« 考えていないようで、考えているのかな? | トップページ | 大阪、阪急うめだ本店でのポエトリーディング&ダンスパフォーマンス。 »

2016年3月31日 (木)

【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。

 4月12日から開催の、大阪阪急うめだ本店でのモードとアートの企画展【森の博物館】で、パフォーマンスを行います。

 現在、着々と準備中です。

 構造は、パフォーマンス・ポエトリーディング・楽器演奏という、なかなかな多重構造。

 企画内容:

 「人間は服を着ることを選び、進化しました。動物は毛をまとったり、様々な形に進化しました。私たちは、その対比を「人間の服」と「動物の本来」とし、詩を書き、朗読します。その最中に、動物の動きを模した人間がパフォーマンスをします。

 人間、動物、服、動き、音、詩、全てが脈絡なくその時間に混在する。

 そこに何を生み出すか、生み出せるか、当日のパフォーマンスの中に答えがあります」

 このパフォーマンスを行うのは、ほとんど一般の方で、プロアーティストはいません。

 東京から声優と俳優、モデルの3人が参加予定です。

 全てが混沌としていますが、これがアート本来の姿だと思います。

 予定調和がない、完全に初見のお客様に何を感じてもらえるのか。

 4月16~17日の、各14:00・16:00開催を予定。

 このほとんど無謀な試みが、アートの社会化になっているのです。

 地域とアートの「地域」の中に、阪急うめだ本店で開催するモヒカンポシェットの企画展を通した新しいコミュニティーを含める考え方です。

 このコミュニティーには、熊本からもパフォーマーが参加されます。大阪、東京と実に様々な場所から、この企画に参加される為に来られる方がいます。

 パフォーマーは最大11人になる予定!

 これはもう、ひとつの事件ではなかろうかと思っています。

 現代アートのコンテキストとは違う、傍流の場所で、全く新しい試みを行い始めています。

 何に一番近いかと考えると、祭りとか儀式が持つ祝祭性です。

 現代社会では、なかなか感じることができない、肉体性を帯びた祝祭。

 ポエム=祝詞  ダンス=踊り(そのまんま) 音楽=拍子

 新しくなくても、人生には必要なことってある。

 それを、行っていきます。

 なにより、参加者や見学者が楽しんでいるので、それでいいのだと思います。

 ポエムが少しづつ集まり始めました。

 さて、らすとスパートです。

 サリュ

|

« 考えていないようで、考えているのかな? | トップページ | 大阪、阪急うめだ本店でのポエトリーディング&ダンスパフォーマンス。 »

モヒカンポシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。:

« 考えていないようで、考えているのかな? | トップページ | 大阪、阪急うめだ本店でのポエトリーディング&ダンスパフォーマンス。 »