
 布地の仕入れから、デザイン、縫製まで一貫して一人で行う事。
 
 服をライン化して生産する工程は、できます。やろうと思えばおそらく簡単に。
 
 でも、それはしません。それは旧世代の仕事のやりかたです。もう飽きた。
 
 モヒカンポシェットに関して言えば、モヒカン製の作品を着て頂いてる方に、着る喜びを、もっと言えば感動を感じて欲しいのです。
 
 その為のMDをやっています。
 
 何か心で感じて頂きたい為の、ジャスト・イン・タイムで、アートを投入します。
 
 非効率なファッションのありかたに、非効率の塊のアートを組み合わせることで、本来着ることで様々なことを表現できた「服」の本質を鮮やかに切り取ります。
 
 【シロの風】
 
 今春必見の熊本の企画展です。
 
 サリュ
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

【シロの風】予告編映像公開です!

 3月15日(土)より開催する、ファッションとアートの企画展、シロの風のイメージ映像予告編を公開致しました。

 ストップモーションアニメーションです。

 
 ファッションとアートの企画展です。
 
 熊本、大阪、福岡の三都市巡回展となります。
 
 
 100枚のシロシャツは、完全1点もののオリジナル作品です。1枚目から100枚目まで、季節や天候の変化に合わせたデザイン、裁断、縫製で、昨年11月から1枚ずつ検討を重ね制作致しました。
 
 映像作品の制作物は、ダンボールが素材となっています。今回の企画のアート面で参加の宮部竜二総指揮で制作されました。
 
 写真撮影、映像編集は岡松トモキです。完全版は4分位になると思いますが、展示会場で完全公開予定、絶賛編集中です。
 
 内容や、総合的なディレクトは櫻井栄一が行っています。
 
 展示会場では、撮影に使用した制作物ほか、シロの風のインスタレーションと写真作品、シロシャツ100枚等、見所満載の展示になります。
 
 15日はオープニングパーティーを開催致します。軽食をご用意してお待ちしております。もちろん参加費無料ですので、お気軽にお越し下さい。
 
 いよいよあと一週間で開催です!
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

昨年に引き続き、アサヒ・アート・フェスティバル2014に今年も採択されました!

 昨年初参加致しましたアサヒ・アート・フェスティバルに今年も採択されました。

 引き続き、全国の様々な活動に触れる機会を頂き、本当にありがとうございます。
 
 AAFに参加することで、先日熊本市現代美術館で開催することができた、インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネの講師お二人と企画を練ることができました。
 
 北九州は枝光のアイアンシアターさんで石井さんと小池さんは、WSとダンス公演を開催されましたが、この企画もAAFでの出会いから派生したものです。
 
 たった一年の参加でも、何かが生まれる可能性があります。
 
 AAFでの出会いを活かし、熊本で何ができるかを考えています。
 
 昨年は大阪の輪音プロジェクトさんの主宰されるクリエイティブアヲード関西の、二次審査員を経験させて頂けるなど、様々に面白い経験ができる機会なのです。
 
 出会いは偶然で、そこから何かが生まれる熱量を、参加される団体全てから感じます。
 
 今年はアートスイッチで企画しているアート企画も、熊本県外のものが大半なので、ここでの出会いを大事にしてまだ見ぬ何かに期待したいと思います。
 
 だって、AAFに参加するまでは、熊本に国際的なコンテンポラリーダンサーをお呼びして5日間のワークショップや、熊本市現代美術館と共催でダンス公演を開催するなど夢にも思っていなかったのですから。
 
 ダンスの知識にも乏しかったし。それからは勉強しましたけれども、まだまだです。
 
 これって、自分革命だと思うのです。
 
 知らなかったものに出会い、感動し、行動に移す。
 
 誰かに表現者の熱が届けば嬉しい。
 
 難しく考える必要はなくて。
 
 一歩ずつ歩いていけば、きっととんでもない表現に行きつくと信じて、すこしずつ進んで行きます。
 
 アートの試みは、失敗の連続で、ほとんど成功とかしませんが、失敗の中にも感動があるんだな。
 
 うまくいかないことは分かっていても、やらざるを得ない、やるしかけじめがつかない。
 
 何だかそういう不条理な衝動にいつも突き動かされていて。
 
 全国の同じような人達と会うと、一息つける気持ちもあり、段々AAFは心の中で重要な位置になってきました。
 
 そんな訳で、今月の15~16日は、プレゼンしてきます。
 
 来れる人はおいで~
 
 ユースト全中継もあるよ。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

【シロの風】ストップモーションアニメ制作話。

 ファッションとアートの企画展、【シロの風】のアートディレクションをしています。

 熊本市中央区新町のパーソナルメゾン、モヒカンポシェットが創った100枚のシロシャツというアートピースが生み出すシロの風という世界を、岡松トモキと宮部竜二という2人のアーティストがそれぞれ映像とインスタレーションで表現します。
 
 今回は三都市巡回展という形で、場所の違いで様々に形態を変えながら世界観をお見せします。
 
 3月15~23日   熊本市新町三畳美術館
 4月1 ~15日   大阪阪急うめだ本店 中央街区
 5月25~6月1日  福岡天神イムズ
 となります。
 
 去年の10月から準備を始め、先日やっと映像作品を撮り終えました。編集作業に入っておりまして、3月5~6日位には予告編が公開できると思います。
 
 超巨大大手のファッションメゾンでは、ファッションとアートが組むのは1世紀前から当たり前の事です。シャネルとピカソ、ダリの事を紐解かなくても、最近ではアレキサンダー・マックイーンと小谷元彦が聖骸布のスカーフ、ルイ・ヴィトン、シュウ・ウエムラ、フセイン・チャラヤンはど真ん中という百花繚乱の態です。
 
 そのような中、自分たちでやる。
 
 できることを、最大限やる。
 
 そういう決意で今回の企画展を開催致します。
 
 ファッションとアートとWEBを駆使した、全く新しい何かを生み出している途中です。
 
 熊本を拠点にしながら、日本全国、世界へと発信していくコンテンツを作ろうとしています。
 
 参考になる事柄はあっても、最終的には自分たちで創造していかなければならない。
 
 結局、手作業の非常にアナクロな世界なのですが、そこにしか真実はないと本気で思っています。
 
 効率という意味では、最悪です。
 
 でも、ここには他では生み出せない何かがあります。
 
 アニメの制作話をしようと思っていましたが、ちょっと違ってしまいました。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »