« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月25日 (日)

10年前、何もないところから始めたのだったなと。

 もしかしたら、3か月振り位の更新かもしれませんね。

 とりあえず、近況から書きます。

 今月8月7日~13日まで、モヒカンポシェットは東京初進出を果たしました。松坂屋上野店1階、イベントスペースでした。

 東京はこの週、連日の猛暑で外気温は体感的に40を超えていた感じでした。

 基本、モヒカンポシェットは8月は制作に集中するので、今までは展示会行ってこなかったのです。

 しかし、この機会を逃せば次の東京の機会は、いつになるのか分からない。

 結果的には、予想よりはお客様の反応がいい感じでした。あの暑い最中、冬もののコートが旅立ったのですから、本当に予想以上でした。初見のメゾンの作品で真冬のコートに反応があったのは、本当に嬉しいことでした。

 おかげさまで、松坂屋上野店は来春に再び展示会ができるかもしれません。それは、これからの調整になってくると思います。

 さて、今後のモヒカンポシェットは、に突入致します。

 テーマは【マド】window です。

 【マド】から導き出されるイメージが、服作品になります。

 会場と会期詳細はこちら

 モヒカンポシェットホームページ

 最初は広島、福屋八丁堀本店になります。広島は本当に大好きなところなので、是非今後も展示会を続けて行きたいのです。

 その後、福岡、大阪、東京と展示会は続いて行きます。

 あっという間に年末が来そうですが、この間にも準備を進めている案件はあります。

 そう、来年の熊本市現代美術館GⅢでの展示のことです。

 去年はまだ2年あるなーと、呑気な気分もありましたが、今はけっこう必死な感じです。展示予定の制作物が、まだまだ山のように未制作だからです。

 何もない場所から、ツテ・カネ・コネも持っていなくて、どうにかこうにか今、仕事が形になりつつあります。

 でも10年前は、今ここで始めなかったら、きっと何もできないまま一生終わるような気がしていました。

 あの時は。

 リーマンショックで、派遣切りに遭い、工場勤務をクビになった直後でした。

 本当に何もなかった。

 だから前に進むか、下を向いて諦めるかしかなかった。

 「諦めるのは、いつでもできるだろう。けど、前に進むには今しかないよな」

 何も持っていないから、できる未来の選択というものがあります。

 今でも、やることなすこと上手くいかなくてウンザリすることの方が多いですが。

 それでも、前よりは視界が広がったのは確実です。

 成長といえば、それくらいのものですが色々振り返っている時間もあまりなく。

 とにかく、モヒカンポシェットの秋冬コレクションに備えます。

 サリュ

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »