アサヒ・アート・フェスティバル

2014年11月27日 (木)

AAF2014報告会に参加しました。自己企画の今年の感想を含めて。

 今年もAAF2014の報告会に行って参りました。11月22~23日、別府にて開催されました。

 

 60団体の3分プレゼンでしたが、これだけ多様だとAAFらしさというか、AAFとはいったい何だという議論が最終日に行われ。

 

 多様性の担保、なんでしょうね。おそらく。

 

 すぐには解決できない問題を抱えて、色んな活動を行っている全国の組織を、年に3度一堂に会す。だけで、結構すごいことだと思います。

 

 NPOアートスイッチも2年間参加してみて、AAFを具体的な成果みたいな評価軸で見ると、混乱が増すばかりなんだなと思いました。

 

 初日の田北さんの発言で、各団体が抱えるもやもやの解像度の違いの話がありました。すごくもやもやしている団体と、全くそうではない団体が同じ場所にいる面白さ。

 

 それと、AAFの内側と外側の認識のギャップのことが、印象に残っています。

 

 問題の解像度という話が、今年アートスイッチが舵を切った方向性に、見事に合致するものだったので興味深くお話を聞きました。

 

 ここ数年、熊本城下町で地域とアートをやってみて、違和感が拭えなかったからです。

 

 イベント開催後は、いいね、来年も期待!みたいな話になりますが、町屋の解体は止まらないです。アート以外の町屋保存会などの活動を合わせても、この動きは多分熊本においてはもう止まらないでしょう。

 

 悲観的になっているのではなくて、現実を冷静に捉えようとしているだけです。

 

 意識の高い町屋オーナーのところが残り、あとは状況にまかせるまま、みたいな。

 

 自分が精力的に一番動ける年齢になってきて、この状況を打破する為にはもっとキリで穴を穿つような企画にシフトする必要性を感じています。

 

 もともと築100年の町屋を本拠地に動いているという、大本を強化しようと。

 

 そこで、このシャッター商店街ですらない、商売には思い切り不向きな場所で全国や世界に通用するような企画を行うことで、熊本の町屋にもっと光を当てようと思いました。

 

 もともと基本的にはその考えはあったのですが、より鮮明にそれを打ち出そうと思います。

 

 それこそ、もやもやの解像度を一気に上げて、解決すべき事柄をはっきり見出す方向へ舵を切りました。

 

 そのうちには、経済的な積極的自立も含まれます。

 

 今回のAAFでは、交流会等でその辺を色々つっこまれたりもしましたが、今やなんとも思いません。

 

 純粋に現代アートをやりたければ、各自やればいいんでね。その中に経済的自立は含まれていなくて当然です。本来アートはそういうものですから。

 

 しかしアートスイッチはローカルアーティストの経済的自立を、ずっと目指していますから、そのやり方を誰になんといわれようと構わない。

 

 そういう風に、意識が整理された年でした。

 

 今後もそういう方向性で行きます。

 

 サリュ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

今週末は、別府でAAFの報告会です。熊本市現代美術館GⅢの企画展とトークも行きたかったですが。

 11月22~23日は、アサヒ・アート・フェスティバル2014の報告会が初めて東京を出て別府で開かれます。

 

 受け入れるのはBEPPU PROJECTです。別府を舞台に国際芸術展を開催し、日本国内のアートシーンでも注目されるエリアです。

 

 現在は国東半島芸術祭も開催中で、大分はアートで盛り上がっています。

 

 今年のNPOアートスイッチは何ができただろうかと、振り返っています。

 

 去年からモードとアートの企画展を始めました。【シロの風】が本格的に始めた最初の企画展です。

 

 熊本発世界へを掲げ、無謀な挑戦を始めました。

 

 少し前まで、熊本新町・古町の町屋というキーワードがあり、それをどうにか活用して企画展なりをするのが効率的なのかなと思っていました。

 

 でもそうじゃないんじゃないかと思い始めています。

 

 熊本の町屋を本気でどうにかしたいのだったら、自分の拠点の新町三畳美術館&モヒカンポシェットを世界に通用するコンテンツとして磨き上げるべきなのではないか。

 

 この一年で、再確認。

 

 AAFではこの変化を、実例をもって発表したいと思います。

 

 足元を何度でも見直す。

 

 アート業界以外では、通常業務です。

 

 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

アサヒ・アート・フェスティバル2014グランドオープニングパーティー。

 6月14日のアサヒ・アート・フェスティバル2014のグランドオープニングパーティーに参加する為、13日から東京に行ってきました。

010
 
 福岡空港で時間待ち。半沢直樹を読んでみる。
 11時発の予定だった北九州の枝光アイアンシアターの鄭さんが、飛行機の機材トラブルで足止めで偶然会いました。
 012
 成田に着いたその足で、横浜は若葉町のART LAB OVA さんで、韓国のアーティストと交流会でした。去年に引き続き二回目の訪問です。
011
 韓国から来られたアーティストの差し入れのマッコリ。アルコール度数が高い甘酒のような感じでした。
 会話は英語だったんで3割位しか理解できていないんですが、韓国内での世代間の食い違いや、右翼、左翼の意見の相違など。
 セウォル号は人災で、3.11の震災は天災の為、比較対象にはなりにくいなど、その他にも韓国も日本も都合が悪い事実を隠して、結局表に出てから右往左往してるなど、どこの国も実情は似てるなと思ったり。
015
 映画館、ジャック&ベティです。まだ入ったことありません。いつか!
019
 翌日、靖国神社に行きました。
 
 念願だったのでやっとです。
021
 今更説明はしません。
025
 企画展が開催中でした。
026
 零戦を実見できて感動です。
031
 
 他にも、兵器が展示してあります。有料展示は、日本が幕末からどれだけ諸外国と戦争して血を流してきたか、存分に展示してあります。幕末は国内ですが。
今の平和は、先人が血を流してきて勝ち取ったのだ。そういう単純な事実が丹念に展示してあります。
038
 その後、中目黒のギャラリーで、トークでした。
トギャッてあるのが素晴らしい。詳細まとめは→コチラ
041そしてその後、AAFのグランドオープニングパーティー!
042プロジェクトFUKUSHIMA!の布が床一面に!
045
 余興、大阪新世界のセルフ祭り。今、ここが日本一の前衛のフロントラインだと思っています。意味とか全然ありません。反芸術です。
046
 床に布が引いてあると、座っていいんだと思う日本人の原風景。落ち着く感じ。
 049
 二次会、恒例の稲垣。
051
 翌日、朝から財布盗難。うんざり。現場検証中。
053
 10円しか持ってないから、ずっと隅田川とアサヒビルを見て過ごしました。移動もできない!
056
 夜…とりあえずの簡単報告でした。
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

昨年に引き続き、アサヒ・アート・フェスティバル2014に今年も採択されました!

 昨年初参加致しましたアサヒ・アート・フェスティバルに今年も採択されました。

 引き続き、全国の様々な活動に触れる機会を頂き、本当にありがとうございます。
 
 AAFに参加することで、先日熊本市現代美術館で開催することができた、インスパイアド・バイ・アール・ブリュット・ジャポネの講師お二人と企画を練ることができました。
 
 北九州は枝光のアイアンシアターさんで石井さんと小池さんは、WSとダンス公演を開催されましたが、この企画もAAFでの出会いから派生したものです。
 
 たった一年の参加でも、何かが生まれる可能性があります。
 
 AAFでの出会いを活かし、熊本で何ができるかを考えています。
 
 昨年は大阪の輪音プロジェクトさんの主宰されるクリエイティブアヲード関西の、二次審査員を経験させて頂けるなど、様々に面白い経験ができる機会なのです。
 
 出会いは偶然で、そこから何かが生まれる熱量を、参加される団体全てから感じます。
 
 今年はアートスイッチで企画しているアート企画も、熊本県外のものが大半なので、ここでの出会いを大事にしてまだ見ぬ何かに期待したいと思います。
 
 だって、AAFに参加するまでは、熊本に国際的なコンテンポラリーダンサーをお呼びして5日間のワークショップや、熊本市現代美術館と共催でダンス公演を開催するなど夢にも思っていなかったのですから。
 
 ダンスの知識にも乏しかったし。それからは勉強しましたけれども、まだまだです。
 
 これって、自分革命だと思うのです。
 
 知らなかったものに出会い、感動し、行動に移す。
 
 誰かに表現者の熱が届けば嬉しい。
 
 難しく考える必要はなくて。
 
 一歩ずつ歩いていけば、きっととんでもない表現に行きつくと信じて、すこしずつ進んで行きます。
 
 アートの試みは、失敗の連続で、ほとんど成功とかしませんが、失敗の中にも感動があるんだな。
 
 うまくいかないことは分かっていても、やらざるを得ない、やるしかけじめがつかない。
 
 何だかそういう不条理な衝動にいつも突き動かされていて。
 
 全国の同じような人達と会うと、一息つける気持ちもあり、段々AAFは心の中で重要な位置になってきました。
 
 そんな訳で、今月の15~16日は、プレゼンしてきます。
 
 来れる人はおいで~
 
 ユースト全中継もあるよ。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

アサヒ・アート・フェスティバル2013に参加してきました!

 6月15日に開催されました、アサヒ・アート・フェスティバル2013グランドオープニングパーティーに参加してきました。

 第一部がアサヒアートスクエアでの車座座談会、第二部が隅田川を船で下るイベントでした。
 
 前日には横浜若葉町のART LAB OVAさんにお世話になり、パーティー後には山海塾の石井さん、アートスイッチバスツアーvol.2にてコンテンポラリーダンスで参加頂いた小池さんにも大変お世話になりました。
 
 東京に行く度、様々な方々と出会い、何か繋がっていくような気がしています。あまりに多様な活動の人と会うので、話を聞いているときには理解ができなかったりすることが多々あります。でも、後日、あぁ、そういうことだったかと気付くなど、我ながら理解力のなさにあきれたりもしていますが、見識が広がるというのはこういうことなんだなと、最近分かってきました。
 
 それぞれのプレイヤーが、全国の様々な場所で、様々な問題に取り組んでいます。
 
 簡単にはいかない、これまでに日本が無視やあえて放置してきた問題です。
 
 美術家の目線からすると、そういう問題に取り組むかどうかはそれぞれの資質による、というところでしょうか。
 
 アートスイッチも、最初は様々な問題に取り組むというよりは、地方のアーティストの表現場所をつくるところから始まりました。
 
 やり続けているうちに、日本人はなぜこんなにも表現することにたいする意識がないのだろうと疑問に思い始めています。
 
 自発的に考えて行動する人間を応援したり、自分も表現して、それが当たり前なんだというのが多様性がある世界のはずです。
 その世界を肯定するためへの活動へと、少しずつ舵をきっています。
 
 全国の事例を見ると、うちもまだまだこれからだな~と。
 
 今年は勉強ですね。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

アサヒ・アート・フェスティバル2013に参加します!

 

アサヒ・アート・フェスティバル2013 がいよいよ明後日15日に迫って参りました。

 ネットワーク枠で参加しているNPOアートスイッチも、参加致します。
 
 明日、東京に移動するのですが、14日の夜は横浜の「ART LAB OVA」さんにお世話になります。
 神奈川県初上陸です。
 
 まさか、こういう形で訪問できるとは思ってもいない展開です。ART LAB OVAさんの呼びかけで、AAF前後で交流会をしませんかという提案に乗らせて頂きました!
 
 アートNPOというものの可能性について、なかなか熊本にいては知るのが難しかったのですが、全国の様々な組織と交流することで目から鱗がポロポロ落ちまくりです。
 
 美術家としては、井の中の蛙が悪いこととは思いませんが、オーガナイザーはそれでは駄目だと思います。
 
 自分の中にこの2つの視点があって、たまに統合失調みたいな感じになりますが、概ね順調です。
 
 全国の様々な事例に直に触れることは、今後のアートスイッチにとっても重要になってきます。
 
 この4年はアウトプットが主でしたが、今年の下半期はインプットに主眼を置いています。これまでのアウトプットがなければ、AAFに参加することも無理だったでしょうし、面白いもので必要なときに必要な機会を与えられている気がして不思議な気持ちになります。インプットが必要な時期なのだと思います。
 
 アートスイッチにとって、この機会はどういう化学変化を起こすのか、自分たちでも分からない部分があってとても楽しみです。
基本的に、美術家「櫻井栄一」とはどういう人間かというと、作品集を見てもらうと分かるのですが個人的な恩讐とかが強く、それでいて人間への興味が尽きない。人と付き合うこともあまりしない、感じです。
 
 ところがアートNPOアートスイッチの代表としてはどうかというと、アーティストと普段アートに触れ合うことがない方々をつなぐ企画を立てて実施する。実施するプロセスでは実に様々な人と交渉したり、打ち合わせを重ねていきます。プレゼンも、これでもか!というくらいします。とにかくコミュニケーションが第一義で、様々な主張や考え方、生きかたをすり合わせながらアートイベント企画は進行していきます。
 
 作品を制作する過程と、アートイベントを実施する過程は、心理的には真逆なのです。
 
 絵画みたいなアートピースを長時間制作するときに、人と密にコミュニケーションを取るはずありませんよね、単純に考えても。
 
 アーティストと、アーティストを支援する組織を両方やっていて感じるのは、必要な資質が真逆なんだなと。あくまで櫻井栄一としての個人的な感想ですが。
 
 どちらの面が今までなかったかというと、NPO活動を行っていくような面は、始めるまでは全くなかったのですね。
 
 自己変革です。
 
 その結果何が起きたかというと、単純に視野が広がりました。
 
 アートのみならず、様々な人間の様々な試行錯誤が気になります。
 
 歳を重ねる毎に、人間の多様性に驚くことが多くなってきました。孔子曰く、四十にして惑わず。現代日本では無理な相談ではないでしょうか。40歳って、一番自分の多様性を感じる層なんじゃないかな。経験を積んできて。
 
 惑い過ぎ、揺らぎすぎです。
 
 今は出来る限り、様々な経験をして、体のなかに澱のように溜まっていく何かを意識しながらインプットあるのみです。この澱が重要で、ある日湧き上がって思ってもみなかった何かが出てきますからね。
 
 この旅でどんな出会いがあるのでしょうか、楽しみです。
 
 ※スマホどころか、ガラケーすら持っていませんので14日~18日までネット的に不通になりますのでご連絡は携帯電話にお願い致します。
 
 080-4288-8882 櫻井
 
 サリュ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

アサヒ・アート・フェスティバル2013キックオフ会議参加風景。

 3月9、10に参加したアサヒ・アート・フェスティバル2013ネットワーク会議の模様を写真とともに記録しておきたいと思います。

 珍しく写真が多くありますよ。
 福岡空港から成田空港へ。成田から東京入りとか初めてです。
003
 浅草の浅草寺裏のホテルへ、荷物を置きに向かいます。花やしきのさらに裏。
005
 秋葉原近辺に行く為に、歩く。歩いて街のスケールを感じる。浅草の、何かこういうもの屋。
008_2

 アーツ千代田3331に到着。大体街のスケールが分かる。東京は大きい都市。
009
 中のギャラリーでは、メディアアートの作品が観覧無料、撮影OKだったので撮ってみる。
010

 動いている

011
 これも動いている。パタパタしている。

013
 テクストが分からないが、ゴースト イン ザ シェルに近づいているのは分かる。
 015
 高橋士郎「自由芸術展」。まだまだ知らないアートが山のようにある。

017
 アーツ千代田3331の中。学校をリノベーション。アートホーリーメンはここで展示したのだなぁ。

019
 地下への階段。水飲み場が。

018
 移動。アートホーリーメンから勧められたので。秋葉原へ。3331からも近い。

021
 日本美術の聖地。ビルの裏手には電気パーツ屋や、アニメ関系、ゲーセン、ミリタリー、メイドカフェの客引き、コスプレ、それを見に来た観光客(自分を含め、世界から)、一言で言えばカオス。8日平日でも結構な人出。

022
 帰りはさすがにメトロで。雷門から入る。宿へ。

024
 浅草寺のおみくじを引いてみる。AAF2013への参加はアートスイッチにどうなのか~?。

028
 箱を振って、棒を引くんですね。番号が書いてあって62番。そして、62番の引き出しを開ける。

029
 大吉ではないですか!幸先いい!

030
 ほーTVでよく見る風景だな~、10年位TVないけど。

031
 完全に観光ブログだな、今の所。

032
 浅草寺を通り抜けて、左奥、花やしき方面が今回のホームグラウンド。

033
 温泉と看板にあります。営業してます。今回は入っていませんが、次回にまた。

035
 町中にある遊園地、花やしき。もちろん入っていません。歓声が聞こえてきます。

036 039
 横尾忠則な風景。

038
 浅草の下町を歩きまわってみる。

042
 ドレスの仕立てをしていたのか、今も操業中かは不明。富士ドレス。

045
 花やしき横の展示スペース、江戸時代の土。甲子園球児が土を持って帰る習慣は、花やしきからと書いてある(うろ覚え)。魁男塾の技の解説を思い出す。江戸の土…でも今は平成の土…。もの派…。
044
 ウインズで競馬の馬券を取った人も、オケラになった人もこの通り界隈で飯を食うようだ。
046
 上のアーケードの裏手。焼き肉屋が軒を連ねる。馬券取ったら焼き肉、オケラなら牛煮込みで一杯やるのだろう。界隈には立ち飲み屋もかなりある。
047
 ヤベェ~、モボモガ御用達の店がこの奥に~!時間が遅く、閉まっていたのが残念。次こそは行くぞー。浅草深けぇ~。
056
 大衆演劇、演芸場。魅惑の照明が燈る。
052
 夜の浅草寺。
054 053 
 浅草、平日の下町辺りの夜は人気があまりない。昼の喧騒とは全く違う空気。
055
 銭湯なのか、今回は入るの見送り。ここも次回に~。
051
 そして宿へ~、ある意味での期待がめっちゃ持てる佇まい。愉しい。ニュー栃木。ニューシャネルを越えたか、いい勝負。
050
  きたコレ!起きて半畳、寝て一畳、三畳あれば美術館!風呂トイレはもちろん共同。TVは100円一時間!時が止まっておる…
048
 さて一夜明けていよいよ、この旅の本番、アサヒ・アート・フェスティバル2013ネットワーク会議です。朝の浅草駅。
057
 午前中、時間が少しあったので墨田川周辺を歩く。アサヒアートスクエアとスカイツリー。
058
 墨田川。観光船乗り場。
061
 アサヒアートスクエア入口。なぜかラピュタを思い出す。
062
 資料ブースには熊本城下町大遊戯2102のパンフを置く。こういう使い方する為に、最終ページにアートスイッチの企画紹介ページを最初から入れてあります。
065
 全国のアート組織や企画の案内が置かれていく。多種多様。
068
 会場オープン、もうすぐ始まる。
069
 こんな感じで、1組織3分のプレゼンが続く。3分といっても54団体あるから、かなりの圧力。
 
072 075
 残念ながら一人で行ったので、自分の写真を撮れていない。最後付近に加藤種男さんの総評。
077
 ぱるるという団体の掲げるルールが、AAFの目指すものに最も近いのではないかというお話でした。
078
 そして交流会へ。各県持ちよりのてみやげで、地方色溢れる軽食がそろう。まず乾杯!
082
 北海道、東北テーブル。九州人からすると珍しいものが沢山。鮭とばヤバイ。
084
 九州、中国地区。てづくりサータアンダーギー、沖縄スタジオ解放区さん。奥には糸島芸農さんのいちご。アートスイッチからはくまモンパッケージのタイピーエン、大阪製造…
083
 二次会へ移動。夜のアサヒアートスクエア、階段光る!
087
 夜のアレは特撮チックでワクワクするなぁ!ウルトラマンで、こどもが落書きした怪獣が本物になってしまうエピソード思い出した。ウルトラマン80だったかな。
089
 えっと、二次会の時間が違ってたらしく、も一回アサヒアートスクエアへ戻る~。
090
 エレベーター待ち。奥、夜のスカイツリーを撮っている人たち、多分。しかし、光るなぁ。
091
 
 そして始まった、謎のダンスパーティー!
098 100
 二次会。民家の二階、です。不思議空間。
102
 三次会、浅草寄りの居酒屋に移動。
105
 二日目は、二日酔い気味でこんな感じで、ワークショップ&意見交換会。
108
 そしてその日の夕方、アートスイッチバスツアー2ndでお世話になった小池さんと、山海塾の石井さんと呑みます!ホッピー呑んだよ!今度会う時は、石井さんはNPOを設立しているんです!と書いておきます!
109
 翌日は渋谷にモヒカンポシェットの営業に行きました。渋谷進出を図ります。
112
 人が多くて正面から撮れんかったけど、なぜかハチ公前に青ガエルがおる!
111
 この日の晩も、小池さんの紹介で集会に参加。石井さんには浅草界隈のギャラリーを紹介してもらいました。
122
 翌日は朝から、会田誠展を見に行く。
126 
 午後は成田から福岡空港へ。飛行機。
131
 帰って来ました!次のAAFは本番!6月15日!石井さん、楽しみにしてます!
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)