パステル画の描き方

2012年11月15日 (木)

パステル画の描き方⑦

 3年近くこのブログを書いてきて、パステル画の描き方がまだ⑦回目なんて。

 前回を読み返したら、分光スペクトルの話をしていて、ゲ!まだここかと思ったのです。

 パステル画の描き方と言いながら、近代絵画の黎明について書いているのです。

 太陽光をスペクトル分析して、色に変換して絵画に応用しだしたのが印象派。

 だから、原色の配置の構成で絵が描けるようになってきます。

 点描のスーラなどが筆頭で、分かり易い。

 これまでの絵画から、宗教を削ぎ落しただけでも凄いのに、産業革命からの「科学」を導入し始めます。1900年代初頭あたりですか?

 エコールド パリとか言って、主に絵画彫刻などで1920年辺りまで、謳歌していた時代。

 1920年代も半ばになると、一大事件が起こります。デュシャンの便器事件です。

 もう後には戻れない。

 あいつのせいで、現代の作家は今でも戦線恐恐としています。

 20年前は、ダダイストは死ね!とまで思っていました。まぁ、今でも若干、ダダ気取りの人をみるといじりたくなります。

 何を言いたいかというと、絵を描きたい、のに、あまりにも多くの理屈が必要になってしまった、かのように見える、という事。

 実は必要ない。

 誰かに、評価されなくてもいい人には。

 でも、評価されたいのです。誰かと関わって生きて行きたいから。

 絵を描く事は、いつでも難事業で、えっと、パステル画の描き方だったのに、デュシャン以外のダダイスト気取りの人批判の文になってしまったな。

 デュシャンは、便器を提案しながら、こっそり一生涯絵を描いた人だからね。好きです。論理と業が一人のなかに同居しているのが。

 人はいつも、論理と業に引き裂かれているのだな。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

新作パステル画制作、20時間目。

 20時間。まだ初期段階で、人物を描くところまでも至っていません。

 パステル画の描き方は、上から下まで、完成させながら描いていく事。

 今は主に赤と黄、紫を使用して描いています。

 今回の新機軸は、ミクストメディア。アクリルを使用します。ほんの一部分ですが、面白い効果が得られます。町屋アートホームで使用したアクリルの技法の一部を取り入れる予定です。

 そんなにたいした事ではありませんが、今まで画材をミックスして描いた事はなかったので、小さな新しい一歩と言えるのではないでしょうか。

 毎回、その作品に何時間要したか計っています。平均で120時間くらいのものでしょうか。一日8時間描ければ、枚数が増えるのでしょうが違う仕事も多くそううまくはいきません。

 今回の制作予定時間で言えば、到底120時間程度では完成しそうにありません。全体の密度も高いです。250~300時間程度か。

 あぁヤバイな、ちょっと計算したら5カ月位かかるぞ、今のペースだと。少し描く時間を増やさないといけません。

 しかし、時間かかりすぎなんですよね、毎回。でも、妥協はできないからな~。

 半年に一回とか新作展を個展でやっている人が、羨まし過ぎる。早く描く事には憧れますよね、単純に。

 パリで新作パステル画の個展を開いた時は、10作品を揃えるのに、1日10時間位描いて、半年かかったからな~。あの位のペースで描けたら、半年ごとの新作個展も十分可能です。無理ですが。絵を描く以外のアートの仕事が、沢山ありますからね。

 将来的には、描く方をメインとして集中したいとは思っていますが、その為の熊本の土壌作りをしなければいけません。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

20 hours. In the early stages, has not yet been reached even as far as to draw a person yet.

How to draw pastel, it is from top to bottom, while we draw is completed.

Now we are drawn using red and yellow, a mainly purple.

Innovation of this time, mixed media. Use the acrylic. But only part, interesting effects can be obtained. Will adopt some of the techniques of acrylic was used in the art home Machiya.

Which is not a big deal, it drew a mix because until now there was no art supplies, some say it would not be a small new step.

We measured each time, or that it took many hours to work. What about those 120 hours on average. Will not go well so many different work eight hours a day if Egakere, but would it increases the number.

Speaking at the scheduled time of this production, in about 120 hours does not have hardly likely to complete. Overall density is also high. Or about 250 hours to 300.

A dangerous Oh, I take about five months After a little calculation, and the pace of it now. Do not draw a little and do not increase the time.

However, I've been taking too much time, every time. But I can not - compromise.

People doing a solo exhibition of new works in six months or once, too jealous. Early to draw it I yearn, simple.

When you open a solo exhibition of new pastel in Paris, to align the 10 works, drawn Ranked # 10 hours a day, - not because it took half a year. If you draw at a pace that position, can be enough of a new exhibition every six months. It is impossible. Work of art other than painting, because I have a lot.

In the future, and want to concentrate as the main draw, but the way I think, must be made to the soil of Kumamoto for it.

Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

パステル画新作制作10時間程経過です。M100号程度のサイズ。4枚組予定。

 制作時間の目途は大体一枚160時間程度になるのが毎回の事です。

 パステル画の塗り重ねですから、どうしても時間の短縮はできません。手が遅いのは自覚していますが、こればっかりはどうしようもありません。

 次々に新作をあげて個展を頻繁に開催というスタイルが、どうしてもできません。アレ、あの人パステル画描く人なの?と最近思われているのではないか。チョット心配ですね。

 え~と、実はまだ熊本県民百貨店2Fのフードカフェ スマイルさんでパステル画の小品展を開催中です。展というか、次の作家さんが決まるまではという半常設みたいな感じになっております。

 意外に好評ですよと、いう評判。意外にて…。前にカフェでやった時は飯がまずくなると言われた事がありました。素晴らしい評です。

 時間はかかりますが、その分の手ごたえがある作品になる事でしょう。

 風景画はともかく、こっちのパステル画は全然売れませんので、逆に面白いですね。これほどまでに売れないのは、まぁ、ギャラリストとかの所に持ち込んで評価して頂いているわけではありませんので売る努力をしていないと言えばそうなんですが、仕方ない。

 先ずは自分が納得する方が先で、売る努力は後からでしょう。風景画に関しては、ある程度は自分で営業している面もありますが、パステルはな~、飯マズ~て言われる位だからな~。

 見た人が「おっ」となって頂ければそれでいいです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is at each time that about one prospect of work time becomes in about 160 hours.
Since it is a coating pile of a pastel, shortening of time can never be performed.
This is hopeless although the thing with a late hand is aware.
New work is raised one after another and a style called holding can never do a private exhibition frequently.
they are Allais and those person pastel 描く people -- isn't it considered ? and these days?
It is anxious just for a moment.
It obtains and, in fact, is [ ? and ] still a hood cafe of the Kumamoto resident department store 2F.   The small painting exhibition of a pastel is under holding with Mr. Smile.
It is saying until the next writer is decided [ whether it is called 展 and ] touch like half-permanent installation.
Reputation referred to as unexpectedly popular.
In the outside of mind --
When it did in a cafe before, it might be said that a meal became unsavory.
It is a wonderful criticism.
Although time is taken, it will become a work with the response of the part.
Aside from the landscape, since the pastel here does not sell at all, it is conversely interesting.
If it says that the effort well sold since it does not carry into a performance fee list and that place and I am not necessarily having you evaluate is not made, that is right, but it is unavoidable that it cannot sell to until this much.
The efforts which the direction to which he is convinced first of all sells at the point will be later.
although there is also a field in which a certain grade does business by itself about a landscape -- pastel -- as therefore as ? and meal マズ ? て言われる? .
It is good, if the person who saw becomes "おっ" and gets.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

パステル画の書き方⑥

 さて、やっと6回目のパステル画の描き方です。

 前回はかなりマニアックな色ごとの特性を書きました。

 特に質問等ありませんでしたので、また自由に書いてしまいます。

 パステルを最初に使ってみて、一番とまどうのは混色の難しさではないでしょうか?これは実は、ここで簡単に書く事ができないほど難しい事です。

 よく「パステルっぽい」といわれるほんわかした絵がありますが、ほとんど混色していません。単色を塗り重ねてほんわかさせていますね。

 いいんですけど、深みは出ません。鮮やかさは若干ありますが。

 ロートレックがゴッホモデルにパステルで描いた作品があります。確かオランダのゴッホ美術館で見た記憶がありますが、補色を巧みに使った鮮やかな絵でした。

 何が言いたいのかというと、色を自由に使う為には色の勉強が必要という事。そういう本は普通に本屋にありますし、ネット上でも沢山紹介されていると思うのでここでは書きませんが、絵描きも感覚だけで絵を描いているのではないという事です。

 ゴッホの絵を年代順に見て行くと、それが良く分かります。オランダからパリに出て色の使い方を学んでいく過程には興味をそそられます。どんどん色の使い方が巧みになっていく。

 極端な話、この時代に分光スペクトルが解析されて、印象派の絵に採り入れられたことが現代アートへの道を切り拓くのですが、そのムーブメントを目の当たりにして感覚ごと吸収したのがゴッホです。

 感覚は置いておいて理論のみ展開したのがスーラとか、印象派も面々で分光スペクトルの解釈の違いはあるもののこの新しい科学を皆勉強している。

 熊本県立美術館で開催されている印象派展は来場二万人を超えたそうです。う~ん、すごいです。科学の力。分光スペクトルの力。今世紀の熊本でそれだけの集客!色の分析は重要。

 ここをそれぞれが勉強しておかないと、いつまでも感覚のみに頼った絵になってしまうのです。そういう絵もいいのですが、長く描いていると行き詰るのも確かだと思います。自分の感覚のみに頼って描く程、才能ありませんから自分。

 そういう訳で、パステルの混色は難しいのです。事前に別の紙で試し混ぜとかしたほうがいいかもです。パレットで混色できませんから。そうやって試行錯誤の時間を過ごしていたのだな、初期は。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Now, it is how to draw the 6th pastel at last.
The characteristic for every quite maniac color was written last time.
Since there were no question in particular etc., they will be written freely.
Is that is most puzzled using the beginning in pastel the difficulty of mixed colors? This is so difficult that it cannot write easily in fact here.
Although there is  well said "Seemingly to be pastel" or a picture carried out, mixed colors are hardly carried out.
Do you apply monochrome and carry out in  in piles?
Although it is good, it does not come out of depth.
There is vividness a little.
There is a work which Lautrec drew on the Gogh model in pastel.
Although there was memory seen surely in Van Gogh Museum in the Netherlands, it was a skillful picture skillfully using color.
If it is said [ say / what ] whether た, say that the study of a color is required in order to use a color freely.
A bookstore has such a book ordinarily, since he thinks that a lot is introduced also on a network, it does not write here, but it is that an artist is not drawing the picture only with feeling, either.
If Gogh's picture is seen to chronological order and it goes, it is known well.
Interest is excited in the process in which how to come out from the Netherlands to Paris and use a color is studied.
How to use a color rapidly becomes skillful.
Although a spectrum spectrum is analyzed by the extreme talk and this time and what was adopted by the picture of the impressionist school cultivates the way to a present age art, Gogh did that movement before his eyes, and absorbed it the whole feeling.
Feeling placing and having developed only theory is studying the whole of this new science, although there is a difference between Seunat and the interpretation by each one of the impressionist school of a spectrum spectrum.
It is said that the impressionist school exhibition currently held in Kumamoto Prefectural Museum of Art exceeded 20,000 attendance.
obtaining -- ? -- it  and is uncanny.
Scientific power.
Power of a spectrum spectrum.
It is  of only that in Kumamoto of this century! Analysis of a color is important.
If each does not study this, it will be the picture for which it depended only on feeling forever.
Such a picture is good and I also regard being stuck if it is drawing for a long time as sure.
Since it is not so talented as it depends and draws only on its feeling, he is itself.
The mixed colors of pastel are difficult at such a translation.
It is that it is better whether to try, mix and melt in another paper in advance.
Because mixed colors cannot be carried out by a palette.
it did so and was spending the time of trial and error -- the first stage.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

パステル画の描き方⑤

 随分久しぶりになりますが、パステル画の描き方を。まだ⑤だものな~。

 最近、再び色の使い方を研究しています。特に赤。ヌーベルのハードパステルには、色によって若干の扱い方が変わってきます。

 白は、塗り重ねると紙の目がつぶれるのが早く、重ね塗りの場合慎重に計算しないとすぐ上から色を重ねられなくなります。パステル自体が柔らかいので、多量に紙にくっつくからです。

 黒も同様に柔らかい方のパステルですが、白程ではないのでより扱いやすい。ちょうど中間くらいの硬さなので、紙の目がつぶれてつるつるになった場合でも比較的にのりやすく、仕上げ段階で使うことが多いのです。

 黄色系は、柔らかいのですが粘度が弱く紙への吸着性も弱く、さらに定着液をかけると色変化がはなはだしい、とても使いづらい系統です。塗り重ね用としてではなく、最初の塗り始めの段階で計算して黄色をおいておかないと後から塗り重ねようとしてもほぼ理想の色は出ません。注意。

 緑系はとても強い吸着力があり、初期段階で使いすぎるとすぐ紙の目がつぶれます。ので、最初にのせる色としてではなく中間段階で様子を見ながら入れ込んでいくと失敗が少ないでしょう。

 青系は、彩度が上がるほど白系の性質に近づきます。単純に白が混ざってくるからでしょう。藍色に近い青は単色ではほぼ限界がないくらいの塗り重ねができる利便性が高い色です。115番は私の中で完璧に近い色として、この色を使わなかった絵はほとんどありません。

 そして赤。これは、最も硬い部類の色になります。塗り重ねるとき下手したら下層の色を剥がして支持体の色が露出する可能性すらあります。しかし、塗り重ねの発色は素晴らしく、特に数種類の微妙に違う赤を塗り重ねてコントロールすることで深みがある色を手に入れることができます。

 パステルは画面上で粉をまぜ押さえながら混色するので、配色をミスったら一発でアウトという恐ろしい画材です。その一発感が好きでずっと使っているのですが、一枚160時間平均位の描画時間中、一度も配色にミスがなかったという絵はまだありません。16年も使っている画材の奥が深すぎます。

 これからも研究。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The drawing style of the pastel drawing though it fairly becomes after a long time. Do still?[Damonona] ?。

Recently, the color usage is researched again. Especially, red. Some hows to treat changes into a hard pastel of Nu-beru according to the color.

It is early that eyes of paper collapse, and is not piled up the color on to white as soon as not calculating carefully for the piling paint when painting and piling it up. It is because of sticking to paper voluminously because the pastel is soft.

Because it is not a white degree, the black is also similarly more yare though it is a pastel in soft one. It pastes and it becomes empty, and it uses it at the finish stage compared it even when eyes of paper just collapse because it is hardness in the middle and it becomes slippery.

It is a system that the color change is extreme when the viscosity is weak, adsorbent of paper is also weak, and the fixing solution is put in addition not at all used easily though the yellow system is soft. Then, the color of the ideal hardly goes out for the paint piling even if it paints if it is not, and it calculates at the stage of beginning the first paint and doesn't put yellow and it piles it up. Attention.

It has a very strong adsorptive power, and eyes of paper collapse to the green system as soon as it uses it too much at the early stage. The failure might be few if crazy

The blue system approaches a white character by going up of the chroma. It is because white mixes simply. In blue near indigo, convenience to be able to do the paint piling like there is hardly a limit in black and white is a high color. In me, little picture that doesn't use this color is a near perfectly color.  by the 115th

And, red. This becomes the color of the hardest class. There is even a possibility that the color of an unskilled lower layer of [shitara] is peeled off when painting and piling it up and support medium's color is exposed. However, [hatsuiro] of the paint piling can obtain the color in the paint of wonderful, and especially several kinds of slightly different red and the repeated control with the depth.

The pastel is frightening painting materials of out by ..Miss [].. one ..blend.. ..becoming empty.. ..[ru].. arrangement of color mixing and holding the powder on the screen. There is never picture of correct in the arrangement of color yet though it likes the one feeling and it uses it for a long time during the drawing time of the average title of 160 hours a piece. The interior of painting materials that have been used for as many as 16 years is too deep.

Research in the future.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

パステル画の描き方④

 黒の使い方。

 絵画教室などで、影に黒を使うなと教えれませんでしたか、通ったことがある方は。

 でも、影って黒じゃん!と、夜の世界を描いてきた私はおもい続けてきました。クラブとか、現場で見たら影どころか光すらない場合が多いものですから。

 ところが、逆の思いこみをするべきだったと最近分かり始めてからは、また新しい絵の世界が自分の中で現れました。

 黒いものを明るくする。明度とともに彩度も上げる。

 そうすると、黒く、漆黒に見えていた場所がそうでなくなる。

 影に黒を使うな。

 肉眼では黒く見えている場所も、絵に黒く表現してしまうと沢山の色が使えるはずだった場所を自分で狭めてしまうことになる。

 なーんだ、最初から噛み砕いて教えてくれないから、分かるのに十年もかかったじゃないか。あ、独学だった。絵は。

 もちろん、黒でビューッと描くのも好きです。ただ、否定してきた色使いを最近抵抗なく使えるようになってきたのは、自分の世界を表現するのに特定の色に頼らなくてよくなってきたという事かも知れない。

 今度は長年かけて形に頼らなくてすむようになるのかもしれない、いや、そもそも何かに頼らなくて描ける平面作品は存在するのか、そんなことを考えても詮無いことかもしれないですね。

 私はモダンアートや前衛には興味ありませんからね。

 絵に情念を籠める。技術も籠める。ひとかけらの知性も籠める。つまり私という人間を籠めるのか。そうか。

 祈りや信仰に近いのかもしれないですね、これは。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

久し振りにパステル画の描き方。

 ハードパステルで紙にゴリゴリと・・・って何の説明にもなっていませんが。

 最近の肌色の出し方を一つ。影の部分ですが、最初に濃い目のブラウンをのせます。次に定着せずに濃い目のグリーンをのせてパステルシェイパーで混ぜます。

 さらにピンク系の肌色(曖昧ですが)をのせて混ぜます。影ではない部分は、黄色系の明るい肌色(曖昧な・・・)でまとめます。ここで一回目の定着をします。

 全体的に曖昧・・・。

 一回目の定着を終わったら、影になる部分に藍色をのせます。定着します。

 そこを、オレンジで調整します。

 そうすると、作品集のような感じになるわけですね。わけ分かりませんか、そうですか。

 そんな方は次回のライブペイントでお会いしましょう。まだ決まっていませんが・・・。

 今日はグダグダでしたね、サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

紙の水張りについて

 皆さん、水張りしていますか。

 わたしは、9割しています。なぜか。張ったほうがピシッとなるからです。

 まぁ、そんな簡単な理由なんですが、紙によってはしないほうがいいものもあるかと思います。

 さて、水張りの方法は?

 まず、パネルをご用意下さい。自作でも結構ですが、画材やさんに行くと、だいたい売ってあります。水張り用のパネルといえば大丈夫です。

 これは紙を切り離せば何度でも使えるので、二千円くらいするかもですが元はとれます。

 で、次は水張りテープを買います。紙製の、裏にのりがついているやつです。こののりは水に触れると粘着性がでるやつで、切手の裏ののりと同じと考えていただければよいでしょう。

 紙ですが、私はマーメイドを主に使いますので、そのつもりで書きます。

 まずパネルの上に、紙の裏側を上面にして載せます。このとき確認して下さい。紙はパネルより大きいですか?大きくないと水張りできないので注意です。

 次に、スポンジに水をふくませて紙の裏側表面に水を塗っていきます。びしょびしょにはならないまでも、紙にたっぷりしみこませられる量が最適です。

 この辺、紙によって若干差異があるかと思いますが、重要なのは完璧に塗り残しがないように水を張ることです。端の方なんか特に残りやすいので気をつけて下さい。

 そして、十分間位放置します。ここ重要です。紙に水をふくませるのは、紙を伸ばすためです。基本的な考え方は、伸ばした紙をテープで固定して乾燥させると、板にピシッと張れるということなのです。

 さぁ、放置した紙が水をふくんで波うっていますか。紙が伸びている証拠ですね。そうしたら、今度は固めにしぼったスポンジでもう一度水をぬって下さい。

 うっすらで結構です。あまり多いと、次の作業に支障をきたす場合があります。

 そうしたら、紙を裏返してパネルに合わせてください。そのとき紙とパネルの間に空気が入るかもしれませんが、そのときはタオルかなにかで押さえたりしてなるべく空気がはいらないようにするのがコツです。でも、あんまりごしごしやると紙に折り目がつくのである程度で結構です。

 あとは水張りテープでパネルと紙のふちをとめていきます。

 パネルの横幅より若干せまく紙をカットしたほうが、強力に張れます。

 テープは、スポンジと指の間にはさんでスーッと引く感じでやると、適度な粘度がえられます。

 乾燥の方法ですが、平らな面に紙側を上にして自然乾燥が一番でしょう。たてかけたり、ドライヤーを使うとしわがよります。そうなってしまうと今までの作業が水の泡ですので気をつけて下さい。

 サリュ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

続パステル画の描き方

 今日あたり、風景画が描き上がる予定です。

 次は熊本新町を予定しております。旧ニコニコ堂の横の坪井川から明八橋あたりを描く予定です。

 この間熊日新聞を読んでいたら、このあたりの川に船を浮かべて観光の新名所にしようみたいな記事が載っていました。

 水深が浅い場所は工事して、ということだったんで、工事が入る前になんとか描こうと思います。 

 この計画、告知の際には連絡していただくと、風景を描きますよ、なんて。

 さて本題。パステルの描き方はずいぶん前に書いたのでどこまで書いたものだか忘れましたが、とりあえず描いている写真を。

Img088 ←描き始めです。道具はこんな感じで。

 えーと、パステルの使い方に対する疑問がある方などいらっしゃいましたら、質問等受け付けております。

 あまりに普段描き続けておりますもので、空気を吸うみたいになってしまって、特別かわった描き方はしていないと思います。

 ので、全く一から始められる方とかは、以前のブログをお読みになるとよろしいかと思います。

 なんか、半端な感じになってしまいました。でも、市販のパステル技法書があれば、普通にイケますよ、ホントに。

 カンフーパンダをアメリカに行く飛行機の中で見たとき、奥儀なんてないんだ、普通のことを地道にやるんだみたいなことを言ってましたが、あれと同じですよ。

 なぜ、カンフーパンダの話になるんだか。でも、奥儀のとらえ方はあれで正しいと思いますよ。

 近道はないんですけど、近くない遠い旅の方がわくわくするもんな。旅は途上が旅で、目的地が目的じゃないって感覚はよくわかります。

 まだ見ぬ場所を目指して歩いていきましょう。サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

描きかけパステル画

 こんにちは。

 突然ですが、描きかけパステル画の写真を発見したので、載せてみます。

 二年前に撮った写真です。JAIL三部作の最終作を、パリにて制作途中です。

 なにしろこのころは、パソコンどころかデジカメすら持ってなくて、フィルムを現像に出したりしていました。でもパリでの現像代が高くて!

 日本に持ち帰り、現像し、写真をスキャンしてデータ化してやっと日の目を見たという手間のかかった写真です。

 デジカメ移行期の事務処理の大変さが身にしみます。写真はこちら。

Img157 以前書きました、右利きは左から仕上げるの意味が、だいたい分かります。

 一番右端の人物は今から描きこむ状態です。

 こんな感じでいつも描いていますよ。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧