モヒカンポシェット

2017年11月19日 (日)

コンテンポラリーダンスのポップ化に挑戦中だったんだ、今分かった。

 最近まで、モヒカンポシェットでどうしてパフォーミングアーツを行うのか、自己分析をしないでいましたが。

 最近、何となくわかってきたので、メモ代わりに書いておきます。
 まず、最初のパフォーマンスから。

 

この企画は、2時間の練習で、人前で公開できるパフォーマンスとは何か?
  という、時間の制約がものすごい企画でした。土曜日の朝10:00から阪急うめだ本店のバックヤードで練習して、少し休憩したら14:00から公演。モヒカンポシェットの展示会場で。
 
 今思うと無謀ですが、当時も無謀と思っていました。
 
 これ、実現するためには発想の飛躍をするしかない。
 
 つまり、2時間の練習は練習じゃない。
 
 ①パフォーマンスのルールを覚える時間にする。
 
 ②パフォーマンスの内容自体に、完成形はない。
 
 ③コンテンポラリーダンスで、しかもギリギリに枝葉をカットした幹の要素を抽出する。
 
 ④世界でもっとも有名なコンテのダンスは、たぶん「ボレロ」
 
 ⑤ボレロの要素は何だ?
 
 ⑥たまにダンスがリンクしながら、壮大なリンクするダンスのラストに向かう。
 
 ⑦壮大さは時間的に無理。
 
 ⑧たまにダンスがリンクする部分があれば、ボレロの幹の要素だけが表現できそうだ。
 
 ⑨たまにダンスがリンクする部分の、ルールを作る。
 
 ⑩あとはほとんど演者の身体性にまかせる。
 
 とまぁ、一般のお客様とモヒカンポシェットのデザイナーが踊るという企画は、このように出来上がったのでした。
 
 これ、もう一度思考法を確認すると。。。
 
 ポップアートの思考法じゃん。。。
 
 完全にアート脳の考え方じゃん。。。
 
 となったわけでした。
 
 どういうことかと言うと、ポップアートってそれまでの絵画から、絵画性を抽出する作業から始まるでしょう。
 
 絵画の絵画性は、筆跡だ!とか言って筆跡を印刷したみたいな描き方で、油で描くとか。
 
 絵画の1点物の稀少性をはく奪すべく、キャンベルスープの作品がファクトリーで大量生産される。
 
 同じです。
 
 コンテンポラリーダンスから、コンテンポラリー性を抽出しようとしている。
 
 そして、ダンスができない人でも、できるものに置き換えた。
 
 何だ、そういうことかと思いました。
 
 無意識に、アート脳思考法が出てましたよ。
 
 今回の【パンクミュージカル】も、ほぼ同じ思考回路になっていると思います。
 
 ミュージカルの要素を抽出して、ぎりぎりの時間の練習で公演しました。
 
 多分、まだ誰も気づいていないだろうから、自分で書いておきました。
 
 これ、相当早いと思います。コンテンポラリーダンスのポップ化に挑戦中ということで。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。

 【パンクミュージカル】阪急うめだ本店うめだスークの展示から帰ってきて、服作品や映像作品の制作に入りました。

 通常モードです。
 
 今月末には、博多阪急の展示会が幕をあけます。
 
 今年は百貨店の企画展が五回ということになります。
 
 昨年までは四回だったのですが、さすがに五回目の最後の博多阪急が体力の正念場です。
 
 基本的な、服を作ることだけでも年間300着。
 
 それプラスの企画展の内容制作で、自分達の限界が見えてきました。
 
 モヒカンポシェットは型紙を採らず、立体裁断の完全1点物です。
 
 これはアパレルの世界では、非常識もいいところのやりかたなんです。
 
 アートピースと同じ。
 
 この作品が、世界にひとつ。
 
 服を手にして頂ければ、絶対に誰ともかぶりません。
 
 最先端でもあるし、原点回帰とも言えます。昔は、服は全部仕立てでした。
 
 モヒカンポシェットは、限定的に仕立てもやりますが、ほとんど行いません。
 
 衝動にまかせて作る作品が全てです。
 
 一時期は、このやりかたを一生続けるのは無理ではないかとも思ったのですが。考えてみれば逆に同じものを作り続けて行く方に無理があると結論しました。
 
 今の日本を振り返れば、服を縫う職人が壊滅的に減っているという状況で。何でそうなったか、それはファストファッションの台頭です。人件費が安い国に仕事が流れる。
 
 それも今では、諸外国の発展で人件費が高騰し、もう一回日本の職人を見直そうという機運が高まってきました。
 
 個人的にはそれも変な話と思います。だって、人件費が安い国にも凄腕の職人が生まれ始めているはずだから。
 
 職人云々での服作りの筋は、あまりよくないと思う。
 
 結局、面白い服がないから、流行に左右されない一生ものの服が生まれないから、服が売れていないのが本筋だと思う訳です。
 
 職人筋の話で言えば、洋服自体が西洋の文化だから、最終的なところで欧州のラグジュアリーブランドのオートクチュール文化にはかなわない。
 
 この辺も、日本の現代アートと通じる話です。
 
 西欧から接ぎ木した文化はまだ200年足らず。
 
 それなら、そこから自由になって自分が着たい服を提案するのが、正当な道だと思います。
 
 モードやアートのコンテキストを打ち破り、やりたいようにやる。
 
 モヒカンポシェットは、本当の自由を獲得する為に、今からも服を提案し続けます。
 
 服だけではなく、それにともなう色々な芸術行為も突き詰めます。
 
 今回のパンクミュージカルもそうですね。
 
 その次の【サロン】展も、すでに来年4月に決定しています。
 
 文化は享受するだけではなくて、発信して楽しむものです。
 
 それを毎回、展示にお越し頂く皆様に、教えて頂いております。
 
 そういう状況を、自己満足ではなく作りたい。
 
 熊本にも、「状況」を作っていきます。
 
 それは多分、モヒカンポシェットにしかできないことだと思うからです。おごりではなく、実際には深い諦念をもってそう思っています。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

【パンクミュージカル】公演を終えて、見えてきたこと。

 2017年、モヒカンポシェット秋冬コレクション【パンクミュージカル】の、大阪ミュージカル公演を終えました。
 
 コレクションの発表は、11月29日~12月5日、博多阪急5階、エスカレーター横特設会場にて最終開催です。
 
 博多阪急では、ミュージカル公演はありません。通常の秋冬コレクションの発表となります。
 
 つい先日、2017年10月29日(日)のパンクミュージカル公演は、阪急うめだ本店うめだスークの公式インスタでの動画公開で、1日で1000近いアクセスがあった模様。
 
 ゲリラ的イベントとしては、なかなかのアクセスではないでしょうか。
 
 
 いつも企画展を終えて思う事は、この企画展が動き始めて、実に沢山の方々のチカラの集結で企画が実現するのだなと。
 
 アートスイッチの頃よりも、もっと純粋な「楽しい」の気持ちで、企画がすすんでいきます。
 
 アートの社会化と言って、アーティストを起用して進めていたころは、もっとアーティストにも光があたればいいなぁと思っていたのですが。
 
 最近はアーティストがどうとか、心底どうでもいいです。
 
 例えば【パンクミュージカル】に関わって頂けた皆様が、楽しかったり面白かったりして頂ければそれでいいです。
 
 それが全て。
 
 ひとつは、アーティストとか名乗って活動している人々の活動の、ほぼ8割にうんざりしていること。
 
 そういう自称アーティストよりも、今回の【パンクミュージカル】で踊って頂いた皆様のような、踊り歌うことに純粋な喜びを見出している姿を見ている方が楽しい。
 
 結論として、人はどういきるのが幸せかを、モヒカンポシェットで体現していきたいです。
 
 おしゃれでなくても、アートが分かんなくても、色々どうすればいいか決めきれなくても、人は幸せであればそれでいいのだ。
 
 自分にとって何が幸せか決める尺度として、モードやアートがあるだけで。
 
 哲学や、料理や、子育て、仕事、なんだっていいです。
 
 自分の生き方を自分で決める。
 
 その尺度として、多分、モヒカンポシェットも存在します。
 
 自分たちは、今まで生きてきた証として、モヒカンポシェットの服を作り続けます。
 
 企画展も、毎回新しいテーマを提案し続けます。
 
 う~ん、もっと色々エビデンス的に、外部の色んな論文や、有名な方々の引用をやれば分かりやすくなるのは分かっているのですが。
 
 根底にパンクスピリッツがあるから、そういうのは気色悪いんだな。
 
 うまくやるやりかたは、もう40歳も越えているしある程度分かっているけれど。
 
 それは、それをやるくらいなら、こんな生き方はしませんし。
  モヒカンポシェットは、このまま熊本にあり続けますよ。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

ミュージカルを作るという、とんでもない仕事。

 さて、どういう具合で、仕事としてミュージカルを作るなんていうことになったのか。

 事の発端はモヒカンポシェットの仕事です。
 
 前回のパフォーミングアーツの仕事は、コンテンポラリーダンスとポエトリーディングを組み合わせるという、これも専門外のお仕事。
 
 モヒカンポシェットという仕事は、基本的にはモードなんですが。
 
 最初から、それだけではない要素を持っています。
 
 それは、ありえないことが起きるということ。
 
 そのジャンルでは収まり切れない、不確定要素つまりアートが同時に在り続けること。
 
 今回は特に、無節操に貪欲に、色んなものを取り入れるしかない状況です。
 
 ミュージカルを作ったこともないし、実際には劇団四季のライオンキングを1回観たことがあるだけ。
 
 ちなみに、ライオンキングは出だしが一番素晴らしかったと思う。
 
 つまり、出たとこ勝負です。
 
 まぁ、いつものことです。
 
 モードの世界に乗り出したときも出たとこ勝負。
 
 何をやるにしても、自分が素人であるとかは関係ないんです。
 
 自分がやりたいかどうかだけで。
 
 若いときに、成功したやり口を繰り返す気にもなれず。
 
 どいつもこいつも、ちょっと成功したやり口の再生産に明け暮れてる気がして、詰まらないんだよな。
 
 あ、毒出た。
 
 そういうことはともかく、やったことないことに挑むのが、モヒカンポシェットなので、パンクミュージカルのことは少し気に留めて頂くと嬉しいです。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

【モヒカンポシェット】ホームページを新しくした理由。

 モヒカンポシェットのホームページを、新しくリノベーションしました。
 
 旧ホームページを運営し続けて5年目でした。
 
 ITの常識で考えれば、5年目でホームページリノベというのは、少し遅い位の感覚です。
 
 windowsのosも何段階か変わりました。そもそも、ホームページ制作ソフトのプログラムが、動画やその他諸々をフォローしきれなくなっていて。
 
 事情が重なり、そろそろ新しいホームページでもと思いながらなかなか重い腰が上がらなかったのは、結構大変な作業だからですね、ホームページ制作は。
 
 一番のきっかけは、今後のモヒカンポシェットはショートムービーを制作・公開していこうと企画したからです。
 
 その為には、動画をまともに扱える環境整備が必要でした。
 
 ホームページだと色々難しいのですが、お客様と相互交流の場をつくるべく、facebookにも新たにモヒカンポシェットの動画サイトを立ち上げる準備をこれから進めます。
 
 こういった情報提供のインフラをきちんとやり直して、いよいよ本格的に世界的に活動できる基礎を作っていきます。
 
 新たに発信する情報を、自分のサイトで的確に発信して行くこと。
 
 当たり前のことですが、このことをきちんとやるだけで随分と結果が変わってくるものです。
 
 いよいよ来週に迫ってきました、【森と服のスピリッツ】では、お客様にモデルになって頂く企画を行います。この企画でもホームページを活用して、楽しんで頂くものになっています。
 
 その企画に連動して、ショートムービー制作も動き出さないと。
 
 今後、もっともっと面白くて楽しい企画を発信して行きます。
 
 モヒカンポシェットは来年で店舗を構えて、「8周年」になります。
 
 これまでも、これからも、衝動のままに。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月27日 (火)

知恵熱でそうなほど考えています。

 知恵熱なのか、こめかみ痛い。

 今日は、久しぶりに図書館に籠りました。

 ホームページ立ち上げたときや、きちんとした営業を学んだ場所。企画書や、マーケティングやマーチャンダイズや、その他諸々も全て、図書館で。

 新しいモヒカンポシェットの展開を模索中で、人生で数えきれない回数目の図書館籠り。

 何か、掴んだと思う。

 新しい展開を。

 ここから先は、再び手探りで新しい道をたどり始めます。

 何をどうすればいいのか、もう誰も教えてくれない場所にいるから、自分で選択してすすまなくてはいけない。

 いつも新しい展開を考えるときは、図書館と決まっている。

 今回も例外ではありません。

 あの、興味ない本の背表紙が膨大にある中だと、おもいもしなかった想像が浮かんで脳内でスパークする感じ。

 ネットでは不可能な、本の背表紙の無意識ザッピングは、新しい発想を生むのに必要不可欠です。

 というわけで、今回も新しい動きが始まります。

 全く新しい展開。

 準備も必要だし、計画もきちんとしないととん挫しそうな企画です。

今年の下半期から、新しいフェーズに入ります。

 モヒカンポシェット開店も、来年で8周年。

 早いのか、順当なのか分かりませんが、支えて頂ける皆さまのおかげさまで、ここまでくることができました。

 きっとまた、面白いことをご提案できると思います。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

【モヒカンポシェット】熊本プレミア、やっと開催できます。

 モヒカンポシェットはこれまで、アートとモードの企画展として福岡と大阪で、主に展示販売してきました。

 ここ数年は、その合間に色々なイベント諸々が入ったり、単純に作品の制作数を増やしたりと、熊本本店での企画展が開催困難になってきていました。

 このままではいけない!

 熊本市中央区新町の、築110年の町屋が店舗兼アトリエ兼、ギャラリーです。この条件を生かすことと、熊本プレミアと銘打って開催することで、熊本のアドバンテージを生かさなければ。

 最近は、福岡、大阪、東京、台湾など、実に様々な方々にお越し頂いております。通常は完全予約制ですが、運がよければ店内を案内することもあります。

 このような状況の中、今回の熊本プレミアから、企画展開催の一番最初に展示を行うようにします。

 今回は、色々間に合っていないのと、企画展自体が若干変則なので、アートの企画はありません。モヒカンポシェットの作品が、勢ぞろいするという「プレミア」となります。

 作品は完全に1点ものの為、都市の巡回が進む毎に、作品数が減るということになります。しかし逆に、巡回中にも新作を制作する為、最初の巡回都市には出なかった新作が、後半の都市ではお目見えします。

 熊本プレミアは、秋冬新作が全て揃った状態での展示販売です。

 なかなかこれも、実は諸条件が厳しいので、2日間のみの開催となります。

 モヒカンポシェット

 熊本プレミア

 2016.10.1~2

 OPEN 13:00~18:00

 となります。

 徐々に、根付いていけばいいなと、思っています。

 もしかしたら、熊本県外のお客様もいらっしゃるかもですが、今のところあまり大々的には行う予定はありません。気付かれてモヒカンポシェットにご興味がある方は、お気軽にどうぞ~。

 熊本店がOPEN状態なのは、年に4~5日という、実にプレミアムな企画になります。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

【線のシマ】モードとアートの企画展。オブジェクトの土台がやっと完成。

 今年後半に、モードとアートの企画展、もう第何弾だかわかんない、を準備中です。

 以前も触れていますが、【線のシマ】というタイトルで、【シロの風】に引き続き、空中の工房都市というストーリーです。

 シロの風で描かれなかった、空中のシマでは何が行われているのか?シマとは何か?というお話。

 単純に言うと、ラピュタのひとつです。かつて、その化学力で世界を制した空中都市の総称です。

 その中のひとつとして、製糸工場があります。その糸から様々な布が織られていく。

 そのオブジェクトを制作中ですが、土台がやっと完成しました!4分割できて、なおかつすぐ組み立てられて、搬入も早い!という条件をどうにかこうにか満たしました。

 次は外郭に取り掛かります。外郭は、製品を運ぶレールになっていて、運搬場まで運ぶのに必要。

 この外郭がまたクセもんだなぁ。

 全部、紙(段ボール、その他)で作っているので、常に強度計算が必要。

 ほぼ勘ですけど。

 どうにかこうにか今月中には、目途を立てないと、今年後半は、結構大き目な企画展が控えているのでモードの作品の方にも力を入れないといけません。

 今回は、バッグの方で絵画のメディアを使った新展開を考えています。モードの方へのアートの介入がより、分かりやすい形で提案される予定。

 そう、あくまで予定。。。

 11月とかの企画展に向けて、今からスケジューリングしないと、色々間に合わなくなってきております。

 でも、ぼちぼちやります。体が資本ですからねー。無理しても無駄。

 とにかく、早く【線のシマ】の装飾部分に移りたい。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

【線のシマ】モヒカンポシェット、モードとアートの企画展。

 現在、モヒカンポシェットの店舗一杯を使って、【線のシマ】のオブジェクトを制作しています。

 今日、寸法通りに土台を作ってみて、運搬するのに2分割だったのを、4分割に変更。おかげで組み立ての、内部構造が複雑化。

 どうすればいいのかなーと、その場でしばし考える。

 図面も描かず、イメージ画のみで勘で制作しています。

 そもそも、百貨店の搬入時間は短い。4時間あれば、いい方です。

 その時間で、品出し、普通の什器のレイアウト、諸々の現場合わせの他にインスタレーションを4時間で成立しなければいけません。

 その為の搬入効率化を、作品の構造で徹底します。すぐ組める、ということ。

 1.3m×0.3mの土台を4分割ということは、内部に支持体を組むこと。

 外から見えない場所で、頭を悩まします。

 まだ土台なので、外部の構造物はこの土台が出来ないとパースが不明。

 あと1か月は【線のシマ】オブジェに付きっ切りです。

 延々と、段ボールと格闘中。

 段ボールは近くのドラッグストアから、廃材をもらっています。

 カッターと定規、ボンドだけが見方です。あとは創造力!

 立体のオブジェは、難易度が壁掛けと全然違うので、時間があっという間に過ぎます。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月31日 (木)

【森の博物館】in大阪、阪急うめだ本店開催のパフォーマンスについて。

 4月12日から開催の、大阪阪急うめだ本店でのモードとアートの企画展【森の博物館】で、パフォーマンスを行います。

 現在、着々と準備中です。

 構造は、パフォーマンス・ポエトリーディング・楽器演奏という、なかなかな多重構造。

 企画内容:

 「人間は服を着ることを選び、進化しました。動物は毛をまとったり、様々な形に進化しました。私たちは、その対比を「人間の服」と「動物の本来」とし、詩を書き、朗読します。その最中に、動物の動きを模した人間がパフォーマンスをします。

 人間、動物、服、動き、音、詩、全てが脈絡なくその時間に混在する。

 そこに何を生み出すか、生み出せるか、当日のパフォーマンスの中に答えがあります」

 このパフォーマンスを行うのは、ほとんど一般の方で、プロアーティストはいません。

 東京から声優と俳優、モデルの3人が参加予定です。

 全てが混沌としていますが、これがアート本来の姿だと思います。

 予定調和がない、完全に初見のお客様に何を感じてもらえるのか。

 4月16~17日の、各14:00・16:00開催を予定。

 このほとんど無謀な試みが、アートの社会化になっているのです。

 地域とアートの「地域」の中に、阪急うめだ本店で開催するモヒカンポシェットの企画展を通した新しいコミュニティーを含める考え方です。

 このコミュニティーには、熊本からもパフォーマーが参加されます。大阪、東京と実に様々な場所から、この企画に参加される為に来られる方がいます。

 パフォーマーは最大11人になる予定!

 これはもう、ひとつの事件ではなかろうかと思っています。

 現代アートのコンテキストとは違う、傍流の場所で、全く新しい試みを行い始めています。

 何に一番近いかと考えると、祭りとか儀式が持つ祝祭性です。

 現代社会では、なかなか感じることができない、肉体性を帯びた祝祭。

 ポエム=祝詞  ダンス=踊り(そのまんま) 音楽=拍子

 新しくなくても、人生には必要なことってある。

 それを、行っていきます。

 なにより、参加者や見学者が楽しんでいるので、それでいいのだと思います。

 ポエムが少しづつ集まり始めました。

 さて、らすとスパートです。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧