イベント アートスイッチ紹介

2010年10月19日 (火)

アートスイッチVol.1 写真。

 2009のアートスイッチVol.1

 写真をまとめてみました。

サリlュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

イベント、アートスイッチの検証を始めます。一般のお客様に楽しんでいただくアートイベントとはどのようなものか?すこしづつ探っていきます。

 2年連続、2回開催のイベントアートスイッチですが、ここらでこのイベントはどういうものなのか考えて行きたいと思います。

 もちろん、アートイベントなので、開催側の基本コンセプトはしっかりとあります。

 「アートに普段興味がないお客様に、アートを気軽に楽しんでいただく」

 先ず、アートに興味を持っていただかなくては話しになりません。ここでいうアートとは、人が作り出すもの全てという意味です。絵画、パフォーマンス、伝統工芸、料理など、作り手に信念があればアートと呼ぶというとてもザックリしたものです。

 Vol.1のときは、アーティスト6人で開催いたしました。絵画、イラストレーション、陶芸、ファッション、木版画というカテゴライズでした。

 巨大壁画をお客様とともに制作するという企画では、400人もの方が絵を描かれました。その他、粘土のワークショップには100人程度、コサージュ制作ワークショップでは20人程度という参加人数で、予想を遥かに上回る盛況ぶりでした。

 木版画や絵画の公開制作でも、見物する人が必ずいるという状況。

 ところが、アーティストの作品がよく売れたかというとそうではありませんでした。

 一日で4万人を集客するイオンモール熊本クレアで、ワークショップなどには500人近く参加していただいたにも関わらず、作品は売れない。

 もちろん物凄く高額な作品であるならば分かりますが、そうではない物もたいして売れない。

 これは一体どういうことなのか?

 問題点はたくさんある。中でも、運営側によって抽出されなければならない問題とはなにか?

 作品がよくなかったからじゃないか?という問いには、参加作家は普段はきちんと自分の作品で収入を得ているという事実をお伝えしておきます。

 この、アートに気軽に触れていただくというストーリーを、きちんとお客様に提示できていなかったのではないか?

 ただの単発イベントとして、「ふーん、アートね」というレベルでの理解しかされていなかったのではないか?

 この問題点は、実は今年開催したVol.2でも完全には解消されたとは言い難いと思います。

 さて、今日は初回なのでこの辺で。

 次回にはVol.2の映像をアップしたいと考えておりますが(実は撮っている…)、どうなるか?

 サリュ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Though it is an event art switch of holding twice when 2 years in a row, This..event..what kind of..one..think.

Of course, there is firmly a basic concept on the holding side because it is an art event.

"It ..customer usually interested in the art.. readily enjoys arting. "

First of all, it doesn't become speaking if not interested in the art. An art here is a meaning of all things that the person produces. If creators such as the painting, the performance, traditional crafts, and dishes have belief, it is what of calling the art very [zakkuri]ed.

It held it by six artists at Vol.1. It was [kategoraizu] like the painting, illustration, the ceramic art, the fashion, and the wood block, etc.

Huge..wall painting..customer..produce..project..one..one..picture..draw.Additionally, it did the workshop of clay and about 100 people the flourishing business in the corsage production workshop in the number of intervenors of about 20 people when the expectation was far exceeded.

The situation of the production of opening to the public of the wood block and the painting that there must be a person who sees.

However, whether artist's work had sold well was not so that it.

The work doesn't sell in the workshop etc. though about 500 people participated by ion lace Kumamoto Clare who attracts 40,000 people in a day.

It understands if it is a work (of course terrible and high priced), and a thing not so doesn't sell very much either.

What on earth is this?

There are a lot of problems. Especially, problems that should be extracted by the management side are some ?.

Is it because the work was not good?The participation writer named the question is usually telling the fact of drawing one's income in its tidy work.

This story that the art touches readily might not have been able to be presented to the customer neatly.

Only understanding from the level "Art that was not ..referring.. [-]" as a free, single-engined event might have been done.

This problem thinks Vol.2 actually held this year to be difficult to say the complete cancellation.

Well, around here it is first time today.

How do it become it though it is thought that it wants to improve the image of Vol.2 next time (Actually take it)?

[Saryu]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)