« 日々雑感。 | トップページ | 8月、雑感。色々あります。 »

2016年8月 8日 (月)

シン・ゴジラ雑感。

 シン・ゴジラを鑑賞して1週間経ちました。

 いまだに、脳内で熱狂が止まりません。

 久しぶりに、初代ゴジラを観ました。予算は2億円。

 先ず気付く、ゴジラが放射能を吐くときの黒目。調べれば何か出てくるかもですが、ここは置いておく。あれが、自分が吐く放射能から目を守る為のデティールなのであれば、相当考えた演出であることが分かります。

 今回、初めてエヴァを観た時と同じに、映画のデティールを愛でる方向に先ず行きました。

 そして、ふともう一度映画全体の印象を、考え直しました。

 先ず、反知性主義へのテーゼ。

 真面目に目の前の災厄に、時間を惜しまず冷静に取り組む姿勢への、適正な評価。

 映画を観終わったあとに残る、希望感。

 現実的に考えれば、とんでもない厄災を抱え込んだ今の日本でも、日々真面目に取り組んでいる官僚やテクノクラートがいる、という事実を忘れているのではないかと。

 何よりも、庵野監督が、ほとんど初めてと言っていいほど他者への共感を表現したこと。

 エヴァの歴史は、自分を信じることはもとより、他者と繋がってなおかつ、共感を得ることができるか?という、普通の人には当たり前のことが、実感として得られない!という庵野監督がもがく歴史だったと思う。

 TV版は、一番ひどくて、自分と他者との距離の遠さをひたすらに描く。

 例えば、ふしぎの海のナディアは、未来少年コナンを下敷きにした庵野監督の作品です。

 この2作、びっくりする位、主題が違います。

 宮崎駿監督のコナンでは、コナンとラナは、出会った瞬間に信頼できる相手だと分かる。そこには躊躇の微塵もない。その絆から、物語が生まれて行きます。

 庵野監督のナディア。これは、延々と最終話まで、ナディアとジャンの関係性の真偽が問われる。最終話の決定的な場面で、ブルーウォーターと実の父の命を引き換えに、ジャンの命を選択する(だったと思う)シーンが成立する条件は、ナディアが最後までジャンの心を測っているから。

 この、他者との関係性の真反対さ。宮崎監督の作品なら、信頼関係に揺らぎがないから、そもそもこのストーリーが生まれようはずもない。

 そのあとのエヴェ劇場版は、自分と自分のファン、エヴァが起こしている現象をリテラシーするという、自分を壊すのが目的なのか?というこれまた怖い展開でした。

 新しい劇場版は。。。これは長くなるのでまぁいいか。

 身を削るようなエヴァのプロジェクトを、一緒に乗り越えてきた人たちとの、働らいてきた経験を踏まえて。結婚して、女性という異質の存在とともに人生を歩んでいること。

 実人生の経験を、シン・ゴジラに投影して考察した結果。

 圧倒的に絶望的な世界が待ち構えていようとも、信頼できる他者とのチームワークと、冷静に対処できるパートナーと共に希望を持って生きよう。

 何か、庵野監督、年上なんですけど、ここまで来たんだ(成長)!感が凄くて、今後の作品は大変なことになるのでは。だって、宮崎駿監督が生来持っているものを、長年かけて人生の実経験から、確かに実感したのだと思う。

 そうでなくては、シン・ゴジラ観終わっての希望感が説明できない。あれは、偽りの表現なんかではなかったから。

 生きねば!

 だったから!

 実感として、ここにたどり着いた庵野監督が、次に作る作品はなにか。興味深いです。

 最後の2人のシーンは、庵野夫妻の関係性が、ちょっと出ているのかなとも思ったりして、感慨深いです。

 勝手な雑感なので、正しいとか間違っているとかないのですが。

 ひとつの作品をつくる為には、自分の全部をテーブルの上に乗せて、吟味して組み合わせていくしかないと思っています。嘘偽りない作品には、その過程がまざまざと見えるタイプのものがある。

 さて、ギャレス版ゴジラを借りてきました。これを見終わったら、シン・ゴジラ再見。

 今年の夏は、これで終わっていきます。

 最高!の夏。

 サリュ

 

 

 

|

« 日々雑感。 | トップページ | 8月、雑感。色々あります。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シン・ゴジラ雑感。:

« 日々雑感。 | トップページ | 8月、雑感。色々あります。 »