書籍・雑誌

2015年1月28日 (水)

民俗学て何だと思いながら。

 最近、陰謀論にはまっていまして。

 

 つまり、資本主義の仕組みってどこから生まれて、どう波及したのかな?という根本的なことを考えているのです。

  そうするとどうしても貸金業のことを考えるしかない。

 

 紙幣というのは、安倍晴明に言わせれば式神なんか裸足で逃げ出す呪術ですよね。

 

 命が安い国に行けば、この紙を日本円で十何枚かで奪える。

 

 どうしてこうなったんだろうかと考えるわけです。

 

 考えざるを得ない。

 

 そうすると、日本が世界と戦火を本格的に交えた日露戦争から見直すしかないと思います。

 

 日露戦争の膨大な戦費をどうしたか。

 

 ちょっと調べてみて下さいね。

 

 陰謀でもなんでもなく、ここから色々始まったことが分かります。

 

 それはいいのですが、大東亜戦争終戦後、GHQの占領政策によって戦前の日本の何を書き換えたかったを知りたいのです。

 

 それを知る為には、柳田國男を経験して折口信夫を知るしかないのかなと思っています。

 

 今現在ISISが行っているテロ、誘拐、脅迫のエンドユーザーはあきらかだと思いますが、うすぼんやりしてた日本も照準になりました。これがどういうことか、真剣に考えないといけません。

 

 大東亜戦中、日本が掲げていたバカげた民族主義が知りたいのではなく、そういう風に考えるに至った道筋の中に今の問題を紐解く何かがあるはずなんだな。

 

 この小さい島国が、SNSのない時代に世界を敵に回して正面から戦争をしたのだから。

 そこに至る考え方を、戦後民主主義というパラダイムシフトと関係なく読み解いてみたいという欲望を感じます。

 

 熊本には、神風連の乱という、誇るべき蟷螂の斧があるのだから。それに続く西南戦争もほぼ熊本で雌雄を決しているし。

 

 きちんと歴史をみていくと、今考えることが必要なことが見えてくる。

 

 それをアートと繋げて考えていきます。

 

 うん。

 

 相当面倒なことですね(笑)

 

 サリュ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ、これはいい本です。
 他の人の書評とか読んでみました、久しぶりに。
 荒唐無稽とか、色々書かれていましたが、どうしてこの本を読んで天皇制の話が出てこないのか少し不思議でした。
 普段日本人は天皇制という壮大なファンタジーの中で生活しているのに、それをダウンスケールしてコメディータッチで描いた作品を認める、認めないもないと思います。 
 天皇制自体が壮大な荒唐無稽で、それを保ってきた日本人の本質とは何だろうという答えをひとつ提示してきたという意外性に打たれました。
 こういう事を書くと、すぐ右だ左だとなる訳ですが、これはそういう区分けで書きたくなかったので豊臣家を引っ張り出してきたのかなと思います。
 「保守」なんですね、まさに。この本の本質は。
 「保守」というのは言うまでもなく、人の営みの中にある伝統、しきたり、儀式、という共通認識を民族の中で共有することです。
 この共有認識の規模の違いを法制度化したのが、都道府県制であり、国家だと、そういう当たり前のことをこういう風に書かないと「保守」が立ち現れない時代なのかと気付かされます。
 神道の本質がこの本の中にあります。
 これは普段生きていても、なかなか認識できない日本人の無意識に織り込まれたものです。
 大阪国の本質は、国、民族という「保守」の根幹のみでした。自分たちは豊臣家の末裔を守る、同じ国の人間であるという事のみ。
 ここに清清しさを感じました。とてもシンプルです。
 と同時に現人神という存在を選んできた、民族の総意(日本のエートスとでも言うのか)が同一共同体に属する事、それ自体喜びであるという一事に尽きることを浮かび上がらせてもいます。
 さらに言うなら、日本の中にさらに別のプチ天皇制を組み込むことで今書いてきた近代日本人の「保守」性に、大阪国というクラックを入れてみるという斬新な試みが行われています。
 この試みは、松平という人物が代表して引き受けていますが、父親が大阪国人だったという結末で深くは追求されず終わってしまいますが、大変面白い問いだったことは間違いありません。
 というか、多分、標準的な日本人であるならこの試みに答えを出せるはずがないと思います。
 出したところで、多分とってつけたような結論になってしまうでしょうね。
 一読をお勧め。
 ところで熊本にも熊本国が…
 サリュ
 Princess Toyotomi, this is a good book.
I tried to read book reviews or other people, for the first time in a long time.
Or absurd, variously has been written, I was wondering whether the little story of the Emperor system こ out why not read this book.
I think that the Japanese usually to acknowledge the work has been living in fantasy ambitious emperor system, drawn by comedic scale it down, or else not permitted.
It was struck by the unexpected nature of the Japanese people in a magnificent absurdity, it has maintained the emperor system itself is one that has been presented that would be what the answer.
I think there is reason to be writing such things, and I left it right now, I wonder if this is've pulled out the Toyotomi family did not want to write in such a division.
It is what "maintenance", exactly. The essence of this book.
The "Maintenance" is, of course, it is to share a common understanding among ethnic traditions found in the life of people, tradition, and ritual.
It is reminded of was institutionalized law the difference between the size of the recognition this share is the system state, and whether an era in which the "Maintenance" If you do not take do not appear up to the wind such that if a nation, natural way.
There is in this book is the essence of Shinto.
This is what has been woven into the unconscious of the Japanese even if they usually live, can not be recognized easily.
The essence of the country Osaka was only country basis, "Maintenance" of the nation. Can only protect themselves descendants of the Toyotomi family, it is said to be a man of the same country.
I feel Sugasugashi here. It is very simple.
I'm also highlights that all comes down to one thing that you have chosen the existence of a living god at the same time, (or say and even ethos of Japan) consensus of the nation belongs to the community the same, that is a joy in itself.
Say further, attempt novel in nature "maintenance" of Modern Japanese we have written now by incorporating the emperor system Petite yet another in Japan, and I put the crack of country Osaka has been carried out.
This attempt, although undertake on behalf of a person named Matsudaira, but ended up not being pursued in depth in the end that it was his father Osaka foreigners, there is no doubt that was a very interesting question.
I mean I think, perhaps, that there is no attempt should put out the answer to this if the Japanese standard.
Now that you put out, you might result in conclusions probably haphazard.
Recommended reading.
By the way the country is also in Kumamoto in Kumamoto ...
Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

石田衣良「4TEEN」読了!36にもなって中二病!!地方でアートやってるなんて、完全にこじらせてるよな!!!と思わせてくれる本です。

 14歳のときなにしてたかと言えば、部活(バスケ)ばかりしていて、ときどきいきなり喧嘩に巻き込まれたり。

 教室に座っていたら、いきなり顔をけられて唇が裂けたり、熊本駅周辺で突然背中けられて数人にかこまれそうになったり。そういう時代だったんだな~。喧嘩というより、気を抜いてたらいきなりやられるんですよ。勝った事なんて一度もありませんが、とにかく危険からは逃げる訓練にはなりましたね。

 おまえどこ中だ?病にみんな罹っていて、言うと引けなくなるんでとにかく逃げるという。中学生までは、面倒に巻き込まれる事が多かったので中央街には行きませんでした。先輩達や同級生が派手に暴れて、どこの中学のヤンキーからも目をつけられている状態だったからです。

 卒業式も当然警察がきてましたね~。

 高校は熊本西高校で、今でもですが田んぼの中のド田舎にある高校で、制服を改造している生徒ですら一人もいないという、のんびりしたトコで美術部に入って今に至ると。

 そんな14歳でしたが、この本に書かれているエピソードに120%共感できる自分に気づき、ちょっと焦っています。

 もっと大人になっていていいはずなのに、14歳のころのムズムズは増幅した形で心のどこかに収まっていたのだなと。普段は全然感じないのですが、こういう本やある種の音楽を聴くともう駄目ですね。

 小6の時に初めてブルーハーツを聴いてショックを受けて、それいらい高校まではテープが擦り切れるまでそればっかり聴いていました。あと、シンディー・ローパー。高校入ってからは中島みゆきとか聴くようになるんですが。

 4TEENは、分かる人と分かんない人の両極でしょうね。石田衣良氏のどこまでも軽い文体が素敵です。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

As to what you were doing at the age of 14, are carrying out only extracurricular activities (basketball), and it is sometimes suddenly involved in a quarrel, or is.
It becomes that a face is likely to be kicked suddenly, and a lip is likely to split, or it is likely to be suddenly kicked among the back around Kumamoto Station, and is likely to be surrounded by several persons if it is sitting on the classroom.
It was such a time? .
Rather than a quarrel, if it has let up, it will be damaged suddenly.
Although it was not [ having won and ] once, did it become training which escapes from danger anyhow?
you -- where -- it is inside -- since it suffers from ? disease wholly, and it stops being over when it says, it is said that it escapes anyhow.
Since the junior high school student was involved in troublesome in many cases, he did not go to a central town.
It is because it was in the state where seniors and a classmate riot gaily and are having eyes attached also from the Yankee of a junior high school of what.
Was the police naturally coming also in the graduation ceremony? .
Although a high school is the Kumamoto west high school and it is even now, if it goes into an art club and results soon in happy-go-lucky Toco called there not being one person, either even by the student who is a high school in the ド country in a rice field, and is converting the uniform.
He notices him, and it is impatient just for a moment. [ such ] [ who can sympathize with the episode currently written to this book 120% although it was 14 years old ]
ムズムズ at the time of 14 years old is as having fitted in somewhere in hearts in the amplified form, although you had grown up more.
Although not felt at all usually, if such book and music of a certain kind are listened to, it is already useless.
Bluehearts was heard for the first time at the time of the smallness 6, and in response to the shock, since then, only it was heard up to the high school until the tape wore out.
After, Cindy Lauper.
high school ON -- Miyuki Nakajima -- it comes to hear it.
Is 4TEEN the known two poles of people and 分かんない people?
A style light to where of Ms. Ira Ishida is great.
Salut

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

田口ランディ、もう消費すら快楽じゃない彼女へは、的確なエッセイです。

 1999年ごろの話題についての、エッセイのようなものです。

 汚ギャルとか話題になったような時代。

 あらゆる価値が大きく転換していこうという時でした。アートの世界でも、それほど目立った潮流は感じられず、アートのトレンドとかも記憶にありません。アニメ界はけっこう話題作があったような。

 そんな中、この本に出てくる人々は、多分今ではもっと特化した存在として居続けているのではないかと思います。

 10年以上たち、すでに一般の感覚としてもうすでに消費は快楽ではないのではないか。

 消費そのものが快楽だったのは、身の回りに足りないものがあった時代の話の事。今は生まれた時から全てが揃っていて、快適に生きる環境が整っている時代です。

 町屋を改装して店舗にしようと思ったのは、近代的で快適な場所へすらも留まってはいられないという事です。居ぬきですぐ何かが始められる場所には物語がありません。

 伝統や保守がほとんど残っていない現代社会において、若い人ほど特に歴史と物語が必要なのではないでしょうか。何でも揃っている中、自分達の手でアクションを起こしてあえて不便を体験しなければ、最初からあるこの快適さの意味が分かりません。

 バカの壁の中でもとりあげられていた、ニートだったかひきこもりだったかの話にも通じます。働く必要がない快適な世界を求めて、先人達が頑張ってきたのだから、働かない人がでてくるのは当たり前の話だと。

 という事は、もっと先の話をしなければいけないのでしょう。

 働かない先の未来とは。

 それは分かりません。

 でも、日本の歴史は続いて行きます。

 先の震災で、ポストモダンの次の潮流はとか余裕をかましている時代ではなくなり、より流動的なコミューンみたいなものが急速に必要とされているかに見えます。

 話を戻しますが、消費そのものに快楽を求める時代は過ぎ、消費する物についての物語が重要な時代に見えます。

 物語の再構築を。

 伝統と保守が今こそ必要なのではないでしょうか。過去に戻るという意味ではなく、その地続きにいるという意味で。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is like the essay about the subject around 1999.
A time which became an unclean girl and the center of attention.
It was a time of saying that all value will convert greatly.
The so much conspicuous current is not felt and the trend of an art is not in memory in the world of an art.
as [ had / the anime community / quite a many popular works ]
In such inside, people who come out in this book think that they probably continuing being now as an existence which specialized more.
it will already say as general feeling for ten years or more -- isn't consumption pleasure coming out?
It is a talk of the time when some were insufficient in personal appearance that the consumption itself was pleasure.
It is the time when the environment where all have gathered and it lives comfortably since it was born is ready, now.
Not having stopped even to a modernistic and comfortable place thought that Machiya would be remodeled and they would make it a store.
There is no tale in the place out of which it comes and which keeps being, and something can begin immediately.
Doesn't a younger person need especially history and a tale in the modern society where tradition and maintenance hardly remain?
If action is started by its hand and it does not dare to experience inconvenience while having gathered anything, the beginning does not understand a certain pleasure of this.
It is well-informed also about the talk [ having been conflicted and raised in the foolish wall ] of whether was neat or to have been social withdrawal.
Since the comfortable world which does not need to be committed was searched for and predecessors have done their best, if what those who do not work come out of is a natural talk.
Saying will be what must talk about future more.
About the future of the point which does not work.
It is not understood.
But history of Japan continues and goes.
It is no longer the time which is carrying out the kiln of the margin to the current of the post-modern next by the previous earthquake disaster, and seems that a more fluid thing like commune is needed for urgency.
Although the talk is returned, it passes over the time of asking the consumption itself for pleasure, and it is visible to a time with an important tale about the thing to consume.
Reconstruction of a tale.
Isn't just now required for tradition and maintenance?
It means being in the adjoining land instead of the meaning of returning in the past.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

アービン・ウェルシュ「エクスタシー」、何か懐かしい。

 ウェルシュはトレインスポッティングの作者です。

 エクスタシーは昔読んだ記憶がありますが全く覚えていないので再読してみました。

 エクスタシー=MDMA、15年前位から出回り始めたドラッグです。同じころ、天神近辺のクラブでやたら出回っていた記憶があります。何故かチュッパチャップスとセットで出回っていたので、昔チュッパチャップスという絵を描いた事があります。昔、大劇横今サンクチュアリになっている場所にJAILがあった時、入口に随分長い事展示していました。

 MDMAとレイヴの話しがメインなんですが、もう日本でもあの事件のせいで随分悪い印象になっていますね。いや、ドラッグがないレイヴなんて想像もつかないですからあながち間違った印象ではありません。

 当時はジャングルとかそういった音楽が台頭してきていて、ヒップホップのオールドスクール命だった自分と友達達は音楽的な意味で居場所をなくしていってるところでしたね、15年前。

 ブレイクビーツをターンテーブルのレコードで作り出せるDJなんて今や地方のクラブでは皆無じゃなかろうか、知らないけど。全部マックでOKですからね~。今のクラブに行ったらパソコンをアンプにつないでますから、なんか味がない。事前にプレイリスト組んで流すのがメインだから、昔程DJを尊敬できない、垣根が低い感じです。

 あ、話がずれた。

 とにかく、クラブにドップリになった事がある人は必読。そうでない人は、あんまり分かんないかもですね。酒、ドラッグ、音楽に骨の髄まで(あ、私自身は酒ですから。念のため)はまった事がないと、よく理解できないかも。マッシブアタックを映画の主題曲に?馬鹿じゃねーの?映画館でドンギマリになる奴いねーよ!という世代です。あ、マッシブアタックは別に好きじゃありません。

 鼓膜破れるんじゃないかって位、スピーカーの近くが好きでした。今も酔うとそんな感じです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Welch is the author of Trainspotting.
Although there was memory read a long time ago, since he did not remember at all, ecstasy was reread.
Ecstasy = it is a drug which began to appear on the market from MDMA and 15 years before grade.
There is memory which had appeared on the market overly at the club of the Tenjin neighborhood at that time.
without knowing why -- seasonal rice gruel -- since it had appeared on the market by パチャップス and a set -- ancient times -- seasonal rice gruel -- a picture called パチャップス has been drawn.
fairly long at an entrance, when JAIL is in the place which is a large 劇横今 sanctuary a long time ago -- thing exhibition was carried out.
Although the talk of MDMA and Leif is main, has it already been the impression that it is bad fairly because of that incident also in Japan?
No, after not attaching imagination in Leif without a drug, either, it is not the necessarily wrong impression.
A jungle and such music have been gaining power, themselveses and the friends who were the old school lives of hip-hop have just been going to lose room in the musical meaning, and it is 15 years ago in the bottom those days.
Although it does not know whether now there is nothing at a local club in DJ who can make break beats by the record of a turntable.
Because it is all OK in a Mac .?
Some tastes cannot be found after having connected the personal computer with amplifier, if it goes to the present club.
Since passing by playlist 組ん in advance is main, it is the touch which cannot respect DJ a long time ago that a fence is low.
あ and the talk shifted.
those who have come to resemble a club completely are required reading anyhow.
Those who are not so are [ whether it is also excessive part かんない or ].
It is to a bony core (since あ and I myself are alcohol) to alcohol, a drug, and music.
It is whether to be able to understand well if it has not waited just to make sure.
奴い which becomes boss ギマリ to the theme music of a movie by ? 馬鹿 about a massive attack in ? movie theater of - - He is the generation !.
He does not independently like あ and a massive attack.
Wasn't he eardrum tear るん and liked the neighborhood of grade and a speaker.
It is such touch when it still gets drunk.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

石田衣良のIWGPを読んでみた。

 池袋ウエストゲートパーク。

 クドカンが手掛けたドラマで、今や伝説のと言った趣がある作品。

 久々にカラーギャングの話しを読んだ。その昔、沖縄からきた友人は、「リアルなカラーは米軍基地があるとこにしかいないよ」と言った。

 クリプスとブラッズの話しじゃなくて、カラーギャングというファミリー文化を輸入した日本の不良の当時の生態をよく捉えていると思った。

 それと、今ではさらにむき出しになっているかに見える、現代日本の闇が街の一角からすぐさま現れてくる様子。

 壊れた人間は最初から壊れた形で登場してくるのが、今読んでも新鮮。ストリートの描写が今でも的確に見えるのは、ファッションは変わっても根本的な所は変わらないからに違いない。

 主人公の視線が揺れなさすぎるのが、若干興奮を削ぐ部分もありますが、この後クドカンがタイガー&ドラゴンを制作するのは、やはりこの作品を通過したからだと今でははっきり分かります。

 結局のところ、好きなのでしょう、この作品が。すいすい読めるところも素晴らしい。

 「街には様々な人間がいるってこと」だから、話に終わりはないっていう感覚がいいですね。

 「善玉も悪玉も金を持つと同じような所に住みたがる」というセリフもいいです。ヨーロッパの大理石のでかい門で、オートロックの駐車場と玄関みたいな。

 小説のギャング同士の内戦鎮圧に、主人公は積極的でしたが、確かTVドラマの方はクライマックスで「メンドクセェー!」と言い放った記憶が。スゲェ!と思いましたね、その時は。追いつめられるとメンドクセェーと言い放つメンタリティーの構築が、当時やたらリアルに感じたものでした。

 誰だって、あの状況は面倒臭いと思う。

 続編がかなり出ているようですから、機会があれば読んでみよう。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Ikebukuro west gate park.

Work in drama that [kudokan] handled, with elegance called legend now.

Color gangster's speaking was read after a long time. The friend who had come from Okinawa in the old times said, "A real color is [shikainaiyo] in ..U.S. bases.. [arutoko]".

I thought that I am not speaking [burazzu] with Krips, and caught ecology of Japan that imported the family culture of color gangster defective and at that time well.

The dark in it and present age Japan that looks as becoming baring further now seems to appear from the corner of the town instantly.

Even if appearing from the beginning in broken shape reads now, broken man is fresh. The reason for a fundamental place is surely that it doesn't change even if the fashion changes into looking the description of the street to adequacy still.

When [kudokan] produces Tiger & dragon after this because this work is still passed though there is a part where hero's glance's the shake passing reduces some excitements, too, now is clearly understood.

In the issue, it likes, and this work :. When it is possible to read lightly, it is wonderful.

Because it is "..various man.. [irutteko] in the street", the end [hanaitteiu] sense is good for the talk.

The serif "When the good man and the bad character have money, I want to live in a similar place" is also good. . at the gate where the marble of Europe is strapping such as self-locking parking lots and doors.

The memory declared to be "[Mendokusee;-]" climatically : a certain TV drama though the hero was positive in the civil war repression of the gangster of the novel. [Sugee;]. ..solving.. at that time ..the desire... The construction of the mentality declared to be [mendokusee;-] was what felt random and real at that time when cornered.

I think that that situation stinks of the trouble of everyone.

Let's read if there is a chance because the sequel seems to have come out considerably.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

夏目漱石の吾輩は猫であるを、今更ながら読んでみる。

 熊本にゆかりの深い夏目漱石先生。

 パリにいたとき、「熊本出身なのに小天温泉もしらないの?!」と驚かれました。

 そうなんです。不覚にも夏目漱石の本をただの一冊も読んでいなかったのです(今まで!)

 そして今更ながら吾輩は猫であるを読んでいる所なのですが。面白すぎる!なんで今まで読んでこなかったのか!

 説明は不要の本ですから内容は割愛しますが、苦紗弥先生の思考法がとても理解できるところに自分の難があるのではなかろうかと思ってしまう。

 これからは連続して漱石先生の本を読もうかと思っています。

 とか言いながら、シリアルキラーの本とかを手にとってしまう可能性もあるのですが。

 ちなみに、現在の小天温泉で一番有名なのは草枕温泉という、夏目漱石を紹介するブースを擁した夕日が美しい露天風呂がある温泉です。

 小泉八雲といい(これは読んでいる。怪奇大好き人間なので)文豪ゆかりの土地なのですね、熊本は。

 文豪以外にも、新町三畳美術館の近所に坂本竜馬や勝海舟、西郷隆盛が宿泊した場所の跡地があったり(小さい看板が出ている)、結構本通りから一本入ると目立たない看板があって散歩すると面白い発見があります。

 サリュ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is Mr./Ms. Soseki Natsume that the connection is deep in Kumamoto.

When is in Paris「Is it hot spring of a small heaven [moshiranai] it is a Kumamoto coming from?!」It was surprised. 

It is so. Soseki Natsume's free as much as one book was not unconsciously read (current).

And, afresh though I am a place where cat [dearu] is read. It is too interesting. Why have not you read up to now?

Because the explanation is an unnecessary book, I do not think the content for my accident to exist in the place where the idea method of a worried [sha**] teacher can be very understood though it omits.

It is thought that read Soseki's book continuously in the future.

Though there is a possibility of putting it away for the hand of serial killer's book saying, too.

By the way, it is in the hot spring the most famous in a present hot spring of a small heaven with the outdoor hot spring where the evening sun that had the booth where it introduces Soseki Natsume named the hot spring of the grass-pillow is beautiful.

Kumamoto good with Yakumo Koizumi (This is read.  Because it is mysterious, loving man) ..land of great writer [yukari] it...

There is an unremarkable signboard when also excluding the great writer, there is a site in the place where Ryoma Sakamoto, Kaishu Katsu, and prosperous Saigo stayed near 3 mat in Shimmachi museum (A small signboard has gone out) or it enters considerably from 1 high street and is an interesting discovery when strolling.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

ゾディアック、アメリカンサイコ、ラブリーボーン。

 シリアルキラー本三連打。

 ラブリーボーンは実録ものではありません。

 なぜ三冊連続で読んでしまったのか。精神的に疲れます。

 こういう、特に役に立たない本というものをむしょうに読みたくなるときがあります。

 ホラー好きですが、実際に起こった事件はホラーを楽しむようには読めないことが判明。当然ですね。

 一人の殺人鬼に人生を支配される模様を追ったゾディアックは、映画化もされました。未だに犯人が捕まっていないという事実。そこから読み取れるのは、人生の不条理さだけです。

 人生が不条理だというのは知っていますが、自分の哲学信念の根本にそれを置くことはできません。環境や運は選べないことの方が多いですが、何か起こってしまった場合でもやり遂げるべき事を見つけておくべきと思います。

 そのことに向かっている事実だけで満足できます。うまくいかなくても当たり前。ただ、やることはやっているという事実は誰にも奪えないのではないか。

 そう考えなくては、あまりにも人生には何もないのではないか。生まれて死ぬことは最初から決まっている。限られた時間で本気で夢を見れるのかは自分次第。見ても見なくても死ぬことは決まっている。

 どうすれば自分は感動できるんだろうといつも考えています。感動は瞬間的なもので、一生の時間に直すと何時間感動しただろうと思うと居ても立ってもいられなくなります。感動していない時間は損しているのではないか。

 とりとめもない話になってきました。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Three serial killer book hitting repeatedly.

Lovely Vaughan is not the authentic record one.

Has it been read that it is three continuous why?It mentally becomes tired.

It wants to read and it occasionally becomes [monowomushou] of such especially useless book.

It turns out not to read as the event that actually happens enjoys horror though it is a horror lover. It is natural.

As for the zodiac that chased the pattern that the life was ruled by one horrific killer, making into a film was done. Fact that criminal has not been caught still. Being able to read there is only irrationality of the life.

It cannot be put on the foundation of my philosophy belief though it knows the life to be irrational. Not being possible to choose is more abundant, and I think that I should find the thing that should be carried out even when something happening of the environment and the fate.

It comes satisfactorily only by the fact to face that. Even if it doesn't go well, it is natural. However, nobody might be able to deprive of the fact of doing as for doing.

There might too be nothing in the life, too, if it doesn't think so. It is decided to be born and to die because of the beginning. Whether it can have the dream seriously in a limited time is my situation. It is decided to die even if it sees or it doesn't see.

How..do..impression..always..think.It becomes impossible for impression to stand when thinking how long it is impressed if it mends at time of the life by the momentary one even though it is. Time not being impressed might be lost.

It has become a story without saving either.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

肉体のアナーキズムという本を読んでいます。

 1960年代の肉体表現の全貌を浮かび上がらせるという、今まで正面切って総括されていなかった部分に光を当てる本です、

 国語辞書なみに分厚い本ですので、なかなか読み終わりませんがとても興味深い内容です。

 ハプニング、アクション、イベント、パフォーマンス、反芸術パフォーマンスのカテゴライズを厳密に区分するところから始まります。

 次に、当時のこれらの表現に関する論戦。東野芳明、宮川淳、石子順造らの批評の評価。

 というところまで読み進めていますが、この時代の肉体表現の多様性には驚かされっぱなしです。

 肉体表現であるところと、時代柄、写真や映像もほとんど残っていないという検証が難しいところではありますが、よくもこれだけといった内容です。

 正直いって、読売アンデパンダン展の歴史すらおぼろげにしかしらないという日本美術史の不勉強。改めて様々な事象を教えてくれる素晴らしい本です。

 完全な予断ですが、60年代から70年代安保闘争の歴史までの間に、日本におけるアンフォルメルと抽象表現主義の激突があったのではないか。表現者の心情レベルにおいて。

 読み進めないとわかりませんが、そういう時代背景と無縁でいられるのは表現者にとってはかなり難しいのではないか。

 読み進めるのが楽しみな本です。

 サリュ

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is a book that hits light to the part of making the whole content of the body expression in the 1960's come to the surface to which it switches off and the front had not been summarized up to now.

It is a very interesting content in the national language dictionary though doesn't finish reading easily because it is a thick book.

It starts because [kategoraizu] of the happening, the action, the event, the performance, and the anti-art performance is strictly divided.

Next, argument concerning these expressions at that time. Yoshiaki Higashino, Atsushi Miyakawa, and evaluation of criticism of IshikoJyunzo.

It was surprised by the diversity of the body expression in this age though it was possible to read.

The verification that the place where it is a body expression, the age handle, and the photograph and the image hardly remain, too is a difficult point, and the content only of this often.

It is idle of Japanese art history of no ..doing.. oaks.  faint even the history of honest  and the Yomiuri independent exhibitionIt is a wonderful book to teach various events again.

It was informal in Japan and the abstract expressionism might have crashed between the 60's and the 70's to the history of the security treaty struggle though it was a complete prediction. At expressionist's feelings level.

It might be considerably difficult for the expressionist can without relation to such a historical background though it doesn't understand if it is not possible to read.

Being possible to read is a fruitive book.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

長崎書店 La! Bunko という、楽しい企画のご紹介です!

 先日、少しだけご紹介いたしました、熊本上通りにある長崎書店さんの楽しい企画をご紹介いたします!

 熊本市上通の長崎書店にて、熊本発オリジナルの文庫フェア
『La! Bunko』(ラ・ブンコ)を開催いたします。
■期間:9/1(水)~9/30(木)

 毎年夏に書店店頭を賑わしている、大手出版社夏の文庫フェアをそのままパロディにして、熊本発のオリジナル文庫フェアを開催。
 スタイリッシュ&エネルギッシュな熊本人100人によるセレクションで100冊の文庫を選び、熊本人のセンスや才能を結集した、長崎書店オリジナルの文庫フェアです。 

 熊本人ならみんなが知っているあの人から、実はこんな事してるんですというこの人たちが選んだ魅力的な文庫本が店頭に勢揃いします。(映画監督の行定勲さん、放送作家の小山薫堂さん、マンガ家の江口寿史さんなど熊本出身で活躍されている方々からもコメントをいただいています。)

 夏の文庫フェアのパロディということで、ツール関係も徹底的に製作しました! 店頭で配布する文庫カタログも大手書店のものと同じボリューム(A6サイズ68ページ)で製作。プレゼント用オリジナルブックカバー、フェア用の文庫オビ、店頭POP、しおり等のツール、ポスターもオリジナルイラストを使い『La! Bunko』の世界観を作りフェアを盛り上げます。また、イメージガール(美少女!)のモデル撮影も行い、全てにチカラ入ってます!
 

 地域の一書店でもこれだけの事が出来る!という長崎書店の熱い思い!熊本の本好きの方々の思い!ワクワクするようなモノを作ろう!という製作者の思いが結集した今回の文庫フェア『La! Bunko』。皆さまのお越しをお待ちしております。

 という、長崎書店さんの熱い思いがビシビシ伝わってくる企画です!

 よかですね~、本好きにはたまらない企画ですね~。よそ様の家に行ったら、こっそり蔵書をチラ見する(実に様々なことを物語る)ような人間にはたまらない企画ですね!

 ちなみに私は、読んだ本は押入れに隠します!自分が読んだ本のタイトルをまとめて誰かに見られるのは、Hな本を探しだされることなんかよりも、もっと恥ずかしい!

 ので、この企画、誰より私が一番楽しみです!

 サリュ

I will introduce a happy project of Mr. Nagasaki bookstore who is on Kumamoto only a little introducing it the other day.

I will hold the pocket edition fair original from Kumamoto 'La Bunko' ([ra] [bunko]) in the Nagasaki bookstore of the expert on Kumamoto City.
- Period: 9/1 (Wednesday)?9/30 (Thursday)

The pocket edition fair of the major publisher summer when the bookstore shop is enlivened in the summer of every year is made a parody as it is, and the original pocket edition fair from Kumamoto is held.
The pocket edition is fair of a Nagasaki original bookstore where 100 pocket editions are chosen in the selection by 100 Kumamoto people of stylish energetic &, and Kumamoto people's sense and talent were concentrated.
The attractive paperback that these people named such thing [shiteru] actually chose musters from that person whom everyone knows in the shop if it is Kumamoto people. (The comment is gotten from people active from Kumamoto such as movie director's Isao Yukisada, broadcasting writer [kaodou] Koyama, and comic artist [hisashishi] Eguchi. )

The tool relation was thoroughly produced with the parody in a fair pocket edition of summer. It produces it with the volume that the pocket edition catalog distributed in the shop is the same as the one of a major bookstore (A6 size 68 pages). Present..for..original..book jacket..fair..for..pocket edition..Obi..shop..POP..bookmark..tool..poster..original..illustration..with..outlook on the world..make..fair..pile up.Moreover, the image girl's (nymph) model taking a picture is done, and [chikara] enters all.
 

The thing only of this can be done also in one bookstore of the region. Hot desire of Nagasaki bookstore. Desire of people of this favor in Kumamoto. Let's make an exciting thing. Producer..think..concentrate..this time..pocket edition..fair.We will wait for coming of everybody.

Mr. Nagasaki bookstore's hot desire is a transmitted project of [bishibishi].

[Yokadesune]?、It is this projects not collected liking it. 。It is projects not collected in man who quietly [chira]s and looks at the collection of books (Very variety is told) when going to the house of externals somewhere else.

By the way, I conceal the read book in the armoire. Someone's being seen as he puts the title of the read book together is more shameful in [hon] because it begins to look for.  H

[Node], this project, and I am from who to the most much enjoyment.

[Saryu]

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)