櫻井栄一

2019年2月24日 (日)

バブルラップ展in熊本市現代美術館へ。この問いに乗るのか、乗らないのか?それがまた問題だ。

 バブルラップ 「もの派」が~以下略

 を拝見して参りました。
 村上隆氏キュレーション。
 
 受けた感じから言うと、非常に心地いい空間でした。
 理由としては、展示後半の、用の美を垣間見るような展示があったからです。
 
 垣間見るというのは、用の美というのは日常生活で、嘗めるように使ってみて味わってみて初めて分かることなので、目で見ただけでは器の真価は分からないから、ということです。
 
 心地いい空間と思えたのは、置いてある器の大半が、素朴で姿がしっかりとして、日常使いしてみたいと思う陶器ばかりだったからです。
 
 きっと和食に映えると思うんですよね。
 
 酒器も、ハレの日用じゃなく、日常使いで手のひらにしっくりきそうなものばかりで。
 
 我が家の器は、南阿蘇のやうやう窯の一択なのですが、村田森氏の器は、本気で欲しかったです。
 
 陶芸の作家物というのは、本当に安かったりします。
 
 しかし、賞を取ったとか外部的価値が高まっても、実用物な限り使ってみたいと思わないと、購入にまでは至らないのが陶器です。
 
 それで、飯茶碗で3~4千円で買えるのが買い手にとってはいいことです。
 
 売り手にとっては、手間を考えると、全然間尺に合わない価格になります。
 
 意外にもというか、村上隆氏の器の趣味が、簡素かつ素朴な風味ものが多いということ。
 
 入口の空山基氏との作品とは、「イメージ」だけはかけ離れていますよね。
 
 入口からの手仕事による現代アートの作品の共通項は、とにかく手仕事に誠実であろうとする、この一語に尽きるのではないでしょうか。
 
 先日のディオール・オムの空山氏の作品の、膨大な手間のかけ方よ。。。
 
 フランス的な、センス一発で仕上げました!みたいな作品は皆無。びっくりする位、ない。
 
 最初に書いた、心地いいい空間である理由の一つに、この、手仕事の豆さを愛でる日本人の性質、みたいなものがあると思います。
 
 もしかしたら、日本人以外の人が見たら、息苦しいかもしれませんね。
 
 チョイスされた作品以外にも、キュレーションにも、息苦しいほどの豆さと緻密さで空間が構成されています。
 
 日本の廃墟空間を、ホワイトキューブで組む、というのは結構端正な仕事ですよ。
 
 パリのパレ・ド・トーキョーで見た杉本博司氏の廃墟空間の、西欧感あふれる感じとはまた真逆な感じでした。
 
 この展示全体を支えるのは、この端正さと緻密さです。
 
 あと、表現に対するストイックさ。
 
 パリでたまに見る東南アジア系の作家の、ぶちまけてしまいました!みたいなのとは違いますね。
 
 あ、でも去年の12月にタイで見た、バンコクビエンナーレはは非常に端正な佇まいでしたけど、荒々しい勢いは無くなってきつつありましたね。成熟方向とでも言うのでしょうか。
 
 キュレーションの方向性としては、こういう感じでしょうか。
 
 そしてここからが、本題の「もの派」があって~以下略、への鑑賞者からの答え合わせというところでしょうか。
 
 こういう知的ゲームこそが、現代アートの真骨頂なんでしょうね。
 
 そういう分かりやすい設問というか、投げかけになっています。
 
 だから、バブルラップは、このゲームに好んで参加するか?しないか?という踏み絵になっている気がします。
 
 面白いですね、展示会自体が設問になっています。村上氏が買いそろえられたコレクションのキュレーションによって。。。
 
 さて、前出の、設問への答え合わせなんですが今日は一先ずここで筆を置きますよ。久しぶりに長文を書いたので、勘が戻っていません。
 
 さて、この展示に乗るか乗らないか?
 
 という問いは既に、熊本市現代美術館学芸員、坂本顕子氏により提案されております。
 
 乗った方が楽しいと思うのですが、ちょっと時間掛かりそうなので何某かご意見求められたらまた、続きを書こうかと思いますー
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

色々迷ったらいいよ。

 自分で何かを作ったり、表現しようと思っている人しか、このブログには来ないと思いますが。

 そういう人は、色々迷ったらいいと思うという話。
 
 趣味的にものづくりをしている人は、あんまり関係ない話。
 
 自分も、壮大に迷っていますから。
 
 今年43歳ですが、まともに就職とかできたことありませんから。
 
 就職氷河期1998年に、九州産業大学・芸術学部卒で、まともな就職先が真珠磨きしかなかったからね。
 
 大学の就職斡旋コーナーに行っても、全く求職票がなかったから。
 
 大学の学友のほとんどは、美容系か介護系の専門学校に入り直したものです。
 
 自分もずっとバイトか派遣で、糊口を凌いで今に至ります。
 
 それでも、何か表現して生きていくことには何の疑問も持っていません。
 
 表現すること=作品=売れたらいい
 
 とは思いますが、そうでないことも多いわけで。
 
 だから、極端に2分します。面倒だから。
 
 ①売れる為に一定の努力をするか。
 ②自分の好きな事しかしないか。
 
 あ、今気づいた。
 
 売れてる表現者は、②を装いながら、①をやっている訳です。
 
 結論でました。
 
 皆、そうしよう。
 
 表現者のサバイバル術のイロハのイですな。
 色々迷ったらいいという話を書こうとしたら、結構単純で深い構造が出た。
 
 もっと言うと、ブランド内で①と②はCEOとデザイナーの関係だよね。
 
 アーティストとか、一人しかいないので、自分で分担して考えるのはなかなか難しい。
 
 でも、ここはきちんと考えないと、生きている内に結果が出ないから。
 
 皆さん。
 
 生きているうちに幸せになろうじゃありませんか。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

広島福屋八丁堀本店 秋冬コレクション続投予定

 今回、初めてポップアップショップを展開した、広島福屋八丁堀本店での秋冬コレクション開催が、予定されました!

 初登場の不安を一掃です。
 
 今後も出来る限り、福屋八丁堀本店での企画展を継続していけたらと考えています。
 
 なぜかと言われれば、こちらの百貨店が、原爆のもと建物が生き残り、今に続く被爆建物百貨店として継続していることに共感しているからです。
 
 企画展中にお客様と色々と情報交換できました。
 
 なぜ被爆建物百貨店を前面に押し出せないのかな?という疑問の答え。
 
 耐震構造は大丈夫なのか?
 
 という声があるそうです。
 
 正直、そんな声を上回る歴史的価値があると思います。
 
 直下型の地震が来たら、どんな建物もヤバイ。
 
 熊本地震を知っているから分かる。経験はしていませんが。
 
 阪神淡路も、東日本大震災も同じですよ。
 
 原爆に耐えた百貨店建築こそ、(乱暴に言えば次回の大震災には耐えられないかもしれませんが、他の百貨店もどうかは分からないわけです)、現段階では歴史上最高に頑強な建物のはずです。
 
 我がモヒカンポシェット店も、築110年になる町屋ですが熊本地震を生き延びました。
 
 関係ありませんがね、シンパシーを感じるんです。
 
 古いから弱いわけじゃない!!
 
 弱い理由は他にある。そこは、現代建築なら利益にならないことはしないという訳で、築30年で限界がくる建材で作っているから安い。だから弱い!地震に耐えらえても、経年劣化に耐えられない!
 
 いやいや、そういう話題は関係なくてー
 
 とにかく、広島は10日間位いましたが、色々最高すぎて帰ってきてからも広島ロスになるくらいでした。
 
 正確には、大久野島ロスの面が大きいですがー。
 
 お好み焼き、広島ラーメン、牡蠣、その他アルゼンチン料理とか、広島のお客様にアテンドして頂いた場所が全部美味しくて、本当にやばかったです。
 
 秋冬もまた広島福屋八丁堀本店にお世話になる予定です。
 
 広島の皆様、よろしくお願い致します。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

新たな地平を

 ここ3年位で、モード界に新しい地殻変動を感じています。

 今期のパリのモードを見ていると、本当に新しいことに挑まなければ、今後は続かないのかなと思ったりします。特にシャネルの展開を見ると、目がくらむような感じがしますね。
 
 モヒカンポシェットとしては、そういった最先端のモードを横目に見ながら相変わらずの呑気な展開というか、関係ねいよパワーで今季の春夏コレクションが立ち上がります。
 
 【世界でたったひとつをつくる】展が、広島、福屋八丁堀本店2階特設会場で、広島初登場!!
 
 会期
 3月15~21日
 
 モヒカンポシェットの最新作を、広島で公開致します。
 
 中学生の時以来、久しぶりに1月に行った広島が、肌身に会い過ぎました。理由は分かりません。好きとしか言えないのですが。
 
 以前にも書きましたが、福屋八丁堀本店は、世界で唯一の被爆建物百貨店です。
 
 初めて商談で伺ったときは、正直「なんて古い建物だろう」と思ったのです。
 
 でも、よく調べてみれば、この百貨店の意地と誇りはすごい。
 
 声高に言わないとこも凄い。
 
 当たり前、なんですよね。
 
 野球には詳しくないのですが、広島カープに対するこだわりも凄い。
 
 熊本県人は、基本的にプロ野球の球団にこだわれないんですよ。
 
 あと、広島風お好み焼きと、口をすべらしたら、本気でヤバイ。
 
 これは心底思いました。
 
 色々ありますが、こだわりがヤバイ広島、好きなんですよね。
 
 という訳で、今月お世話になります。
 
 よろしくお願い致します。
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

roomsに出展予定なら。

東京の、展示会には、色々種類があると思います。

roomsもそのひとつですね。
今回出展してみて、現実的にはモヒカンポシェット的に、二回目はないなと思いました。
多分、3年後位には、何かしらファッション宗教的な展開しか残されていないのではないかな。rooms。
よくわかりませんが、ふわふわし過ぎている。
結構な金額を負担して分かったことは、このモデルはもう終わったんだなーということ。
残念ですが。
rooms会場で、芸能人が色々やっていますとか。
正直どうでもいいと思ったし、そもそもモヒカンポシェットがここにいる意味は何だとか。
サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

ビジネスコンテストとアート

 先日、熊本商工会主催の、熊本ビジネスコンテストの最終プレゼンというものに出ました。

 プレゼン後の審査員の質疑応答で、色々考えさせられることがありました。
 
 結論は基本的に、ビジネスプランコンテストにアートは不向きということ。
 
 お客様と歌って踊ったり、会場をインスタレーションして、服作品を購入して頂くことの関連性が客観的に分からない、という質問が多かったです。
 
 そこは実は単純そうで、一番深い理由があるのですが、でも単純で。
 
 「アートに触れて、感動したことがありますか?」
 
 大人になって、モードやアートに触れて、感電したように痺れる経験なんて、人生に何回あるかな。
 
 モヒカンポシェットの企画展は、そこまでは行かなくても(謙遜)、そういう方向性で展開しています。
 
 あとは、「これはコスプレとどう違うんですか?」という問いでした。
 
 あー
 
 では、ビジネスマンが着ているスーツは、ビジネスマンとしてのコスプレではないのですか?
 
 服を着る基本として、その服がどの社会属性に所属しているか?という、基本的な記号論すら、共有できないほど、ファッションの理解の断絶が今の熊本にはあるのだなー
 
 そこが分かっていないと、そもそも服がどういう理由で選ばれるのかも、分からない。
 
 ポストモダン的な評価軸が、一般のお客様にも自然に浸透している現実も分かっていない。
 
 新しいビジネスが、プロダクトの面でしか、評価されない。
 
 そうでなければ、テクノロジー面。
 
 それって、大丈夫かな?
 
 すごく熊本の色々が心配なんですけど。AIとかが進んでいるので。
 
 と言いながら、それはそれでいい。
 
 自分達は、道を見失わずに進んでいきます。
 
 多分、5年後位に色々評価がでてくると思いますが、そのときにはさらに自分達は先に進んでいるので。
 
 熊本県外では、色々自由にできる土壌が整ってきました。
 
 後追いで、熊本でも整ってくると思いますが、そのときにはまた改めて考えます。
 
 熊本に関しては、今のままでやれている現実があるなら、そのままいけるとこまで行けばいいのかな?という感じがあります。
 
 危機的な場面に直面すれば、自ずと道を探るでしょう。
 
 そことは、あんまり関係なく行きますよ。
 
 NPOアートスイッチのときに感じたことと、同じ結論です。
 
 このNPOは法的に閉じる作業入りました。
 
 サリュ
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

間もなくルームス エクスペリエンス トレードショーに参加するにあたって。

 

rooms EXPERIENCE 36


 主催 アッシュ・ペー・フランス株式会社

 会期 2018年 2月21日(水)~2月23日(金)10:00~19:00

 五反田TOCビル 13階

 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17


 モードに限らず、様々なコンテンツが紹介される展示会です。

 モヒカンポシェットが出るブースは、rooms TRADESHOW B to Bというコーナーで、

 「オーディションによりスクリーニングされたブランドが500社参加。ファッションや雑貨などのカテゴリー分けでは無い、コンセプト別にキュレーションしたエリアでの展示が大きな特徴です。世界へ羽ばたいたデザイナーも多く、roomsは新人デザイナーの登竜門であり、著名なデザイナーが新たな挑戦を発表する場でもあります。ここからトレンドが生まれています。」

 というコンセプトが掲げられております。

 初参加ですので、どんな感じか分かりませんが、準備をしています。


 ブランドって、かなりあるんだなーというありきたりな感想しかありませんが、特に憶することもなく、自分達らしい展示会にしたいです。

 20日昼から搬入ですが、19日の深夜に前乗り致します。

 東京熊本は、熊本市内→熊本空港と、成田空港→東京都内が遠くて、結局半日移動になります。

 トータル5~6時間かかるので、どっちかといえば新幹線がいいのかも知れませんが、心理的になんか飛行機を選んでしまいますね。

 熊本東京を地上で移動したことが、まだありません。

 名古屋から向こう側が、心理的に遠いのかも。

 とにかく、3日間、B to Bの展示会です。一般のお客様ではない、いわゆるバイヤー向けの展示です。

 東京で何らかのアクションが起こせたらいいなぁと思っております。

 こればかりは、出展してみないと分からないのが展示会。

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

もうマーケティングはしていません。自分達がやりたいことをやるのみ。

 以前は、モード界のことがよく分からなくて、マーケティングみたいなことをしていたんですけど。

 最近、それは自分達には無駄なことだと気付き。
 
 やりたいことが溢れてくるんだもんな。
 
 モード界に合わすより、自分達にとって重要なことにフォーカスした方が、結局いい企画展になります。
 
 当たり前のことのようで、意外に難しいものです。
 
 作品が売れなかったら、自己満足にしかならない。
 
 世間できちんと受け入れられる作品や、企画をやらなくては。
 
 その為には、自分を変えていくことが重要。何度でも生まれ変わっていく。
 
 変な小さいプライドとか、粉々に砕いてきた。そんなものは、何も生まない。
 
 もっと大きくて、でかい渦の中に飛び込み、自分達を試してみたいんだ。
 
 表現者として世間に問う以上、きちんとその成果を見たい。
 
 マーケティングが無駄だとは言いませんが、どんだけやってもモヒカンポシェットの根幹部分に変化がない以上、当面は違うことに力をそそぎます。
 
 店舗を9年やって、自分達というものが見えてきたんだと思う。
 
 40にして惑わずと言うが、確かにもう惑いはない。
 
 あるのは、時間が過ぎて行く焦燥にも似た感覚だ。
 
 やれることは全てやっているはずなのに、まだ決定的な何かが足りないような感覚。
 
 いつものように、その感覚に蹴りたてられて、よく分からない世界へ飛び出していく。
 
 自分が見知っている世界にだけいても、つまらないんだ。
 
 自分が気持ちいいものだけを周りに集めて安心していると、自分がうまく起動しなくなってくる。
 
 40代でそうなってしまったら、きっともう立派な老害だよ。
 
 何歳になっても、どうでもいいプライドが生まれそうになったら、何度でも打ち砕くことです。
 
 サリュ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

新年あけましておめでとうございます。今年も年初からトップギアです。

 皆さま、2018年、謹賀新年。

 明けましておめでとうございます。
 
 昨年は、本当にどうかしてると思ったほど、新しいことばかりをしました。
 
 店舗リニューアル、初めての百貨店でのポップアップショップ、ミュージカル制作、その映像や公演。。。
 
 あとは、地味に経営面でもテコ入れして、熊本店舗でもクレジットカードが使えるようになりました!
 
 週末、金・土・日は、大体店舗開店しています!
 
 そんなこんなで、昨年は過去最高に好調な年となり、モヒカンポシェットをご愛顧頂きました皆様におきましては、引き続きお引き立てのほどよろしくお願い致します!
 
 今年はどんな年になるのでしょうか。
 
 正直、まだよくわかっていませんが、また新しいことに挑戦していきます。
 
 もしかしたら、広島県の百貨店で新しい展開があるかもしれません。現在調整を進めていて、近いうちにご報告できると思います。
 
 大阪、阪急うめだ本店でのポップアップショップは4月に予定が入っております。これも近いうちに、モヒカンポシェットのホームページで期日を公開。
 
 さて、今年の新しいことは何かというと、様々なコンペティションにトライしていこうと思っています。
 
 自分達の、作品のクリエーションの面だけではなく、経営面でも新しい試みをしていこうと。
 
 現在、熊本商工会議所主催の、ビジネスプランコンテストで一次審査を通過しまして、二次審査でどのような審査が下されるか?という試みに挑戦中。
 
 個人事業主なので、常に全面的なブラッシュアップが必要で、去年からは真剣に経営面を学んでいます。独学ですが。
 
 現在は関東方面へ、進出を検討していて、様々に営業中です。
 
 好きな事、やりたいことを仕事にすることは、それに付随する様々なややこしい「作業」がついてまわります。アーティストやクリエーターは、この「作業」を担当してくれるパートナーとか、NPOとかを見つけると、いろいろはかどると思いますよー
 
 個人的な仕事では【A-クロニクル】がやっとこさー15枚描きあげました!とか、まだまだ全然描けてないですが、パステル画の時は1年に1作品だったんだから、結構速いペース!遅いけど!
 
 そんなこんなで、まだ色々公表できないアレコレの仕込みもありつつ、2018年もトップギアに入れてスタート!!
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

【パンクミュージカル】宣言

 パンクミュージカルを映像作品として撮る、と宣言して、本日2日間で撮りました。

 まだ素材だけで、編集はこれからなんですけど。
 
 なんでパンクなんだと。
 
 所謂、ファッションパンクには全く興味がない。
 
 パンクといえば、コレだよという、様式美のこと。
 
 パンクというのは基本的には「自分でやれ!」という精神のことと思っている。
 
 他人には期待しない。
 
 自分でやるんだよ。
 
 このシンプルな衝動を体現するから、パンクミュージカルなんです。
 
 なので、内容は全くパンクではない。
 
 どちらかと言えばコミカルで、不思議な、クラシカルな作品になると思います。
 
 普通に生きていれば、ミュージカルに参加する機会なんて、そうそうありません。だから自分でやってしまう。
 
 やったあとの結果とか、クオリティーには重きをおきません。
 
 1流好みなんて、自分の意見がない無定見な好みです。
 
 そんな態度は前世紀の態度ですよ。
 
 自分で自分がやりたいことやる。
 
 それ以外に、モードとアートが生きる道はありません。
 
 一発かましてやるんだよ。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧