« 【シロの風】5月24日(土)~6月1日(日)福岡天神イムズ、B1Fにて開催です。 | トップページ | ティファニーで朝食を、を見てエレガンスを考える。 »

2014年5月13日 (火)

【水邸のワルツ】思考過程③。

 先日、モヒカンポシェットの布地の仕入れに、広島県福山市の近田に同行しました。

 福山は岡山同様、デニム製造のメーカーが多く点在している地域です。
 
 そこで、ユーカリからつくられるテンセルという繊維と、コットンを掛け合わせて織ったテンセルデニムという素材を見させて頂きました。
 
 質感は紙のようで、さらっとした感じで、真綿にも近い気がします。
 
 【水邸のワルツ】のテーマは現代のエレガンスです。
 
 日常の中でエレガンスさを表現する為の、素材の選択としてテンセルデニムをと現在考えています。
 
 地面に埋めれば自然に還るという布地です。
 
 デニムの中に、エレガントを見出すというのも、ひとつの見立てになると思います。
 
 制作予定のオブジェクトの素材も、ダンボールです。
 
 ダンボールからエレガンスを引き出せるかという試みになるはずです。
 
 デニム、ダンボールという身近な素材を研究し、自分たちが持っているスキルや、得意なこと、苦手なこと、そういう能力の素材も徹底的にバラして並べます。
 
 その中から、何を組み合わせれば新しいことができるか、自分達の今の限界を越える試みになるかをじっくり考えて行きます。
 
 その中で、観客たるお客様にどうすれば届くか、言葉を練って行きます。
 
 百貨店の売り場という、実際に経済が動いている場所で、自分達が考えるアートの実現をどうするかをまだまだ、もっと考えなくては行けません。
 
 その暁に実現する展示は、一瞬で視覚から心まで届くような、さらにその先にはきちんとしてコンテキストがあるような、そういう展示を【水邸のワルツ】では目指しています。
 
 【シロの風】から始まったこの路線は、これからどんどん深化して行きます。
 
 アートとファッションの企画展という方法で、最速で世界を目指します。
 
 その為にも、現在はファッション関連のことを脳内で紐付け中です。
 
 もっと考えないとね~、頭が悪いから時間が掛かります。
 
 サリュ

|

« 【シロの風】5月24日(土)~6月1日(日)福岡天神イムズ、B1Fにて開催です。 | トップページ | ティファニーで朝食を、を見てエレガンスを考える。 »

アートムーブメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【水邸のワルツ】思考過程③。:

« 【シロの風】5月24日(土)~6月1日(日)福岡天神イムズ、B1Fにて開催です。 | トップページ | ティファニーで朝食を、を見てエレガンスを考える。 »