« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月14日 (水)

タイ、バンコク・チェンマイ布地の仕入れしてきました。

 本日の正午に、タイより熊本へもどって参りました。
 
 バンコク・チェンマイの気温は昼間は32度位で、真夏です。冬ですが。
 
 街はクリスマスイルミネーションが強調されていましたが、そんな気分には全くなれませんね
 。スモッグと熱気と、人、人種、屋台、物量、色んな雑多なものが路上に渦巻いています。
 
 初日の半日で、ちょっとグロッキー気味になりました。
 
 パリ、ローマ、フィレンツェ、バルセロナ、アムステルダム、デンハーグ、ロンドン、台北と、各国の都市部に行っていますが、バンコクの雑多な熱気はちょっと想像以上でした。
 
 街を縦横無尽に走り回るトゥクトゥク(三輪バイクの荷台に乗り込むタクシー)、歩道に突っ込んでくるバイクタクシー。車線が分からない超渋滞している道路。その脇の歩道も、屋台と物乞いとプロの姉さんと、何かその他諸々がごった返している。
 
 この、何かを街にぶちまけてそのままという状態は、EU圏内にはないんじゃないか。
 
 さらに白眉は、インド街パフラットの、布地問屋街。これ、熊本で言うと通町筋から並木坂までの、上通り一体のブロックが、丸々問屋街になったような規模!!
 
 熊本県人なら、うっすら分かると思うが、布問屋街としては、尋常じゃない広さと量です。
 
 3分の2だけ見るのに、ほぼ3日かかりました。
 こちらもプロですからね、一応。でもこの尋常じゃなさにグロッキー気味です。
 
Dscn0901
 これ、今回導入したIKEAの搬入袋。かなり使えます。ここは、問屋街にあるショッピングモール入口。布を30m位仕入れて、担いでます。気温は30度越え。。。
 
 このあとも、ひたすら布を見続ける。
 
 それが仕入れ。
 
 バンコクの料理は、とにかく辛い甘い酸っぱい旨い!
 
 味覚のほとんどを限界まで試して来る。そういえば、街自体もそんな感じで、洗練とか関係ない!という感覚に満ちていて、エネルギーが溢れかえっている。
 
 踏ん張っていないと、街のエネルギーに呑みこまれてしまいそうになります。特に、問屋の店主との交渉なんかは、こちらのエネルギー消費量も半端ありません。
 
 とにかく、無事に帰ってきました!
 
 と思ったら、来月の3日からは、パリに仕入れだよ。。。
 
 来年春の、企画展が3連続で入っております。それに向けて、日々邁進中です。
 
 明日からは、映像作品の制作に入ります。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

プロジェクト大山熊本公演「それでもおどって」 素晴らしい!!感想ブログ

 プロジェクト大山の熊本公演、「それでもおどって」を観させて頂きました!
 
 素晴らしい!!
 
 年末で、今年の企画が終わって若干抜け殻みたいになっていたところに、得体の知れない力が注ぎ込んできたような。
 
 ボレロが下敷きだったんですよ。それで、ボレロの定石だと思うのですが、最終的にシンクロしていくとこが気持ち良かったんですけど、何か定石のボレロとは、違う快感だったんです。
 
 メンバーの皆さんのソロのパートがあるんですけど、どこか皆哀しいんですね、見ていると。
 
 顔に力が入ったり、笑顔とか表情の演技もあるんですけど、本質的に哀しいから、上滑りしていって余計に哀しくなるんです。
 
 この哀しみって何だろうなと考えてたんですけど、どんなことがあっても生きて行くしかないという現実の重みみたいなものかなと。
 
 「それでもおどって」というタイトルが秀逸で、公演中にチラチラと頭をよぎるわけです。
 
 
 それでも生きて行くしかない、ダンサーは踊る、モードなら服をつくる、絵描きなら絵を描く。
 
 そういうことが、今できることは本当は簡単なことじゃなくて、色んな制約を受けながら皆必死に自分の居場所を死守しているんだよな。
 
 現実ではいきなり天災に遭う、失業する、家族に不幸がある。そういう諸々をひっくるめたダンスだったように思えました。
 
 振り付けも、結構窮屈そうに見えたんですけど、最後はその窮屈そうな振りのルールのまま何かから解放されたがっているような、制約が多くても精一杯生きる(おどる)しかない!という制限付き開放状態が、とても気持ち良かったのでした。
 
 哀しみが生きる力に強引に転換される、そういう力強さ!
 
 その制限の中に、女性の体というものもあった。
 
 もちろん、男性が踊れば男性の体の制限も見えてくるでしょう。
 
 「それでもおどって」の中に含まれる、様々な制限(のように見える振りと演出)が、非常にイマだな!という感じがありました。
 
 このイマ感が、何か分かんないんですけどラストの快感を倍増させてくれました。
 
 いいものを観させて頂きました!
 
 
 去年のトリプルビルに引き続き、感謝です!!
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »