« 才能⇒地獄でなぜわるい | トップページ | 現状を越えていく。それが現状維持。 »

2014年7月31日 (木)

熊本阿蘇ミルク牧場に行ってきました。他人を愛するのは難しい。

 阿蘇ミルク牧場。

 ググッて下さい。
 
 姪っ子を連れていきました。小学4年生です。
 
 いや~、動物は愛せる!
 
 ヤギ、羊、牛。
 
 家畜です。飼いならされてます。なでるとすり寄ってきます。おやつあげるとすりすりしてきます。
 
 素直にええわ~となります。
 
 その次に、牛などには特に、いつもお命頂戴してます、ありがとうございますなど手をあわせる始末です。ここにいる牛は、いつも頂いてるスーパーのコマ肉とは特に関係ないんですが。
 
 反捕鯨の奴らは、牛さんや豚さんは食べないのかな~と思いました。
 
 自分は鯨やイルカより、牛や豚との方がスキンシップしやすい。
 
 自分が何を選んで食べるか。
 
 真剣に考えても、考えなくても、他人が何食べてようが関係ない。
 
 他人の食べ物に意見をいい始める、これは大変よくないが、ついつい言いがちです。
 
 マクドナルドが大好物だろうが、ベジでマクロビオティックだろうが、石油で着色されたアイス喰ってようが、正直こっちは与り知らない訳です。
 
 各々が勝手にやればいいと思います。
 
 何かを選択して食べるのは、本当にしんどい行為だよ。
 
 料理とかしたことない人は、あーだこーだ言う前に料理すべし。
 
 生肉の感触、血の匂い、新鮮な野菜を切った時の香味、色んな油の季節毎の使い勝手。今何が旬なのか、旬は2カ月過ぎたら安くなるけど味は落ちるとか、本当に楽しいよね。
 
 こうやって、野菜や家畜は人間の都合の上で深く愛せる。
 
 ただ、人間はそうは行かない。
 
 恋人や妻、子供、肉親、血縁、同郷、同社、同県、同州、同国。
 
 様々な共通項を見つけて共感します。
 
 愛するためには色んな前提条件が必要。
 
 初めて会った子ヒツジにメロメロになるのに、人間相手だとそうはいかない。
 
 どうしてここまで人間の社会は複雑になってしまったのかな。
 
 楽しい面もあるけれど。
 
 まぁ、今日は姪っ子が楽しんでたから良かったよ
 
 サリュ
 
 

|

« 才能⇒地獄でなぜわるい | トップページ | 現状を越えていく。それが現状維持。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本阿蘇ミルク牧場に行ってきました。他人を愛するのは難しい。:

« 才能⇒地獄でなぜわるい | トップページ | 現状を越えていく。それが現状維持。 »