« 【アートで稼ぐ】櫻井、最新版の見解。 | トップページ | モードと演劇の可能性を、模索し始めました。 »

2016年2月29日 (月)

信仰心。

 信仰心とか書くと、宗教関係の記事かと思われるかもしれませんね。

 まぁ、どうでもいいですが久しぶりに信仰心のことを書きたいです。

 神は死んだのかという映画を見て、色々、久しぶりに揺り起こされました。

 自分が大学生のときに、阪神淡路大震災の直後に、オウム真理教の事件が起こり、若いなりに色々動揺したのを覚えています。

 その時は、バブル崩壊の就職氷河期で、色々日本という国体に疑問を持つに至りました。

 このブログも長いもので、今年で10年目になりますか?多分。その間に書いた記事がやく1000記事。

 この中で、宗教と信仰にも、折に触れ書いてきました。

 今日は「神は死んだのか」という映画を見たので、触発されて書いています。

 日本における、宗教と信仰は別物だと、以前から書いてきました。

 特定宗教に信心することと、信仰心は同じ意味ではありません。

 日本における信仰心とは、初日の出を仰いだり、死者を弔ったり、もったいないと思ったり、そういうひとつの思念に包括されない、高度に抽象化された最新のアニムズムだと考えています。

 宗教は、それとはあきらかに違います。統括された思想体系があり、そういう意味では哲学と、似ている以上の相似を成している。

 あ、面倒なところに突っ込もうとしているな、自分!

 まぁ、いいですけど。

 普通の日本人なら、信仰心はありますかと言われれば、「え?うん、まぁ墓参り位はします」という答えでしょうが、それが重要。

 無神論者なら、肉親が亡くなったなら、燃えるゴミの日にゴミとして出せばいいよ。

 これ、もう何回も書いてきたからな。

 最近は、子供をゴミとして処理するような親の事件も目にするが。

 今の日本に一番足りてないのは、想像力だと思う。

 これは、アートとは関係ないかもしれませんが、他人の事情を鑑みる方向性のやつね。

 記事があっちこっちなので、やめます。

 サリュ

 

|

« 【アートで稼ぐ】櫻井、最新版の見解。 | トップページ | モードと演劇の可能性を、模索し始めました。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信仰心。:

« 【アートで稼ぐ】櫻井、最新版の見解。 | トップページ | モードと演劇の可能性を、模索し始めました。 »