« 【パンクミュージカル】宣言 | トップページ | 熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。 »

2017年11月 5日 (日)

【パンクミュージカル】公演を終えて、見えてきたこと。

 2017年、モヒカンポシェット秋冬コレクション【パンクミュージカル】の、大阪ミュージカル公演を終えました。
 
 コレクションの発表は、11月29日~12月5日、博多阪急5階、エスカレーター横特設会場にて最終開催です。
 
 博多阪急では、ミュージカル公演はありません。通常の秋冬コレクションの発表となります。
 
 つい先日、2017年10月29日(日)のパンクミュージカル公演は、阪急うめだ本店うめだスークの公式インスタでの動画公開で、1日で1000近いアクセスがあった模様。
 
 ゲリラ的イベントとしては、なかなかのアクセスではないでしょうか。
 
 
 いつも企画展を終えて思う事は、この企画展が動き始めて、実に沢山の方々のチカラの集結で企画が実現するのだなと。
 
 アートスイッチの頃よりも、もっと純粋な「楽しい」の気持ちで、企画がすすんでいきます。
 
 アートの社会化と言って、アーティストを起用して進めていたころは、もっとアーティストにも光があたればいいなぁと思っていたのですが。
 
 最近はアーティストがどうとか、心底どうでもいいです。
 
 例えば【パンクミュージカル】に関わって頂けた皆様が、楽しかったり面白かったりして頂ければそれでいいです。
 
 それが全て。
 
 ひとつは、アーティストとか名乗って活動している人々の活動の、ほぼ8割にうんざりしていること。
 
 そういう自称アーティストよりも、今回の【パンクミュージカル】で踊って頂いた皆様のような、踊り歌うことに純粋な喜びを見出している姿を見ている方が楽しい。
 
 結論として、人はどういきるのが幸せかを、モヒカンポシェットで体現していきたいです。
 
 おしゃれでなくても、アートが分かんなくても、色々どうすればいいか決めきれなくても、人は幸せであればそれでいいのだ。
 
 自分にとって何が幸せか決める尺度として、モードやアートがあるだけで。
 
 哲学や、料理や、子育て、仕事、なんだっていいです。
 
 自分の生き方を自分で決める。
 
 その尺度として、多分、モヒカンポシェットも存在します。
 
 自分たちは、今まで生きてきた証として、モヒカンポシェットの服を作り続けます。
 
 企画展も、毎回新しいテーマを提案し続けます。
 
 う~ん、もっと色々エビデンス的に、外部の色んな論文や、有名な方々の引用をやれば分かりやすくなるのは分かっているのですが。
 
 根底にパンクスピリッツがあるから、そういうのは気色悪いんだな。
 
 うまくやるやりかたは、もう40歳も越えているしある程度分かっているけれど。
 
 それは、それをやるくらいなら、こんな生き方はしませんし。
  モヒカンポシェットは、このまま熊本にあり続けますよ。
 
 サリュ
 

|

« 【パンクミュージカル】宣言 | トップページ | 熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。 »

モヒカンポシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【パンクミュージカル】公演を終えて、見えてきたこと。:

« 【パンクミュージカル】宣言 | トップページ | 熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。 »