« 表現のジャンルはもう、考えなくなりました。 | トップページ | 【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。 »

2016年3月24日 (木)

考えていないようで、考えているのかな?

 最近、企画や、企画の内容を15分もかからずにまとめてしまうことが多い。

 これは、感覚でやっているのではなくて、経験による判断なんだと思う。

 これまで、鼻がツンとなってくるような、眉間が痛くなるまで考えてきました。企画内容。

 熊本新町でやっているときが、一番考えていたな。

 ここ最近の百貨店での企画は、お客様の感覚がこちらの脳に流れ込んできているような感覚になっています。

 自分の頭では、考えていないような。

 違う流れが、自分の体と脳を使って、全く考えもしないようなことを、次々と企画してしまう。

 そういう、新しい感覚が目覚めたのか、分かりませんけど。

 今回のポエトリーディング&ダンスパフォーマンスも、そんなこと考えてもいなかったのですが自然に出てきました。

 何でか。

 多分、この企画に参加されるお客様が、一瞬開放されるのを目の当たりに見たからでしょう。

 誰かが、現実というくびきから一瞬開放される姿は、清々しいものです。

 だから、さらなる開放を目指します。

 これは、本来の信仰における儀式が持っていた力の、新しい開放かなと考えています。

 昔はあった、地域の祭りという現実の開放が、現代ではほとんど体感できません。非常に祝祭的な力の開放を、自分の企画に感じます。

 自分がどうとか、アーティストとしてどうとかを、軽々と超えていく力の開放。

 その瞬間を目指し、企画をディレクトしていきます。

 感覚と経験と力。

 色んなものが、重なり始めています。

 楽しい企画になりそう。

 始まるその瞬間までは、分からない、そういうのもいいと。

 サリュ

|

« 表現のジャンルはもう、考えなくなりました。 | トップページ | 【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考えていないようで、考えているのかな?:

« 表現のジャンルはもう、考えなくなりました。 | トップページ | 【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。 »