モヒカンポシェット

2018年4月 1日 (日)

モヒカンポシェットの新しい価値観とは。

 未来における、新しい価値観とは何なのかな?
 
 モードやアート、色んなクリエイティブな仕事において、当事者はいつも考えていること。
 
 古い価値観の仕事は、仕事としての意味をなさなくなるから。皆必死で、次世代の価値観を探ったり、生み出そうとしている。
 
 その行為そのものが、クリエイティブと呼ばれているものだと思っている。
 
 工業系で言えば、AIを搭載した自動運転の車。これは次世代の価値観を充分に反映させています。
 
 簡単に言うと、人間に空き時間ができますよね。
 
 AIというのは、人間に膨大な空き時間を与えてくれるものなのかも知れません。
 
 空いた時間で何をやるのか?
 
 しかし、自分の勘違いで全然空き時間なんて生まないかも知れない。
 
 自動化した世界のメンテナンスに追われるとか。
 
 それは置いといて。
 
 モヒカンポシェットにおける、新しい価値観とは何なのか?
 
 それは、情報の循環なのです。
 
 この話をする前に、メディア論をしておかないといけません。
 
 ここで言うメディア論は、マクルーハンとかのではありません。
 
 モヒカンポシェットのメディウムが、布や糸であり、そのメディアがモヒカンポシェットそのものであるという、単純な事実のことです。
 
 絵描きがメディウムとして絵具を使うのと、全く同じ意味ですね。
 
 モヒカンポシェットが布や糸を使って、服作品というメディアを生みます。それはお客様も元へ旅立ち、お客様の日々に溶け込み、お客様の生活の中で新しいメディアを生み出して行きます。
 
 さらには、モヒカンポシェットが海外に布地を仕入れに行ったり、海外の美術展を見たり文化というメディアに触れることで、新たなモヒカンポシェットのメディアへのリソースが生まれていきます。
 
 この情報の循環の中で、次々に新しいメディアの中から、新しい情報が生み出されて行きます。
 
 ある情報は新しいメディアを生むかもしれませんが、別の情報は何の役にも立たないかもしれません。
 
 そんなことはお構いなしに、モヒカンポシェットは日々様々な情報に触れながら、服作品としてのメディアを生み出し続けています。
 
 この作品の生み出し方は、もはやポストモダン的な二項対立ではないということです。
 
 AとBを比較して、その差異や対立具合からのズレなどからミニマルな方向性を打ち出す、実にポストモダンでスタイリッシュな現代モードの方向性とは真逆です。
 
 限りない情報の中で、モヒカンポシェットの技術と感覚が交錯したポイントで、新たな服というメディアが生まれます。
 
 どちらかと言えば、八百万の神との触れ合いと言った方が、比喩としては分かりやすいかも知れない。
 
 新しい価値観の作品は今日も、モヒカンポシェットのアトリエで生み出され続けていますよ。
 
 サリュ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

今日は、アートホーリーメンがモヒカンポシェットに、絵画の搬入にご来店です。

 先月、熊本市現代美術館GⅢにて、企画展を開催しておりましたアートホーリーメンが、モヒカンポシェットに絵画の搬入にご来店です。

 新作のシリーズから2点、モヒカンポシェットで絵画を頂いた内、1点の額装ができたので本日搬入頂きました!
 
 11時の予定だったのですが、正午近くなるという連絡でしたので、昼食を拵えました。
 
 モヒカンポシェットの食事は全部自分が作っているので、少し増量して準備。
 
 ご飯、しいたけとごぼうと油揚げの味噌汁、ほうれん草とセロリと大根の自家製ドレッシングサラダ、ひともじのグルグル、納豆という、この時期のモヒカンポシェットの通常の昼食です。
 
 ちなみに、野菜は全部、無農薬無化学肥料です。調味料は添加物無添加。
 
 「まぁ、普通」
 
 という感想をアートホーリーメンから頂きました!
 
 そうだね。。。
 
 普通の味の食事を作るという、努力があるからね。。。
 
 モヒカンポシェットの食事は、極々普通の味を目指しております。
 
 食事後、アートホーリーメンは、搬入した自分の作品を改めて堪能した様子でした。
 
 2点目の作品は、少し大きめになるので、東京の額装専門店に発注するそうです。
 
 薄い紙にマーカーと水彩(?)で着彩した画面は、色んな状況に弱そうなので、注意が必要かも。
 
 新しくモヒカン入りした、アートホーリーメンの新作は、どこに展示するか色々考え中です。
 
 2点目もあるしね、どこに飾ろうかねー
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

大阪 阪急うめだ本店10階うめだスーク中央街区にて開催!【サロンラップ】展について

 いよいよ!

 4月11日(水)~17日(火)に開幕致します、大阪阪急うめだ本店10階うめだスーク、2・3番小屋での企画展のあれこれです。
 
 うめだスークという場所は、1週間ごとにポップアップショップが総入れ替えするという、日本でもここにしかない、とてもダイナミックな会場です。
 
 中央街区、南街区、北街区、パークという区切りが設けられ、阪急うめだ本店の10階の半分が週ごとに総入れ替えされる様は、壮観としか言えません。
 
 一体年間でどれだけのクリエーターが登場するのか、ちょっと把握できないくらいのものです。
 
 4月11日から、その場所の中央街区2・3番小屋という、ポップアップショップの場所としては一番広い場所を、モヒカンポシェット単独でモードとアートの企画展を開催致します。
 
 最近恒例の、ごぱん屋うっでぃーも参加致しますが、企画展の内容とは別参加となります。
 
 今回のタイトルは【サロンラップ】展。
 
 当初、【サロン】展だったのですが、「エレガンスなだけで、笑いがない」という理由で、ラップが付け足されたという。
 
 サロンをラップで包んだらどうなる?という、プチ・クリスト的な考えがふと湧いてきました。
 
 基準が、最先端かな?より笑えるかな?というところが、モヒカンポシェットの面目躍如でございます。
 
 しかも、肝心のメイン会場にには、販売する服作品を置きません。
 
 中心が、ラップを基本としたインスタレーション&サロンとなります。
 
 ワイン・コーヒー・ペリエなどを無料で、さらにアートを楽しんで頂ける空間ができたらなぁと、広島から帰ってきて突貫で準備を始めております。
 
 百貨店の売り場のメインに、売り物を置かないというこの企画を、阪急うめだ本店のバイヤーさんが、どういう心境か測りかねますがご承諾頂きました!
 
 不安じゃないのかな~
 
 ともかくも、これまでも散々好きな事をうめだスークでさせて頂いてきて、今回さらに踏み込んだモードとアートの企画展をOK頂いたことに感謝しかありません!
 
 しかし、そもそものアイデアの発端が、東京のroomsで阪急のバイヤーさんとの会話の中で「会場を締め切ってしまうとか?」的な突飛もないことからの連想でした。
 
 それはもはや、百貨店のバイヤーの発想ではないと思いましたが、梅田阪急のモヒカンポシェット担当のバイヤーさんは現代アートにも造形が深く、色々と面白い企画を週ごとに仕掛けられています。
 
 売上が最初から見込めない、大阪の現代アートの若手を起用して、百貨店でワークショップを行ったり。一流の商業施設で、インディペンデントなアート企画が大阪で実現し始めています。
 
 80年代の、福岡天神みたいじゃないですか?
 
 今回のムーブメントはもっとキッチュで、女性がメインになるような感じがします。これまでのような男性的な現代アートのむさくるしさは全然ありません。
 
 軽やかに、駆け抜けていくような感じ!
 
 モヒカンポシェットの今回の企画展は、百貨店の販売会場としては、規格外のものになると思います。
 
 しかし、実際にお越し頂くと、エレガントな印象のインスタレーションになるはずです。
 
 面白いことを提案し続けていきたい。
 
 それがモヒカンポシェットの願いです。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

広島 福屋八丁堀本店でのポップアップショップは、3月15日~21日に決まりました!

 いよいよ、広島初上陸ですよ!

 モヒカンポシェット【世界でたったひとつをつくる】展
 
 2018年3月15~21日
 
 広島 福屋八丁堀本店
 
 2階 特設会場
 
 嬉しいですね!
 
 日本の歴史的な建物で、ポップアップショップです。
 
 モヒカンポシェットの店舗兼アトリエも、築110年くらいたちます。
 
 熊本の新町・古町界隈というのは、熊本地震前は築100年位の町屋が400軒ほどありました。
 
 それが、震災後は約半分になりました。
 
 地震で直接倒壊したのではなく。
 
 公費解体という名目で、解体されました。
 
 半端に壊れた古い家は、期限付きで解体費用を国が負担するよーという政策でした。
 
 広島の福屋は、被爆建物です。
 
 これほどの被害にあいながら、今も当時の姿を蓬髪とさせます。
 
 被爆当時は、国自体がなくなってしまって、援助とかは関係ない状態。
 
 そんな中、福屋の従業員たちが、今に残る姿で自分達にできることを精一杯やった結果が、今の福屋の姿なんだと思います。
 
 ここで展示会をせずに、どこでするんだろうか?
 
 日本の百貨店の意地と誇りを、感じずにはいられません。
 
 福屋自体は、その意地と誇りがあまりに普通なことな為に、気付いていらっしゃいませんがー。
 
 その意地と誇りは、尋常じゃないことですよ。
 
 福屋の歴史を知ると、ちょっと背筋の痺れが尋常じゃありません。
 
 この、歴史の中にいる百貨店で、モヒカンポシェットのポップアップショップです。
 
  【世界でたったひとつをつくる】
 
  サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

2018年、最初の動きはアッシュ・ペー・フランス主催のroomsに参加することです。

 今年最初のトライは、展示会に出ることです。

 アッシュ・ペー・フランスとは、こういう企業です。
 名称:rooms EXPERIENCE 36


 日時:2018221日~2310時~19時(最終日のみ18時閉場)


 場所:五反田TOCビル13


 シーズンテーマ:「人間」


 東京の展示会に出るのは2回目ですが、今回は審査に通ったという形で参加致します。


 モヒカンポシェットをもっと広げる為の、新しい試みです。


 自分たちの独自営業で今まできましたが、世界レベルの展示会に参加して、自分達の足元をもう一度見つめ直したいという気持ちもあります。


 熊本から東京のroomsレベルの展示会に参加したというのは、他ではあまり聞いたことはありませんが、知らないだけかも知れませんね。


 参加するブランドも、roomsが審査した精鋭ブランドということで、自分達以外のメゾンを見ることも楽しみのひとつです。


 何か、新しい展開を引っ提げて熊本へ帰ってきたいですね。


 さらに、3月は広島の百貨店「福屋八丁堀本店」での企画展が決定致しました!


 さて皆様、なぜ広島県のこの福屋で企画展かと言いますと。


 最初は、モヒカンポシェットのお客様が広島にいらっしゃるので、広島に行って案内して頂きながら正月を過ごすバカンスだったのですが。


 どうせなら、広島の百貨店を調べてみよう!ということで調べました。


 そうしたら、福屋八丁堀本店は世界で唯一の、原爆の被爆建物百貨店ではありませんか!そして、今や広島いわんや日本の復興のシンボルです。


 これは、営業せずにはおれん!


 この日本の歴史ある百貨店で、ポップアップショップをやりたい!


 という思いで、飛び込んだら、なんと!開催が決定致しました!!


 嬉しいです、本当に。


 というわけで、今年はまたまた初めてのことだらけですが、とにかく前進あるのみです。


 9月に、またまたとんでもない(面白い)企画が提案頂いているので、決まり次第ご報告です。


 サリュ


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

コンテンポラリーダンスのポップ化に挑戦中だったんだ、今分かった。

 最近まで、モヒカンポシェットでどうしてパフォーミングアーツを行うのか、自己分析をしないでいましたが。

 最近、何となくわかってきたので、メモ代わりに書いておきます。
 まず、最初のパフォーマンスから。

 

この企画は、2時間の練習で、人前で公開できるパフォーマンスとは何か?
  という、時間の制約がものすごい企画でした。土曜日の朝10:00から阪急うめだ本店のバックヤードで練習して、少し休憩したら14:00から公演。モヒカンポシェットの展示会場で。
 
 今思うと無謀ですが、当時も無謀と思っていました。
 
 これ、実現するためには発想の飛躍をするしかない。
 
 つまり、2時間の練習は練習じゃない。
 
 ①パフォーマンスのルールを覚える時間にする。
 
 ②パフォーマンスの内容自体に、完成形はない。
 
 ③コンテンポラリーダンスで、しかもギリギリに枝葉をカットした幹の要素を抽出する。
 
 ④世界でもっとも有名なコンテのダンスは、たぶん「ボレロ」
 
 ⑤ボレロの要素は何だ?
 
 ⑥たまにダンスがリンクしながら、壮大なリンクするダンスのラストに向かう。
 
 ⑦壮大さは時間的に無理。
 
 ⑧たまにダンスがリンクする部分があれば、ボレロの幹の要素だけが表現できそうだ。
 
 ⑨たまにダンスがリンクする部分の、ルールを作る。
 
 ⑩あとはほとんど演者の身体性にまかせる。
 
 とまぁ、一般のお客様とモヒカンポシェットのデザイナーが踊るという企画は、このように出来上がったのでした。
 
 これ、もう一度思考法を確認すると。。。
 
 ポップアートの思考法じゃん。。。
 
 完全にアート脳の考え方じゃん。。。
 
 となったわけでした。
 
 どういうことかと言うと、ポップアートってそれまでの絵画から、絵画性を抽出する作業から始まるでしょう。
 
 絵画の絵画性は、筆跡だ!とか言って筆跡を印刷したみたいな描き方で、油で描くとか。
 
 絵画の1点物の稀少性をはく奪すべく、キャンベルスープの作品がファクトリーで大量生産される。
 
 同じです。
 
 コンテンポラリーダンスから、コンテンポラリー性を抽出しようとしている。
 
 そして、ダンスができない人でも、できるものに置き換えた。
 
 何だ、そういうことかと思いました。
 
 無意識に、アート脳思考法が出てましたよ。
 
 今回の【パンクミュージカル】も、ほぼ同じ思考回路になっていると思います。
 
 ミュージカルの要素を抽出して、ぎりぎりの時間の練習で公演しました。
 
 多分、まだ誰も気づいていないだろうから、自分で書いておきました。
 
 これ、相当早いと思います。コンテンポラリーダンスのポップ化に挑戦中ということで。
 
 サリュ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

熊本に「状況」を作ることをいつも思っています。

 【パンクミュージカル】阪急うめだ本店うめだスークの展示から帰ってきて、服作品や映像作品の制作に入りました。

 通常モードです。
 
 今月末には、博多阪急の展示会が幕をあけます。
 
 今年は百貨店の企画展が五回ということになります。
 
 昨年までは四回だったのですが、さすがに五回目の最後の博多阪急が体力の正念場です。
 
 基本的な、服を作ることだけでも年間300着。
 
 それプラスの企画展の内容制作で、自分達の限界が見えてきました。
 
 モヒカンポシェットは型紙を採らず、立体裁断の完全1点物です。
 
 これはアパレルの世界では、非常識もいいところのやりかたなんです。
 
 アートピースと同じ。
 
 この作品が、世界にひとつ。
 
 服を手にして頂ければ、絶対に誰ともかぶりません。
 
 最先端でもあるし、原点回帰とも言えます。昔は、服は全部仕立てでした。
 
 モヒカンポシェットは、限定的に仕立てもやりますが、ほとんど行いません。
 
 衝動にまかせて作る作品が全てです。
 
 一時期は、このやりかたを一生続けるのは無理ではないかとも思ったのですが。考えてみれば逆に同じものを作り続けて行く方に無理があると結論しました。
 
 今の日本を振り返れば、服を縫う職人が壊滅的に減っているという状況で。何でそうなったか、それはファストファッションの台頭です。人件費が安い国に仕事が流れる。
 
 それも今では、諸外国の発展で人件費が高騰し、もう一回日本の職人を見直そうという機運が高まってきました。
 
 個人的にはそれも変な話と思います。だって、人件費が安い国にも凄腕の職人が生まれ始めているはずだから。
 
 職人云々での服作りの筋は、あまりよくないと思う。
 
 結局、面白い服がないから、流行に左右されない一生ものの服が生まれないから、服が売れていないのが本筋だと思う訳です。
 
 職人筋の話で言えば、洋服自体が西洋の文化だから、最終的なところで欧州のラグジュアリーブランドのオートクチュール文化にはかなわない。
 
 この辺も、日本の現代アートと通じる話です。
 
 西欧から接ぎ木した文化はまだ200年足らず。
 
 それなら、そこから自由になって自分が着たい服を提案するのが、正当な道だと思います。
 
 モードやアートのコンテキストを打ち破り、やりたいようにやる。
 
 モヒカンポシェットは、本当の自由を獲得する為に、今からも服を提案し続けます。
 
 服だけではなく、それにともなう色々な芸術行為も突き詰めます。
 
 今回のパンクミュージカルもそうですね。
 
 その次の【サロン】展も、すでに来年4月に決定しています。
 
 文化は享受するだけではなくて、発信して楽しむものです。
 
 それを毎回、展示にお越し頂く皆様に、教えて頂いております。
 
 そういう状況を、自己満足ではなく作りたい。
 
 熊本にも、「状況」を作っていきます。
 
 それは多分、モヒカンポシェットにしかできないことだと思うからです。おごりではなく、実際には深い諦念をもってそう思っています。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

【パンクミュージカル】公演を終えて、見えてきたこと。

 2017年、モヒカンポシェット秋冬コレクション【パンクミュージカル】の、大阪ミュージカル公演を終えました。
 
 コレクションの発表は、11月29日~12月5日、博多阪急5階、エスカレーター横特設会場にて最終開催です。
 
 博多阪急では、ミュージカル公演はありません。通常の秋冬コレクションの発表となります。
 
 つい先日、2017年10月29日(日)のパンクミュージカル公演は、阪急うめだ本店うめだスークの公式インスタでの動画公開で、1日で1000近いアクセスがあった模様。
 
 ゲリラ的イベントとしては、なかなかのアクセスではないでしょうか。
 
 
 いつも企画展を終えて思う事は、この企画展が動き始めて、実に沢山の方々のチカラの集結で企画が実現するのだなと。
 
 アートスイッチの頃よりも、もっと純粋な「楽しい」の気持ちで、企画がすすんでいきます。
 
 アートの社会化と言って、アーティストを起用して進めていたころは、もっとアーティストにも光があたればいいなぁと思っていたのですが。
 
 最近はアーティストがどうとか、心底どうでもいいです。
 
 例えば【パンクミュージカル】に関わって頂けた皆様が、楽しかったり面白かったりして頂ければそれでいいです。
 
 それが全て。
 
 ひとつは、アーティストとか名乗って活動している人々の活動の、ほぼ8割にうんざりしていること。
 
 そういう自称アーティストよりも、今回の【パンクミュージカル】で踊って頂いた皆様のような、踊り歌うことに純粋な喜びを見出している姿を見ている方が楽しい。
 
 結論として、人はどういきるのが幸せかを、モヒカンポシェットで体現していきたいです。
 
 おしゃれでなくても、アートが分かんなくても、色々どうすればいいか決めきれなくても、人は幸せであればそれでいいのだ。
 
 自分にとって何が幸せか決める尺度として、モードやアートがあるだけで。
 
 哲学や、料理や、子育て、仕事、なんだっていいです。
 
 自分の生き方を自分で決める。
 
 その尺度として、多分、モヒカンポシェットも存在します。
 
 自分たちは、今まで生きてきた証として、モヒカンポシェットの服を作り続けます。
 
 企画展も、毎回新しいテーマを提案し続けます。
 
 う~ん、もっと色々エビデンス的に、外部の色んな論文や、有名な方々の引用をやれば分かりやすくなるのは分かっているのですが。
 
 根底にパンクスピリッツがあるから、そういうのは気色悪いんだな。
 
 うまくやるやりかたは、もう40歳も越えているしある程度分かっているけれど。
 
 それは、それをやるくらいなら、こんな生き方はしませんし。
  モヒカンポシェットは、このまま熊本にあり続けますよ。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

ミュージカルを作るという、とんでもない仕事。

 さて、どういう具合で、仕事としてミュージカルを作るなんていうことになったのか。

 事の発端はモヒカンポシェットの仕事です。
 
 前回のパフォーミングアーツの仕事は、コンテンポラリーダンスとポエトリーディングを組み合わせるという、これも専門外のお仕事。
 
 モヒカンポシェットという仕事は、基本的にはモードなんですが。
 
 最初から、それだけではない要素を持っています。
 
 それは、ありえないことが起きるということ。
 
 そのジャンルでは収まり切れない、不確定要素つまりアートが同時に在り続けること。
 
 今回は特に、無節操に貪欲に、色んなものを取り入れるしかない状況です。
 
 ミュージカルを作ったこともないし、実際には劇団四季のライオンキングを1回観たことがあるだけ。
 
 ちなみに、ライオンキングは出だしが一番素晴らしかったと思う。
 
 つまり、出たとこ勝負です。
 
 まぁ、いつものことです。
 
 モードの世界に乗り出したときも出たとこ勝負。
 
 何をやるにしても、自分が素人であるとかは関係ないんです。
 
 自分がやりたいかどうかだけで。
 
 若いときに、成功したやり口を繰り返す気にもなれず。
 
 どいつもこいつも、ちょっと成功したやり口の再生産に明け暮れてる気がして、詰まらないんだよな。
 
 あ、毒出た。
 
 そういうことはともかく、やったことないことに挑むのが、モヒカンポシェットなので、パンクミュージカルのことは少し気に留めて頂くと嬉しいです。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

【モヒカンポシェット】ホームページを新しくした理由。

 モヒカンポシェットのホームページを、新しくリノベーションしました。
 
 旧ホームページを運営し続けて5年目でした。
 
 ITの常識で考えれば、5年目でホームページリノベというのは、少し遅い位の感覚です。
 
 windowsのosも何段階か変わりました。そもそも、ホームページ制作ソフトのプログラムが、動画やその他諸々をフォローしきれなくなっていて。
 
 事情が重なり、そろそろ新しいホームページでもと思いながらなかなか重い腰が上がらなかったのは、結構大変な作業だからですね、ホームページ制作は。
 
 一番のきっかけは、今後のモヒカンポシェットはショートムービーを制作・公開していこうと企画したからです。
 
 その為には、動画をまともに扱える環境整備が必要でした。
 
 ホームページだと色々難しいのですが、お客様と相互交流の場をつくるべく、facebookにも新たにモヒカンポシェットの動画サイトを立ち上げる準備をこれから進めます。
 
 こういった情報提供のインフラをきちんとやり直して、いよいよ本格的に世界的に活動できる基礎を作っていきます。
 
 新たに発信する情報を、自分のサイトで的確に発信して行くこと。
 
 当たり前のことですが、このことをきちんとやるだけで随分と結果が変わってくるものです。
 
 いよいよ来週に迫ってきました、【森と服のスピリッツ】では、お客様にモデルになって頂く企画を行います。この企画でもホームページを活用して、楽しんで頂くものになっています。
 
 その企画に連動して、ショートムービー制作も動き出さないと。
 
 今後、もっともっと面白くて楽しい企画を発信して行きます。
 
 モヒカンポシェットは来年で店舗を構えて、「8周年」になります。
 
 これまでも、これからも、衝動のままに。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧