« 間もなくルームス エクスペリエンス トレードショーに参加するにあたって。 | トップページ | roomsに出展予定なら。 »

2018年2月25日 (日)

ビジネスコンテストとアート

 先日、熊本商工会主催の、熊本ビジネスコンテストの最終プレゼンというものに出ました。

 プレゼン後の審査員の質疑応答で、色々考えさせられることがありました。
 
 結論は基本的に、ビジネスプランコンテストにアートは不向きということ。
 
 お客様と歌って踊ったり、会場をインスタレーションして、服作品を購入して頂くことの関連性が客観的に分からない、という質問が多かったです。
 
 そこは実は単純そうで、一番深い理由があるのですが、でも単純で。
 
 「アートに触れて、感動したことがありますか?」
 
 大人になって、モードやアートに触れて、感電したように痺れる経験なんて、人生に何回あるかな。
 
 モヒカンポシェットの企画展は、そこまでは行かなくても(謙遜)、そういう方向性で展開しています。
 
 あとは、「これはコスプレとどう違うんですか?」という問いでした。
 
 あー
 
 では、ビジネスマンが着ているスーツは、ビジネスマンとしてのコスプレではないのですか?
 
 服を着る基本として、その服がどの社会属性に所属しているか?という、基本的な記号論すら、共有できないほど、ファッションの理解の断絶が今の熊本にはあるのだなー
 
 そこが分かっていないと、そもそも服がどういう理由で選ばれるのかも、分からない。
 
 ポストモダン的な評価軸が、一般のお客様にも自然に浸透している現実も分かっていない。
 
 新しいビジネスが、プロダクトの面でしか、評価されない。
 
 そうでなければ、テクノロジー面。
 
 それって、大丈夫かな?
 
 すごく熊本の色々が心配なんですけど。AIとかが進んでいるので。
 
 と言いながら、それはそれでいい。
 
 自分達は、道を見失わずに進んでいきます。
 
 多分、5年後位に色々評価がでてくると思いますが、そのときにはさらに自分達は先に進んでいるので。
 
 熊本県外では、色々自由にできる土壌が整ってきました。
 
 後追いで、熊本でも整ってくると思いますが、そのときにはまた改めて考えます。
 
 熊本に関しては、今のままでやれている現実があるなら、そのままいけるとこまで行けばいいのかな?という感じがあります。
 
 危機的な場面に直面すれば、自ずと道を探るでしょう。
 
 そことは、あんまり関係なく行きますよ。
 
 NPOアートスイッチのときに感じたことと、同じ結論です。
 
 このNPOは法的に閉じる作業入りました。
 
 サリュ
 
 
 

|

« 間もなくルームス エクスペリエンス トレードショーに参加するにあたって。 | トップページ | roomsに出展予定なら。 »

櫻井栄一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスコンテストとアート:

« 間もなくルームス エクスペリエンス トレードショーに参加するにあたって。 | トップページ | roomsに出展予定なら。 »