シロの風

2014年5月23日 (金)

【シロの風】福岡天神イムズ展、いよいよ開幕致します!

 【シロの風】三都市巡回展、最終開催地、福岡天神イムズ展がいよいよ5月24日(土)~6月1日(日)まで開催致します。

Simg_7001a

 
 大阪、阪急うめだ本店での開催写真を一部掲載致します。
Simg_7010a
Simg_0853a
Simg_7009a
 Simg_7011a

Simg_7057a
Simg_7069a
Simg_7044a
Simg_7052a

Simg_7134a

Simg_7265a 
 福岡天神イムズ展では、また違った形の展示になります。
 
 ファッションとアートの企画展の巡回展というのは、今回が初めてでしたが、どうやら無事に搬入の日までは来ることができました。
 
 今日の搬入、展示が終わればいよいよ【シロの風】の最終形態が、イムズに現れます。
 
 福岡の皆さま、お待たせ致しました。
 
 【シロの風】をお楽しみ下さい。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

【シロの風】5月24日(土)~6月1日(日)福岡天神イムズ、B1Fにて開催です。

 【シロの風】三都市巡回展の最終都市、福岡天神開催です。

 約1年振りとなる天神イムズにて開催致します。
 
 ファッションとアートの企画展と銘打っています。熊本から放つ、新しい企画展の形態です。
 
 いえ、もしかしたら新しくはないのかも知れません。それでもいいのです。
 
 重要なのは新しい、古いよりも、やり抜く行動だからです。
 
 企画して行動する。
 
 それだけの事がいかに困難で、途中でくじけそうになるか、そういう経験は沢山してきました。
 
 そんな中から、出来ることをひとつずつやっていくことだけが、やりたいことを実現する為の正解だと確信するに至りました。
 
 今回、【シロの風】という、初の三都市巡回展を企画実施し、またこの先に新しい可能性を見つけています。
 
 福岡での展示も控えています。ここでもまた、新しい出会いや流れが生まれるでしょう。
 
 ここがゴールではなくて、スタート地点なのだと思っています。
 
 この先、自分達の実力や可能性をもっと高める為にも、もっといい企画や作品を制作していかなければいけません。
 
 熊本にいると、日々のルーチンの中に埋没しがちで、自分の能力を高めたり、外の世界の情報をうまく消化できなかったりしがちです。
 
 そんな日常でも、先端のファッションやアートの世界は自分など関係なく世界を前に推し進めています。
 
 それを横目に見つつ、熊本に居る利点「自分のペースを乱さない」をフル活用して、自分達のペースで進んで行こうとしています。
 
 【シロの風】も、そうやって活動してきた中から生まれてきた展示です。
 
 熊本、大阪、福岡と全く違った顔を見せる展示になりますので、福岡、近隣の皆さまはお気軽に天神イムズへお越し下さい。
 
 サリュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

【シロの風】ストップモーションアニメ、完全公開です。

 シロの風の、アニメーションが公開です!

 モヒカンポシェットホームページ

 この2分半程の作品を撮るのに、半年程準備期間が必要でした。

 先ず、モヒカンポシェットがイメージする、天候や気候、季節を表現する100枚のシャツの完成を待たなければいけませんでした。

 それから内容の打ち合わせ、背景になるシロの城の制作、絵コンテ制作、その他諸々を乗り越えてのモデルとの写真撮影、岡松トモキ映像編集。

 低予算というより、ノー予算で、制作発表です。

 何もかもが初めてです。それでも、作品に対していい訳はできないので、この映像作品が今のリアルです。

 実写のストップモーションアニメの、異常な難しさを知りました。

 このアニメは、双子のモデルで制作しています。

 作品のラスト付近で二人になるのは、合成ではなくて双子のモデルの楽しさというか、そういうのを入れています。

 100枚のシャツが登場しますが、この双子のモデルが交互に入れ替わっていて、微妙なぶれがあってそれがまた面白いのです。

 一枚一枚、写真を撮っているときは、本当に夢中で真剣でした。

 背景と、人物は別撮りの合成です。背景は準備に数カ月かけ、1日で撮りました。モデルはさすがに2日かかりました。

 モヒカンポシェット、宮部竜二、岡松トモキ、そしてアートスイッチ企画ということで、この組み合わせの初映像作品が生まれました。

 5月25日~6月1日の福岡天神イムズ、B1Fでの企画展が待っております。

 福岡の皆さま、宜しくお願い致します。

 サリュ「

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

【シロの風】大阪、阪急うめだ本店、明日15日で終了です。

 15日間という、大阪遠征という形のファッションとアートの企画展は今日と明日の二日間になりました。

 三都市巡回展の二都市目が終わろうとしています。
 
 今回は、今までにないような反響で、本当に沢山の方に来ていただき、誠にありがとうございます。
 
 シロの風という展示は、アートディレクターという立場から見ると、もの凄い可能性を持った企画展です。
 
 地方に軸足を置いて活動しようというアーティストなら、なおさらです。
 
 むしろ地方に居るという特性が、武器として機能しています。
 
 何もないところから始めて、何もないこと自体を武器のひとつとして磨きました。
 
 そう、シロです。
 
 まっさらで、何もない。
 
 何もないということは、何でもあるということ。
 
 何でもあるってどういう意味かというと、自分たちの可能性に純粋に賭けること。
 
 自分たちの可能性が最大の武器です。
 
 それは、最大値が分からない無限のフロンティアなんです。
 
 シロの風が吹き抜ける。
 
 わくわくしますね。
 
 これは始まりの風。
 
 これから始まる新しい何かを皆さんに楽しんで頂くための、合図のようなもの。
 
 三都市巡回展は来月、福岡天神イムズという最終地へと巡回します。
 
 その前に、大阪展残り2日、お楽しみ下さい。
 
 サリュ
 
 Of 15 days , exhibitions of art and fashion in the form of Osaka expedition is now two days of today and tomorrow .
Two cities first of three city traveling exhibition has been coming to an end .
This time , in response like never before now , I have come to a lot of people really , thank you very much .
When viewed from the standpoint of art director , exhibition of wind of the castle , is the exhibition that has tremendous potential .
If it is that artists try to activities by placing our focus on local , it is even more so .
Property that are in the region rather , is functioning as a weapon .
The honed as one of the weapon itself , starting from nothing , nothing .
Yes, it is white .
In brand new , nothing .
The lack nothing , that there is anything .
And say what it means there anything I , gambling purely on the possibility of their own .
Possibility of their own is the best weapon .
It is quite special and infinite frontier of the maximum value is not known .
Wind blowing through the white .
It will exciting .
This is the beginning of the wind .
In order to enjoy and to get everyone something new with this whole , like a signal .
Next month , three city traveling exhibition will be circulated to the final location of Fukuoka Tenjin IMS .
Before that , the 2nd Osaka Exhibition rest , enjoy .
Saryu
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

【シロの風】大阪展、残り一週間です。Osaka Exhibition of [wind of white], is one week remaining.

 大阪、阪急うめだ本店10F、SOUQ中央街区に停泊中の【シロの風】も、あと一週間で大阪を旅立ちます。

 準備から考えると、本展はあっという間に感じますね。
 
 大阪では、今までの展示では経験できなかったような好評を頂いているようです。
 
 大阪展は、前回も書きましたが規模としては一番大きい展示になります。
 
 次に巡回する、福岡天神イムズでは、もっと凝縮した形の展示になります。
 
 まだ一カ月以上先だからとも言っている暇もなく、次の展示の新しい企画も少しずつ考えていかなくてはいけません。
 
 今年の下半期は、もっと色々起こるような予感がします。
 
 何だろう、この期待と不安。
 
 3年前からは考えられないような規模の企画が、次々に実現しています。
 
 ひとつひとつを丁寧に、考え抜いた企画を行っていくことで、また新しいステージが現れてくるでしょう。
 
 【シロの風】は、ファッションとアートの企画展としてはほぼ初めて、きちんと成立した展示です。今回の三都市巡回展が終われば、もう二度と目にすることはできない限定展示ですので、是非ご覧になって下さい。
 
 さて、この展示期間中の新町三畳美術館アトリエではパステル画の制作がはじまっています。S100号、縦の作品で4部作です。すでに1作目は完成しており、まだ日の目を見ておりません。
 
 4作品が完成したら、個展を開こうと考えています。
 
 相変わらず色々とやっています。
 
 サリュ
 [ White of wind] at anchor Osaka , Hankyu Umeda Head Office 10F, to SOUQ Chuo-gai District also journey Osaka in one week to go .
Considering from the preparation , exhibition I feel in no time .
In Osaka , it seems to be very well received , such as was not able to experience in the exhibition until now .
Osaka Exhibition , wrote last time , but will be on display as the biggest scale .
The patrol then , in Fukuoka Tenjin IMS , it will display the form condensed more .
Do not not even have time to say also because previous one month or more yet, so that we think little by little new planning of the next exhibition .
The second half of this year , premonition , as occurs in various ways more will .
What would this expectation and anxiety .
Planning of scale , such as not considered from three years ago , has achieved one after the other .
New stage will emerge also , that carefully , you go through the planning thought out one by one .
For the first time almost , [ white of wind] is exhibition which was passed as a neat exhibition of art and fashion . Three city traveling exhibition of this time is finished , be seeing anymore because it is limited exhibition that can not be , please take a look.
Well , production of pastel has already begun in the Triassic Shinmachi museum of this studio over the duration of the exhibition . It is a four -part series No. S100 , in the works of the vertical . First work has been completed already , we do not see the light of day yet .
I believe four works , once completed, is trying to open a solo exhibition .
I have been doing many things as usual .
Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

【シロの風】大阪展の楽しみ方。How to enjoy Osaka Exhibition of [wind of white].

 

 阪急うめだ本店のスタッフブログにて、オブジェクトの一部を御紹介頂きました。

 シロの城のインスタレーション(作:宮部竜二)の一部です。
 
 この城は、空を飛んで大阪まで来て、阪急うめだ本店の10階で停泊中です。
 
 2週間したら、今度は福岡天神へ飛び立ちます。
 
 熊本新町三畳美術館は、造船(城)所というイメージで。
 
 この空飛ぶシロの城を操縦するのは、シロシャツを着た女性です。
 
 冬から夏へと旅する城のイメージを、パイロットの女性が着ているシロシャツで表現したのが、ストップモーションアニメ(作:岡松トモキ、NPOアートスイッチ)の世界になります。
 
 この予告篇で、右上に表示されているナンバーが、シャツの移り変わりを表しています。
 
 シロシャツは全部で100枚。
 
 1枚目から100枚目までの間に、天候や季節の変化をデザインやカッティングで表現しています。
 
 アニメーションはその天候、季節の変化を分かりやすく世界観を感じて頂く為に制作しました。
 
 大阪会場でも、映像は放映されていますのでお楽しみ下さい。
 
 100枚のシャツは、全てデザインが違う1点物です。
 
 型紙もありません。
 
 他にも、岡松トモキ作の写真を様々なメディウムを用いて転写した、シロの風の世界観を表現する作品の展示があります。
 
 宮部竜二が販売する古物は、城の生活に欠かせないものとして提案しています。
 
 世界観を感じる事で、何倍にも楽しめる展示空間になっています。
 
 【シロの風】新しい風が吹き始める春に、お楽しみ下さい。
 
 サリュ
 In the staff blog of Hankyu Umeda head office , I gave me introduce some of the objects .
It is a part of : ( Miyabe Ryuji work ) Installation of the white castle .
Osaka to come to flying in the sky , this castle is anchored in the 10th floor of Hankyu Umeda head office .
After two weeks , it flies away to Fukuoka Tenjin now .
Kumamoto Shinmachi Triassic Museum of Art , in the image of shipbuilding ( Castle ) station .
To steer the castle of white fly the sky , It is a woman wearing a Shiroshatsu .
Was expressed in Shiroshatsu women pilot is wearing the image of the castle to travel from summer to winter , is , stop-motion animation : will the world ( work Okamatsu Tomoki , NPO Art switch) .
In this trailer , number that is displayed in the upper right corner , represents the change of shirt .
Shiroshatsu 100 pieces in total .
Between up to 100 th first picture , I have expressed in the cutting and design changes in the weather and season .
The weather , was produced in order to have you feel the world is easy to understand the change of seasons animation .
Enjoy in Osaka venue , so the video has been aired .
Shirt of 100 sheets , is one point of the design is all different .
There is no pattern .
Additional attractions were transcribed using medium various photos of Okamatsu Tomoki work , an exhibition of work that represents the view of the world wind of white .
Antique that Miyabe Ryuji sell is proposing as indispensable to the life of the castle .
Can be achieved by taking a view of the world feel , and it is the exhibition space to be able to enjoy many times over .
To spring [ white of wind] new wind starts to blow , Enjoy .
Saryu
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

【シロの風】大阪、阪急うめだ本店、中央街区展開幕しました。Osaka, Hankyu Umeda head office, I was Chuo-gai District Exhibition opening [wind of white].

 6時間。

 百貨店で企画展をするときの、基本的な搬入時間です。
 
 この時間には、先に入っていた他の企画の搬出もありますので、かなりタイトです。
 
 先ず、この時間で企画展開催まで持っていく為の、作業の効率化を徹底しました。
 
 搬入が終わったのは、リミットの5分前。
 
 正直、間に合う気がしない位の圧力ある展示でしたので、心底ほっとしました。
 
 おかげさまで、展示は大好評です。
 
 百貨店の売り場で、ファッションとアートの企画展を開催するという、当初の目的は達したと
 思います。
 
 展示のクオリティーも、過去行ってきた企画展の中でも、随一と言えます。
 
 大阪近郊の方は、是非ご覧下さい。
 
 本日で開催3日目ですが、自分は熊本に帰ってきております。
 
 弾丸搬入夜行バスツアーは、ちょっと体が堪えるようです(笑)。
 
 下半期に向けて、おそらく京都で企画展を開催する運びになりそうですので、昨日、京都に視察に行きました。
 
 場所は四条河原町、京都のど真ん中です。
 
 開催場所の圧力も凄かったですが、この話は詳細決まってから詳しくご報告致します。
 
 それにしても鴨川の桜は美しかった!
 
 河上彦斎が佐久間象山を斬った場所にも行きましたし(急に歴史マニアに)、京都は歩いているだけで本当に楽しい。
 
 京都国立近代美術館開催の、FUTURE BEAUTY 日本ファッション:不連続の連続展を観ました。
 
 この展示の80年代のデザイナー達の作品には、有無を言わせぬ迫力があり、ファッションがデザイナーにとって何であるかをダイレクトに伝えてきます。
 
 ここに書くと感動が漏れそうなので、しばらく一人で余韻を楽しみます。
 
 【シロの風】は15日(火)まで、2週間ありますので、是非お楽しみ下さい。
 
 サリュ
6 hours .
Of when the exhibition in the department store , it is carried into the basic time .
This time , because there is the export of other planning that has been on the former , it is pretty tight .
First , we thoroughly in order to bring to exhibitions held at this time , the efficiency of work .
Carry- 's was over , five minutes before the limit .
Because it was exhibited in pressure of the rank who feel honest and in time does not , we genuinely hot .
Thanks , exhibition is very popular .
I think behind the counter of a department store , and that to hold exhibitions of art and fashion , to have reached the original purpose .
Also quality of the exhibition , among the exhibition that I went past , and it may be said that it is best .
The person of the Osaka suburbs , please have a look .
It is held on the third day of today , but my we came back to Kumamoto .
Body seems to bear little bullet carrying- night bus tour ( laughs) .
Because it is likely to carry it towards the second half of the year , will be held the exhibition in Kyoto , perhaps , yesterday , I went to visit to Kyoto .
The location is right in the middle Shijo Kawaramachi , Kyoto .
It was also amazing pressure of the venue , but we would like to report in detail from more determined this story .
Even so, cherry Kamogawa was beautiful !
I went to places where Kawakami Gensai was cut open to Sakuma Showzan ( to the history buff suddenly ) , Kyoto really fun just to walk .
I watched a continuous exhibition of discontinuity : the Kyoto National Museum of Modern Art held , FUTURE BEAUTY Japan fashion .
The work of the designers of the 80's of this exhibition , there is a force that peremptory , fashion comes directly tell what is for designers .
Impressed so as not to leak to write here , and enjoy the afterglow alone a while .
The 15th (Tuesday ) , so there are two weeks  [wind of white ] , please enjoy .
Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

【シロの風】大阪、阪急うめだ店、まもなく搬入が始まります。 Osaka, Hankyu Umeda store, loading will start soon [wind of white].

 【シロの風】の展示搬入が、30日より始まります。

 
 熊本展とどこが違うのかというと、まず単純にダンボールで制作されたオブジェクト(宮部竜二作)の量が倍になります。
 
 それと、阪急うめだ本店SOUQ、中央街区という場所は、ショップとして区分けされた場所
に、屋根付きの店舗のような構造物があります。
 
 店舗の中に街区を見立ててあるのです。
 
 最初にその構造を知ったとき(ファーストインプレッションは重要視しています)、空に浮かんだ街かと思いました。
 
 地上10F。
 
 ビルという構造体を取り払った時に、空にうかぶ売り場のイメージが湧きました。
 
 それから参加アーティストと話をすすめた結果、シロの風という世界観が出来上がりました。
 
 新町三畳美術館での展示は、イメージの断片をお見せする展示でした。
 
 来週火曜日から始まる、大阪展ではいよいよ、展示の全貌が明らかになります。
 
 正直、現場でないと分からないことが多々あるので、搬入作業をしながらのディレクションになりますが、展示自体は凄いことになるのだろうと、イメージは出来上がっています。
 
 展示物のディレクションで拘った部分は、「手仕事感」です。今やディスプレイにしろ何にしろ、技術的には人の手仕事を感じさせない工業感に溢れています。
 
 キレイなもの、無機質なもの、百貨店の一流のメゾンなどを覘くと特にそう感じます。
 
 本当に、それでいいのだろうか。
 
 素朴な疑問もあります。
 
 自分が着ている服は、何万人もの人が工業製品として同じものを着ている。
 
 店のディスプレイにしてもそうで、世界展開しているメゾンのショーウインドーは季節に合わせてイメージを統一しています。
 
 本当にそれでいいんだろうか。
 
 画一的なものを与えられて、安心しているだけではないのかな?
 
 そういうことを考えるのも面倒なひとたちが、ファストファッションをここまで大きくしたのでしょうね。
 
 そういったことの全てに、アンチテーゼを発信するのが今回の展示です。
 
 アンチをそのままメッセージにするのではなく、作品世界をきちんと構築して、楽しんで頂くなかで自然に感じてもらえたら最高です。
 
 これはダメだというのではなく、これの方がいいですよという代案です。
 
 アーティストなら、作品で見せていくしかないという、ど真ん中のことをしていると思います。
 
 【シロの風】大阪、阪急うめだ本店、SOUQ中央街区展、まもなく幕が開きます。
 
 お楽しみに。
 
 サリュ
 
 Exhibition of the[ wind  of white ] will start from the 30th .
If you say where is the Kumamoto Exhibition and different? , Amount objects that have been produced in a simple cardboard first of ( Miyabe Ryuji work ) is doubled .
At the same , the location Hankyu Umeda head office SOUQ, that Chuo-gai District, where they are divided as shops , there is a structure, such as a store of Covered .
It's are likened to a city block in the store .
I thought ( first impression has been important ) , whether city floated in the sky when you know the structure first .
Ground 10F.
When I rid the structure of the building , the image of the sales floor in the sky was springing .
A result that was then recommended to talk with artists , view of the world that wind of white was completed .
Exhibition at Shinmachi Triassic Museum of Art , the exhibition was to show you a fragment of the image .
Starting from next Tuesday , finally , the whole picture of the exhibition will reveal in Osaka exhibition .
That you do not know honestly , not a scene are many because it is , it will be direction of the while the carry- work , but the exhibition itself would probably be would be great , the image is finished .
Portion that is involved in the direction of the exhibit is " a feeling of handwork ." What is white on white display now , we are full of a sense of industry which does not let you feel the handiwork of people in the art.
I feel especially with those覘Ku clean , inorganic ones , such as the Maison 's leading department store .
Really , so I wonder the good .
There is also a simple question .
Clothes he is wearing , wearing the same thing as an industrial product of tens of thousands of people .
And so even if the display of the shop , show window of the Maison that global expansion will provide a uniform image to fit the season .
Will you be good at it really .
Given the uniform thing , I wonder if not just in peace ?
To think such a thing , troublesome people is , I would have increased to here fast fashion .
It is the exhibition to all of that sort of thing , is to place a antithesis .
Instead of the message as it is anti , it is great if I get to feel naturally among you to build properly the work world , and enjoy .
It is this alternative instead of damn , this person that I is good .
I think if artists , and that there is only going to show in the works , to be doing something right in the middle .
Osaka , Hankyu Umeda head office , SOUQ Chuo-gai District Exhibition , curtain opens soon wind of [ white ] .
Stay tuned .
Saryu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

【シロの風】熊本展終了し、4月1~15日大阪展開催です。Kumamoto and Exhibition end [wind of white], it is Osaka Exhibition April 1 to 15.

 シロの風熊本展は終了致しました。

 いよいよ来週は搬入準備、調整などがあり、週末には大阪入りして現場での搬入、設置となります。
 
  阪急うめだ本店 SOUQ、中央街区にて4月1日~15日までの展示です。
 
 ファッションとアートの企画展という、昨年から試み始めていることが、今年から本格始動しています。
 
 この先に何があるのか、綿密に予想をしつつ進めています。
 
 この大阪展が、三都市の中では一番密度がある展示になると予想していますし、そうなるように企画を立てています。
 
 福岡天神イムズでは、場所の制約上、今度はどこまで内容の密度を上げながら全体をコンパクトにするかという新しいトライになるでしょう。
 
 熊本展へお越し頂きました皆さま、ありがとうございました。
 
 私たちはこれから、大阪へとシロの風を展開していきながら、また次の新しい企画を同時に進めても行きます。
 
 熊本発日本全国へ、このステージまでどうにか来ることが出来ました。
 
 応援して頂いている皆さまや、関係各者、皆さまのおかげさまを持ちまして、NPOアートスイッチとモヒカンポシェットはさらに先へ進みます。
 
 サリュ
 
Today , wind Kumamoto exhibition of the castle will end .
There conveyance preparation next week , and finally adjusted , it will carry in the field and Osaka into the end , and installation .
It is a display of up to 1 to 15 April Hankyu Umeda head office SOUQ, at Chuo-gai District .
That of exhibitions of art and fashion , and is beginning to attempt from last year , are in full swing starting from this year .
What is in this earlier , we are working while the forecast closely .
Osaka this exhibition , we are expected to be in the exhibition there is a density most of the three cities , and you have made ​​a plan to make it so .
In Fukuoka Tenjin IMS , you will want to try new constraints on the location , and whether to compact the whole far while increasing the density of the contents of this time .
Everyone I had come to Kumamoto exhibition , thank you .
From now on , we 'll go even if at the same time promoting the new plan the next also , while continue to expand the wind and white to Osaka .
I was able to Kumamoto departure from Japan , this stage until somehow .
It has to have and everyone that I have to support , the relationship each person Thanks , everyone , Mohikanpochette NPO and Art switch to proceed further .
Salyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

【シロの風】映像制作話②。Video production story ② [wind of white.]

 現在モヒカンポシェット&新町三畳美術館にて開催中の【シロの風】で、常時流している映像作品(約2:40)の話です。

 ストップモーションアニメーションなのですが、当然作ったことない上に、100枚のシャツで季節や天候を表現しなから変化していくという、条件や世界観を先ず考えなければいけませんでした。
 
 モヒカンポシェットホームページで見ることが出来る予告では、時間的には3分の1位の長さです。
 
 シロの世界観はダンボールで表現することは、最初のミーティングから決まっていたので、その世界観を背景に色々と準備を進めました。
 
 たったこれだけの映像作品制作に、準備が半年とか掛かるんですね。やらなければ分からないこと。
 
 背景とモデルは別撮りの合成なんですが、同時に撮るとか、撮影にどれだけ掛ければできるんだという気持ちです。
 
 背景は撮影は丸1日でした。これは、すこしずつ動かすという本当に基本的なことだったので結構順撮りでいけました。
 
 問題はモデル撮影でした。問題というか、単に自分が不慣れな作業であった為(監督的な立場)で、頭の中が常時混乱の中、2日間で撮影終了。
 
 今回の企画では、学ぶべきことが山のようにあり、それもまた次に繋がることになります。
 
 映像作品は会場でご覧になれますので、お楽しみ下さい。
 
 しかし、本当に何でもやってしまうな~。
 
 節操がなくなっていくのが、自分で分かります。
 
 結果がよければいいと思っています。
 
 判断は皆様に。
 
 サリュ
In being held at the Mohikanpochette Shinmachi Triassic Museum [ Shiro no kaze ] , it is a story video work that is flowing at all times (about 2:40 ) .
It is a stop-motion animation , but did not go on I've never made ​​course, that will change from express Shinano the season or weather shirt of 100 sheets , I need to think first view of the world and conditions .
In the notice , which can be seen in the Mohikanpochette home page , is the length of 1 out of 3 minutes in time .
Be represented by cardboard world view of the castle , because it was determined from the first meeting , I was gearing up in various ways in the background view of the world .
The video production work of just this , preparation is I 'm such as take just six months . Do not know to be done .
Model and background 'm a synthesis of different takes , but it is feeling and at the same time such as take , and that I can do is multiplied how much shooting .
Background was a full day shooting . This was taken in order do well enough because it was basic things that really move little by little .
Problem was a model shoot. I mean problem , in ( a supervisory position ) because work was inexperienced myself simply , in the confusion at all times , in the head shooting completed in two days .
In the planning of this time , is in a mountain of things to learn , you will be lead then also it .
Video work , so a look at the venue and enjoy .
However , ~ Do not that to get anything really .
Constancy will remain the same while gone , I can see for yourself .
I'm thinking result is good if you like .
Judgment to everyone .

| | コメント (0) | トラックバック (0)