« 小川のモヒカンポシェット農園、収穫が始まりました。 | トップページ | 台湾に行って思ったこと。 »

2015年8月11日 (火)

川内原発再稼働について。

 九州の原発が、最初に再稼働するのは、おそらく既定路線だったのだろうと思います。放射能の拡散政策です。

 耐震強度も不安な、老朽化した原発から、なし崩しに再稼働しましたね。

 近隣住民への、充分な説明も行わず、避難訓練も先延ばしにしました。

 合理的な説明もなされず、問題は何十年も先に延ばされてしまいました。

 高レベル放射性廃棄物処理場の説明は、一般へは一度アクロス福岡で行われたのみ。

 来年からは、電力の自由化が行われます。

 自分にできることは、できるなら原発で発電された電力を使わないという選択でしょう。

 ある程度料金が高くても、原発以外の電力を使いたいです。

 これは、原発以外にも言えることです。何を「買わない」のかが非常に重要な時代です。

 そして、もっと重要なのは。

 過去、日本政府が行ってきた悪政を絶対に忘れないこと。

 知ることは、生きること。

 農業を始めようとして、市役所に話を聞きにいったら「農薬は使用量を守れば安全」と、小一時間ほど言われました。厚生労働省が、きちんと規定しているという理由で。無農薬無化学肥料でやりたいと言ったからです。

 システムの疲労が来ている。

 アンナ・ハーレントが言う、「悪の凡庸さ」が今の日本に現れ始めている。

 国の主要機関が規定しているから安全?

 それを鵜呑みにするのは、完全な思考停止です。

 自分の身近なこととして、農薬と役所の話を引き合いに出しましたが、結局は原発の問題も同じことです。

 厚生労働省が過去起こした、悲惨な薬害は忘れない。

 電力会社の内部では、違う正義があるのでしょう。

 水俣病を引き起こした、チッソの内部にも今だ違う正義があるように。今もあるんですよ!人間は、読めない。分からない。

 過去から学ばない民族ではないはずなのにな、日本人は。

 正直、川内原発の再稼働は、3回目の日本敗戦です。二回目は東日本大震災の福島第一原発。

 今回の敗戦は、自ら選択してしまった。

 デモをしようが、署名をしようが、告訴しようが、こういうのは行くとこまで行かないと、多分止まらない。

 それが「悪の凡庸さ」だからです。

 だから、描きます。

 絵描きだからね。

 1800年代の熊本のハンセン病からやり始めたから、現代の日本の原発まで行くのは、随分かかると思いますが、一生の仕事だからなぁ。

 悪の凡庸さと、星をつかもうとして、いつも氷ばかりつかむ、人の悲しさと崇高さを描きたい!

 サリュ

 

 

|

« 小川のモヒカンポシェット農園、収穫が始まりました。 | トップページ | 台湾に行って思ったこと。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川内原発再稼働について。:

« 小川のモヒカンポシェット農園、収穫が始まりました。 | トップページ | 台湾に行って思ったこと。 »