アーティスト紹介

2013年10月15日 (火)

熊本市現代美術館にて「鉄魂ブギ」byZUBEさんの企画展開催中です。

 

ZUBEさんは、熊本という土地が育てた、生粋の熊本アーティストです。

 
 30年前にサンワ工務店の山野社長と、商店建築の鉄の装飾を作り始めたのが歴史の始まりです。
 
 今回の企画展を機に、ZUBEさんの父の代から約半世紀続いたアサヒ鉄工の看板を降ろし、一人のアーティストとして活動を始められるそうです。
 
 ZUBEさんと初めて会ったのは、そう昔のことではない気がしますが、改めて考えてみると7年前になります。
 
 アートスイッチという活動がその2年後、2009年に始まることを思うと、む、結構一昔前から一方的に知ってはいたな、という感じです。
 
 その頃だったと思うのですが、並木坂通りから藤崎宮までの間の町屋で個展をされていて、「展示」という形で初めて拝見したとき、ここまでやるか?普通?と思いました。
 
 その展示の為だけに、町屋をリノベーションされていたのです。2階には、クレーンで窓から搬入した相当大きい鉄のオブジェクトがあり、このレベルの展示が熊本の、画廊とか貸しギャラリーではない場所で「小規模」に行われていたのは衝撃的でした。
 
 ZUBEさんの作品と活動は、アートのどの文脈で見るべきなのか?と最初思いましたが、最近では「熊本が生んだ」という、最強の文脈なのだと捉えています。
 
 地方で作品を作り、発表していくなかで、商店建築というジャンルは最適かも知れません。それと現代アートの文脈とどうコミットしていくのかは、実はZUBEさんの問題ではなくて、外部の課題なのだと思います。
 
 いろいろ言えると思いますが、作品を前にすると一番の感想として「わ~、面白い!」があります。この力は強いです。
 
 山野社長とZUBEさん、そして熊本という場所でしかありえなかった物語として、今後もあり続けるでしょう。
 
 そしてアーティスト宣言という第二章に、物語は移りました。
 
 ここからの新たなナビは、多分、坂口恭平さんになるのでしょう。新章の力強いナビです。
 
 アートスイッチでも度々ZUBEさんに企画に参加して頂きました。
 
 今後も機会があれば、面白い企画でご一緒したいと思います。
 
 熊本発、世界への筆頭アーティストとして、要注目のZUBEさんです。
 
 サリュ
 Land of Kumamoto brought up , ZUBE 's , is Kumamoto artist born and bred .
Yamano and president of Sanwa builders , start making the decoration of iron Shotenkenchiku 30 years ago is the beginning of history .
Machine to the exhibition of this time , down the sign of the Asahi Iron , which lasted about half a century from the die of the father of ZUBE has achieved exactly can start his career as one artist .
The first time I met with Mr. ZUBE , you will feel it is not that long ago so , but it is seven years ago come to think again .
Activity of art switch two years later , when I think that you start to 2009 , I feel free , and that , there were the know on the other hand from a decade ago very well .
I think it was around that time , but when you have been a solo exhibition at Machiya of between Fujisaki Palace from tree-lined hill street , was seeing for the first time in the form of " exhibition " , you can either do up here? Normal ? I thought the .
Only for the exhibition , I had been the Machiya renovation . On the second floor , there are objects of considerably larger iron carried in through the window with a crane , exhibition of this level had been made to " small " in Kumamoto , in no place in the gallery lending such as Gallery It was shocking .
Work and activities of ZUBE 's , seemingly should see the context in which art ? I thought the first , but we regard " Kumamoto gave birth " and , that it 's the context of the strongest in recent years .
Amid to create a work in rural areas , will continue to announce , genre Shotenkenchiku might be best . I think with it if I go to commit the context of contemporary art , in fact, is not a problem of ZUBE 's , and 's the challenge of external .
I think you can say many , but it is , " Wow ! Interesting " is an overall best when the works . The force is strong .
As a story that did not can be only in a place called Kumamoto and ZUBE 's , and Yamano president , will continue to be in the future .
And second chapter of artists declaration , the story moved .
Maybe , a new navigation from here , will the Kyohei Sakaguchi -san . It is a powerful navigation new chapter .
I was asked to participate in planning to often ZUBE 's also the art switch .
I think if the opportunity arises in the future , and would like to join us in planning interesting .
As first artist Kumamoto departure , to the world , it is ZUBE 's attention required .
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

日本美術の今(アートではない)からテクストを読み解くbyアートホーリーメン

 このブロブでは珍しく、アーティスト紹介で今回紹介するのは、アートホーリーメンです。

 この正月、アートホーリーメンと会う機会に恵まれ、アートとは何ぞや、日本美術とはなんぞやなどを密度高く話しあいました。一度は美術史家の小倉正史さんを交えて3人で半日話したりしました。
 アートホーリーメンが描く「ホーリーマン」の世界を、アートとか日本美術というテクストで読み解くときに、彼の立ち位置はどこなのだという問いから今回の話が始まります。
 テクストで読み解くという行為自体が非常にアートの考え方なのですが、この「アート」というテクストとは無関係な「日本美術」というものが、現代に存在するのかという疑問から答えを導き出すと、どこに行くことになるのか、熊本では。
 そう、アニメイトとメロンブックスです。
 ここまで技術的に高度なレディメイドの、完全娯楽な創作物が氾濫し、しかも経済的にちゃんと回っている場所は「アート」のテクストの範疇における場所、例えば美術館やギャラリーではありえません。
 村上隆以降、この現象を避けては通れないのに、地方ではあまり語られる事がない。
 何故かというと、現在進行形の現代アートというテクストを熊本というローカルにいて正確に精度が高く理解しているアーティストが皆無だからです。どこを見回しても、美術館とアニメイトを本気でうろつくアーティストはいません、学芸員も多分いません。膨大なアニメや漫画を見ずして、pixivやカオスラウンジが一時的に何をしようとしたのか理解できるはずがありません。しかしその昔、村上隆や会田誠はそういう事に敏感な若きアーティストだったはずです。今や、コインの裏と表の役割ですが。
 熊本にいて、日本美術と西欧アートのテクストに本気で挑んでいるのはアートホーリーメン以外にはいません。
 日本のアニメがジャパニメーションとか戯けた名称(今はクールジャパン)で呼ばれる以前から、自然に漫画、アニメの恩恵に浴していたアートホーリーメンですが、アートというテクストを前にした時に科学反応が起こります。
 自分が今表現したいものは、一体何と呼べばいいのか。
 アートか、漫画か、何か。
 娯楽か?何か意味がある事なのか?
 そう。
 まさに、問いがない場所に問いを見出し、答え無き場所に答えを見出す。人生の時間の大半をその事に注ぎ込み、結果と責任を全て一人で抱え込む。
 正真正銘の端正なアーティストの姿がここにあります。
 ここら先、もっと重要なアートホーリーメンの宣言があるのですが、もっと詳しくテキストを書かないとおいそれと書けない内容ですのでまたの機会に。
 サリュ
In this blob is rare, this time to introduce artists in the introduction is an art Holy Men.
This New Year, a chance to meet with Art Holy Men, were talking with each other what each and high density, and shall find, and the Japanese art is art. Was once a half-day or three people talk sprinkled with Mr. Masashi Ogura art historian.
This story begins when the art in the text of Holy Men can decipher the Japanese art or art, the world of "Holy Man" drawing, his standing position is that It's a question of where.
Very act of deciphering in the text, but is a concept of art very much, and derive the answer from the question and the text of "art" is something called "Japanese Art" irrelevant, that what exists in the modern world, where it goes I would it, in Kumamoto.
Yes, animate and Meronbukkusu.
Place in the scope of the text of "art" is a ready-made place technologically advanced, creative entertainment stuff full flood so far, are turning to properly and economically, there can be no example in museums and galleries.
Takashi Murakami and later, but is not impassable to avoid this phenomenon, in rural areas have never been told much.
Why say, artists who understand exactly high accuracy of Kumamoto texts that are in the local contemporary art progressive because I am currently free. For everywhere we look around, we do not really hang around artists animate the museum and, maybe even not have a curator. Should not be without seeing a huge anime and manga, you can understand what chaos and lounge pixiv or tried to temporarily. Once upon a time, Takashi Murakami and Makoto Aida is was supposed to be sensitive to things like that but young artists. Now, it is the role of the ins and outs of the coin.
There is no other than the Holy Men art but in Kumamoto, does are really challenged to the text of Japanese art and Western art.
Previously referred to in (Cool Japan now) is Art Holy Men that have been benefited from manga, anime naturally name Japanese animation was jest or Japanimation, the chemical reaction when you before the text of art happen.
is what you want to express now, I Jove what on earth do we.
Or art, or comic, something.
Or entertainment? Is it such that there is something meaningful?
So.
Indeed, there is no question where to find the question, I found the answer to the location with no answer. Poured into that thing most of the time of life, saddled with all the responsibility alone and results.
Here is a neat appearance of genuine artists.
I have a declaration to which hereabouts, Holy Men of Art, more importantly, to chance so I can not write what you do not write a text Oisoreto more details.
Saryu
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

福岡市美術館、ダヴィンチ展を見ました。同会場の鈴木淳展が凄いです。ダヴィンチかすみます。

 昨日、福岡市美術館のレオナルド・ダヴィンチ 美の理想展を見てきました。

 平日の午前中にも関わらず、凄い人の多さ。休日とか本当に無理だろうなと思いました。

 ルーブルやウフッツィでダヴィンチを見て来ましたが、今回のは真贋定かならずみたいな作品もあり、三枚目?の岩窟の聖母と、モナリザのバリエーションで何とか持っている展示のようでした。

 ラファエロがフレスコ画の習得のために呼んだ作家の作風が、フィリッポ・リッピ→ボッティチェルリの流れの中にあって、工房という組織が工芸品を生むかのごとく始祖の絵柄を受け継いでいくのだなという、ダヴィンチの工房との作風の対比として置かれていたのが(多分)面白かったです。

 正直、個人的には見るべき作品が見出せず、ちょっと苦しかったのですが、そのあと見た展示でV字回復。

 鈴木淳展です。

 コレヤバイ。

 見るべき。

 80年代昭和、といった感じでしょうか。なんかファミコンを思い出してしまった。でもまんまそうじゃなくて、鈴木さんというフィルターを通して、冷徹な距離を対象と保っているところが、クールさじゃなくておかしみを生んでいる所に凄みを感じました。

 足場を渡っている人の足音までも、作品の一部なんですよね。どこかしこ工事してた時期(都市の再開発とか)を思い出してしまいました。

 今はギンギンの現代建築より過去の建築をリノベーションして、新しい価値観を生み出すのが主流になっているから、あの展示空間がなぜかノスタルジーを感じる空間になっているのが面白かったです。妙に落ち着きます。

 田舎と言った時の原風景が、田んぼとか小川じゃない世代の原風景。団地とか、安アパートと工事現場とか。

 そして、初の高島野十郎の作品。圧巻の一言。生命力と静寂が同居する不思議な世界。

 あと、初めてブランクーシの彫刻が素直にふに落ちた日でもありました。ポンピドゥーの前に移築されたアトリエ見た時は、本当に何やら分からなかったのですが。

 来月は2週間福岡に滞在なので、今度は街のアートスペースを見て回る時間を持ちたいと思います。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Yesterday, I have seen the exhibition Leonardo da Vinci's ideal of beauty Fukuoka Art Museum.

Despite in the morning on weekdays, the sheer length of the amazing people. I thought I would be really impossible or holiday.

I came to see da Vinci in the Louvre and Ufuttsu~i, may not work like it this time uncertain authenticity, the third one? Seemed to have somehow exhibit of The Virgin of the Rocks and a variation of the Mona Lisa.

So he will carry on the pattern of founder As is the style of Raphael writer called for the acquisition of the fresco, in the flow of Filippo Lippi → Botticelli, or organizations that produce and crafts workshop It had been placed as contrasted with the style of that workshop, the da Vinci (maybe) it was interesting.

Honestly, I personally will not work to see Midase, it was painful but a little, saw a V-shaped recovery in the exhibition after it.

Atsushi Suzuki is the exhibition.

To see.

I would feel like, Showa 80s. It reminded me softening NES. Did you feel the dreadfulness place to place without Manma 's so, but through the filter of Suzuki, has remained subject to the cold distance, but have led to' s humor is not cool.

Footsteps of people who are even across the scaffold, I've been part of the work. I will remember (like the redevelopment of the city) where the time had to work Kind regards.

Because now the mainstream architecture of the past from the renovation of Gingin modern architecture, The ones who create new values, it has become an exhibition space in the space that feels a nostalgia for some reason was really interesting. The strangely calm.

Is the original scenery of the countryside and when he said, not a brook or the original scenery of rice fields generation. Or estate, or construction site and a cheap apartment.

And, Shimano's first high-work of Juro. Word of the masterpiece. Strange world to live the life force and tranquility.

There was also the day after, sculpture of Brancusi Prefecture obediently fell for the first time. Studio was moved when I saw in front of the Pompidou, but I did not really know something.

I think next month for two weeks, so stay in Fukuoka, in turn, want to have time to look around the art space of the city.

Saryu

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

天草在郷美術館開催中の、バケモノ憑市byマツモトマサヒデ氏を見てきました。

 アートブログにも関わらず、あまりアーティストを紹介しなくて申し訳ないと思っていますが本日は日帰り天草牛深ツアーを敢行しましたので紹介。

 マツモトマサヒデ氏は、第二回町屋アートホームin新町で芝居屏風絵で、妖怪化した河上彦斎を描かれたアーティストです。

 妖怪をモチーフに今までずっと平面作品を描かれてきました。

 今回最新作を天草在郷美術館で拝見致しました。

 僭越ながら、技術的にとても良くなってきていると思います。

 あとはアナウンスと言いますか、自分とお客様とのコンセンサスをどう強力に結ぶかだと感じました。

 作品世界が確立し始めている今、今度はもっと真剣に言葉で説明できる事は全て簡略に説明できるというスタンスが取れれば、後はもっと楽になるのではないかと思います。

 見てもらえれば分かるとか、ありえないので(岡本太郎は何冊本を出しましたか?)作品世界を一度言語化する作業をすると、初めて見る人にもとても面白く見ることができるでしょう。

 今後の作品はどうなるのかなと、いちアートマニアとして単純に興味深いアーティストです。熊本で今個人的に興味があるアーティストは10人いるかいないかなので、とても面白い存在です。

 その他、日本の秘湯に選ばれている洞窟風呂に行き、クオリティーの高いお茶漬けを食べ、寿司を食べ、ちゃんと大豆の味がする湯豆腐を食べ、何か日本人に生まれてよかったと食の面、温泉の面から思った一日でした。

 たまにはこんな一日を。

 明日はKuMA Collctionの搬入です。レイアウトが分かりませんが、当日分かるのかな?

 サリュ

In spite of an art blog, an artist is seldom introduced, and although I am sorry was thought, since day's trip Ceylon moss Ushibuka tour was ventured today, it introduces.
Mr. Matsumoto マサヒデ is the artist who had the Kawakami 彦斎 which is a play painting on a folding screen, and was supernatural-creature-ized by second Machiya art home in Shinmachi drawn.
A plane work is drawn for a supernatural creature by the motif all the time until now.
I saw the latest work in the Ceylon moss 在郷 art museum this time.
Though presumptuous, I consider [ becoming technical very good and ].
the rest is called announcement -- it is -- it was thought that it was how to connect the consensus of oneself and a visitor powerfully.
I think that all the things that can be more earnestly explained by means of language the now which the work world is beginning to establish, and shortly will become easier in the back if the stance that it can explain simple can be taken.
It could see very pleasantly also to the first person to conclude that the work which language-izes the work world once is done, since it understands or cannot be, if I have you see (how many volume book did Taro Okamoto publish?).
He is an interesting artist simply as a いち art maniac as what happens to a future work.
Kumamoto -- Kon -- there are ten artists who are individually interested -- it buys and twists, is that of kana and is a very interesting existence.
In addition, it was one day which went to the cave bath chosen as the hidden waters in Japan, ate the high boiled rice in tea of the quality, ate sushi, ate the boiled tofu in which there is the taste of a soybean perfectly, some was born to Japanese people, and considered from the field of food by it having been good, and the field of a hot spring.
It is such one day in rare cases.
It will be carrying in of KuMA Collction tomorrow.
Although a layout is not known, does it understand on the day?
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

岡松トモキ氏 PHOTO EXHIBITION 白い森~冬の森編~が17日~25日まで、山鹿「百花堂」でいよいよ開幕!

 2011年12月17日~25日まで、山鹿の古民家ギャラリー百花堂にて岡松トモキ氏のPHOTO EXHIBITION 白い森~冬の森編~が開幕致します。

 前々回の山鹿湯の端美術展から、写真とインスタレーションという組み合わせで作品展示を始められた岡松氏。その時は、天聴の蔵での縄を使用したジャングルジムというインスタレーションで、酒蔵と荒縄という関係性がマッチングする中、写真はポップな女性というミスマッチが何かを感じさせました。何だろう。岡松氏の人格とかに関わってくるのかも知れません。写真の作風から、荒縄を使った半ば強引なジャングルジムの造形が出てくるとは思っていなかったからかもです。それがいい感じのスケール感が出てて面白かったのでした。

 最初に知り合ったのは、去年の熊本市現代美術館開催、熊本アーティスト・インデックス展にて竹之下亮氏の映像作品を撮られた関係でアーティストトークとかで会ったのがきっかけだったような。あのときはizu♡milk氏とも出会ったから、後から考えると物凄くターニングポイントな展示だったのだなぁ。竹之下氏とは先週末KUMAMOTO MODE COLLECTION 2011にてファッションショーを作り上げました。また、その記録も岡松氏です。

 それ以来事ある度に、アートイベントや様々な記録をお願いしているのですが、今回は個展のご紹介です。

 古民家ギャラリー百花堂での展示スペースをどう活用してインスタレーションを展開するのか。楽しみですね。

 今までも沢山の作家が工夫した展示をされてきた百花堂です。今回もきっと面白い展示になる事と思います!

 年末にしっとりと、PHOTO EXHIBITION を楽しむのもいい年末の迎え方ではないでしょうか。25日までですので是非百花堂まで足を運ばれて下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

It is Mr. Okamatsu Tomoki's PHOTO EXHIBITION at old private house gallery Hyakkado of Yamaga till December 17, 2011 ? the 25th. White ? of Mori ? winter edited by woods opens.
Mr. Okamatsu who was able to begin work exhibition in the combination of an end fine-arts exhibition to the photograph before last and installation of the Yamaga hot water.
Then it is an installation called the jungle gym which uses the rope in the warehouse of Tenchou, and while the relationship of Sakagura and a straw rope matched, a mismatch called a woman with a pop photograph impressed something.
What, wax.
Mr. Okamatsu's character -- it will be alike and may be concerned.
It is because it did not expect that modeling of the halfway forcing jungle gym using a straw rope came out from the style of the photograph.
A feeling of a scale of touch that it is good had come out, and it was interesting.
as [ be / the artist talk or having come out and met / as for having become acquainted first / in the relation which had a picture of Mr. Ryo Takenoshita's image work taken in the Kumamoto contemporary art hall holding last year and the Kumamoto artist index exhibition / causes ]
Since it also met Mr. izu?milk at that time, when thought later, it was terrible and turning point exhibition.
The fashion show was completed in KUMAMOTO MODE COLLECTION2011 in Mr. Takenoshita last weekend.
Moreover, the record is also Mr. Okamatsu.
Although I am asking an art event and various records of the degree of 事ある since then, it is introduction of a private exhibition this time.
How do you utilize the display space in old private house gallery Hyakkado, and develop an installation?
It is pleasure.
They are Hyakkado carried out in the exhibition which many writers devised until now also.
I hope that you become surely interesting exhibition this time also!
Is it how enjoying PHOTO EXHIBITION also sees a good end of the year gently at an end of the year?
Since it is till the 25th, please visit to Hyakkado.
Salut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

劇団きらら最新作「コデ。」を観劇致しました。

 終わりなき日常。

 20代前半の時からずっと考えていたテーマです。自分の絵のテーマでもあります。

 それを、演劇で楽しく観たという、不思議な体験でした。

 本来ならば、男37歳でアルバイトというのは、かなり笑えない状況ですが、私が作家活動をしたりしているのでそれほど珍しくないし深刻でもありません。自分で選んだ道でしょうから。

 しかし、「コデ。」の登場人物は、そういう目的がある37歳男ではありません。当然劇中でも冒頭に何か目指しているからアルバイトなのかというやりとりがあります。

 何かを目指すという世間的なエクスキューズがない状態での「終わりなき日常」。観劇中は笑いもできますが、終わって考えてみるに全然笑えない。

 そこには今この瞬間もある、日本という国が90年代から抱えている大きい問題が厳然としてある事を突き付けていると思いました。

 この状況は、多分演劇人達にも共通というか、実は何かを目指している人達も全く同じ実情で、目指している目指していないは世間的なエクスキューズで、内面は全く変わらない。

 バイトの職場にも問題を抱えた人がいて、日常の小さい事件を繰り返しながら職場という磁場に居るしかない人々の終わりなき日常を描いて行きます。

 ここで提示されている問題を、一体どれだけの人が真剣に考えた事があるのか。面白かったねでは済まされないですよ、これは。

 2009年に派遣切りに遭ったときは、34歳でした。

 職安は人で溢れ、臨時に県劇の小ホールが失業者への説明会になりました。

 これだけの人が、路頭に迷っている。そう考えただけで眩暈がしました。

 この演劇は凄い。

 熊本公演最終日に行ったので、宣伝にはなりにくいかもですが、まだ福岡公演があります。今夏の是非に!というお勧めアートです。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Daily life when end is not

It is a theme that had been considered since time of the first half in its twenties. It is a theme of my picture.

It was a mysterious experience of having happily seen it with the play.

Originally, I am too acting and am unusual or the writer not serious though am man 37 years old it and situations the part-time job that cannot be considerably laughed either. Because it might be a road chosen for myself.

However, characters of "[Kode]" are not 37-years old men who have such a purpose. At the beginning, there is naturally a communication whether it is a part-time job because it aims at something also in the play.

"Daily life at the time of not being ..finishing.." in state without excuse the people ..aim of something... It is not possible to laugh by ending at all though it is possible to laugh while seeing a play ..the idea...

I thought that I was majestic the large problem that the country named Japan there with at this moment now had had since the 90's and pointed a certain thing.

This..situation..perhaps..theater people..common..actually..something..aim..people..at all..same..fact..aim..aim..excuse..inside..at all..change.

Daily life without the finish of people who also in the office of the byte the person who has the problem, and can do nothing but exist in the magnetic field of office while repeating a small event in daily life is drawn.

How much person has seriously on earth thought about the problem presented here?It is not settled with interesting sleep, and this :.

It was 34 years old to encounter the dispatch cutting in 2009.

The public employment security office overflowed with the person, and the small hall of the prefecture play became the briefing to the unemployed temporarily.

The person only of this is turned adrift. The vertigo did only by thinking so.

This play is terrible.

There is still a Fukuoka performance in the advertisement because it went on the Kumamoto performance finality day though it is a duck that doesn't become it easily. To right or wrong this summer. It is a recommendation art.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

本日より、熊本 県民百貨店5階で神戸TRAILER-shのカジュアルシャツオーダー承り会が開催!

 神戸のシャツ仕立て師Yoshida Yoshitaka氏のカジュアルシャツオーダー承り会が、県民百貨店で開催中です。

 先日、Yoshida氏の熊本のアトリエであるモヒカンポシェットにて、シャツの残りの部分を制作されました。

 ヨーロッパ諸国を渡り歩き、素敵な生地を自分で仕入れられる超こだわりのシャツです。

 前回のオーダー会も凄い反響で、今回第二弾。半袖シャツがメインになるそうです。

 Yoshida氏は夏のアートスイッチVol.3にも参加予定。

 ぜひ今年は自分の体に合わせたオーダーシャツで、一味違う夏を過ごされてみては。

 アフリカ生地のバティックという素材が、カラフルかつ斬新な柄で今夏お勧めだと個人的に思っております。

 さらに、謎の缶バッジも並行して制作が進んでおりましたが、その正体も県民百貨店5階にてご確認下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

The casual shirt order receiving association of shirt tailoring master Yoshida Yoshitaka in Kobe is holding it at the inhabitants of the prefecture department store.

The part of the remainder of the shirt was produced in the mohican pochette that was the atelier in Mr. Yoshida's Kumamoto the other day.

It is wandering in European nations, and shirts of super-[kodawari] stocked with a wonderful cloth for myself.

The second of the last order association in a terrible echo this time. The shirt with half sleeves seems to become a main.

Mr. Yoshida schedules participation to art switch Vol.3 of summer.

If different summer is spent by all means this year by the order shirt to make them fit me.

When the material of batik of the Africa cloth is recommended in a colorful, novel handle this summer, it is thought it is personal.

In addition, please confirm the true colors by the fifth floor in the inhabitants of the prefecture department store though the can badge of the mystery goes side by side, too and production was advanced.

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

文筆写真家izu♡milk氏紹介。

 文章と写真で独特の世界観を作られるizu♡milk氏の紹介です。

 最初に見た展示が、彼女の最初の本格的な展示でした。昨年の河原町アワードにおける写真と文章のインスタレーション。

 作品展示としての活動履歴は短いのですが、やるぞ!というエモーションがダイレクトに伝わってくる作品でした。そして、伝えたい事がきちんと伝わってきます。

 それは簡単そうで実に難しいこと。勇気がいること。自分の世界観を持って観客に伝える。その世界観の逃げ場のなさと言いますか、こういうふうにも受け取れるよなといった曖昧さをあまり内包していないタイトさが心地いいのです。展示のテクニック部分の完成度よりも、まずその部分の方が重要だと私は思います。見せ方への工夫といったものはたゆまず追求していかなければいけませんが、表現の核の部分がぶれずにきちんとあれば、それはもう「道」になっているので大丈夫です。いつか自分が到達したい場所へ行ける道筋が見えています。

 このことは、嫌われたりする原因になったりもします。好きか嫌いかを問うレベルまで世界がきちんと作られているということです。かくいう私の作品も、嫌いな方が沢山いらっしゃいます。前に食事するスペースに展示したとき、飯がまずくなる絵だと言われたことがあります。大変光栄です。味覚にまで影響を受けていただいたということです。

 izu♡milk氏の写真がそうだという訳ではありません。ただ、その世界観がはっきりくっきり見えるということが言いたいのです。やさぐれ花魁vs新町斬ルガールというもう、一本映画が撮れそうなタイトルからしてどういった世界を見せていただけるのかが楽しみで仕方ありません。

 山鹿の八千代座周辺を舞台にした山鹿ガールシリーズに、新町の町家を舞台にした斬ルガールのストーリー。熊本歴史地区を舞台に織り成すizu♡milkのストーリー。今後も多岐に渡りながらの写真世界が広がっていくのでしょう。

 その歴史地区を山鹿から新町に移した第一弾の展示を、新町三畳美術館にて行います。4月3日には13:00~オープニングパーティー!新町青年会の方達も着物にて御来館予定です!着物男子と着物女子が新町三畳美術館に溢れるかと思うと、それだけで楽しくなってきますね。

 ぜひお気軽にお越し下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Izu? from which peculiar outlook on the world is made in sentences and photographsIt is an introduction of Mr. milk.

The exhibition seen first was the first real exhibition of her. Photograph in last year's Kawaramachi Howard and installation of sentences.

I will do though the activity history as the work exhibition is short. It was a transmitted work with a direct emotion. And, the thing to be told is neatly transmitted.

It is seem an easy, indeed difficult thing. Be courageous. The spectator is told with my outlook on the world. It is said it not is in the refuge of the outlook on the world or tight to which vagueness named [ruyona] of can the receipt is not so involved is feelings [ii] like this. I think that the part is first of all more important than the perfection in the technique part of the exhibition. Because it is "Road" in case of being neatly not blurring the part of the nucleus of the expression already, it is safe though the device to how to show it should not slacken and be pursued. The route where it can go to the place that I want to reach has been seen some time.

This causes to be disliked. The world is neatly made for the level by which whether it likes or it hates it is asked. A lot of hated one comes in the work of me who says thus. It has been said that it is a picture by which the rice becomes unpalatable when exhibiting to space to eat ahead. I am very honored. It was influenced even from the taste.

izu?It is not a translation. However, I want to say the outlook on the world seeing clearly clearly. It is the enjoyment and there is no method though not known what world to one movie can ..[yasagure] [hana**] vs Shimmachi [ki] [ruga-ru].. already show even by the title that seems to be able to be taken.

Girl's of ..cutting.. [ru] story in the tradesmen's house in Shimmachi.  the Yamaga girl series around the Yachiyo seat of YamagaIzu? woven in Kumamoto Historic SiteStory of milk. The photograph world of taking up various topics in the future might extend.

The first that moves the Historic Site from Yamaga to Shimmachi is exhibited in 3 mat in Shimmachi museum. The opening party on April 3 by 13:00 ?. The people of the young person of Shimmachi association are schedules of coming to a library with the kimono. Only it makes it happily if it is thought that the kimono boy and the kimono girl overflow in 3 mat in Shimmachi museum.

Please feel free to come by all means.

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

百花堂を想う。西田美紀さんin熊本県山鹿 を見てきました。

 熊本県山鹿にある古民家ギャラリー百花堂にて、今月末まで展示の「百花堂を想う。」展を見てきました。

 毎年、西田美紀さんは百花堂で個展を開催されますが、今年のテーマは百花堂を見て欲しいということでした。

 普段は閉めてある用水路を解放して陶人形が展示されていたり、梁の上に乗っていたり、壁に貼りついていたりと、陶人形を見て行くと百花堂の構造に目が行くキュレーションになっていました。

 とにかく百花堂の素晴らしさを再確認しようという意識で展示されたそうです。

 単純に古いもの=いいものという訳ではなく、古いものを受け継いだ世代がどう活用していくかによっていいものになっていくのだなと思います。

 百花堂の先代は畳屋で、畳を打つ道具とともに畳を打っている陶人形があったり、八千代座に敷かれていた特殊なサイズの畳に作品展示してあったり、歴史と陶人形のコラボレーションが見る者を想像の世界へ誘いだしてくれます。

 もと畳屋であった百花堂がギャラリーに生まれ変わったことを、アーティストが展示によって鮮やかに見える形にしたこの展示。是非ご自分の目で観賞されることをお勧めいたします。

 今月末までですので、お早めにお出かけ下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

"Think of 100 flower temple" exhibition of the exhibition has been seen in 100 flower in private house gallery old in Kumamoto Prefecture Yamaga temple at the end of this month.

This year's theme was to have wanted you to see 100 flower temple every year though the one-man show was held from Miki Nishida in 100 flower temple.

It was [kyure-shon] where eyes went to the structure of 100 flower temple when the closed millrace was usually liberated and [**] doll had been exhibited, it got on on the beam or it pasted to the wall, it attached, and the arrival and [**] doll were seen.

Anyway, it seems to have been exhibited for consideration of reconfirming wonderful in 100 flower temple.

I do not think to become good how the generation who simply succeeded not the translation but the old old, one = good one one uses it.

[**] doll that strikes the mat with the tool to strike the mat is a tatami maker the predecessor in 100 flower temple, exists, has exhibited the work in the special size paved in the Yachiyo seat mat, and the person whom the collaboration of the history and [**] doll sees is allured in the world of imagination.

Reborn to the gallery of 100 flower temple that was the original mat shop, Artist..exhibition..vivid..see..shape..do..this..exhibition.I will recommend being appreciated by my eyes by all means.

Please go out for bringing forward when it is up to the end of this month.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

新町三畳美術館初企画展、ぜんとやうやう 高島李恵さん が12月6日からいよいよ始まります!!

 以前から、いつか企画展をしたいなと思っていたのですが、諸条件整いましてこの年末にいよいよ企画展を開催致します!

 以前もご紹介しましたが、南阿蘇村に登り窯を築かれた陶芸家、高島李恵さんの「ぜんとやうやう」展が始まりますよ!

 無農薬、無化学肥料で育てた作物を灰にして釉薬にし、登り窯で焼きます。灰は茎の部分を使うそうで、実や殻は焼いても灰にならないそうです。

 不思議ですね。実の部分は人間が食べて、普通ならおそらく堆肥になるであろう茎の部分は灰釉になります。焼き上がってガラス質になった釉薬の色は、空や風や大地の色をしています。

 高島さんの陶芸は自然に隠された神秘を垣間見させてくれます。

 しかも彼女の造形は、幾何学模様。しっかりとしたデザインの器やボタンやタイルが、自然の色をまとっている美しさは一見の価値があります。

 登り窯や灰釉を使いながら、根本の造形の所を幾何学模様にすることで、どこか人間の生活全般をやさしく表現するような滋味深さを感じます。

 企画展に向けて、今週末は新町三畳美術館もレイアウトを変えて、12月6日より皆さまを御出迎えいたします。

 是非お誘い合わせのうえ、ご来場下さい。

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Various condition is and will hold the special exhibition finally at this end of the year though had not thought the special exhibition to want to do at one time before.

[Zentoyauyau]" exhibition of the ceramic artist to which the climbing kiln was built and Megumi Takashima Lee ..".. start in the south Aso-son though it introduced before.

Crops grown with no agricultural chemicals and a no commercial fertilizer are made an ash, it makes to frit, and it burns with the climbing kiln. Neither the truth nor the husk seem to become the ashes by the ash's seeming to use the part of the stalk even if it burns.

It is mysterious. Truth..part..man..eat..usual..perhaps..compost..become..stalk..part..ash glaze..become.It grills up and the color of vitrescent frit does the color of the sky, the wind, and the earth.

The ceramic art of Mr. Takashima catches a glimpse of the mystery naturally concealed.

Moreover, her forming is a geometric pattern. Beauty to which the container, the button, and the tile of the steady design wear nature's tints is worthy of the glance.

I feel the Shigeru taste deep where man's somewhere all aspects of life are easily expressed by making the place of forming foundation a geometric pattern while using the climbing kiln and the ash glaze.

3 mat in Shimmachi museum changes the layout aiming at the special exhibition at the end of this week, and I will meet everybody on December 6.

Please invite by all means, match, and come.

[Saryu]

| | コメント (0) | トラックバック (0)