« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月28日 (水)

今日は、アートホーリーメンがモヒカンポシェットに、絵画の搬入にご来店です。

 先月、熊本市現代美術館GⅢにて、企画展を開催しておりましたアートホーリーメンが、モヒカンポシェットに絵画の搬入にご来店です。

 新作のシリーズから2点、モヒカンポシェットで絵画を頂いた内、1点の額装ができたので本日搬入頂きました!
 
 11時の予定だったのですが、正午近くなるという連絡でしたので、昼食を拵えました。
 
 モヒカンポシェットの食事は全部自分が作っているので、少し増量して準備。
 
 ご飯、しいたけとごぼうと油揚げの味噌汁、ほうれん草とセロリと大根の自家製ドレッシングサラダ、ひともじのグルグル、納豆という、この時期のモヒカンポシェットの通常の昼食です。
 
 ちなみに、野菜は全部、無農薬無化学肥料です。調味料は添加物無添加。
 
 「まぁ、普通」
 
 という感想をアートホーリーメンから頂きました!
 
 そうだね。。。
 
 普通の味の食事を作るという、努力があるからね。。。
 
 モヒカンポシェットの食事は、極々普通の味を目指しております。
 
 食事後、アートホーリーメンは、搬入した自分の作品を改めて堪能した様子でした。
 
 2点目の作品は、少し大きめになるので、東京の額装専門店に発注するそうです。
 
 薄い紙にマーカーと水彩(?)で着彩した画面は、色んな状況に弱そうなので、注意が必要かも。
 
 新しくモヒカン入りした、アートホーリーメンの新作は、どこに展示するか色々考え中です。
 
 2点目もあるしね、どこに飾ろうかねー
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

大阪 阪急うめだ本店10階うめだスーク中央街区にて開催!【サロンラップ】展について

 いよいよ!

 4月11日(水)~17日(火)に開幕致します、大阪阪急うめだ本店10階うめだスーク、2・3番小屋での企画展のあれこれです。
 
 うめだスークという場所は、1週間ごとにポップアップショップが総入れ替えするという、日本でもここにしかない、とてもダイナミックな会場です。
 
 中央街区、南街区、北街区、パークという区切りが設けられ、阪急うめだ本店の10階の半分が週ごとに総入れ替えされる様は、壮観としか言えません。
 
 一体年間でどれだけのクリエーターが登場するのか、ちょっと把握できないくらいのものです。
 
 4月11日から、その場所の中央街区2・3番小屋という、ポップアップショップの場所としては一番広い場所を、モヒカンポシェット単独でモードとアートの企画展を開催致します。
 
 最近恒例の、ごぱん屋うっでぃーも参加致しますが、企画展の内容とは別参加となります。
 
 今回のタイトルは【サロンラップ】展。
 
 当初、【サロン】展だったのですが、「エレガンスなだけで、笑いがない」という理由で、ラップが付け足されたという。
 
 サロンをラップで包んだらどうなる?という、プチ・クリスト的な考えがふと湧いてきました。
 
 基準が、最先端かな?より笑えるかな?というところが、モヒカンポシェットの面目躍如でございます。
 
 しかも、肝心のメイン会場にには、販売する服作品を置きません。
 
 中心が、ラップを基本としたインスタレーション&サロンとなります。
 
 ワイン・コーヒー・ペリエなどを無料で、さらにアートを楽しんで頂ける空間ができたらなぁと、広島から帰ってきて突貫で準備を始めております。
 
 百貨店の売り場のメインに、売り物を置かないというこの企画を、阪急うめだ本店のバイヤーさんが、どういう心境か測りかねますがご承諾頂きました!
 
 不安じゃないのかな~
 
 ともかくも、これまでも散々好きな事をうめだスークでさせて頂いてきて、今回さらに踏み込んだモードとアートの企画展をOK頂いたことに感謝しかありません!
 
 しかし、そもそものアイデアの発端が、東京のroomsで阪急のバイヤーさんとの会話の中で「会場を締め切ってしまうとか?」的な突飛もないことからの連想でした。
 
 それはもはや、百貨店のバイヤーの発想ではないと思いましたが、梅田阪急のモヒカンポシェット担当のバイヤーさんは現代アートにも造形が深く、色々と面白い企画を週ごとに仕掛けられています。
 
 売上が最初から見込めない、大阪の現代アートの若手を起用して、百貨店でワークショップを行ったり。一流の商業施設で、インディペンデントなアート企画が大阪で実現し始めています。
 
 80年代の、福岡天神みたいじゃないですか?
 
 今回のムーブメントはもっとキッチュで、女性がメインになるような感じがします。これまでのような男性的な現代アートのむさくるしさは全然ありません。
 
 軽やかに、駆け抜けていくような感じ!
 
 モヒカンポシェットの今回の企画展は、百貨店の販売会場としては、規格外のものになると思います。
 
 しかし、実際にお越し頂くと、エレガントな印象のインスタレーションになるはずです。
 
 面白いことを提案し続けていきたい。
 
 それがモヒカンポシェットの願いです。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

広島福屋八丁堀本店 秋冬コレクション続投予定

 今回、初めてポップアップショップを展開した、広島福屋八丁堀本店での秋冬コレクション開催が、予定されました!

 初登場の不安を一掃です。
 
 今後も出来る限り、福屋八丁堀本店での企画展を継続していけたらと考えています。
 
 なぜかと言われれば、こちらの百貨店が、原爆のもと建物が生き残り、今に続く被爆建物百貨店として継続していることに共感しているからです。
 
 企画展中にお客様と色々と情報交換できました。
 
 なぜ被爆建物百貨店を前面に押し出せないのかな?という疑問の答え。
 
 耐震構造は大丈夫なのか?
 
 という声があるそうです。
 
 正直、そんな声を上回る歴史的価値があると思います。
 
 直下型の地震が来たら、どんな建物もヤバイ。
 
 熊本地震を知っているから分かる。経験はしていませんが。
 
 阪神淡路も、東日本大震災も同じですよ。
 
 原爆に耐えた百貨店建築こそ、(乱暴に言えば次回の大震災には耐えられないかもしれませんが、他の百貨店もどうかは分からないわけです)、現段階では歴史上最高に頑強な建物のはずです。
 
 我がモヒカンポシェット店も、築110年になる町屋ですが熊本地震を生き延びました。
 
 関係ありませんがね、シンパシーを感じるんです。
 
 古いから弱いわけじゃない!!
 
 弱い理由は他にある。そこは、現代建築なら利益にならないことはしないという訳で、築30年で限界がくる建材で作っているから安い。だから弱い!地震に耐えらえても、経年劣化に耐えられない!
 
 いやいや、そういう話題は関係なくてー
 
 とにかく、広島は10日間位いましたが、色々最高すぎて帰ってきてからも広島ロスになるくらいでした。
 
 正確には、大久野島ロスの面が大きいですがー。
 
 お好み焼き、広島ラーメン、牡蠣、その他アルゼンチン料理とか、広島のお客様にアテンドして頂いた場所が全部美味しくて、本当にやばかったです。
 
 秋冬もまた広島福屋八丁堀本店にお世話になる予定です。
 
 広島の皆様、よろしくお願い致します。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

新たな地平を

 ここ3年位で、モード界に新しい地殻変動を感じています。

 今期のパリのモードを見ていると、本当に新しいことに挑まなければ、今後は続かないのかなと思ったりします。特にシャネルの展開を見ると、目がくらむような感じがしますね。
 
 モヒカンポシェットとしては、そういった最先端のモードを横目に見ながら相変わらずの呑気な展開というか、関係ねいよパワーで今季の春夏コレクションが立ち上がります。
 
 【世界でたったひとつをつくる】展が、広島、福屋八丁堀本店2階特設会場で、広島初登場!!
 
 会期
 3月15~21日
 
 モヒカンポシェットの最新作を、広島で公開致します。
 
 中学生の時以来、久しぶりに1月に行った広島が、肌身に会い過ぎました。理由は分かりません。好きとしか言えないのですが。
 
 以前にも書きましたが、福屋八丁堀本店は、世界で唯一の被爆建物百貨店です。
 
 初めて商談で伺ったときは、正直「なんて古い建物だろう」と思ったのです。
 
 でも、よく調べてみれば、この百貨店の意地と誇りはすごい。
 
 声高に言わないとこも凄い。
 
 当たり前、なんですよね。
 
 野球には詳しくないのですが、広島カープに対するこだわりも凄い。
 
 熊本県人は、基本的にプロ野球の球団にこだわれないんですよ。
 
 あと、広島風お好み焼きと、口をすべらしたら、本気でヤバイ。
 
 これは心底思いました。
 
 色々ありますが、こだわりがヤバイ広島、好きなんですよね。
 
 という訳で、今月お世話になります。
 
 よろしくお願い致します。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

roomsに出展予定なら。

東京の、展示会には、色々種類があると思います。

roomsもそのひとつですね。
今回出展してみて、現実的にはモヒカンポシェット的に、二回目はないなと思いました。
多分、3年後位には、何かしらファッション宗教的な展開しか残されていないのではないかな。rooms。
よくわかりませんが、ふわふわし過ぎている。
結構な金額を負担して分かったことは、このモデルはもう終わったんだなーということ。
残念ですが。
rooms会場で、芸能人が色々やっていますとか。
正直どうでもいいと思ったし、そもそもモヒカンポシェットがここにいる意味は何だとか。
サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »