« 人類資金を見ました。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2014~大準備~、【リボン】展in熊本、急遽準備中!9月の2週目までには何とか開催(急に!)したいです。 »

2014年8月19日 (火)

かね屋について。

 熊本市中央区新町に、かね屋という今は使われていない町屋があります。

 5年前、ここの見学をしたときから、町屋と自分という不思議な流れができました。
 
 それまでは正直、町屋の存在を知りませんでしたし、職住一体型の建物に実際住むようになるとは思ってもいませんでした。
 
 かね屋には大変お世話になりました。
 
 アートイベントや、コンテンポラリーダンス公演、演劇の練習など。
 
 今後、かね屋がどのようなことになって行くのかは分かりませんが、スペースがあれば新しいチャレンジをしようという人がどんどん出てくるのだな、という実感があります。
 
 日本の才能が、ほとんど漫画に行くのはローリスク、ハイリターンだからでしょう。演劇や音楽、現代アートとなるとそうはいかないのでプレイヤー人口がグッと減ります。
 
 ハイリスク、ローリターンなんですね。
 
 ものになってくるまでの経済的な負担が、半端ありません。
 
 入口でつまずいてしまうんでしょう。
 
 そんな中、かね屋での様々なトライは、細い光明を見るようでした。町の中に、自由に使える古い大きい町屋がある事で、様々な町に眠っている種を発見できました。
 
 アートを支援するとか、大それたことは先ずはしなくてもいいんだなと思いました。
 
 例えば演劇や音楽の練習場所で、お金を頂いて公演する場合は公民館の仕様代が只とか100円とかになればいいと思います。
 
 何故か公的機関は考え方が真逆で、お金を取るなら割増料金になる。これは違います、はっきり言って。
 
 お金を頂いて公演できるレベルのもので練習する訳です。趣味ではないんです。ここを一番支援しなくてはいけません。お金を取らない公演の練習からは、きちんと使用料金を頂けばいいでしょう。趣味でしょうから。
 
 100円でも2000円でも、金額の過多は問題ではありません。1円でも観覧料が発生すれば、只で見せるアートとは覚悟が違います。
 
 ここで線引きして、公民館とかの練習場所の料金を決めるだけで、もっと多様な表現者が現れるんじゃないかな。
 
 観覧料を頂く企画の練習は格安か、只。
 
 かね屋で色々やってみて、本当に、これだけで状況が変わってしまうかもと思いました。
 
 規則でできないんでしょうが、規則を変えればいいでしょう。
 
 かね屋という存在があって、よかったです。自分の中でも色々変化がありました。
 
 9月にちょっとアートイベントをゲリラ的にやろうと思ってたので、残念。
 
 多分、しばらくは今のかたちであり続けるのでしょう。
 
 サリュ

|

« 人類資金を見ました。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2014~大準備~、【リボン】展in熊本、急遽準備中!9月の2週目までには何とか開催(急に!)したいです。 »

かね屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かね屋について。:

« 人類資金を見ました。 | トップページ | 熊本城下町大遊戯2014~大準備~、【リボン】展in熊本、急遽準備中!9月の2週目までには何とか開催(急に!)したいです。 »