« 【水邸のワルツ】思考過程。 | トップページ | 熊本はどういう過程で創造都市的な感じになるのか、考えてみる。 »

2014年4月24日 (木)

【水邸のワルツ】思考過程②。Thought process ② [Waltz of water House].

 モヒカンポシェットの信条は、衝動のまま作ることです。ここからパンクを想起するのでモヒカンの名がブランド名に入っています。

 今回はこの「衝動」について色々考えています。
 
 あともうひとつは、世間に対してアンチテーゼを示したいということ。それこそがパンクスピリッツの真髄だと思うからです。
 
 では衝動のまま、世間にアンチを突き付けるというのはどういう事か?
 
 まず、現状のファッションシーンや売れている服、流行はどうか。
 
 おおまかに言って、売上では上位3社は全てファストファッションです。
 
 パーソナルメゾンの中にも、ファストファッションからやり方を引用して、結構な売上を上げている所もあります。
 
 この風潮を是とするか、否とするか、それが今回の企画の根幹になってくるでしょう。
 
 ファストファッションとは、一流のメゾンのファッションショーや、その他の流行からいち早くデザインを取り入れ、人件費が安い国で生産し、川中の流通コストを極限までカットしてカット分の利ザヤを稼ぐという商売です。ザッと言えば。
 
 このシステムをさらに磨きをかける為に、グローバル化に血道を挙げている。
 
 これ、お洒落ですか?
 
 生産と流通の革命は確かにおきましたけど、一番重要なデザインの創造の部分において何も創造しないブランドって、一体何?
 
 消費社会の権化みたいなブランドのありようって、品がない。
 
 「品」
 
 パンクのありようって、世界各国違うんじゃないですかね。
 
 スキンヘッドに革ジャン、マーチンというのは、パンクファッションなだけでスピリッツは関係ありません。
 
 今自分がいる社会に対して、アンチとして何をぶつけるか。
 
 今の日本ならば「エレガンス」しかない、と考えました。
 
 この「エレガンス」は、態度的には超攻撃的な「エレガンス」です。
 
 ここ10年位で、柄が良くて品がない人が急増している気がします。逆ならいいんです。それは白洲次郎みたいなものですから。
 
 さらに追い打ちをかけるように、階級社会化している。そんな中での「エレガンス」とは一体何か?
 
 この一連は、思考過程ですのでまだ結論は出していませんが、相当面白い企画になることは間違いなさそうです。
 
 これも決まったら、巡回したいな…
 
 サリュ
Creed of Mohikanpochette is , is to make impulse remains . Name of Mohikan has entered the brand name because it recalled the punk from here .
Various I'm thinking about this " impulse " this time .
One more thing is that we want to show the antithesis world . Because I think what it's the essence of punk spirits .
The remains of the impulse , it's that pose to the world anti- What does it mean ?
First , clothes -selling and fashion scene of current situation , whether epidemic .
Broadly speaking , the top three companies is a fast fashion all sales .
Also in the personal Maison , where by reference the way from fast fashion , you are raising a fine sales or you there .
Either the Shi this trend , either with not, it will become the foundation of this project .
The fast fashion , and business and incorporating the design quickly from fashion and other fashion show of Maison leading , labor costs produced in cheap country , and that earn interest Zaya cut the portion that was cut to the limit distribution cost of midstream is . Speaking of cursory .
In order to further refine , be dedicated to the globalization of this system .
This , or is fashionable ?
Revolution of production and distribution has certainly happened , but I brand that does not create anything in the portion of the creation of the design which is most important , what the heck ?
What Invision of brands like incarnation of the consumer society , have no style .
" Goods "
What Invision punk , I guess is not it different countries around the world .
Leather jacket , I mean Martin to skin head , has nothing to do with spirits just a punk fashion .
To society you have your own now , what as an anti- bump .
I thought , " elegance " only , and not if Japan today .
Ultra- aggressive in this attitudinal " elegance " is " elegance " .
In '10 position here , I feel that people have no style pattern is good is increasing rapidly will . Is good if the reverse . Because it is kind of like Jiro Shirasu .
To add insult to injury , you have class society further . Something integral in such a " elegance " ?
This series is not out yet concluded because it is a thought process , but it can be an interesting equivalent planning seems to be no mistake .
This is also Once you've decided , I want to tour ...
Saryu

|

« 【水邸のワルツ】思考過程。 | トップページ | 熊本はどういう過程で創造都市的な感じになるのか、考えてみる。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【水邸のワルツ】思考過程②。Thought process ② [Waltz of water House].:

« 【水邸のワルツ】思考過程。 | トップページ | 熊本はどういう過程で創造都市的な感じになるのか、考えてみる。 »