« ただ絵を描くのが好き。そこから人に認められたいになり、今はむき出しの現実をいつか表現したい。ただそれだけが望みになる。 | トップページ | 企業メセナは企業が文化貢献すること。その逆はあるのかなと考えている。 »

2015年3月18日 (水)

この狂った世の中で、アートが持つ可能性とは。

 ここで言うアートは、飽和した現代アートのこととします。「アート」と言ったときの主流派です。

 

 実は日本のアートの主流派は会派系ですが、あっちからいいものが生まれる可能性は限りなく0に近いので、無視。

 

 群れてるんじゃないよ、いい歳して。

 

 さて、今の世の中が狂っているのは福島第一原発の様を見れば、説明するまでもなく。

 

 いじめで殺人とかは、まだ理解できるが。あれだけの事故を起こして全く収集がつかない。

 

 さらには放射脳だの、風評被害だの、日本をいくつにも分断する事態に陥っている。

 

 今まで、ダムや空港の建設のときの、分断作戦を見ていなかったかのようです。頭悪すぎです。

 

 細かい議論は様々あるでしょうが、この事態を誰が絵図を描いたか、考えようともしないならばその人こそが思考停止しているというべきでしょう。

 

 それだけならまだしも。

 

 西と東の対立構造の真ん中に行こうとする、その先には何があるのか。

 

 考えない?また思考停止でしょうか。

 

 考える材料は山ほどあるのに、何も考えずにアートのコンテキストにだけにこだわるわkにはいきません。

 

 アートに何ができるのか。

 

 どんな可能性があるのか。

 

 答えはあるようでない。いや、自分の中にはあるのですが、しばらく吐き出すまでに時間が掛かりそうです。

 

 サリュ

|

« ただ絵を描くのが好き。そこから人に認められたいになり、今はむき出しの現実をいつか表現したい。ただそれだけが望みになる。 | トップページ | 企業メセナは企業が文化貢献すること。その逆はあるのかなと考えている。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この狂った世の中で、アートが持つ可能性とは。:

« ただ絵を描くのが好き。そこから人に認められたいになり、今はむき出しの現実をいつか表現したい。ただそれだけが望みになる。 | トップページ | 企業メセナは企業が文化貢献すること。その逆はあるのかなと考えている。 »