« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月20日 (月)

熊本市西区、高橋稲荷神社に参拝しました。

 今日は、先日3年ぶりに再会した、竹之下亮君とアートホーリーメン、モヒカンポシェット勢で熊本市西区にある日本5大稲荷の、高橋稲荷神社に行って参りました。

 発端は一昨日、モヒカンポシェットに集った熊本アーティスト・インデックス勢の話題でした。

 ホーリーメンが、モヒカンポシェットのアトリエにある福かきに異様に反応。

 これは何だと。

 うちでは随分前から、高橋稲荷神社の初午の日に福かきを頂く行事を、行っています。

 さらに、店舗奥の棚にはおきつね様を祭ってあります。千代の園のお神酒と共に。このお神酒も毎年初午で買い替えます。

 商売繁盛の験を担いでいます。

 商売人なら当たり前と言うか、日本人なら当たり前のことというか。

 信仰心を普通に持っています。無神論者ではありません。宗教心はありませんが。この2つを混同すると、非常に面倒なので今は省きます。以前も書いたことあるし。

 なぜかこの験かつぎに竹之下亮君と、アートホーリーメンが異常に反応!

 という訳で、今日は高橋稲荷神社に行って験を担ぐという、珍道中。その後は、菊池のわくわく温泉に行きました。

 竹之下亮君は明日から東京に発ちます。3週間滞在してイスラエル関連の演劇の仕事です。

 ホーリーメンは、再び引きこもって作品制作です。

 24日には、熊本市現代美術館の魔法の美術館展の、開会式に行く予定なのでホーリーメンともまた会うでしょう。

 そんなこんなで、明日からまた地道に表現活動に励みます。

 皆、わき目もふらずに邁進している。負けられません。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

改めて、福島第一原発の状況を思い返す。

 福島第一原発は、未だ溶けた燃料棒の在りかさえ分かっていません。

 放射線量が高すぎて、遠隔操作の機械さえ、溶けた燃料棒の傍に行く前に壊れます。

 炉心溶融した核融合炉を、コンクリートで覆い、原発建屋の上物は一応覆い隠せたように見えます。

 地下で海と繋がっているので、凍土壁という技術で原発と海の間を、遮断したように見せかけています。

 なぜ見せかけかと言うと、「未だ溶けた燃料棒のありかが分からない」からです。

 場所が分からないのに、土を凍らせただけで、何がどう変わるの?

 除染した土は、全国の公共事業で使う予定だそうですね。

 汚染水は原発から、流しているそうですね。

 福島の立ち入り禁止地区の解除をするそうですが、山林地区の除染はしない方針だそうですね。

 2020年のオリンピックの中のある競技を、福島で開催したいそうですね。

 どうすれば、福島第一原発を解体できて、放射能をきれいに除染できるんだろう。

 今、日本の政治家で、誰がまともにこのことに取り組んでいるんだろう。

 この現状は、あきらかにおかしいのに、もう何事もないような顔をしている、日本の首相。

 子供のような、素朴な疑問しか出てきません。

 こんなことで、大東亜戦争の愚かさを指摘できるはずもないよ。

 3・11は、日本の二度目の敗戦だった。その戦後処理が、今のこの現状。

 じっと現状を見続けるしかないが、たまにはこうやって意見を書いておく。

 決して忘れず、自分に出来ることをやるだけです。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

【線のシマ】モードとアートの企画展。オブジェクトの土台がやっと完成。

 今年後半に、モードとアートの企画展、もう第何弾だかわかんない、を準備中です。

 以前も触れていますが、【線のシマ】というタイトルで、【シロの風】に引き続き、空中の工房都市というストーリーです。

 シロの風で描かれなかった、空中のシマでは何が行われているのか?シマとは何か?というお話。

 単純に言うと、ラピュタのひとつです。かつて、その化学力で世界を制した空中都市の総称です。

 その中のひとつとして、製糸工場があります。その糸から様々な布が織られていく。

 そのオブジェクトを制作中ですが、土台がやっと完成しました!4分割できて、なおかつすぐ組み立てられて、搬入も早い!という条件をどうにかこうにか満たしました。

 次は外郭に取り掛かります。外郭は、製品を運ぶレールになっていて、運搬場まで運ぶのに必要。

 この外郭がまたクセもんだなぁ。

 全部、紙(段ボール、その他)で作っているので、常に強度計算が必要。

 ほぼ勘ですけど。

 どうにかこうにか今月中には、目途を立てないと、今年後半は、結構大き目な企画展が控えているのでモードの作品の方にも力を入れないといけません。

 今回は、バッグの方で絵画のメディアを使った新展開を考えています。モードの方へのアートの介入がより、分かりやすい形で提案される予定。

 そう、あくまで予定。。。

 11月とかの企画展に向けて、今からスケジューリングしないと、色々間に合わなくなってきております。

 でも、ぼちぼちやります。体が資本ですからねー。無理しても無駄。

 とにかく、早く【線のシマ】の装飾部分に移りたい。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »