« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

8月、雑感。色々あります。

 ブログを書くことより、ツイッターでひびの雑感を述べる方が何か楽な気持です。

 楽な方に流されるのも嫌なので、8月の雑感を書きたいと思います。

 8月はまず、シン・ゴジラへの熱狂から始まりました。

 今月は、そのことしかブログに書いていないので、あまりのボンクラぶりに自分でも大丈夫か自分?と思っています。

 というか、今でも3回目の鑑賞に行きたくてウズウズしているのを治めてDVD発売を待ちたい。う~ん、観たい!

 そして、世間的にはオリンピックだったのかな?全然分からないから、盛り上がったんでしょうね?テレビがもう10年位ないから、本当に分からない。ラジオから情報を得ますが、オリンピック関連を延々流すようなら、選局を変えました。意味が解らないので。

 見れば感動もするのだと思います。柔道とか見るの好きだし。

 でも、もういいかな。

 何か、感動の質が、自分には人生を変えるほどではないし。

 炭酸飲料位の清涼感しかなくて。

 苦節10年位が多いでしょう、スポーツでは。

 苦節は30年から、だよね、普通の美術関係者の常識では。絵描きなんて50歳が新人というのが日本の現実。

 日本どころか、モネが売れたのが50代。ロダンですら40代。

 人生後半が、文化に関わる人の勝負所です。

 肉体を使う勝負は、分かりやすい。

 分かりやすいから、すぐ飽きる。

 消費者としては。

 もう少し、耐久度を増したいのです。文化を現場で作っていく立場の、人間として。

 今回のオリンピックの、最終場面で安倍首相のパフォーマンスでマリオプレゼンがありました。

 正直、最悪です。

 ネット上でも概ね好印象とかでした。

 何で?

 マリオは、世界的なコンテンツですが、日本の一国の首相がイチコンテンツに媚びた状態。

 激恥ずかしい。いと恥ずかしや。

 ニンテンドーと一蓮托生か?

 ゲーム屋と?

 もう一回、きちんと考え直した方がいい。

 ゲームと日本の今後。ポケモンゴも話題だし、亡くなった人もすでに出たし。

 一番の問題なのは、ゲーム押しでもいいんですが、その先に楽しい未来はあるのか?

 アニメでもいいのですが。

 直感ですが、多分、ない。

 だから、クールジャパンの未来がない。

 今回シン・ゴジラのヒットはむしろ、色々コントロールしたい側には痛烈なカウンターでしょう。

 映画界がこれまで作家性をないがしろにしてきた、強烈なテーゼとして、記念碑的な作品です。

 あれ、他にも色々あったのに今回もシン・ゴジラか。

 参ったな。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

シン・ゴジラ雑感。

 シン・ゴジラを鑑賞して1週間経ちました。

 いまだに、脳内で熱狂が止まりません。

 久しぶりに、初代ゴジラを観ました。予算は2億円。

 先ず気付く、ゴジラが放射能を吐くときの黒目。調べれば何か出てくるかもですが、ここは置いておく。あれが、自分が吐く放射能から目を守る為のデティールなのであれば、相当考えた演出であることが分かります。

 今回、初めてエヴァを観た時と同じに、映画のデティールを愛でる方向に先ず行きました。

 そして、ふともう一度映画全体の印象を、考え直しました。

 先ず、反知性主義へのテーゼ。

 真面目に目の前の災厄に、時間を惜しまず冷静に取り組む姿勢への、適正な評価。

 映画を観終わったあとに残る、希望感。

 現実的に考えれば、とんでもない厄災を抱え込んだ今の日本でも、日々真面目に取り組んでいる官僚やテクノクラートがいる、という事実を忘れているのではないかと。

 何よりも、庵野監督が、ほとんど初めてと言っていいほど他者への共感を表現したこと。

 エヴァの歴史は、自分を信じることはもとより、他者と繋がってなおかつ、共感を得ることができるか?という、普通の人には当たり前のことが、実感として得られない!という庵野監督がもがく歴史だったと思う。

 TV版は、一番ひどくて、自分と他者との距離の遠さをひたすらに描く。

 例えば、ふしぎの海のナディアは、未来少年コナンを下敷きにした庵野監督の作品です。

 この2作、びっくりする位、主題が違います。

 宮崎駿監督のコナンでは、コナンとラナは、出会った瞬間に信頼できる相手だと分かる。そこには躊躇の微塵もない。その絆から、物語が生まれて行きます。

 庵野監督のナディア。これは、延々と最終話まで、ナディアとジャンの関係性の真偽が問われる。最終話の決定的な場面で、ブルーウォーターと実の父の命を引き換えに、ジャンの命を選択する(だったと思う)シーンが成立する条件は、ナディアが最後までジャンの心を測っているから。

 この、他者との関係性の真反対さ。宮崎監督の作品なら、信頼関係に揺らぎがないから、そもそもこのストーリーが生まれようはずもない。

 そのあとのエヴェ劇場版は、自分と自分のファン、エヴァが起こしている現象をリテラシーするという、自分を壊すのが目的なのか?というこれまた怖い展開でした。

 新しい劇場版は。。。これは長くなるのでまぁいいか。

 身を削るようなエヴァのプロジェクトを、一緒に乗り越えてきた人たちとの、働らいてきた経験を踏まえて。結婚して、女性という異質の存在とともに人生を歩んでいること。

 実人生の経験を、シン・ゴジラに投影して考察した結果。

 圧倒的に絶望的な世界が待ち構えていようとも、信頼できる他者とのチームワークと、冷静に対処できるパートナーと共に希望を持って生きよう。

 何か、庵野監督、年上なんですけど、ここまで来たんだ(成長)!感が凄くて、今後の作品は大変なことになるのでは。だって、宮崎駿監督が生来持っているものを、長年かけて人生の実経験から、確かに実感したのだと思う。

 そうでなくては、シン・ゴジラ観終わっての希望感が説明できない。あれは、偽りの表現なんかではなかったから。

 生きねば!

 だったから!

 実感として、ここにたどり着いた庵野監督が、次に作る作品はなにか。興味深いです。

 最後の2人のシーンは、庵野夫妻の関係性が、ちょっと出ているのかなとも思ったりして、感慨深いです。

 勝手な雑感なので、正しいとか間違っているとかないのですが。

 ひとつの作品をつくる為には、自分の全部をテーブルの上に乗せて、吟味して組み合わせていくしかないと思っています。嘘偽りない作品には、その過程がまざまざと見えるタイプのものがある。

 さて、ギャレス版ゴジラを借りてきました。これを見終わったら、シン・ゴジラ再見。

 今年の夏は、これで終わっていきます。

 最高!の夏。

 サリュ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »