« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月24日 (木)

台湾、雑感。

 台湾に5日間行ってきました。

 主に旅行だったのですが、最終的には布地を発見したり、美術館に行きました。

 今年の台湾の12月は、ほぼ夏でした。天候にもほぼ恵まれた結果、だいたいTシャツで過ごすことに。

 それにも関わらず、台湾の方はダウンジャケットとか来ています。南国の冬という感じ。北の国からきた外国人には暑過ぎる冬です。

 冬なのに、電車、バス、建物の中は冷房が効いています。皆冬服なのになー。

 先ずは、台湾で大好きになった食べ物に、再見!

 初日は、桃園国際飛行場から台北のホテルに荷物を預けて、九扮に移動。台鉄道で切符の買い方が分からず、あーだこーだしていたら、日本語が分かる人が二人やってきて、切符の買い方から改札まで案内してくれました。

 ホスピタリティー高けー!!!これ、今回だけかと思いきや、道で地図広げていたら必ずだれか話しかけてきます。バスでも鉄道でも、ウロウロしてたら誰かが必ず!

 僥倖街夜市の有名な麺線屋に入ったら、隣のお姉さんが「油飯も絶品」と教えてくれる!

 パリメインに、スペイン、イタリア、オランダ、アメリカ、中国に行った経験からすると、涙が出る位親切な人々です、本当、何回も行きたくなるよ!

 で、初日は九扮から基隆にバスで移動。港町を堪能しました。基隆から台鉄で台北へ。

 横移動が、こんなに楽な国、自国以外ありえないよ。

 2日目は、台北内を探索。

 先ずは、 迪化街(ディーホアジェ)を。ここは漢方系の問屋街でもあり、肉もあり、何より永楽市場という布の問屋街でもあります。

 今回のジェットセッターでは、全体は見切れませんでしたが、丸1日はかかる規模。そんな中でも台湾綿の良さが際立っていて、少ないですが一部仕入れてきました。

 阪急うめだ本店のSOUQ祭りに、初登場する予定です。他にも、レースやリボンが結構面白く、今後パリに続き台湾でも仕入れることになりそうです。まだまだ探索を続ける余地があります。

 台湾といったら、果物のフレッシュジュースが外せないので、おりおりでタピオカ入りを試しつつ移動します。

 龍山寺付近の、胡椒餅の有名店に行ってみる。何も知りませんが、この辺りはどうやらホームレスのたまり場になっているのと、商店街の夕方をつぶさに見ていると、街娼が暗闇に佇んでいます。

 メインは胡椒餅だったので(絶品でした!だいたい1時間待ち)、ディープさの深度は分かりませんでしたが、初心者お断りの空気感がある一帯です。何故かそういう空気に、どこの国に行っても敏感です。

 3日目は、朝から阜杭豆漿(フーハートウジャン)に朝ごはん。前回もきましたが、鹹豆漿(シェントウジャン)が旨い!!

 朝も6時には並ばないと、1時間以上は並びます。それを押してでも旨い!

 食べ物ばっかりですが、その日は夕方、圓山駅近くの薬膳のお店に行ったのですが、日曜休みという痛恨のミス。近くの神農市場という、オーガニックのショッピングモールで、一先ず臭豆腐と麻辣臭豆腐を食べました。

 この臭豆腐、紹介記事、そんなに臭いかと言われれば、多分納豆やチーズの方がきついと思うんですが、最初は超ビビリました。本当に臭いんだもの。でも、一回食べれば大丈夫。と言うより、美味!!!

 さらに臭臭鍋、という店をいたるところに発見!ここの鍋が、本当に旨い!台北は至るところに臭豆腐の匂いがしているので、苦手な人はそこがネックかもしれません。

 4日目は、深抗、豆腐の町。本当に美味しかった豆腐料理の数々。ここでも臭豆腐の匂いが町に横溢しています。もう、旨そうとしか思えないです。

 さらに、台北市立動物園。初パンダを見ました。

 色々書いてきて、こっから台北市立美術館に行ったり、諸々の雑感を書こうと思っていたのですが、ちょっと疲れてきた"(-""-)"

 台湾が、というより、他の国に行くと感じるいつもの感覚。その国に生きて、死んでいく人たちの文化が何より愛おしいです。

 自分を含め、自国の文化に誇りを持ち、どんな歴史であろうと受け入れる。そして、自分には何ができるんだろうと考える。

 歳はいくつになっても、いつも同じことを考えています。

 今回の台湾も、いくつもの示唆に満ちた旅でした。

 年明けは、パリ。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

【ブログ更新】早速、次の企画展に取り掛かっています。3都市巡回展。そして新たな参加アーティスト。

 今月頭に、7か月間準備していた企画展「服と本」展が終了し、早くも次の企画展の準備に入りました。

 企画展名は「森の美術館」となります。

 今回の新たな参加アーティストは、熊本の画家アドさんです。このブログの左側に、ずっと昔からサイトリンクがありますね。

 熊本のクリエーター界隈では、知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。

 イベントアートスイッチのとき、一緒にアートの社会化という実験を行ってきました。

 その後は、熊本に居ながら同じ企画をやる機会はほとんどなく。

 モヒカンポシェットでモードとアートの企画展を、他都市で展開するようになり、足場も固まってきたこのタイミングでいよいよ!都市巡回型の企画展に、アドさんが参加します。

 営業して、地道に固めてきたこの足場を、熊本のアーティストと共に面白くしていきたいです。

 もしこの機会に評価を得れば、どんどん次のステップに行けばいいのだし。

 「肥後の芋ずる」形式を(そんな言葉はないが)、ここから作りたい。

 そうしないと、誰も先へ進めない。

 熊本のクリエーターを束ねて、大阪で企画展という話も飛び出るようになってきています。

 ここがチャンスだと思いますよ。

 正直、自分からはあまり積極的になれない話なんですけど。自分も作り手の方が分量が多くなってきていますし。

 巡回三都市が福岡・大阪・名古屋(仮)にもし確定すれば、制作物も増えるでしょう。

 もっと先へ進みたいクリエーターなら、細かい情報を探り倒すのが基本でしょうから、こういう機会を捉えることもあるでしょう。

 今回の企画展は、初めてイベントを行ったときと、テーマが奇しくも同じ「森」です。

 そしてアドさんの参加。

 あのころより、より高いレベルで企画が実現します。

 同じテーマを扱うことで、成長がよりはっきり分かることでしょう。

 面白くなってきました。

 さらに、もう一人、熊本の、ぱんのクリエーターが参加予定です。こちらは諸々の確認次第発表です。

 来年も、加速をつけて走り抜けます。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

Aークロニクル、熊本市現代美術館のアートパレードに出品しました。

 A-クロニクル、9ページをアートパレードに出品しました。

 ペンと紙だけの画材です。白黒。

 ハンナ・リデルを一回自分なりに再構成する内容になっています。

 脳内では結構先まで進んでいますが、なかなか制作が進みません。

 今回の作品は、精神的な部分が重くて簡単に描き進まない感じです。実際の出来事を基にしたダークファンタジーです。なので、今までの作品とは違い、熊本の色んな場所や方々との関係が深いものになります。

 結局は、そこに対する配慮よりも作品が持つ意味の方を優先させることになるのが分かっているので、怖いのです。

 これから、少しずつ描いていきます。

 昨日はストラヴィンスキー・トリプル・ビルを観てきました。

 火の鳥が好きでした。

 春の祭典は、最後ハッとなりました!

 今、3つの企画を進めています。

 今週は、博多での商談と台湾行きです。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

【ブログ更新】次の企画は、すでに立ち始めています。新しい流れと、今後の動き。

 大阪、阪急うめだ本店での企画展が終わりました。ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございます。

 昨日は小川の畑に行ってきました。白菜、たまねぎ、キャベツ、にんにく、エンドウ豆が順調に育っていました。2週間位放置していたのに、問題ありません。

 すごいな、自然農。

 今日は午後いちでアースデイマーケット熊本に行き、あとは帰ってきて絵を描いていました。【A-クロニクル】です。9ページまで構想ができたので、その状態で熊本市現代美術館のアートパレードに、出品しようと思っています。

 絵画活動では、唯一の発表場所なので、なるべく出していきたいところ。

 今回は、リデル・ライトとゴーン神父が、本妙寺でらい病の人たちと出会う瞬間が描かれます。

 今週はこれにかかりきりにしたいです。

 10日には、来年4月13日に開催の、阪急うめだ本店SOUQ祭りでコラボレーションする予定の熊本の画家と打ち合わせです。

 満を持してと言いたいところです。誰でも、誘うのは簡単ですが結果を出せるかどうか、というのが百貨店でやるネックになってきます。

 今ならいけるかもしれない。やっとそう思えましたので、お誘いいたしました。ご本人と確約次第、速報を流させて頂きます。こうご期待!!

 このSOUQ祭り、今回の服と本展で行ったパフォーマンスを担当者の方にご評価頂きまして、阪急うめだ本店の9階祝祭広場で拡大版のパフォーマンス企画を、担当することになりました。

 まだキックオフしていないので、具体的にどうなって行くかは分かりませんが、面白いものにしたいです。これもまた、未体験ゾーンの企画に突入しました。

 パフォーマンスの域を出て、コンテンポラリーダンスと言えるものにまで高めたいと思っております。

 これらの企画の流れで、名古屋松坂屋との企画も近く立ち上がります。

 来年2月には、モヒカンポシェット店にて、山海塾所属のダンサー石井則仁さんのダンス公演を開催予定です。可能であれば、ワークショップもやりたいです。

 1月はパリへの仕入れがあります。

 なんやかやありますが、ともかく色々全国的に動いております。

 来年は東京の企画も始まりそうですが、今は静観しております。

 あと、猟を始めたいです。

 野菜は始めたので、肉も自力で確保していく生き方をしたい。

 現代百姓なんで、何でもします。

 ひとつの生き方になんてこだわりません。

 自分の枠をひとつずつ、外していく生き方を選びました。

 生きるのが、楽になってきた。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »