« 何もないところから。 | トップページ | ファッションのことは、未だにわかりませんが。 »

2018年10月17日 (水)

広島 福屋八丁堀本店 2019年春へ展示会継続予定です!!

 モードの仕事で、一番大切なことは何かご存じでしょうか?

 服のデザイン?もちろん重要です。
 
 素材の仕入れ?当然です。
 
 縫製もだし、パターンもあるし、要は服を作ることが真っ先にあげられますね。
 
 この辺の仕事は、誰にでも想像はつくかなと思います。
 
 さて、服をつくりましたよ。
 。。。。。
 
 売らなくてはね。
 
 どうやって、誰に売るのかな?
 
 最初は友達や知り合いが多いと思います。
 
 その先はどうするのかな?
 
 ここが肝要なところです。
 
 世界には、素晴らしいモードの服やアイテムが溢れかえっています。
 
 その中で、自分が作った服をどう売っていくのか?
 
 これは、モードに限らず、アートに置き換えてもいいかも知れません。
 
 しかし、ここではモードに限らせて頂きます。
 
 アートのことはアートスイッチで、自分なりに納得が行くまで探ったのでもういいです。このブログの過去記事に詳しいです。
 
 駆け出しのデザイナーが売る服の価格はおそらく、2万円以上となるでしょう。そうでなければ生きていけないし、ランニングコストもかかるから。
 
 駆け出しのデザイナーの価格競争相手は、ラグジュアリーブランドの低価格帯の商品となります。
 
 ここに気付けなくて、立ち上がりでつまずくデザイナーが山のようにいます。
 
 自分がモードのアイテムを作り、世の中に打って出ようとするとき。そこは怖ろしいほどのラグジュアリーブランドの戦略と自分一人で向き合わなくてはいけません。
 
 ここ、重要ですからもう一回書きますね。
 
 ブランド立ち上げたら、そこはラグジュアリーブランドとブランド力で戦う、恐ろしい戦場です。
 駆け出しだろうが何だろうが、極端な話シャネルやルイ・ヴィトン、プラダ、ディオール、グッチやらそういうブランドと「同じ戦場」に居るのです。
 
 まさか、今から自分のブランドを立ち上げる人の中で、よそのラグジュアリーブランドが好きな人はいませんよね?
 
 そういう人は、何で自分が他所のブランドを買っているのか、自己分析を徹底してから自分のブランドを立ち上げた方がいいでしょう。
 
 さて、お題目で上げました、広島福屋八丁堀本店での展示会は、2019年春も行えるようです。
 
 素直に嬉しいです。
 
 百貨店の2階の会場というのは、そこに連続して出展し続けるのも、かなりハードルが高い場所です。
 
 特にパーソナルメゾンにとっては、毎回必死で展示会を行っています。
 
 服を売る場所を持つというのは、とても幸運なことです。
 
 熊本市の新町に拠点を置いて早9年です。これからも、ずっとここからモヒカンポシェットを発信し続けます。
 
 熊本から自分のモードを発信したい誰かへ。
 
 同じくアートをやりたい誰かへ。
 
 自分が歩いている場所がどんなところか、ぼちぼちこのブログへ書き綴っていきます。
 
 しかし、まさか自分がモードのストリームの中にいるとは。。。
 
 世の中は不思議で溢れています。
 
 サリュ

|

« 何もないところから。 | トップページ | ファッションのことは、未だにわかりませんが。 »

モヒカンポシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島 福屋八丁堀本店 2019年春へ展示会継続予定です!!:

« 何もないところから。 | トップページ | ファッションのことは、未だにわかりませんが。 »