« 熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。今年も年初からトップギアです。 »

2017年11月19日 (日)

コンテンポラリーダンスのポップ化に挑戦中だったんだ、今分かった。

 最近まで、モヒカンポシェットでどうしてパフォーミングアーツを行うのか、自己分析をしないでいましたが。

 最近、何となくわかってきたので、メモ代わりに書いておきます。
 まず、最初のパフォーマンスから。

 

この企画は、2時間の練習で、人前で公開できるパフォーマンスとは何か?
  という、時間の制約がものすごい企画でした。土曜日の朝10:00から阪急うめだ本店のバックヤードで練習して、少し休憩したら14:00から公演。モヒカンポシェットの展示会場で。
 
 今思うと無謀ですが、当時も無謀と思っていました。
 
 これ、実現するためには発想の飛躍をするしかない。
 
 つまり、2時間の練習は練習じゃない。
 
 ①パフォーマンスのルールを覚える時間にする。
 
 ②パフォーマンスの内容自体に、完成形はない。
 
 ③コンテンポラリーダンスで、しかもギリギリに枝葉をカットした幹の要素を抽出する。
 
 ④世界でもっとも有名なコンテのダンスは、たぶん「ボレロ」
 
 ⑤ボレロの要素は何だ?
 
 ⑥たまにダンスがリンクしながら、壮大なリンクするダンスのラストに向かう。
 
 ⑦壮大さは時間的に無理。
 
 ⑧たまにダンスがリンクする部分があれば、ボレロの幹の要素だけが表現できそうだ。
 
 ⑨たまにダンスがリンクする部分の、ルールを作る。
 
 ⑩あとはほとんど演者の身体性にまかせる。
 
 とまぁ、一般のお客様とモヒカンポシェットのデザイナーが踊るという企画は、このように出来上がったのでした。
 
 これ、もう一度思考法を確認すると。。。
 
 ポップアートの思考法じゃん。。。
 
 完全にアート脳の考え方じゃん。。。
 
 となったわけでした。
 
 どういうことかと言うと、ポップアートってそれまでの絵画から、絵画性を抽出する作業から始まるでしょう。
 
 絵画の絵画性は、筆跡だ!とか言って筆跡を印刷したみたいな描き方で、油で描くとか。
 
 絵画の1点物の稀少性をはく奪すべく、キャンベルスープの作品がファクトリーで大量生産される。
 
 同じです。
 
 コンテンポラリーダンスから、コンテンポラリー性を抽出しようとしている。
 
 そして、ダンスができない人でも、できるものに置き換えた。
 
 何だ、そういうことかと思いました。
 
 無意識に、アート脳思考法が出てましたよ。
 
 今回の【パンクミュージカル】も、ほぼ同じ思考回路になっていると思います。
 
 ミュージカルの要素を抽出して、ぎりぎりの時間の練習で公演しました。
 
 多分、まだ誰も気づいていないだろうから、自分で書いておきました。
 
 これ、相当早いと思います。コンテンポラリーダンスのポップ化に挑戦中ということで。
 
 サリュ

|

« 熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。今年も年初からトップギアです。 »

モヒカンポシェット」カテゴリの記事

コメント

投稿: MichaelEnfog | 2017年11月29日 (水) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンテンポラリーダンスのポップ化に挑戦中だったんだ、今分かった。:

« 熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます。今年も年初からトップギアです。 »