« モードとアートの企画展を開催し続けることについて。 | トップページ | 農業事始め。 »

2015年5月11日 (月)

食べ物について。

 最近食べ物が気になり始めたのは、年齢によるものだと思います。

 5年前に禁煙して、全身がむずがゆくなったことがありました。調べたら、毛細血管が再生してむずがゆくなるそうです。

 これが第一の発見でした。

 如実な体の変化。それ以降は、なるべく野菜を食べようとか、そういう位にしか気にしていなくて。

 その後、熊本の早川倉庫で月イチで開催されているアースデイマーケットで、食材を買うようになりました。このころから、無農薬無化学肥料が気になり始めました。

 新町三畳美術館で最初に扱った作家が、高島李恵さんで無農薬無化学肥料の作物の釉薬を使われる、陶芸家でした。

 農薬とは一体何か。

 さらに考えてみるきっかけになったのは、最近の新規就農者の方に野菜の「固定種」を育てられている人が目立つこと。

 固定種とは、品種改良される前の野菜の種類のことです。

 当然、見た目はあんまりよくなかったりしますが、味が濃ゆくて野菜食べてる!という気になります。

 野菜の品種改良は、味が良くて形がきれいにまとまる方向に行われてきました。

 F1野菜という言葉を聞いたのもこのころ。

 実に何も知らされていないまま、何を食べているのか全くわからないまま、日々食事をしていたことに愕然としました。

 最近は色々気にして、食べ物を買っています。

 今後は、どうにか自分で育ててみたいと思っているところです。

 すこしずつ、生活を変えていってます。

 サリュ

 

|

« モードとアートの企画展を開催し続けることについて。 | トップページ | 農業事始め。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物について。:

« モードとアートの企画展を開催し続けることについて。 | トップページ | 農業事始め。 »