音楽

2016年9月10日 (土)

昔は熊本の上通り奥に「現場」というクラブがあってだな。。。

今日、N.W.Aのドキュメント的な映画を借りました。まだ見ていないが、アイス・キューブの息子が父の役をやっているそうで、何か感無量な感じ。

 アイスキューブというラッパーの存在を知ったのは、1993年ごろだったと記憶する。

 昔、上通りの上の裏通りが形成される前に、ぼろいビルの2階にあった「現場」という、熊本らしいというか「ドープ」としか呼べないクラブで、色々知った。

 まだ18歳だったな。もう、飲み狂っていて、音楽と酒の日々が始まっていた。

 そこでは、平日の夜な夜な、DJの練習と称したローテクなヒップホップが流れていた。

 リズムボックスのビートに合わせながら、ターンテーブルでフレーズを直接流す、スクラッチを入れる、曲を繋ぐという、今ならPCで簡単にできることを、レコードを使って一晩やっていく。

 特に、ラッパーズディライトを、リズムボックスとレコード使いで再現している練習場にいた時には、何か始まるんじゃないか?と本気で思っていた。酔った頭で。

 そのときによく聞いていたのが、N.W.A、その流れでアイスキューブ、アイスT、ウータンクラン、下って2パックやスヌープなんてギャングスタに行くころには、何も始まらないことに気付いたけど。

 1993年当時、ロックはグランジで重くてうなるようなグルーヴで、何かが始まったというより、何かが終わったような倦怠感が先にあった。まだ若かったのに、流行りの音楽が何かの終わりを告げていた。

 そんなときに出会ったのが、初期のオールドスクールのヒップホップだった。爆発寸前のエネルギーに満ち溢れていた!全部ぶっ壊す、全部ぶっ潰す!攻撃あるのみ!という初期衝動がゴリっとアメリカのシーンからひしひしと感じられたが、実際のシーンは多分ニュースクールに移り変わっていたころと思う。

 トライブ ア コールド クエストが出始めたりすると、クラブのフロアからは熱量みたいなものは下がって、クールさが前面に出てきた。

 何かまだ、そういのにはなじめなくて。十代後半で、弾けるような音楽をまだ求めていたから。

 今日借りたN.W.Aの映画は、そういう気持ちを思い出すだろうか?

 時は流れて、今聞く音楽はほとんどクラシックになってしまった。。。

 人は、こうも聞く音楽が変わるものだろうか。

 自分でも驚いている。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

結婚式で流した(入場とか)曲を振り返ってみると、大分おかしいのではないかと改めて思います。

 たまにはどうでもいい話を。

 結婚式で流す音楽というのは、割と皆さんこだわりがあられると思います。

 事前の打ち合わせであーでもない、こーでもないというカップルの話し合いがもたれると思いますが、私の所の場合をふと思い出してみました。

 我が相方は、全く音楽にこだわりがない人です。「まかせた!」という感じで、音楽は私が決めることに。

 そうなると、ベタで、お客様に楽しんでもらえる曲を要所でと思った時、大分間違った選曲をしていたことに今更気づいたのでご報告。

 新郎新婦入場

 退場(お色直し)

 余興

 再入場

 参考になりましたでしょうか。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

ぐらぐら揺れる。

 絵を描くときは、必ず音楽をかけています。その日の気分によってかなりジャンルはバラバラなのですが、昨日は封印していたCDを引っ張り出しました。

 デューク エリントン。ビッグバンド。封印といっても、あんまり聞かなくなったCDをほたっていただけなんですけれども。

 うーん、ビッグバンドは爆音で聞かないと、おしゃれな感じになりますな。でっかい音で聞くと、踊りだしたくなるんですけど。

 次。中島みゆき。5枚も出てきた。古い順から聞いてみる。あ~~~!なんか封じ込められてる!という楽曲がわんさか!ダウナーな感じで、無意識に織り込まれているある種の感覚を刺激してきます。

 いても立ってもいられなくなる稀有な音楽たち。最近のヒット曲は、色恋ではないものが多い印象ですが、封じ込められているものの凶暴さは色恋の楽曲のほうが凄い。

 音楽には、自分のなかの衝動を喚起する何かを求めています。

 中島みゆきは、この、なんか分からない衝動を喚起しまくります。久しぶりに聞いて再確認。

 そして一番最近買った中古CDは、ゴダイゴBEST。う~ん、どんどんPUNKじゃなくなってきてる!

 いつでも、ドタマをブチ抜くような音楽を求めているんですけど、なかなかね。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

PUNK!

 昨日、パンクの特集番組を見ました。

 やる気おきるわ、やっぱり。

 ピストルズは特別です。

 何が特別なのか。

 メッセージが、衝動、だから。

 クラッシュなんかは、社会性を全面に出しているから、好きなんだけど感動が薄れるんですよね。

 「お前らのことなんて知らねぇ、俺たちはやるべきことをやるだけ」

 歳がいくつになっても、忘れちゃいけないことがあるんだな。

 大人になると、馬鹿野郎!このクソッタレ!という気分が実に薄くなります。どうしてかな、まさに大人になったということなのかな。

 そういう気分は、大事なのに。

 そういう気持ちだけが、作品をつくる最後の拠り所なんです、自分にとっては。

 だから、ここだけの話、作品を完成させるというのはとにかくしんどい。

 発散している訳ではない。だからでしょう。むしろため込んでいる。

 衝動は、考え方や技術ではないから、保つことも容易ではないでしょう。

 それを、ピストルズはいつでも喚起してくれるから、好きというより「必要」なのです。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)