« 【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。 | トップページ | モヒカンポシェット、企画展終了から、熊本震災へ。 »

2016年4月 5日 (火)

大阪、阪急うめだ本店でのポエトリーディング&ダンスパフォーマンス。

 なぜこういうパフォーマンスを思いついたかと言えば、最初は違った企画でした。

 一番最初は、演劇をやろうという話で。

 しかし、実際に使える準備期間は1か月くらいしかなく。

 しかも、演者は公演当日の2時間くらいしか、練習できない。

 それを人前で公開するものにしなくてはいけない。

 演者は、プロではなくて一般のお客様。

 これを逆算すると、とても演劇は無理だろうと。

 可能な形はなにか?

 前回好評だった、ダンスパフォーマンスをブラッシュアップし、さらに多層的にする必要を感じました。

 展覧会名は、森の博物館。

 森の多重構造を、パフォーミングアーツで表現できないか?

 そこで、ポエトリーディングを導入。

 東京から、声優が来られることになったので、テクニカルのレベルを上げることができるはず。

 さらには、サクバットとトランペットの生音を導入。

 これで森の多重構造を表現できないか?

 正直、全部組み合わさるのは、ほぼ本番で、になります。

 怖いというより、面白そうという方が先にくる感じです。

 本当の意味での混乱が出現しそう。森って、秩序ある混乱で構成されている気がする。おのおのが複雑に関係しながらも、なかなか目に見えてこない関係性があったりする。

 それって、人間社会も森も同じでしょう。

 目の前で、何が起こっているのか、見終わった瞬間にも分からない。しかし、パフォーマンスの構造は、非常に秩序ある構成になっています。

 そうでなくては、11人の演者が、初顔合わせの2時間後に、公演できるはずがありません。なのに、パフォーマンスは混沌として見えます。

 一体、何がどう起こって終わるのか、何が生まれ、繋がっていくのか。

 こうご期待!!

 【森の舞踏会】

 4月16日(土)14:00 ・ 16:00 中央街区SOUQ モヒカンポシェット

 4月17日(日)14:00 中央街区SOUQ モヒカンポシェット

          16:00 9階 祝祭広場

 ラスト回のみ、大きい会場で拡大公演です!

 サリュ

 

|

« 【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。 | トップページ | モヒカンポシェット、企画展終了から、熊本震災へ。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪、阪急うめだ本店でのポエトリーディング&ダンスパフォーマンス。:

« 【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。 | トップページ | モヒカンポシェット、企画展終了から、熊本震災へ。 »