« 【リボン】展、企画内容がほぼ出そろいました。 | トップページ | 夢と狂気の国 スタジオ ジブリ ドキュメント鑑賞。 »

2014年7月20日 (日)

【リボン】展、文脈を整え中です。

 10月22日から28日まで、大阪阪急うめだ本店、中央街区SOUQにて開催する、【リボン】展ですが、アーツ・チャレンジ2015 というアートコンペにトライする予定で準備を進めています。

 ファッションと陶人形、映像のインスタレーションで、テーマは「結ぶ」です。
 
 日本は今、集団的自衛権の件や、周辺海域での領土問題等、様々な国の様々な主張で大揺れです。
 
 突然何だと思われるでしょうが、このように、様々な立場での主張を一方的に押しつけ合い平行線を辿ったまま憎しみまで発展するという現実はどう見てもよくないと思います。
 
 きっとどこかに、お互いを結ぶポイントがあって、そこで美しいリボンを結べるはずだという、理想を掲げたいと考えて、【リボン】展を企画しています。
 
 もちろん、いきなり国際政治の場で何か有効な手段なりできればやりますが、アーティストですから自分の持ち場で考えて実行します。
 
 ここで進行する思考過程や、実際に結ばれるはずの【リボン】という作品は、人と人が結ぶことが出来る希望の結び目としての価値があると信じています。
 
 アートとしての思考過程を、社会化して行くこと。それもまた重要な結び目のひとつです。通常、アート、特に現代アートは好きな人は好きに留まっています。特定のファンや、コレクターに向けてのみならず、普段はあまり美術館に行かない方々にも楽しんで頂きたい。
 
 これはアートスイッチがずっと行ってきたことで、一貫してブレずに主張していることです。
 
 アートのスイッチをオン!にすること。
 
 その為には、アート企画(作品)はホワイトキューブに留まらず、社会の中の特に経済が動いている現場で展示(もちろん販売も)することが重要と考えます。
 
 ホワイトキューブで展示される作品が、ほとんどそのまま百貨店でインスタレーション展開し、一般のお客様に楽しんで頂けるか。
 
 この試み自体が、非常に興味深く、意義があるアートと社会の結び目になります。
 
 展示自体がまさに【リボン】なのです。
 
 簡単に書いてますが、ほとんど離れ業です。特に、百貨店でそれなりに結果を出す、の部分は。
 
 アートスイッチは【シロの風】から、この基調路線を強化し、アートの社会化に先鋭的に試み始めています。
 
 【リボン】展は、もう一歩その歩みを進めた企画になります。
 
 確実に開催するのは、10月22日~28日、大阪阪急うめだ本店です。
 
 作品制作も、少しずつ進んでいます。
 
 お楽しみに!
 
 サリュ

|

« 【リボン】展、企画内容がほぼ出そろいました。 | トップページ | 夢と狂気の国 スタジオ ジブリ ドキュメント鑑賞。 »

【リボン】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【リボン】展、文脈を整え中です。:

« 【リボン】展、企画内容がほぼ出そろいました。 | トップページ | 夢と狂気の国 スタジオ ジブリ ドキュメント鑑賞。 »