« 地域アートについて、個人的な考えです。 | トップページ | モヒカンポシェットの企画展が、4月から始まります。準備中です。 »

2015年2月23日 (月)

熊本、金峰山周辺の里山の活用について。熊本市は夏目漱石を軸に動くそうですが、それは柔道と空手のマス大山の理論に準じたい。

 

 今日、金峰山の周辺地域(里山)をどうすべきかというシンポジウムに行ってきました。

 

 新熊本市長の意見とか、佇まいを見に行ったというのが正直な動機です。

 

 シンポジウム自体の内容は、熊本ローカルでは目新しいかもしれませんが、真剣に考えてリサーチしていれば全部入手できる情報でした。

 

 だから毎回嫌なんだよな、基調講演的なアレが。時間の無駄だろと思いながら聞いていました。

 

 結局、地元がどうするかしかないわけで、それを促すことなんでしょうが正直今後この手シンポジウムのを紹介されてももう行かなくていいなと思いました。

 

 今回は、金峰山の草枕関連で、市が1400万かけて周辺を整備するのに畳みかける感じの、シンポジウムなわけでしょ。今日の熊日新聞によれば。

 

 今日のベッププロジェクトの山出さんが言ってたのとは別基軸なわけです。

 

 結局夏目漱石という、すでに価値が確定した存在にしか、お金をかけられないという貧弱な発想が衰退の原因だな~。

 

 それはベッププロジェクトの国際芸術祭の病根も絡んでくると思いますが、それは本題ではないので割愛。

 

 金峰山周辺で、基本コンテンツになりうるのは民族信仰と里山関連なんです。それを入り口に、日本独自のアミニズムから神仏混淆に至るまで、農業をからめながら面白く展開するといいのにそういう動きはありませんね。

 

 連動して山鹿の不動岩を翌日は回ってもらうとかね、熊本城に来ている観光客にこの辺のフットパスを教えるだけで、周辺のホスピタリティーは多分あるはずだから、まとめて紹介。

 

 夏目漱石を知らないと、感じ入れないホスピタリティーはそうとうレベルが高いので、もっと全世界に「一瞬で」通用するコンテンツを考えて欲しいな。

 

 それは今日のシンポジウムでもう山のように出ていた。

 

 サリュ

 

 

 

 

|

« 地域アートについて、個人的な考えです。 | トップページ | モヒカンポシェットの企画展が、4月から始まります。準備中です。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本、金峰山周辺の里山の活用について。熊本市は夏目漱石を軸に動くそうですが、それは柔道と空手のマス大山の理論に準じたい。:

« 地域アートについて、個人的な考えです。 | トップページ | モヒカンポシェットの企画展が、4月から始まります。準備中です。 »