« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

「空」という概念が理解できるかどうか。

 日本美術と言いますか、もっと広げて日本文化としましょう。その真髄はどこにあるか。「空」という概念になるのではないかと思います。

 何もない空ではなく、全てが満たされた空です。
 
 そこまで行く為の初手として、型が必要になります。
 
 まず型にはまり、そこから自由になること。その自由のことを「空」というのでしょう。
 
 型に一度はまることは、日本文化の中では重要で、芸へのアクセスを容易にしてくれます。現代日本では家元制度が強すぎて、この型から一歩も出ないことが美徳のようになってしまっていますね。茶道なんて花嫁修業の一環だもんな。利休は切腹までしたのに、堕落もはなはだしいですね。
 
 美術の世界もそうで、最近日展のことが新聞ですっぱ抜かれていましたが、茶道と同じ道を歩いているんだなと思いました。
 
 現世でどう立ちまわるかの問題ばかりで、日本文化の精髄に近づこうという精神があんまり見えない。
 
 序破急の末の「空」
 
 どこまで自由になれるか。満たされた自由。
 
 だいたい、普通の美術家はこの満たされた状態になる前に寿命が尽きることが多い。「空」どころではない。
 
 この空は、わびさびじゃない気がしています。全てが満たされているような感じ。葛飾北斎だと鳳凰図、伊藤若冲だと鯨と象。
 
 凄いですよね。何かが満ち満ちてる!
 
 型からは完全に自由!
 
 自分がそういう絵を描けるようになる為には、もっと自分を満たさなければいけない。
 
 満たし方が足りない。
 
 現代社会は恐ろしく複雑になったから、膨大に満たさねばならないと思います。
 
 まだまだ、自分をある種の型にはめている途中です。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

表現したい事の芯が、うっすら見えてきた。

 何を表現したいの?たまに訊かれると、いつも答えに窮していました。

 特段過度に表明したい声明も、やむにやまれない個性もなく。
 
 自分を評するに、個性的な性格でもないし、どうしようかなコレという程普通。
 
 遠藤一郎さん、淺井裕介さん、アートホーリーメン、加藤笑平、ワタリドリ計画、中崎透さん、同時代を生きてる美術家に色々御会いしましたが、皆さんやっぱどっか普通じゃない。
 
 えっと、生島国宜さんは、あの人はこっち側です、今から説明します。
 
 話を戻しますが、何を表現したいの?
 
 これに対していつも「ニュートラルな」「フラットな」という言い方をしてきました。
 
 日本語だと「中庸」となるのかな。
 
 表現活動と関係なく、日々の生活を眺めると、そんなに起伏がない感情や出来ごとの中で生きているなと感じています。3.11の震災以前もそう思っていましたが、阪神淡路大震災のときと同じく、終わらない日常の拘束感は凄い。
 
 最近の美術家は、そういう日常の中に違和感を感じ、違和感のもとを探り当て、素早いレスポンスで作品に落とし込みます。
 
 その速度と鮮やかさを、度々目の当たりにして、すげー!と思いながら、でも自分が求めてるのはコレじゃない感が半端ない。
 
 では何かというと、前述の「ニュートラルな」になる訳です。
 
 毎日生きていて、常にポジティブ!逆にネガティブ…その間を揺れ動きながらどうにかこうにか生きている。
 
 その「揺れ」を生島さん以外の前述の美術家の表現にはあんまり感じないんですね。
 
 今回は出会った美術家オンリーの、大変に独断と偏見にて書いてるので大目にみて頂きたいのですが。
 
 中崎さんは、プロジェクトFUKUSHIMAで、状況に対する適切な適応力が凄くて、本当に尊敬しています。
 
 作品(表現形態)を見たときの、感覚の違和感は何だと思ったとき、「日本美術」が下書きにあるかどうかは個人的に、かなり重要と思いました。
 
 それは日本美術のセオリーとかではなくて、本質の部分で。
 
 生島さんの絵は、「無意味」という充実がある気がしてるんです。本質的に無意味だから、見ていると響いて来る。あの若さでどうして?本人は全然そんな感じはしないのにね。
 
 本来、日本美術の要は「無意味」だから儚く美しい。
 
 数百年残る為の西欧ARTの文脈と、相いれないのに同じ文化として、間違った文脈で混合してしまった悲劇と言いたいが実は面白いんだな現実は。
 
 日本美術の本質とは何かというと、先ず型にはまり、そこからどれだけ自由になれるか。それだけ。
 
 さて、生島さんは、そういう世界に生きている気がしていて。
 
 前述のアーティストは西欧のアートコンテキストと共に生きている気がしている。(ワタリドリはちょっとまた違うかも)
 
 どっちでもいいんだが、櫻井個人はそう見てるということです。
 あれ、自分の見解を述べるはずだったのに生島さんを上げた感じになってる?
 単純に絵が好きなんだよね。
 
 今回も支離滅裂でしたね。
 
 サリュ
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

熊本城下町大遊戯2014~大準備~、【リボン】展in熊本、急遽準備中!9月の2週目までには何とか開催(急に!)したいです。

 現在、諸々を準備中の【リボン】展ですが、9月に調整の意味を兼ねて、1日だけ展示をしたいと思いまして、急遽準備を始めております。

 本当は、諸々の書類制作におきまして、どうしてもイメージショットが欲しいという理由でセットするのですが、熊本展を予定していませんでしたのでこの際公開してしまおうと、そういう展示です。
 
 阪急うめだ本店開催の展示レベルまでは、今回準備できませんが(直前までいつも仕込むので)、企画の根幹部分は見て取れると思います。
 
 タイトルは、熊本でモードとアートの企画展ががこんな感じで準備されていますよ、という意味を込めました!
 
 今年のNPOアートスイッチの5度目の事業(インスパイアド・バイ・アールブリュット・ジャポネ+【シロの風】3回)です!
 
 熊本城下町大遊戯2014 ~大準備~ 【リボン】展 in熊本 
 
 急なんで、パブリシティー等、あまりできませんが出来るだけ宣伝をしようとは思っています。
 
 ホント、急だな~自分で企画しながら。流れ、ということでご理解下さい。
 
 熊本でコンテンポラリーアートの展示ってあんまりないから、興味がある方はお気軽にお越し下さいって言っても、詳しい事は諸々決まり次第にお知らせします。
 
 さぁ、自分を追い込んだ!
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

かね屋について。

 熊本市中央区新町に、かね屋という今は使われていない町屋があります。

 5年前、ここの見学をしたときから、町屋と自分という不思議な流れができました。
 
 それまでは正直、町屋の存在を知りませんでしたし、職住一体型の建物に実際住むようになるとは思ってもいませんでした。
 
 かね屋には大変お世話になりました。
 
 アートイベントや、コンテンポラリーダンス公演、演劇の練習など。
 
 今後、かね屋がどのようなことになって行くのかは分かりませんが、スペースがあれば新しいチャレンジをしようという人がどんどん出てくるのだな、という実感があります。
 
 日本の才能が、ほとんど漫画に行くのはローリスク、ハイリターンだからでしょう。演劇や音楽、現代アートとなるとそうはいかないのでプレイヤー人口がグッと減ります。
 
 ハイリスク、ローリターンなんですね。
 
 ものになってくるまでの経済的な負担が、半端ありません。
 
 入口でつまずいてしまうんでしょう。
 
 そんな中、かね屋での様々なトライは、細い光明を見るようでした。町の中に、自由に使える古い大きい町屋がある事で、様々な町に眠っている種を発見できました。
 
 アートを支援するとか、大それたことは先ずはしなくてもいいんだなと思いました。
 
 例えば演劇や音楽の練習場所で、お金を頂いて公演する場合は公民館の仕様代が只とか100円とかになればいいと思います。
 
 何故か公的機関は考え方が真逆で、お金を取るなら割増料金になる。これは違います、はっきり言って。
 
 お金を頂いて公演できるレベルのもので練習する訳です。趣味ではないんです。ここを一番支援しなくてはいけません。お金を取らない公演の練習からは、きちんと使用料金を頂けばいいでしょう。趣味でしょうから。
 
 100円でも2000円でも、金額の過多は問題ではありません。1円でも観覧料が発生すれば、只で見せるアートとは覚悟が違います。
 
 ここで線引きして、公民館とかの練習場所の料金を決めるだけで、もっと多様な表現者が現れるんじゃないかな。
 
 観覧料を頂く企画の練習は格安か、只。
 
 かね屋で色々やってみて、本当に、これだけで状況が変わってしまうかもと思いました。
 
 規則でできないんでしょうが、規則を変えればいいでしょう。
 
 かね屋という存在があって、よかったです。自分の中でも色々変化がありました。
 
 9月にちょっとアートイベントをゲリラ的にやろうと思ってたので、残念。
 
 多分、しばらくは今のかたちであり続けるのでしょう。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類資金を見ました。

 日本には数少ない、陰謀の映画です。

 M資金を題材にした映画。
 
 最近では朝青竜が1億円詐欺にあってますね。
 
 昭和の匂いがする題材ですが、映画を見てみるとやはり昭和な感じがしました。
 
 時間と、登場人物と、エピソードの選択と集中がバランス悪くてすごくいい題材なのにもったいない。
 
 アクションのシーンは全部削除でいいんじゃないか。
 
 その尺を、他のエピソードに振り分ける。
 
 権力の怖さを十分描けていないのは、監督が日本人だからなのかな。
 
 終盤のタクシーからの一連の流れが、権力の怖さ、暴力の恐ろしさを全く意識してない無造作感がえ~となる感じでした。
 
 ネタが面白いだけに、おしい!となる感じがあります。
 
 原作が亡国のイージスとか書いた人らしいですね。
 
 こういうのは是非、馳星周に書いて欲しいですね。人間の欲望と、その先に希望はあるのか。欲望に身を焼き、破滅するタイプの作品のその先へ。みたいな。
 
 ジェイムズ・エルロイのLA三部作にはそれがあったからね。
 
 どうせM資金を描くなら、そっち方面がより面白くなったかもと思うわけです。
 
 アメリカンタブロイドとか、最高ですけどまだ映画化されないなー。J・F・ケネディーをあそこまで貶められる作者はいないからな。
 
 M資金、原作:馳星周(もしくはエルロイ)、監督F・フォード・コッポラでお願いします。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

改めて、熊本、新町三畳美術館紹介。

 熊本市中央区新町1丁目10-28に、築100年の町屋を改装した、オルタナティブアートスペース、それが新町三畳美術館です。

 モヒカンポシェットという、モードの店の奥に3畳のスペースがあり、そこをギャラリーとして使用しています。
 
 基本的には、館長である櫻井栄一(自分ですが)が紹介したいと思うアーティストの企画展を行うスペースですが、企画の持ち込みとかもご相談に乗っております。
 
 使用料も、作品販売手数料も頂いていませんが、ガチで表現したい人向けに、展示のディレクションから関わって行きますので自由に展示したい方には向かないかも知れません。
 
 早いもので、設立5年目になります。このブログの左上、プロフィールのところに備忘録として色々実績を載せてますので、参考に御笑覧下さい。
 
 新町三畳美術館が設立当初、何を目指していたのかというと、「起きて半畳、寝て一畳、三畳あれば美術館」というスローガンをもとに、築100年の町屋の3畳スペースで一体何が出来るのだろう?という問いからスタートしました。
 
 このスペースは、ずっと企画が詰まっている、という場所ではありません。せいぜい年に1~2回、何かの展示ができたら上出来というスペースです。
 
 立地的に集客は難しいし、展示スペースも小さい。
 
 ただ、5年もやっていると、展示を行うと実に様々な方との出会いがあります。その出会いを大事にしていきたいです。
 
 この数年で新町・古町の町屋がことある毎に話題になっています。一番は唐人町界隈でしょう。もうすぐ、古町にも新しくリノベーションされている町屋が、オープンするようです。
 
 飲食店なんか、だいたい1年持たずに無くなっていく店舗が多いなかで、アートとモードでどうにかやってる不思議。
 
 今後はNY進出に向けて、色々考えてるところです。
 
 現在の店舗は、ほとんどアトリエ化していますので、新町三畳美術館に御用の際は080-4288-8882までご連絡下さい。
 
 最近は、映像作品の撮影スタジオ化してるな…。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

現代アートの魅力ってなんだろうね。

 マジな話、それが分かり始めたのは本当に最近なんです。

 基本的には、アートがアートである為の条件を、どこまで劇的に剥ぎとれるか。という知的闘争です。
 
 その闘争は、大体80年代には終わったと思います。
 
 90年代、闘争が終わった後の無為のような状況から、アーティストそれぞれの気質や衝動が選び取った様々な表現が少しずつ育ち始めたんだと思います。
 
 あくまで日本においてですが。
 
 そして2010年代日本。
 
 どんな表現が時代をリードするのかなどと、古い考え方では思うかもしれませんね。
 
 もはや、時代をリードする表現とかいう表現が、もうない。
 
 小粒なヒットは様々にあるでしょうが、根底からわっ、となる何かなんてありえない。
 
 完全に成熟しました、日本。
 
 そんな中で、最近ノイズのように気になるのが、猥褻表現についてです。
 
 会田誠さんの森美でのゾーニング問題(見に行った)、ろくでなし子さんの摘発、愛知の摘発とアート方面で色々活発です。
 
 表現者としてよりは、社会人としてモノ申したい(床屋政談レベル)。
 
 美術館って、お金払ってわざわざ見に行ってるわけです。しかも、そういう猥雑な表現もあるよと情報開示もしてます。
 
 そこで、やっぱり「あの展示はおかしい」というクレームが入りました。
 
 問題はいっきに複雑化します。
 
 あー、面倒くさい、もう書くのをやめます。
 
 自分の体(性器とか諸々)を、猥雑なものだと思っていますか?
 
 それは、自分の体です。猥雑って何だとかいう議論もここでは面倒臭い。
 
 エロもグロもナンセンスももう出尽くしてる。ゴジラ対ヘドラでも鑑賞するといい。
 
 今問題にしたいのは、それを今更なんで問題化しているのかということ。
 何で?
 
 70年代の表現と比べると、むしろ薄いし、無害に見えるのに。
 
 クラブが摘発された一時期もあったし、水面下で、何か変なことが進んでいるきがしています。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

簡単に誰かが答えを教えてくれるのは、クイズ番組位です。

 それも、本当にどうでもいい事を。

 あと、5分で分かるニュースとか。
 
 5分で何か物事が分かると、思っていること自体おこがましいよね。
 
 そんなに時間がないのでしょうか、それとも情報をえり分ける時間を他人に委ねると楽?
 
 TVのニュースは、事象を伝えるだけの役目でしょうね。
 
 それにも幾重にもフィルターは掛かっていますが、それはたいした問題じゃないです。
 
 マスコミが伝えない~とかにも懐疑的です。
 
 こうまで、情報の質が多種多様だと、どこをどう選択するのか。こういう判断は、ネット以前ではなかったでしょう。
 
 そう考えると、ほんの20年前までの情報リテラシーってどうなっていたのか。
 
 今日たまたま毎日新聞を読んだら、カラーテレビが高過ぎるから不買運動が起こって、松下電は最初殿さま商売だったが、後には価格帯を下げて消費者勝利みたいな記事がありました。
 
 何か、よく分かんない。
 
 もう、パラダイムシフトは起きてしまった。
 
 我が家には10年以上TVはないから。
 
 それで不自由したことも、話題についていけないことも、特にありません。
 
 必要な情報は人それぞれだしね。
 
 少なくとも、TVから得られる情報は、多過ぎて処理できないです。ノイズが多過ぎるんだな。しかしパブリシティーでは大変お世話になるというパラドクスを味わっております。大変ありがたいです。
 
 また本題からそれましたが、答えはどこにもないです。
 
 自分で考えて下さい。
 
 安易に答えっぽいものをくれて、多少の金銭を要求してくるところは、商売ですよ。いいもわるいもありません、そういうものです。
 
 自分で考えて、実行する。今も昔も、全くかわらない本質です。
 
 誰かの意見や教えを乞いたかったとしたら、あとはそういう縁に対する自分の運を信じるしかありません。
 
 吉田松陰の塾は、有名でも何でもなかったが、現代日本の礎になっているのですからね。
 
 何の話だったか(笑)
 
 サリュ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

新企画書制作中。今年は超ハイペースで新企画を考えています。

 新企画を考案中です。今年は【シロの風】が実現し、【リボン】が開催予定です。この裏では、実現待ちの企画が沢山控えています。

 今はまだ実現できないものだったり、何かが足りないので発酵するのを待っているのだったり。
 
 とにかく、実現する企画の数倍のアート企画を抱えて、実施可能な条件を探しています。
 
 そしてまた新企画を考案中。もちろん【リボン】の進行に滞りはありません。
 
 いつからこうなった(笑)
 
 このまま行ったら、アートとファッションの企画のディレクターとしての立ち位置が強くなってしまいますが。
 
 というか、もう多分そういう風に見られているのだろうな~。
 
 熊本でインディペンデントでそういうディレクターって、自分で仕事を作らなければ、仕事はありませんからね。
 
 我ながら非常に特殊な活動期に入ったなと思います。
 
 下半期はこの2カ月位が色々勝負のカギになる動きがあります。
 
 いつもうまくいくとは限りませんが、いつものように、一歩ずつ進んで行くしかありません。
 
 10年前、カフェの壁面をお借りして絵画の展示をしていた時に比べると、随分色んなことをしてきたな~。
 
 まだまだこれから。
 
 今年位からやっとスタートラインに立てたと思っていますから。
 
 新企画、立ち上げるぞ~。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

【リボン】映像作品について。

 【リボン】展、10月22日~28日、大阪阪急うめだ本店、中央街区SOUQにて開催です。

 映像作品、監督、撮影by岡松トモキ。を制作中です。
 
 土、水、火を結ぶ【リボン】になる映像作品です。絵コンテも切ってあり、撮影計画に基づき本日クランクインしました。
 
 先ずは菊地で撮影でしたが、急に大雨になったり天候が大変でした。なんとか1カットを撮り終えて、道の駅旭志のレストランで3時過ぎに遅い昼食でした。ここのレストラン、旭志産の肉をメニューで提供しています。焼き肉定食でした。旨いです。
 
 そんな感じで次は竜田山に、次回撮影のロケハンです。結構面白い光景があって、竹チンが入った池が相当やばい感じなのが、印象に残りました。ここは岡松トモキ秘蔵のロケ地です。面白い写真が撮れそうです。
 
 そしてこのブログを書いている横では、2カット目の撮影が進行中。
 
 この映像作品も、完成したら相当面白い作品になるでしょう。
 
 モードと陶人形を結ぶ映像作品という【リボン】です。この作品がないと、インスタレーションが成立しません。
 
 次の撮影は6日です。3カット目です。再びストップモーションアニメに挑戦です。
 
 何だか本当に映像作品を、本格的に撮っていますね。
 
 まさかこういうディレクトをしていく事になるとは思っていませんでしたが、今後も予想外の仕事がどんどん増えていくのでしょう。
 
 楽しいときも、しんどいときもありますが、やり遂げたときには何かが起こっているはずです。【シロの風】のときも、何かが起こったことは間違いありません。
 
 そういう瞬間をどれだけ作っていけるか、それだけだと思います。
 
 何かを作り上げ、展示発表までできるというのは、ほとんど奇跡のようなものでしょう。
 
 世界は平和ではないし、今もどこかで誰かが傷つき、血を流しています。こうやって制作発表できる状態にいることを感謝しつつ、出来るとこまでやるのが、今できる人に課せられた業だと思っています。
 
 何かを作るのは膨大な時間が掛かるし、なかなか先に進みませんが、一歩ずつ進んでいけば何かを成し遂げられることをすでに経験しています。
 
 さ~、進むぞ~。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

現状を越えていく。それが現状維持。

 同じ場所に留まっていたいと思っても、大抵無理です。

 好不況の波だってあるし、企画したプロジェクトがとん挫することだってありますよね。
 
 実施した企画が、空振りだったなんてこともある。
 
 もっといいものをつくりたい、やりたいと思って毎回色々企画します。
 
 イオンモールでアートイベントをやった時から、自分達にしかできないことをやるのが目標でした。
 
 今や様々なマルシェが花盛りで、アートマルシェ的な企画も相当みかけます。
 
 こうなってくると、次の手を打っておかないと、そこでマルシェ的な場で成長したアーティスト・クリエーターが次に進めないのではと思いながら今の【リボン】展を進めています。
 
 直接的に影響はないかも知れませんが、やり方やノウハウ的なものはこのブログに残せると思いますので、この過疎ブログを地味に更新しています(笑)。
 
 現状は経済的にきちんと結果を出して、お客様に知らぬ間にアートの敷居をまたいでもらうような企画を組み立てています、【シロの風】なんかそうです。
 
 【リボン】はさらに踏み込み、ホワイトキューブ的な場所・空間でも成立する企画になりつつあります。
 
 経済の場と、ホワイトキューブでの展示が両立する企画なんて、言うのは簡単ですが、作品として成立するか結構脳内での構築が難しい。
 
 そんなこんなで、現状を維持しているようで、少し先を見た動きを意識しています。
 
 それでようやく現状が保てる気がしている。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »