« 現代百姓を地で行く仕事。 | トップページ | パフォーマンスの内容を組んでいます。 »

2015年9月27日 (日)

何でもやってみればいいと思います。

 アートNPOを、やるとは思ってもいませんでした。30歳のころは。

 複合的なアートイベントを手掛けるとも、地域アートを行うとも、思っていなかった。

 ただ、現状を打破する為には、何をすればいいのか。

 それだけを考えていました。

 そして40歳になり。

 パフォーマンスの制作、公演のディレクターをやるという、これまた、思ってもみなかった展開です。

 去年、熊本市現代美術館で、確かにコンテンポラリーダンスの公演を企画しましたが、世界的なダンサーを招いて、中身をしっかりお任せした企画でした。

 自分が直接手掛けるのとは、意味もハードルも全く違います。

 しかも、やりっぱなしという訳にはいかず、ある程度評価を得なければ、次に繋がらないという勝負でもあります。

 熊本に、コンテのダンサーがいれば相談することも可能でしょうが、ここはそういのは不毛の土地ですから。

 竹之下亮君がいれば、迷わず相談したろうな~。

 ガチのファッション販売最前線の場での、表現になります。

 舞台としては、ARTの文脈からは全く離れた場所での展開です。

 アウトサイダーアートでしょうな、これは。

 意味合い的には、そういう場所でこの企画を試む人間が出現した、ということでしょう。

 その昔、福岡天神イムズで開催されていた現代アートの企画の路線とも、また違います。

 ファッションという枠の中で、現代的なパフォーマンスを行うことで、ファッションとアートの境目を拡張する試みです。

 そう。境界のゾーンを拡張します。曖昧さをもっと広げる。

 今必要なのは、明確に事を割り切ることではなく、ジャンルの境界の幅をもっと広げること。

 これを、展示販売の会場で行うことで、本当のリアリティーを獲得します。

 劇場じゃない、アートの為の空間でもない、いわば完全なアウェーです。

 昔、イオンモール熊本で、竹之下君に通路でインプロビゼーションをやって頂いたときの緊張を思い出します。あれは今思い出しても、かなり早かった企画と思う。よくやったな、竹之下君と自分。人垣ができました。

 それに近しいと思います。

 しかも、最後はファッションとして回収しなければいけません。

 えっと、考えます…

 サリュ

|

« 現代百姓を地で行く仕事。 | トップページ | パフォーマンスの内容を組んでいます。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何でもやってみればいいと思います。:

« 現代百姓を地で行く仕事。 | トップページ | パフォーマンスの内容を組んでいます。 »