« 今週末は、別府でAAFの報告会です。熊本市現代美術館GⅢの企画展とトークも行きたかったですが。 | トップページ | アートスイッチはNPOをなぜ選んだのか。 »

2014年11月27日 (木)

AAF2014報告会に参加しました。自己企画の今年の感想を含めて。

 今年もAAF2014の報告会に行って参りました。11月22~23日、別府にて開催されました。

 

 60団体の3分プレゼンでしたが、これだけ多様だとAAFらしさというか、AAFとはいったい何だという議論が最終日に行われ。

 

 多様性の担保、なんでしょうね。おそらく。

 

 すぐには解決できない問題を抱えて、色んな活動を行っている全国の組織を、年に3度一堂に会す。だけで、結構すごいことだと思います。

 

 NPOアートスイッチも2年間参加してみて、AAFを具体的な成果みたいな評価軸で見ると、混乱が増すばかりなんだなと思いました。

 

 初日の田北さんの発言で、各団体が抱えるもやもやの解像度の違いの話がありました。すごくもやもやしている団体と、全くそうではない団体が同じ場所にいる面白さ。

 

 それと、AAFの内側と外側の認識のギャップのことが、印象に残っています。

 

 問題の解像度という話が、今年アートスイッチが舵を切った方向性に、見事に合致するものだったので興味深くお話を聞きました。

 

 ここ数年、熊本城下町で地域とアートをやってみて、違和感が拭えなかったからです。

 

 イベント開催後は、いいね、来年も期待!みたいな話になりますが、町屋の解体は止まらないです。アート以外の町屋保存会などの活動を合わせても、この動きは多分熊本においてはもう止まらないでしょう。

 

 悲観的になっているのではなくて、現実を冷静に捉えようとしているだけです。

 

 意識の高い町屋オーナーのところが残り、あとは状況にまかせるまま、みたいな。

 

 自分が精力的に一番動ける年齢になってきて、この状況を打破する為にはもっとキリで穴を穿つような企画にシフトする必要性を感じています。

 

 もともと築100年の町屋を本拠地に動いているという、大本を強化しようと。

 

 そこで、このシャッター商店街ですらない、商売には思い切り不向きな場所で全国や世界に通用するような企画を行うことで、熊本の町屋にもっと光を当てようと思いました。

 

 もともと基本的にはその考えはあったのですが、より鮮明にそれを打ち出そうと思います。

 

 それこそ、もやもやの解像度を一気に上げて、解決すべき事柄をはっきり見出す方向へ舵を切りました。

 

 そのうちには、経済的な積極的自立も含まれます。

 

 今回のAAFでは、交流会等でその辺を色々つっこまれたりもしましたが、今やなんとも思いません。

 

 純粋に現代アートをやりたければ、各自やればいいんでね。その中に経済的自立は含まれていなくて当然です。本来アートはそういうものですから。

 

 しかしアートスイッチはローカルアーティストの経済的自立を、ずっと目指していますから、そのやり方を誰になんといわれようと構わない。

 

 そういう風に、意識が整理された年でした。

 

 今後もそういう方向性で行きます。

 

 サリュ

 

 

|

« 今週末は、別府でAAFの報告会です。熊本市現代美術館GⅢの企画展とトークも行きたかったですが。 | トップページ | アートスイッチはNPOをなぜ選んだのか。 »

アサヒ・アート・フェスティバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AAF2014報告会に参加しました。自己企画の今年の感想を含めて。:

« 今週末は、別府でAAFの報告会です。熊本市現代美術館GⅢの企画展とトークも行きたかったですが。 | トップページ | アートスイッチはNPOをなぜ選んだのか。 »