« 一人家飲みを、やめようかと。 | トップページ | 熊本の中心市街地で、ほとんど車いすの方を見かけないのは? »

2016年9月 2日 (金)

経済産業省は1日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分に関する有識者会合を開いた。有識者の名は?

 今週は3日間程、鹿児島市に行ってきました。

 色々思うところありまして、鹿児島で一人家飲みをやめようと思ったのでした。

 それと、絵にも本格的に取り組まないと、余生があと半分と考えると(長生き戦略)、40代が勝負だよなと。

 最近、じっくり考える時間がなかなか取れなくて、やはり3日間くらいは自分を振り返る時間が必要ですね。半年に一度くらいは。

 昨日、神戸新聞の記事

 経済産業省は1日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分に関する有識者会合を開いた。処分地として適性がある「科学的有望地」の選定基準は、地質など自然科学や技術的な観点だけで決め、人口密度などの社会的な要件を反映させない方針が大筋で了承された。

 政府は会合を踏まえ、調査候補地として適性の高さごとに3色に塗り分けた日本地図を作り、12月に有望地を提示する。

 国民には地震や火山など自然災害への不安が根強いため、処分場建設で安全上問題のある地域を除外するために設ける自然科学と技術の基準を重視。

 とありました。以上コピペ。

 人口密度は関係ないらしいですよ。

 どうなっているのか。

 とにかく、これを読んだ人は、全国のどこに処分場が企画されるのか、注意しておいてください。一度できたものより、建設反対の方がまだ希望が持てる。

 川内市も通ってきましたが、鹿児島の他の市とは、明らかにお金のかかり方が違いました。

 まぁ、いつでもなんでもそういう理由です。経済です。

 この有識者会議、一体だれが有識者で、どの官僚が了承決済したのか、非常に気になりますね。歴史に汚点を残す名だと思いますが、記事には書かれていない。

 サリュ

 

 

|

« 一人家飲みを、やめようかと。 | トップページ | 熊本の中心市街地で、ほとんど車いすの方を見かけないのは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済産業省は1日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分に関する有識者会合を開いた。有識者の名は?:

« 一人家飲みを、やめようかと。 | トップページ | 熊本の中心市街地で、ほとんど車いすの方を見かけないのは? »